執着

2009年7月15日 (水)

ベストなタイミング

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。

ついに今週末!

『みちよのお話会』と

コーイチ・みちよのお話会in大阪 開催です。

みちよ・師匠コーイチ初のジョイントお話会。

実はわたしが師匠の前で話すのはこれが初めてです・・・(^^;)

師匠は、22日の皆既日食直前で、いったい何を話すのでしょうか。。。

皆既日食くらい珍しいコンビ?のお話会に是非ご参加ください。

男性の参加もお待ちしておりますよ~。

お申し込みはこちらから。

※申し込みいただいた方でご案内のメールが届いていない方は、PCからのメールを受信可能にしてご連絡くださいますようお願いいたします

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

先日、「執着を手放す」の話の中でも書きましたが、

人は親密な誰かに愛を発したとき、それを分かってもらえないことが一番辛く感じるものです。

せっかく贈り物をしても、受け取ってもらえなかったような気分になるのですね。

心をオープンにしている相手であればあるほど、その気持ちの持って行き所に困ってしまいます。

贈り物を受け取ってもらえなかったことで、怒りを感じたり、悲しくなったり、さらには相手の考えを変えようとしたり、逆に愛情を完全に引っ込めてしまうこともあるかもしれません。

これも先日「Love always flows」で書きましたが、わたしたちはいついかなるときも‘’に囲まれているので、本当はいつでも愛を感じられる存在なのです。

そこに手を伸ばしさえすれば、いつでも愛にアクセスできます。

たとえ相手に贈り物を受け取ってもらえなくても、あなたの周りにある愛を感じることができれば、自己憐憫に陥らなくてもよくなるのですが、あなたのハートが大きく開いた関係では、そうなれないことも多々ありますよね。

相手の反応で、深く傷ついたり落ち込んでいる方へ。。。。

すべての人には、ベストなタイミングがあります

相手が今、愛が分からない、愛を受け入れられない状態だったとしても、

心の扉を閉じてしまい、たとえ愛から遠ざかった行動を繰り返しているのだとしても

それはその人の学びなのです。

その人は今、ベストなタイミングで学んでいるだけなのです。

あなたの愛を拒否したいとか、あなたを傷つけようとしているのではありません。

あなたにベストなタイミングがあるように

相手にもベストなタイミングがあります

相手が今は、あなたの愛に気づくことができなくても

エゴに潰されそうになっていたとしても

相手をどうにかしてあげようと手を差し伸べるのではなく

ただじっとタイミングを見守ることも‘’なのです。

ハートでそれを感じることができたら、あなたの愛は、空間、時間、時空を越えて、相手に届きます。

それが本当の‘愛の贈り物’。

あなたが送った‘愛’の贈り物が、贈り主であるあなたのハートをさらに深く広く広げてくれるでしょう。

辛くてどうしようもない関係の相手も、あなたのハートを活性化させるために現れた人なのかもしれません。

あなたは愛の贈り手であると同時に、愛の受け手でもあるということを忘れないでくださいね(^^)

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

執着を手放す

おかえりなさい(^^)b みちよです。

先日の『Love always flows』の記事を書いたまさに同じ日。

にしきさんも、パートナーについて書いていました。

読まれた方、お気づきでしょうか。

切り口は多少異なりますが、パートナー引き寄せの部分について書かれている本質は同じです。

にしきさんのブログは、ここ数日見る機会がなかったので、同じネタを選んであえて書いたわけではなく。。。。(^^;) また記事のシンクロが起きててビックリです。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

ついに来週です(^ー^)♪

コーイチ・みちよのお話会in大阪にたくさんのお申し込みをいただきましてありがとうございます!

40人近くが参加しますが、会場が広いのでまだお席に余裕がございますよ~。

これからお申し込みの方、是非お待ちしておりますね(^^)

お申し込みはこちらから。

昨日までに

お話会ご案内メール

コーイチ個人セッションのご案内メール

を一斉にお送りしました。

万が一メールが届いていない場合は、こちらbreathwise@nifmail.jpまでご連絡くださいね。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

最近、‘執着’の手放し方についてのご質問をいただきましたので、今日は執着について書きたいと思います。

恋愛が終わった後も、相手のことをどうしても忘れられなかったり、上手くいかなかったことを恨んだり、相手を憎く思ったりすることってあると思います。

かくいうわたしも、そういった感情の経験者ですから、引きずってしまうことの辛さがよくわかります。

でも、5月の恋愛セミナーでもお話したのですが

自分のオーラの領域に、もうすでにいない誰かを留めておいたまま新しい良い関係を引き寄せようとしても、まず無理

なのです。

よしんば来たとしても、同じようにうまくいかない「元カレ(元カノ)そっくりさん」が、同じフィールドに入ってくるだけです。

それくらい、執着の影響力ってすごいのです(^^;)

うまくいっている、信頼のある関係であれば、‘執着’という感情は湧いてこないのが普通ですね。

もし、あなたが今誰かに執着してしまっているのなら、その原因は

相手に対して、自分の気持ちが思いどおりに伝わらなかった記憶

なのです。

それを、感情レベルで認識する時、‘執着’となって現われるのですが、そんな時でも思考のほうは、

上手くいかないのは十分分かっている

という場合も多いのです。

執着ってホント辛いんですよね。。。。(ーー;)

頭と感情が見事に分裂してしまっている状態なのですから。

そんな時、無理に執着を切り離そうとすると、さらに強い執着を生んで、ますます泥沼な行動に出たりするので、それだけはやめましょうね(^^;)

執着を自然に手放す一番の方法は、

相手に対して、自分の気持ちが思いどおりに伝わらなかった記憶を自分で認めてあげることです。

うまくいかなくて終わった関係なのですから、きっとこれまでにいろんなことを試したことでしょう。

それでもうまくいかなかった。

その行き場のない感情が、今もあなたの周りに漂っていることに気づくのです。

そして、その感情を自分の心に落とします。

相手に送信したのに、そのまま戻ってきてしまったメールを自分で開封してみて、どんなことを伝えたかったのかを、自分で感じるのです

あー、わたしはこれだけ相手を愛してたのね~」

そうか、わたしは彼とこんな関係を創造しようとしてたのかー」

というように、ひとつひとつ、自分で確認していくのです。実際に書き出してもいいでしょう。

そして同時に、執着を手放すワーク もやってみてください。

お風呂に入っている時、全身からサイダーの泡が出てくるようなイメージで、行き場のない思いが身体から、汗と一緒にどんどん蒸発していくことを想像してみてください。

シュワ~♪なんて、音付きでイメージするのも効果があります (^^)v

その後は、身体を洗い、すっきりした気持ちでバスタイムを終えてください。

何度かやってみると、重かった心が軽くなるのを実感するはずです。

結果、執着するようになってしまったとしても、誰かを愛したことには変わりありません。

その愛の記憶は手放さなくてもいいのです。

執着を手放すと、ちゃんとスペースができて、新しいご縁を引き寄せられるようになります。

よい出会いも、まずはセルフクリーニングからです♪

頑張って下さい(^^)b

| | コメント (15) | トラックバック (0)