仕事

2009年8月26日 (水)

人生のバンジージャンプ

おかえりなさい(^^)v みちよです。

今日は、ひさしぶりにコメントにいただいたご質問にお答えしたいと思います。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

みちよさん、こんにちは。

ずっと、悩んでいる内容があるのですが

最近、みちよさんのブログから、たくさんヒントをもらっています。

私事で申し訳ないのですが、私は今の仕事、好きでなくあまり向いてないなと思っています。

なので、学生のころのように、仕事中もすごく眠たくなってしまい、身も入っていません。

(しかし、天使が見える方などに相談すると、いつもみなさんこの仕事は合っていますと言われています。)

しかし、だからといってやりたい仕事もありません。

本当は、この仕事今すぐにでもやめて、もっと自分に合った仕事がしたいとおもうのですが、具体的になりたいものがないせいか、迷いがあり

「いやだけど、この仕事ずっと続けるんだろうな・・・」

と無意識のブロッグに負けてしまっている気がします。

こんな場合どうしたらいいのか教えていただけませんか?

あと、前にブログで望まないこと(差別、貧困などは現実と思わなければ現実にならない・・・)といわれていましたが、自分に起こった望まないことも、現実ではないと否定していくほうが良いのでしょうか?

はい(^^) ご質問ありがとうございました。

やりたくない仕事をずっと続けていくほど苦しいことはありません。

でも、

この世で生きていくために、みんな我慢して嫌なことをやっているんだよ

とか

この世は修行だから、嫌なことをやらないと成長できないんだよ

などと、うそぶく人もいます。

でも、ご質問者様の場合、もう答えは出ていますね。

眠いのは、心が喜んでいない証拠です。

天使は、「我慢をすることが、どれだけあなたの身体に影響を及ぼすかを考えてみてほしい」と言っています。

わたしたちが思っている以上に身体は正直です。

嫌だな」と思うと本当に身体が機能しなくなります。

たとえ、「眠い」という症状が出ないとしても、怪我をしたり、病気になったり

いろんな方向から、身体を「機能停止」にさせるようなことが起こるでしょう。

ここでの問題は、仕事を嫌々しなければならないという‘我慢’です。

わたしたちは、嫌なことでも我慢をすることが偉いと教えられてきました。

我慢とは、言い換えれば、自分をだましていることを隠す口実です。

我慢を美徳とする3次元的な価値観が生んだ、巧妙な言い訳です。

我慢することによって、自分が本当に求めている幸せは何か

ということを感じる感覚も鈍ってきます。

無意識につくため息から、エネルギーが漏れているからです。

我慢しながら仕事している人は、表情も暗く、日常が空回りして楽しめない様子ではないでしょうか。

ただ、やりたくないかやりたいかは別として

‘向いている’仕事もあります。

その仕事に従事する上で、発揮できる能力・スキルがあるということです。

ご質問者様は、そういった意味では、今のお仕事は現世的な部分で能力を発揮できる現場でもあります。

スキルとして持っているものを活かす=‘できる’ことと、本質が求めるもの=‘やりたい’ことを、両輪で行うこともできます。

いずれにせよ、ご質問者様自身で選ぶことが可能です。

実はつい最近まで、わたしもご質問者様と同じ思いでした。

魂に男性的な部分を多く持っているわたしは、リーダーシップや、決断力、問題処理能力などを元々持って生まれました。

そんな自分が持っているものを使って‘できること’として、今の仕事で管理職に就いていたのです。

それらの能力はひとつの要素としてわたしの中にしっかり存在するものですが、いくら頑張っても、喜びを感じられませんでした。

思いっきり‘我慢’をしながら仕事をしていました。

管理職の仕事は‘できる’けど‘やりたい’ことではなかったのです。

ここまで分かっていても、わたしは会社を辞められませんでした。

分かっていても、これまで何年も続けてきたことを終えて新しい環境に移行するのは、とても勇気が要ることでした。

数々のクライアントさんのリーディングを続けている中で、天使から

あなたはこれを続けていいのですよ

という声も聞こえていたにも関わらず、そこから一歩前に進むことが怖くてしかたなかったのです。

その心境はちょうど、バンジージャンプで飛び降りる人のそれに似ています。

命綱がついているし大丈夫

と分かっていても、一歩先が断崖絶壁だったら、足がすくんで動けないのと一緒です。

そうやって、自分をだまし、自分に嘘をついてきたわたしですが

先月の7月に、いろんな出来事や気づきがいっぺんにやってきたおかげで(これも天使道のなせる業なのですが!)

飛び降りるのは今!

ということを実感し、とうとう会社を辞める決心をしたのです。

恐れでぐずぐずしていたわたしの背中を天使に押されたような形でした(^^;)

でも、どんなに飛ぶのをためらっていても、あなたが光の方向に向かって生きたいと思っていれば必ず背中を押されるときがきます。

これ以上、‘我慢’という言い訳で自分をだませない、と思う日が来ます。

ご質問者様には、今のお仕事で時間を費やすことの意味をもう一度考えていただきたいのです。

眠くなる。。。。というのは、天使からの答えだと思いませんか?(^^)

ご質問者様のバンジージャンプを飛ぶときなのかもしれませんよ!

お悩みの「やりたいことがなんだか分からない」 とのことですが、

やりたいことが見つかれば、我慢しなくなる

のではなく、

我慢をするのをやめると、好きなことが分かるようになってくる

のです。

我慢で麻痺した感覚を取り戻すことが先決です!

また、

自分に起こった望まないことも、現実ではないと否定していくほうが良いのでしょうか?

とのご質問ですが、

自分に起こった望まないことも、自分で引き寄せている

ということを認識して、「否定」するのではなく、今、こういったものを引き寄せた自分の波動がどういう状態であるかを検証できるいい機会と思ってください。

望むことも、望まないことも、自分の‘内面’の状態を教えてくれるバロメーターです。

むしろ、  ありがとう  と感謝してくださいね!

ご質問ありがとうございました(^^)

| | コメント (21) | トラックバック (0)