パワースポット

2013年10月16日 (水)

お水の都から〝水〟のこと

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。

11月のセッション予定をアップしました)

すっかり更新が滞りました。。。。m(__)m 忙しかったのよ~。


最近は、ブログアップしないと怒られるんです(笑)

まあ、嬉しいクレームですね(^^;;)

先週末、大阪でヒーラー養成クラスを終えた後、

翌日、糸島での婚活イベントに参加するためにすぐ福岡に入りました。

いつものように女子向けの講座を担当させてもらいました。

Photo2_2


イベントの一環なので、わずかな時間でお話するのですが、

「みちよ」のことは誰も知らないのに、

終わった頃には、ありがたいことに、とっても受け入れられています(^^)

女神塾エッセンスは、全国共通なんだな、と実感しています。


Photo3_6

糸島富士”と言われる、可也山。

写真に電線が写らないのって、すごいよね。

糸島って、こんな風に、海も山もあって、

のどかな自然があふれるいいところです。

そして、人もあったかい(^^)

ハートが開いてる人が多いんです。



今回の滞在中は、地元の歴史研究の先生にお話を聞いたり、

福岡の“宇宙の宮司さん”にもお会いできたりと、

またいろいろな発見がありました。


縄文時代、ここは、伊都国だったのですが、

ずーーっと「伊都」の意味を調べてたんです。

そしたら今回、

「伊都」は、“水の都”ということがわかりました。

井戸があって水が豊富だったということから、ついた名前ではないか、と。


なるほど納得。


この1年は、水神である 「龍」 に引っ張られていたり、


水=女性性 


をテーマに、女神塾でも教えていたりしましたから、

わたしにとっても、“水”というのは、しっくりくるんです。


去年からご縁ができた神功皇后は、白竜<水神>です。


伊都国から多くの民が移住して、元は「伊都郡」と呼ばれていた、

和歌山・橋本にある“お水の里”にも去年から通い始めています。


そして糸島が、“水の都”。


すべて、“水” に関わっているのです。


最近、いろんな謎が解き明かされてきています。


わたしが、水というものにご縁ができているのも、

地球に、エネルギーとして水が足りてないんですね。

確かに、毎日水には触れていますが、


以前も書きましたように、

わたしたちのエネルギー(特に女性)が、女性性である“水”ではなく、“火”に偏っているので

バランスが悪いんです。

だから、「水」が出てくるときは、その反動で威力も激しくなっています。

今、女性の内側で水をバランスよく保つことが大事なのです。


簡単に言いますと、女性であることに自信を持つ、ということですが、

感情も抑え過ぎないで、上手に吐き出しながら、コントロールしていくことが大事なんです。

一番いいのは、「泣く」こと。

今の女性は、「泣くなんてみっともない。女だから、とバカにされてしまう!」と、

普段から涙も抑えているんです。

イラついたら、ここぞというときに、泣ける映画を用意しておいて

号泣してみるとスッキリします。

これまであった、様々な感情がすーっとどこかに消えてなくなっていくのがわかるはずです。

特に女性にとって、泣く、って大事なんです。

英語で泣くことを、Water works なんて言ったりしますが、

これも、水である女性性をコントロールするいい方法なんですよ。


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


かつての日本では、神様ごとは、すべて女性が担っていました。

この伊都国も、女王が統治していたんです。



今週末、20日は、女王のお墓である平原(ひらばる)遺跡で

王墓まつり」が開催されますよ。

わたしの“女神仲間たち”が舞を踊ります。

福岡方面の方、どうぞ見に行かれてみてください。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

エンジェリック・ヒーラー/スピリチュアル・コンサルタント みちよ OfficialI Website

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月12日 (月)

福岡~佐賀・神功皇后と龍の旅

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。



あ、遅くなりましたが、9月のセッション予定表をアップいたしました。

いつもありがとうございます。m(_ _)m



.。.:**:.。..。.:**:.。..

今回は、博多から少し移動して、香椎宮に行ってきました。

003_2

ここは、神功皇后の夫・仲哀天皇を弔うための神社です。

今回は、なんとなくここへ行く必要があるような気がしました。

004_2

神功皇后が植えたと言われる“綾杉”。

龍のように曲がっております。

ここへ来るのはもちろん初めてなんだけど、なんとなく馴染みがあるような気がしました。


今回は、糸島でも皇后ゆかりの場所へいろいろ連れて行ってもらいました。

008

糸島の「宇美八幡」。

本当はここで応神天皇を出産したのだと言われています。

仲哀天皇が眠る場所です。


015_3 

染井の井戸

ここで神功皇后は、鎧を赤く染めたのだと言われています。

ちょっとここはイワクツキかもね。


このように、糸島って「神功皇后伝説」だらけ なんです(笑)

去年、神功皇后が御祭神の山梨・夫婦木神社とご縁ができ、

時期を同じくして、この福岡・糸島市ともご縁ができ、こうやって何度も来ているのは

どうしてなんでしょうかねぇ・・・(^^;) 



今回は福岡滞在中に、佐賀にも足を運びました。(初S・A・G・A・さが~♪)


佐賀・武雄にある「武雄神社」。

025

最近は、教えてもらった神社にピンとくると、行かなければ気が済まない感じがし、

神社に関しては、フットワークがめちゃめちゃ軽くなっているのですが(^^;)

ここにもやはり、神功皇后が祀られていていました(主祭神は武内宿禰)

やっぱり呼ばれているんですよ。神功皇后(^^;)

そして、ここには樹齢3,000年という“大楠”があったのですが

これがメチャメチャすごかったです。


樹が神ってる。。。。(^^;)

019

見ているだけで、強いエネルギーを感じます。

015_2

写真を撮ったら、神霊気でモヤがかかり、でかいオーブがいくつか写っていました。

(↑わかりやすいのは左側です。見えるかな?)

020_4 

017_2

必ずこんなモヤモヤが写る。。。(^^;)


空洞の中は、12畳分あるそうです。

柵があるので、樹には直接触れることはできませんが、側にいるだけでそのご神気を感じます。

武雄神社は、この大楠により多大な影響を受けています。

なので、こちらの大楠のほうが”本殿”のようです。


それから向かったのが、武雄・今心工房ギャラリー

ここのところ、千葉と福岡の別々のクライアントさんから

草場一壽さんの陶彩画「富士越えの龍」のことを教えてもらい

037

(光が入ってしまいましたが、これはポストカードの写真です。本物はもっと鱗もキラキラして虹色に輝いています)

最近 “富士山&龍”づいているわたしは、


これは「行ってこい」、ということなんだな

と、いつものように素直にサインを受け取り、

佐賀に連れてってもらいました。


ギャラリーは、草場さんのご実家を改装したもので、予約して見学できるようになっています。

龍の画を観に行ったのですが、観音様もいっぱい。

観音様、龍と、そこにある画とメッセージが、それはもう神様からのものなんです。

あまりにもスピリチュアルな空間で驚きました。


その中で、この虹色の龍は、7つの龍が一つになった姿だということが書かれてありました。

。。。。実は数ヶ月前に、ある夢を見ていました。


7人の神様(女神4人、男神3人)がいて、真ん中の女神様に、鍵を渡されるんです。


この鍵で、扉を開けなさい


と言われ、開けようとした瞬間、目が覚めました。


翌日は、今度は睡眠中に巫女の舞?!を踊っている

(実際に手を動かして踊りの所作をしている)自分に気づき

びっくりして目が覚めた。。。。というようなことがありました(^^;)


ここに来て、「7つの龍」の記述を見た時、


あ、あの7人の神様は龍神だったのね!」


とピンと来たんです。


虹色の龍 = わたしのところに来てくれた7人の神様


だと。


それを知るために、ここに呼ばれたのですね。きっと。


そしたら、その帰りに、自分の顔が“龍顔”になってた。。。。コワい(^^;)


(後で嬉野温泉入ったら元に戻ったけど(^^)。

この“嬉野”という地名も、神功皇后が名付けたらしい)


今、富士山のヒーリングのため、龍がやっていきているのですよ。

それがこの「富士越えの龍」のメッセージにも書いてありました。

やっぱりそうなんだよね。

034


ちゃんと行くべき所には呼ばれるようになっているのだなぁ。

そして、必要なものを見せられます。



ご縁があって然るべき場所へ連れて行っていただけることも、

そういう情報を伝えてもらえることも、偶然ではありません。


ありがたいことです(^人^)

この日は、御神木と龍に多大なエネルギーをいただいて帰ってきました。


大楠・御神木といい、この虹色の龍といい、


佐賀ってなにげにスゴイ・・・と感動してます(^ー^)

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

エンジェリック・ヒーラー/スピリチュアル・コンサルタント みちよ OfficialI Website

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年4月19日 (金)

高千穂~宇佐神宮~糸島~昇仙峡物語

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。


今日から札幌です!

きっとまだ冬なんだろうな~。


あさっての『女神塾』1Day にご参加の皆さんは、

「デートに行けるような格好で」お越し下さいね!必須です。

両日とも少人数で行いますので、じっくりやりますよ!

楽しみにされてください!!


5月は名古屋で『女神塾』&『豊かさのパワーマネジメント』1Dayを行います。

5月11日、12日です。

来週、募集開始しますので、ご予定空けておいてくださいね~。


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


先日の、夫婦木神社の宇宙の宮司さん

ここには神様はいないよ!」発言。

何度思い出しても笑えます(^0^)(わたしはいつも聞いていますが)

Photo_13

そして宇宙の宮司さん特製オリジナルお守り 《神我一体》。

神社で

キリスト意識

は初めてだよ!(^0^)

(⇒拡大して見てね!)


今は、この意味がよーーーーく分かるのです。


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.


さてさて。


先日の高千穂~宇佐神宮への旅をここでおさらいしなければと思います(⇒遅いって(笑))

高千穂も、

宇佐神宮も、

この山梨・昇仙峡と繋がっていますので、

この3つがあって、わたしの中では完成なのです。


先月の高千穂は、

またまた“”というサインがてんこ盛りでやってきたので行ってきました。


Photo


Photo_2

天岩戸神社。。。。

ここで写真撮ると、やっぱり毎回上が光って映るんだよなぁ。


天安河原。

Photo_8

今回はオーブ映りませんが、光はいつも変な感じです。


Photo_5

持っているものは、

実は、宇宙の宮司さんから特別に借りている

『宇宙のバイブル』本です。

山梨から持って帰りましたが

なんとなく今回の九州に連れていったほうがいい気がし、

高千穂まで勝手に旅をさせてしまいました(笑)

Photo_9


今回の旅で一番どビックリしたのが、これですよ。

神功皇后が、なぜ高千穂に?!

(しかも“家内安全”って・・・・(笑))

神功皇后は、夫婦木神社にもいます。そこでは女神

Photo


そして、ここのところ、わたしは神功皇后にご縁があるところばかりに呼ばれているんです。

高千穂は3回目ですが、こんなところにいらしたとは今まで気づかなく、

えらい驚きました。

高千穂に祀られている神様は“神話系”の方たちばかりなのに

どうして「人」である神功皇后がここにお社まで建てられているのか。。。。

神功皇后は、アマテラス様からメッセージを受け取っていたチャネラーなんですが

それでも、この特別待遇はすごすぎます。

だって、他のどの天皇のお宮もありませんから。

今回は、“これ”に気づくために来たのかも。。。。とも思いました。


・・・そして、1月に行った宇佐神宮にも再訪しました。

Photo_11




Photo_10


ここは、本当に“天使・女神神社”なので、

神社に興味がなかったわたしでも、しっくりくる場所です。

八幡神宮の総本山で、渡来人の秦氏の神様である「弥秦(イヤハタ)=八幡」を祀ったと言われる神社です。

秦氏は、ユダヤ系だったとも言われていて、

古代イスラエル教が入っている「らしい」場所です。

だから“天使神社”なのか・・・・。


宇佐神宮は、

比売大神(三女神)、神功皇后、応神天皇(八幡大神)

の3神をお祀りしています。

女神も3人、お宮も3つ=三位一体を表わしているし、

八幡神の<御遣い>ということで、のおまもりが売られてるし、

(鳩は旧約聖書にも出てきますし天使の象徴でもあります)

裏には「契約の箱」?を運んでいる8人の天使の絵まで飾られてあるし、

(「契約の箱」は、モーゼの十戒を入れた箱だと言われてます)


なんなの~?!

というくらい、日本の純粋な神道とはなんとなく違う匂いがします。。。。


一番最初に、ここ宇佐神宮にきた理由は、

去年、宇宙の宮司さんのところに遊びに行った際に、

最近、ある人を通じて届いた神功皇后のメッセージがあるのだけど、それはみちよさん宛てだと思う!

というエピソードから、

神功皇后ってどなた?」(笑)

と疑問が湧きました。

その時点まで、詳しいことは全く知らなかったんです。


神功皇后は、

ヤマトタケルの息子、仲哀天皇の后で、

天皇の死後、妊婦なのに自ら武装して兵を率い、三韓征伐に出かけていった

めちゃめちゃ戦い系の女性(第15代天皇)です(^^;)

ちなみに、wikipedia ではこんな人として姿が紹介されています。。。。

戦士やん(笑)

Jingu


最近、婚学や婚活のお仕事で、福岡(糸島)に行く機会が増えたので、

「今度行く際に、ついでに大分まで行けるから、行ってみよう!」

と思ったのが始まりでした。


よくよく聞きましたら、わたしが全く違う目的で訪れていた糸島

神功皇后が三韓征伐に出かけていった場所で、

あちらこちらにその伝説が残されていたのです。。。。

神功皇后が息子の応神天皇を産んだ場所も、本当は糸島だったと言われています。

(オフィシャルな説で言われている出産場所、宇美町の宇美八幡ではなく、

本当は糸島だという説があるのです)


そんな、神功皇后と縁の深い糸島に、わたしが知らずに出かけたのが去年。

桃というサインで、神功皇后が祀られている山梨・夫婦木神社に初めて訪れ

宮司さんと知り合ったのも、去年。

(ちなみに、山梨の神功皇后(=女神)崇拝は、武田氏の先祖が神功皇后の鎧を譲り受け、それを身につけて戦に出ると負け知らずだったことから、武田家の守り神とされているとのことで信仰が広まったとのことです)

宇佐神宮が、“天使神社”であることを知り、背後に渡来人の歴史があることに気づいたのが1月。

牛のサインで去年から度々高千穂に導かれ、結局そこにも神功皇后がいることを知ったのが3月。

今年になってぜーんぶ<神功皇后>で繋がってしまいました。


呼ばれてる感はまだまだ続きます。

最近、ブックオフで手に取った本を開いたら、まさにそのページに「神功皇后」!

極めつけは、福岡から帰りの新幹線で、

車内にある無料冊子を手に取ったら、その中にも「神功皇后」!

Photo_12


これを見た時は、本当に愕然としたよ。。。_| ̄|○

どこまで行っても出会ってしまうのです。。。

(歴史上、昨今ではそんなにメジャーではないはずなんだけど。。。。)


戦い系から女神系になったというところで、個人的に非常にシンパシーを感じますが(笑)

まあ、このご縁にはきっと何かあるんでしょう(まだよく分からないけど・・・)


秦氏のユダヤ人説がある宇佐神宮に祀られている神として、

神功皇后=渡来人(ユダヤ系) なのではないか、とも言われているのですが

そうであっても不思議ではないな、と感じます。

実は、わたしの「みちよ」という名前も、旧約聖書に関連しているのだと、

最近、スピリットから教えられました。。。。


ちなみに、宇佐神宮の近くにローソンがあるんですが、

なぜかその敷地内に、でっかい天使がいるんですよ!!

Dsc02162

見るからに、アークエンジェルマイケル(大天使ミカエル)っぽい。

ラーメン屋とローソンを守っています(笑)

これ、スゴイ。

宇佐って、やっぱり天使にご縁があるんだね(^^)

というわけで、高千穂~宇佐神宮レポートでした。

あー、やっと書けた(笑)



.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

エンジェリック・ヒーラー/スピリチュアル・コンサルタント みちよ OfficialI Website

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年8月25日 (土)

宇宙からワインが届きました♪

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。

 

気づいたら、8月も末となっております。。。(^^;;)

しかし暑さが続きますねー。

ゲリラ雨なども気をつけてくださいね。

.。.:**:.。..。.:

女神塾もいよいよ佳境に入りました。

皆さんから「宿題」で提出していただいたものを見ていると、

意識が

女子としてオッケー(^^)b

になってきているのが分かります。

みんなが、自分として、よりよく生きてほしい・・・

という願いが、わたしの活動の基本にあります。

リーディングであれ、お話会であれ、教室であれ、塾であれ

思いは一緒です。

なので、こういった瞬間がとても嬉しいのです(^^)

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

夏休み中、またまた 山梨 昇仙峡 を訪れました。

それも、またたくさんの「」サインが来たからなんですが(笑)

そういう時って、サインが来る前から

行って来い~

という感じがとてもするのです。

昇仙峡では、またまた 夫婦木神社(めおとぎじんじゃ)の姫の宮へお邪魔し

Photo4


宇宙の宮司さんにお会いしてきました。

前回伺った時、名前も伝えず不思議な話をフツーに聞いていたわたしを覚えていてくれた宮司さん。

 

みちよのブログを見た」という方が、何人か早速神社にお参りに来たそうで、

とても喜んでくださいました。

(ここの神社は、是非行ってみてほしいので、あえて本殿の内容など詳細は書きません。ご興味ある方は是非どうぞ~)

なんとまあ、神社なのにわたしにはお茶菓子まで出してくれ(笑)

なんか、親戚のオジサン家に遊びに来た人(笑) のようになってしまいました。

(宇宙的には案外親戚なのかも(笑))

なんと、宮司さんは最近マンガにも登場していた!!

Photo2_3

伊藤三己華さんの連載です。

Photo3_9


いつもながら、ハイテンションの気迫で、一般参拝者にもフツーに宇宙の話をします。

完全にチャネラーさんだし、宇宙と繋がっちゃってます(^^;;)

そして

今度、ワイン送るから~」

と、なぜかわたしにワインを送ってくださることに。

この神社でオーブ写真を撮った人には、もれなくお送りしているらしいのですが

わたしは例外的に認定されたようです(^^;;)

(ちなみに、オーブは撮る人の波動と、その場所の波動が合わさった時に撮れるものです。

7月に高千穂で撮れたものは、あの波動にウェルカムされたんですね^^)

いつも相談を受けている身のわたしは、たまには人に聞いてみたい時もあるので

とあることを宮司さんにミニ相談してみました。

すると宮司さん。

まさに、わたしの中にある答えと同じことを話して下さいました。

ああ、やっぱりこれでいいのかーと確認させていただきました(^ー^)

。。。。神社の前にある クリスタルサウンド さんがわたしがよく行くお店なのですが

(最近身に着けているクリスタルは、こちらのオリジナル商品です)

ここの 雨宮支配人 は、毎日ここにいるわけではないらしいのですが

なぜか、わたしが行く日には 必ず お店にいらっしゃいます。

もう何回も行っていますが、毎回本当に素晴らしいシンクロです。

その雨宮さんも、当然宮司さんのことをよく知ってますから、

あの宮司さんがどれだけスゴイか、をここで話すのが楽しかったりします。

とにかくクリスタルの数がものすごいので、行くだけで波動が上がる場所です。

(すご過ぎて入れない人もいるらしい。。。クリスタルを探しに行く方は、是非雨宮さんを探してください(^^)b)

。。。というわけで、宇宙からワインが届きました(笑)

Photo1

白と赤、ちゃんと2色。 陰陽ですね!!

宮司さん、ありがとう!!

わたしは一人では飲めないので

大切な人と二人でいただこうと思っています(v v)♡

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.

エンジェリック・ヒーラー/スピリチュアル・コンサルタント みちよ OfficialI Website

| | コメント (18) | トラックバック (0)