自尊心

2016年8月21日 (日)

本当の自分は“万華鏡”のように現れる

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。



今日はどのブログで書こうかな~と迷うほどです(^^;)



Photo

今日のMINAさんの作品



「女神達」


by MINA spiritual healer/ artist




.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.



お蔭さまで、


来週27日の



『マンガでわかる 理想のパートナーと引き寄せの法則』


出版記念セミナー



~引き寄せ+恋愛+ソウルメイト編~

は、再度満席になりました。ありがとうございます^^



お申込みの方は、来週お待ちしておりますね。



.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.




性格って、変えられないと思っている人が多いですが、



変える、変えない



ではなく、



要素として、今「それ」が表に出ているだけで、



みんな、内側に様々な自分がいるんです。本当は。



成長や、年齢、人生の時期によって、



本当はまた違った自分が現れる。






こんな性格、嫌だ



とか、



もっと●●になりたい



と言われることもありますけど、



元々は、隠れてるだけで内側にありますから、



ちょっと出し方を変えるだけで、また別の要素が出てくるようになります。



きっかけさえあれば、出てくるのです。




問題は、




今出ている性格 ではなく



変えられない と思い込んでいる意識 
です。




・・・突然ですが、



「万華鏡」をイメージしてみてください。



内側にちっちゃい様々な色のキラキラが入っていますね。



とってもキレイです^^




万華鏡って、筒の振り方によって、



中の鏡に映るものが変わる。



性格も、そんな感じです。




出てくる模様(=模様)は、その時、その時で変わる。




人間にあてはめたら、




この場合は、人生の節々、変化が、“降り” になります。




でも、どんな模様になっても、



中のキラキラはもとからありますね。




「性格は変えられない」 という意識って、



万華鏡の中で、キラキラを接着剤で固めちゃっている状態。



そうすると、美しい模様も出てこなくなります。



固めたら、動かない



だから、「変わらない」のです。




この固めている意識は、もともと"感情"だったもの。




「本当は自由でいたかったのに、いい子にされてきた、ヤだった~!」



とか、



「勉強していい点を取れなければ褒めてはくれなかった。悲しい~!」



とか。



そんな感情があった出せなかったために、



「じゃあ、もうそういう人間になってやるよ!そうすればいいんでしょ!」



と、自分を「固めて」しまったのです。




いい子キャラの人は、いい子路線を守らないとダメなような気がして、

周りからの目線や批判が怖くて



楽な自分ではいられないので、



「こういう自分は変えられない」



と思っているのです。



でも、これは大昔、



そんな自分には本当はなりたくなかった 




という感情を持っていた 証拠なんですね。





実際は、“あなた” というキラキラの万華鏡の中に、



本当の自分がすでにいるんです。



ちょっとだけ振ってみれば、



そんな、今まで隠れていた部分は簡単に出てきます。



少なくても、



自分の性格を変えたい




と思っている方は、



その隠れた自分のキラキラを見たがっている、ということなんです。



変えたい と感じるときには、



周りに、自分がなりたい姿を見せてくれる人や、



自分と同じような人がきて、



「このままでいたい? いや、そうじゃないよね」



という感情を引き起こされます。




だから、



そんなことをサインだと思って、




少し、今までの自分を 振って みてください。




自己主張できない人は、自分の意見を(ノートなどでいいから)出してみる。



自由がなかった人は、自由な時間を作ってみる(ずっと取ってなかった有給を取ってみるとかです)




そんな風に、少しだけ今までのパターンを崩してみていくと



自分の新しい面が出るようになります。




自分が出せた、思いを伝えられた、思ったように行動できたとき、



何か誇らしい自分になっていたら、



あなたという万華鏡の中に、



カラフルな新しいキラキラ模様ができたということなのです。




。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。



★アメブロ・みちよの「引き寄せの法則」

http://ameblo.jp/michiyo-hikiyose


★アメブロ・スピリチュアルカウンセラー・みちよの恋愛ブログ
http://ameblo.jp/michiyo-renai/


★カウンセリングお申込はこちら―スピリチュアル・カウンセラー みちよ Official 


Website




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月23日 (水)

必死と頑張ることは違う

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。



今週末26日は、


和歌山で愛され女神に生まれ変わる方法出版記念 お話会 &お泊まり会です。



関西なのに、九州や関東からわざわざお越しになる方も多いと聞いています。

本当にありがとうございますm(_ _)m



ご参加の女子の皆様は、温泉地だからといって、


気を抜いておっさんのような格好してこないように!(^0^)(笑)



まあ、会場が畳ですから、


ある程度、加減があるとは思いますが、


こういう時に、女性を意識して生きることって大事です。



お水=女性性 ですから、


このスペシャルなお水が湧き出る温泉で、


女性性アップさせていきましょう!



お話会終了後は、温泉堪能してください。


とっても気持ちイイ居場所ですよ!(^ー^)

また、当日はサイン会もしますので


サイン欲しい、という方は、『愛され女神本』をお持ちになって下さいね。




.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.




この人生。


いかに心地よく生きるか、がタイセツ


ぶちゃけ、そのために生きていると言っても過言ではありません。


心地いい の中には、あらゆる〝喜び〟が含まれています。



人は、心地よくないから、何か心地いいものを探さないと!



と、焦って「欲しい、欲しい」となります。



とりあえず、


何か安心できるものをつかめば、心地よさを感じることができるだろう、というわけです。




いつも言いますが、すべては〝自分の内側から〟始まります。


心地よくしたいのであれば、なんでもいいから心地いいと感じられるものを選んでいきます。



それ以外では、心地よさを得ることは難しいのです。


.。.:**:.。..。.:



必死で何かを追い求めたり、達成していないと、なんだか落ち着かない



という人がいると思います。


要するに、



頑張ってないと、自分じゃない!」



みたいな。

まるで、スペインの牛追い祭のように、常に必死で自分を追い込みます。

ひとつ達成しても、また次の課題が残っていたら、それもやり遂げるまでOKできません。



とにかく、すべての面でパーフェクトな状態にしていないと、イライラしてしまうのです。



しかし、牛追い並(!)に頑張っている割には、自信が持てません。



頑張っているのに、自己評価は低いのです。



まだまだ〇〇を達成していないのだから、これで100点とは言えない」と。



ですが、本当に「頑張る意識」とは、こういうことではありません。

これはただの必死



しかも、他人目線での評価基準をクリアするための必死



だから、いくら頑張っても〝心地いい〟状態にはなりません。




本当の頑張りは、



楽しいことをする時に使います。



しかも、その楽しいことをしている時というのは、



頑張っているのだけれど、労働ではないので



楽しい事の一環でできちゃいます。



これが、本当の頑張りの使い方。




最近、ここで何度も書いて恐縮ですが(^^;)


わたしの中では、人生を変える出来事だった、海で泳ぐ という経験。


イルカちゃんたちと泳ぎたい!


という喜びを求めることで、克服できたんです。



これが、本当の頑張りの使い方です。


わたしの中では、あれから


よくやった! めっちゃ頑張った! 偉いよ、みっちゃん!!」


という天使応援団の声が響き渡っていて(笑)


未だにお祭りムードです(^0^)



あれだけ怖かった海に入れて、今



わたしは何でもできるー!p(^^)q みたいになっています。



ホント、めちゃめちゃ自信つきました。




自分の喜びのために努力することは、努力に感じません。



今、新しい本を書いていますが、


長時間パソコンに向かっていていくら肩が凝ろうが、


途中、言葉に詰まって「う~ん、う~ん」アタマをひねろうが


書くことが好き!でやっていますから、


全然、苦じゃないんです



必死でやってないんです。


楽しんでやっている、喜びの労働なのです。




今、辛いのは、他人目線の評価を気にした頑張りではありませんか?


こんなにやってるのに、評価が低い!

となって、それをまた自分の能力のなさだ、としてしまっているから、


余計に自信をなくしていませんか?



そう感じたら、頑張り ではなく、必死 なのかもしれません。


必死な時に、心地よくなんてなれませんよね。



そう思ったら、必死な自分を「スピリチュアル牛追い祭」からリタイヤさせてあげてください。


(ちなみに本物の「牛追い祭」は、まさに命がけです(^^;))



まずは、心地いい状態に戻してあげること。(五感を使って下さい)



自分のために、何かよいことをさせてあげること




自信って、自分の<喜び>のためにやることが積み重なってできあがっていくものなのですよ(^^)



(あ、牛追い祭系の女子は、是非、週末「ゆの里」へお越し下さいm(_ _)m)




*:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

★カウンセリングお申込はこちら―スピリチュアル・カウンセラー みちよ Official Website 






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土)

自尊心の種

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。

本日から、ヒーラー養成講座・ベーシッククラス 第二期 が始まります(^^)

またまた、遠方からもご参加いただきまして、本当にありがとうございます。

お天気の崩れはないようですが、どうぞ気をつけてお越しになってください。

また、明日は、アドバンスクラスも始まります。

(※こちらは、1期生のベーシック受講終了者のみのクラスで、募集はしておりません)

こちらも、皆様、テンション上げてお越しくださいね!

お待ちしております m(_ _)m

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

。。。さて、今日は、劣等感 と 自尊心 について書きたいと思います。

わたしたちは、常に

誰かから認められたり、愛されたりすること

を切望します。

ちょっと求めるならいいんですが、

場合によっては、他者から、公式文書に認証印をポンっと押してもらえないと、

自分は、認められるに価しない 愛されるに価しない

という意識によって、必死で評価や愛を得ようとしてしまいます。

ですが、何人に、たとえ何百万人に、

あなた、大丈夫ですよ!」

と言われたとしても、自分自身でそれを認識できなければ

結局、誰かほかの人からそういった言葉をなげかけてもらえたとしても、

何の意味もありません。

いつまでたっても、信じることができないからです。

。。。。こんな記事を書こうと思っていたら、

あまりにもタイムリーに入ってきた、

ハリウッド女優 デミ・ムーアの離婚話

(かなり年下の夫と結婚していたのでした)

わたしは、普段ハリウッドゴシップは見ませんが、

彼女のインタビューをたまたま目にしてしまったのです。

衝撃的だったのが、あのデミ・ムーアたる女性が

人生の終わりに、自分が愛される価値のない人間だと分かることが怖い

と言っていたこと!

誰もが羨むであろう、美しく、才能もあり、有名で、巨万の富を得ている彼女の自尊心は、

実は、こんなに脆かったということ。。。。。

。。。。わたしたちは、

すべてを手に入れれば、自分の価値をそのまま認めることができる

と思い込んでいます。

ルックス、仕事、肩書き、夢、愛、恋人・家族(配偶者)、家、車。。。

自分のステイタスを上げてくれるものを所有さえすれば、

自分に本当の自信を持たせてあげることができるだろう。

と、本気で思っているのです。

だから、「自分が持っていない」 と思えるものを持っている人を見ると

うらやましくて仕方ありません。

持ってる人は、自信が持てる

何も持っていない自分は、これだから自信がもてない

と思い込んでいます。

ですが、すべてを持っているように見える人でも、

自分の中に、「わたし、大丈夫!」=自尊心 の種を持っていないと

軸がバカっと外れて、

わけの分からない状態になり

デミ・ムーアのようになっても不思議ではありません。

(もし機会があったら、デミとお話したい。。。。)

仮に、その外的要因で成り立っている自信であれば、

ルックス、仕事、肩書き、夢、愛、恋人・家族(配偶者)、家、車。。。

が、何かの加減でなくなったとき、その自信も木っ端微塵に吹っ飛びます。

吹っ飛ぶのは、本当の自信ではありません。

。。。実は、周りの人に、ほめられたり、認められたり、愛されて、

あ、わたし大丈夫なんだ(^^)v」

と、思うことは悪いことではありません。

わたしたちは、この人間界では、

他者を通して自分を見る

ことをやりにきているので、それも、アリなのです。

ですが、それも本当は

他人にほめられたり、認められたり、愛された”から、自信が持てるようになったのではなく、

その言葉や励ましや、温かさがきっかけで

自分の中にある 「わたし、大丈夫!」の種が、しっかり芽を出したから、

自信が持てるようになっただけです。

実は、みんな種を持っています。

種を持っていない、と感じているだけです。

誰かから、賞賛や愛をもらえないと、いつまでたっても評価や愛の対象ではない

と、信じているのです。

その強い信念が、強迫観念を生みます。

必要以上に、駆り立てて自分に何かをやらせたり、克服しなきゃ、と思わせたり、愛されるために、自分の喜びではない方向で、相手に尽くしたり。。。。

これは、絶対に疲れます。不毛コースです。

がんばれば、がんばるほど

もう、どうしてわかってくれない(評価してくれない)の!」

あなたのためにこんなに頑張っているのに、どうして愛してくれないの!」

というフラストレーションで、自暴自棄になります。

ハッピーな状態とは程遠い場所に行っちゃいます。

これは、相手が誰であろうと、お互い辛い人間関係を生むのです。

何かしら、外的要因でステイタスをあげることではなく、

誰かの承認でもなく、

自分で、「わたし、大丈夫!」の状態をいつも作ってあげること。

そうならない限り、何を持っていても、誰かから認められても何も変わらない。。。。。

デミ・ムーアの一件は、そのことをよーく教えてくれています。(ありがとう、デミ。。。。)

。。。そう、わたしたち誰もが望む、

認められたい!  愛されたい!

も、すべて「自分」から。。。。。

その他に例外はないのです!

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.

エンジェリック・ヒーラー/スピリチュアル・コンサルタント みちよ OfficialI Website

| | コメント (10) | トラックバック (0)