ソウルメイト

2015年6月 4日 (木)

魂の帰国子女

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。





。。。よく、日本人で

白いご飯とお味噌汁が食べられなくなるから、外国には暮らせない




という人がいますが(まだいるのかな?昭和の時代にはよく見かけた気がする(笑))




わたしは、ぜーんぜんそんなことなくて。





わたしは生まれも育ちも日本で、血筋に外国との縁はございませんが、




小さい頃から、パンさえあれば生きていけると思っていたし、




ご飯もこだわりゼロで、タイ米でも、どこ米でも、あれば美味しく食べるし、




一番反応する食べ物(=食べててうますぎて泣きそうになる食物)は、ブラックオリーブだし(笑)




なんかね、もう生まれながらに、日本人ではなかったんですよ。





食べ物は、完全に西洋ものでOKです。





だから、きっとどこに行っても困らない。





・・・これは、いろんなセミナーとかでも話していますが、





8歳の頃、TVで初めて観た外国人ロック歌手





(たぶん、今思うとKISS(!)だったような気がする)




の歌に反応して、





ああ、わたしがしゃべる言語って、これ(英語)だ!




と。




そこから、聴くのはオール洋楽だし、




英語は自力で勉強したり、近所の帰国子女のお姉さんに習ったり、





近所の米軍基地に飛び入りでバイトしたりして、しゃべれるようになったんです。





地の利を使った、ホントに自給自足(^^;)(笑)。





お金もなかったから、留学もしていなんです。





昔はね、外国かぶれ、とか散々言われましたが。





でもね、これは理屈じゃないんですよ。





魂で覚えている感覚。





姿、形はめちゃめちゃ日本ですよ。





でも、




わたしの中のどこかがもう日本人じゃないって分かっているから





とカミングアウトしたのが、たぶん7~8年前くらいかな。





今まで、隠してきていた感はありました。





どうしても理解されないだろうと思っていたから。





でも、どう隠しても、英語を話しているほうがしっくりくる自分






がいることに気づいてしまったのです。





だって、お風呂入っていて、独り言で英語で話してるくらいだったんですから。





ああ、わたしの<魂のお国言葉>なんだなーと。






じゃあ、もう仕方が無いじゃん、みたいな。






そこからお付き合いする人が、外国人シリーズになっていったのですが、





発音にも、なんかこだわりがあるみたいで、





どうもね、惹かれるのがやっぱりイギリス英語なんですよ。





(米軍基地にいた時も、周りのアクセントに違和感があったくらいですから(^^;))





イギリスに行くときは、「(故郷に)帰ってきた」感覚があるし、





どことなく、(知ってて)歩いている自分がいるのに、いつもビックリしていました。





まあ、まさかそれが、オーストラリアに行き着くとは思いもしなかったけど(笑)





今まで友達にもいなかったAussie。 





青天の霹靂。アウトオブザブルー(笑)





もうひとり、ソウルメイトが日本にいたとは思いもしませんでした。





お互い、出会うために日本にいなければならなかったんでしょう。





イギリスに行こうと思ったことは多々あったのに、





なぜか、わたしは国を出られなかった。





彼もいろいろあったけど、国に帰らなかった。






。。。そんなわけで、今は毎日英語でしゃべっていますが






(まあ、めんどくさいときは日本語に切り替えるけど(笑))、





全然フツーなんです。





自慢ではないが、喧嘩で相手をマジギレさせることもできる(^^;)





自分でも、このナチュラルさはなんなんだろう、と感慨深くなることがあります。






もちろん、ネイティブじゃないから間違えもする。





でも、ああそうだった、と思い出す感覚で理解できるんです。





オーストラリアは、半分イギリスと共通の単語を使うので、





そこがわたしにとってはしっくりくるところのひとつでもあるんですけどね。






なんかね、8歳から英語というものに執着をしてきたけど、






すべてここに行き着くためにやってきたのかな、と。





「後で使うんだから、今やっとけよ」





みたいな感じだったんでしょうね、きっと。





クライアントさんの中でも、やはり同じような魂の境遇の人が多々いらっしゃって、





なんでわたしたち、日本に生まれて来たのかねー(^^;)」





といぶかしがるくらい、中身が日本人でない人たちもいる。





わたしは、自分を含め、そういう人たちを






魂の帰国子女 と呼んでいますが(^0^)





やはり、今回は日本で生まれ暮らしながら、





日本のエネルギーを海外に橋渡ししたり、





他の国から取り入れて、バランスするような役割を担っていたりします。






わたしの場合は、日本人のマインドも十分理解できる





でも、完全にそこに浸かっていない分、





問題のエネルギーの中にあるものを客観的に見ることができる、





という部分でこの要素を使っています。





ある意味、日本を内側と外側、両方から見れています。






。。。周りからすると  不思議ちゃん  みたいに思えるかもしれませんが、





これは、まったく個人的な感性でしかわからない部分。






魂で知っていること、覚えていること 





は、理屈ではなく、感覚でわかります。






そして、どうしても外せない、揺るぎがないものなのです。




*:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。 


★カウンセリングお申込はこちら―スピリチュアル・カウンセラー みちよ Official 

Website
 

※恐れ入りますが、コメントでの質問は基本お受けしておりません。ごめんなさい!

ミニQ&AはTwitterでどうぞ! みちよ @michiyoangel

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年2月 7日 (土)

意識のおさらいをしています

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。




こないだの幸せ記事でも書きましたが、



パートナーがいたって、いろんなスッタモンダもあるものです(^^;)



ソウルメイトは、コーヒーでたとえると、エスプレッソ  のようだ 



と以前にも書きましたが、



濃いー関係だからこそ、



これまでに出てこなかったものにまで向き合わされるのが、ソウルメイトなのです。





.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:




今となっては、だいぶ落ち着きましたが、



ちょっと前まで、かなりぶつかっておりました。

喧嘩する度に、わたしは



「もういい!」とひねくれました。



わたしのこと、そのまま受け止めてくれなければ、もういいもん みたいな。



本当は、お互いに原因はあるものの、



それを始めたほうに責任を押しつけたいので、相手から



「謝れ!」




と言われても、絶対に謝りたくない(笑)



「だってわたし悪くないし」\(*`∧´)/ 



と思うのです。



それで、


「わたしのことが嫌で、一緒にいたくないのなら、やめれば?」



みたいなところにまで発展させてしまい、



収拾が付かなくなるのです。



こんな自暴自棄もいい加減にしないと、



壊したくないものまで、壊してしまう羽目になるのは十分分かっているのに、



感情がどうしても収まりません。

。。。。そんな喧嘩をした日、たまたま友人(男性)とランチをする約束をしていました。



以前から、この友人のお姉さん、奥さん、お母さんの相談を受けていたのです。




彼は、みんなから責められて、悪人にされていました。




罪のないところに、罪を着せられて、



「みんなおまえが悪い」



ということにされていたのです。



リーディングすると、



みんな〝ひとり被害者の会〟をがっつりとやっている人たちでした。




全員が全員、被害者意識で、




わたし(が一番)可哀想



と思っているのです。



被害者意識でいる人は、



自分が一番可哀想でいるために、他人を責めます。



自分に非があることは決して認めません。



認めてしまったら、被害者ではなく、〝加害者〟になってしまうからです。




「わたし(が一番)可哀想」



という立場を貫くために、絶対に相手に責任転嫁するのです。




わたしは、その人たちの中に、か弱い心を見ました。



その、か弱いハートでは、「自分が悪かった」と認めることは



とてもではないけど、できないことなのです。




わたしは、友人に向かって、




強い人は、実は自分の非を認められる。弱い人は、ごめんねと言うことができないの



と伝えました。



その時に、自分で言っていながら、ハッとしたんです。



本当に強い人間は、勝ち負けで生きていない。だから誤りを認められる。



でもわたしにはそれができなかった。




そうなんだ、弱いから、自分のせいとされたくない。逃げたい。責任回避したい。



責められたくない。あんたが悪いと言われたくない。



だから、自分からそれを避けるためには、人を攻撃すればいい。




攻撃することで自分を守れるから。




間違ってもごめんね、なんて言えない。




なんでかというと、それによって負けてしまう気がするから。




。。。。そのときわたしが思い出したのは、父親とのことでした。



本当に小さい頃から、体罰や言葉で攻撃されてきました。



その中で、必死で自分を守ってきたんです。



そして、絶対に負けちゃいけない!と、心に言い聞かせてきました。



負けてしまうと、自分の魂が死しんでしまうように感じていたからです。



だから、わたしの中で、(特に男性に対して)負けることは許されないので、



彼に何か責められると、



謝りたくない!


わたしは悪くない!



という反発で出てしまっていたのでした。




そのことに、ホントにホントに、突然はっとしました。



会話をしながら、自分で気づきました。



ああ、これは人の相談を受けているように思えるけど、



本当は自分のために必要なことを教えてもらっているんだな、と。。。。。




友人とのこの会話がなければ気づかなかったことでした。

。。。帰宅して、彼に、さっき気づいたばかりのこのことを話しました。



わたしは弱い人間だ。だから負けを認めたくないのだ と。

すると、「なんだいきなり???」となったので、説明をしたんです。

 


弱い人間にとって、負けること、間違っていることを認めるのは難しいのだ、と。

 

強い人間は、そんなこと気にしないから謝れる。

 

弱い人間にとって、謝ることはとても難しいの。

 

だから、できれば、わたしのことをそのまま受け止めるように努力してほしい、と。



弱いままのわたしを。





時々、反発して、ひねくれてしまうけど、



わたしのそういうところは、弱さからきている、そう解釈してほしいと。

そうしたら、「・・・・わかった」と。

この瞬間、何かがわたしの中ではじけました。



長年癒されなかった、城壁みたいなものが壊れた感じがしました。

自分を守るために創り上げてきたものが、心の奥で、〝頑なさ〟になっていたのでした。



最後の砦のような意識の塊でした。



それに気づいたら、この頑なさが一瞬でガラガラと音を立てて崩れていったのです。

 


弱いことを認められている自分自身がいる。



もう強がらなくていい。競わなくていい。勝とうとしなくていい。

 

もう負けられないと、気を張らなくてもいいんだ。




そう思ったら、ものすごく楽に感じられて(^ー^)



これまで、か弱くも戦ってきた「小さいわたし」が救われたのです。





実は、彼自身も、たくさんの兄弟の末っ子で、お兄さんたちからイジワルされても



肉体的に勝てず、いつも負けてきたんです。




だから、オトナになってからは、何にかけても自分が負けることは、一番許せなかった人。




究極の負けず嫌い(^^;)

わたしたちは、根本では同じだということも、知っていました。






彼は、(自分と同じ)わたしの思いをちゃんと感じ取ってくれて





ごめんね」と言ってきました。

わたしも「ごめんね」と返しました。


そこから、わたしたちの中で、何かが変わりました。

ちょっと前まで

わかってくれなければ、もういいもん!(`ε´)」



とひねくれていた、内側の「わたし」がおとなしくなった瞬間でした。




同じ日に、友人とこんな会話をしたことも、決して偶然ではないのです。






。。。。今、こんな意識のおさらいをさせられています。




でも、それによって、さらにさらに、理解しあえているのです。




結果、幸せ!





というのは、こんな風なことなのです(^ー^)





*:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。 


★カウンセリングお申込はこちら―スピリチュアル・カウンセラー みちよ Official 

Website
 

※恐れ入りますが、コメントでの質問は基本お受けしておりません。ごめんなさい!

ミニQ&AはTwitterでどうぞ! みちよ @michiyoangel

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年2月 3日 (火)

小さな幸せの延長線上にあるもの

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。




3月のセッション予定をアップしました。


http://angelswayhealing.com/reading_sessions/calendar/



3月からは、セッション枠が一律90分となります。


これまで、60分枠と90分枠とございましたが、


ここ数年、お悩みの根本の深さが増していることもあり、


60分では時間が足りなく、なかなか終わらない。。。。


という現象にさいなまれておりまして、


セッションの時間の見直しを計ることにしました。

その分、しっかりと深い部分にも触れていきますので、


ご理解よろしくお願いいたしますm(_ _)m




.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.




毎日、幸せです(^ー^)


たとえどんなことがあっても、今は毎日幸せなんです。


時にはスッタモンダもします。大げんかもします(笑)


それでも、結果(どういうわけか)幸せになるのです。


誰かとこんなにしっくりくる関係になれたのは、生まれて初めてかもしれません(v v)♡。。。




。。。子供の頃から、幸せとは真反対な家族関係にいて、


幸せになることをずっと探し求めてきました。




幸せではない、幸せではない、


だから、幸せになりたい





と切に願ってきました。


でも、スピリチュアルの世界に戻ってきてから、


この「幸せではない」が、ずーっとわたしの不幸せを引き寄せてきたんだぁ


ということにガッツリと気づかされ(^^;)



毎日の中に、幸せな部分を見つけてきたんです。



お湯が出て幸せだなぁ


ご飯が毎日食べられて幸せだなぁ


支払いがすべてきちんとできて幸せだなぁ




と、可能な限りすべてを感謝して生きるようにしたのです。


もちろん、パートナーがいない時、


いても思ったような関係ではない時でさえも



その中に喜べること、楽しめる要素を見つけるようにしました。




その時、その時の、ベストなことを見つけて、


その時、その時の、ベストなものを選択してきました。




だから、今あるこの環境も、


棚からぼた餅


のように、急に環境が変化したというよりは、



ずーーーっと選択してきた、ひとつひとつの小さな幸せの延長線上にあるものなんです。



今も、同じように、


はぁ、毎日幸せだなぁ~


とかみしめています。




子供の頃、唯一の理解者で、わたしを可愛がってくれた


おじいちゃんがいました。


おじいちゃんは、大酒飲みで、昼間っからいっつも酒臭かったんだけど(笑)



あぐらをかいた膝の上に抱っこされると、


大きな身体にすっぽりと包まれて、温かく、とても安心できたんです。



10歳の時におじいちゃんが亡くなるまで、そこが、わたしの唯一の避難場所でした。



その感覚が大好きだったわたしは、


一昨年、大きなソファチェアを買いました。


身体をすっぽりと覆うような、革張りの大きなひとり用イスです。


座った瞬間、おじいちゃんに抱っこされているような気持ちになりました。


無条件で守られている感覚を思い出しました。



ああ、おじいちゃんがしてくれたように、こんな風に抱きしめられたらいいのになぁ



と思いながら、これまで何度かソファで眠りこけたこともありました。





わたしの中の、大切なおじいちゃんの思い出。


こんなことは、今までほとんど誰にも話したことはありませんでした。


もちろん、彼にもです。




・・・・ですが、今


毎晩、彼は後ろからわたしを抱きしめて眠りにつきます。



わたしは、おじいちゃんに抱っこされているような、


そんな安心感の中で眠ります。



あ、やっぱりこの人も大酒飲みなので、酒臭いんだけど(^^;)(笑)(⇒これも引き寄せだと思う)


温かい感じ、安心感は、本当に、本当に、そっくりで、


わたしは、毎日幸せの中で眠っています。




これまで、どんな時でも幸せを見つけて味わってきたから、


今の幸せがあるのだと思っています。



ひとりだからと嘆いていたら、本当にひとりの嘆きは終わらないのです。





その時、その時の、ベストなことを見つけて、


その時、その時の、ベストなものを選択してください。






「幸せだねぇ」


「ホント、幸せね」



そんな会話をしながら、わたしたちは一日を終えています。


今は、本当に幸せです(^^)




*:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。 


★カウンセリングお申込はこちら―スピリチュアル・カウンセラー みちよ Official 

Website
 

※恐れ入りますが、コメントでの質問は基本お受けしておりません。ごめんなさい!

ミニQ&AはTwitterでどうぞ! みちよ @michiyoangel

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年11月28日 (金)

お祝いありがとうございますm(_ _)m

おえかえりなさい(^^)♪ みちよです。



.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.



クリスマス遠隔ヒーリング、おかげさまで定員に達しましたので締め切りました。


ありがとうございましたm(_ _)m


皆さんからのメッセージで、毎年楽しみにしてくださっていることや、


カードのメッセージを、1年間心の支えにして下さっている様子が伝わって

感動しました(: ;) ありがとうございます。



お振込確認ができ次第、事務局からメールをお送りいたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。



※自動返信での「受付完了」が届いていない場合は、申し込みになっておりませんので

お気をつけ下さい。


特に、携帯アドレスなど、自動返信が行っていない場合がございます。


お問い合わせは、(受信設定をしていただいてから)


info@angelswayhealing.com

までお願いいたします。



.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.



。。。先日は、わたくしごとにたくさんのお祝いメッセージをいただきまして


本当にありがとうございました。m(_ _)m


こんなにたくさん祝福していただけるなんて、思ってもいなかったので、


本人が一番驚いております(^^;) ありがとうございます。




・・・わたしのブログは、もともと


今の自分の身の回りや、心の中で起きていることを書き留めておきたくて始めたので、


本当に、そのままの今の状況を書いてしまいましたが


思いの外、皆さんにも幸せのおすそわけができてるみたいで


本当に嬉しかったです(^ー^)


(まだ結婚したわけじゃないけど、もうそんなコメントになっていたね・・・


ちょっと早くない?(^^;;))



たくさんお祝いしていただいて、ありがとうございました!


(Twitterも見てね~(*^^*))

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

9月のブログで、〝天使予報〟として




「。。。。今年、これからの後半から来年にかけて、


いろんな意味で決算時期のようですから、


何か、過去からの〝お荷物〟が有る場合、


ここで、本当にちゃんと向き合わなければならないようなことが起きると思います





ということを書きました。


いやいや、自分で書いててなんだけど(笑)(^^;)”>



本当に、そういう〝お荷物〟を片付けされられて。


いろんな意味で、もう自分に嘘つけない、というか。


恥も年齢も外聞も関係なく、すべてを脱ぎ捨てて


わたし」という〝ありのまま〟の存在に向き合わされました。


(あ、わたしだけではなく、お互いにやったな、コレは)




そうしたら、ホントにホントに急展開で


笑えるくらいの奇跡が起き


(⇒傍から見たら、きっと笑えない出来事だけど(笑))


あれよあれよと問題が片付き、


ついには婚約することにまでなりました。



実は、今年中にはそうならないかも、思っていたのです。


(まあ来年あたりかな、くらいには思っていましたが)




以前、ソウルメイトの話も書きましたが、


彼がソウルメイトだからこそ、これができたのだと思います。


相手も、わたしも、お互いの一部だと認識しあえたからです。

これは、みなさん勘違い(そう思いたい願望?)するのですが、


ソウルメイトだからって、すべてが最初からラブラブで、スムーズに行くわけではないのですよ。



もちろん基本はお互いに一緒にいて幸せ、なのですが、


ここに至るまでには、激しいやりとりもあって。


本気で喧嘩し、お互いの弱いところも、ぜーーーーんぶ見せ合って。


だからこそ、本心でやりとりできるようになって。


そして何でも話し合えるようになって。

魂の領域で近さを感じているから、精神の繋がりは基本しっかりあるけど、


人間としての部分も受け入れる必要があるので、


お互いに学びながら、少しづつ寄り添い合っていくのです。


だから実は、ベタで、泥臭い(笑)


しかし、何があっても基本、許し合えるのです。



それが、ぴったり、しっくりきて、濃いー領域でできるのが、ソウルメイト。



もちろん、彼は、わたしが宇宙にオーダーした人です(^ー^)



ソウルメイトで」と、あえて特注にしました(笑)



相手は相手で、神様に 「〝天使をよこして下さい」 とお願いしていたそうです。



(この世界で、天使系に遭遇することって、まずないよね。。。)




そうしたら、本当に出会わされました。


ありえないくらいの、ミラクルな方法で。





今は、とても幸せです(^^)



二人とも、もうお互いのいない人生は考えられない、というところに至りました。

だから、楽しんで歩んでいきたいと思います(^ー^)

*:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

 

★カウンセリングお申込はこちら―スピリチュアル・カウンセラー みちよ Official 
Website
 

 ミニQ&AはTwitterでどうぞ! みちよ @michiyoangel

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年10月13日 (月)

恋愛のソウルメイトは〝濃いー〟人

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。



おっきな台風来ていますが、皆さんお元気ですか?


今朝、BBCワールド見ていたら、トップニュースが日本の台風でした(^^;)


それだけ、ずごいということでしょうね。



どうぞ温かくして、風邪などひかないようにしてくださいね。



.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.




今となっては、〝こっちの人〟になっていますが、

わたし自身、スピリチュアルを習ったことは一度もないのですよ。




昔は、誰かに教えを請いたく、師匠を求めたこともありましたが


結局、「師はいらない」というガイドの言葉通り来てしまいました。



それも全部、わたしの場合は、人生の中で「実地訓練」として体験させられるからです。



要するに、「自分でやれ」(笑)ということなのでしょう。




自分でやってきたこと、痛みから学んだこと、培ってきたこと、気づきをもったことは、決してぶれません。



何よりも強いツールになります。



わたしにとって、自ら体験することが重要なのです。



そして、ステージごとに、やるべきこと(やらされてる?)が変わります。




今は、ソウルメイトという概念について学ばされています。



がっつりと日常で見せ合いながら、体験の中で〝知る〟ことをさせられているのです。




ソウルメイトというものは、



これまでも何度か書いてきたように、ぶっちゃけこの世で出会う人みーんなソウルメイトなので(笑)



恋愛だけを、そうというように捉えて欲しくなく



あえて、ソウルメイトという専門用語?を多用しないようにしてきました。




でも、ここにきて、



〝恋愛〟のソウルメイトに出会うことと、その意味を知らされているので



ああ、こんな感覚なのね



と、今になって味わっている感じです。



というのも、恋愛のソウルメイトとはいえ、「ひとり」ではないからです。




それは、これまでもいろんな人によって、その概念が語られてきていますが、


自分で出会ってみると、よく分かります。



はっきり言って、わたしは定義はどうでもいいと思っています。



ソウルメイトと呼びたければそれでいいし、


ツインソウルでもいいかもしれない。




「○○だから、ツインじゃなくて、これはソウルメイト?」



なんて議論はあまり意味が無いと思います。



それこそ今のわたしのソウルメイトは、(少なくても)この世に複数いるのうちのひとりです。




以前にも、同じくらいの密度の関係性の人に出会っていますから。

ソウルメイトは実際たくさんいるんです。




でも、これに関してはまあ、濃いーソウルメイト とでも呼んどきましょうか(^0^)





ブレンドじゃなくて、エスプレッソ級、みたいな(笑)




その濃いーソウルメイトと出会うにはパターンがあって



今、それを振り返っておさらいしているところです。




また別の機会にこれについてまとめて書いていきたいと思いますが

ひとつ言えるのは、自分の中の統合を起こすと出会う ということです。




自分の中の陰陽のバランスと、タイミングが合致した時、




運命の輪が回って、あり得ない出会いを起こします。




とうとう来たか」みたいな(笑)





だからと言って、ソウルメイトに出会わないと幸せになれないか、といったらそうではないのです。




濃いーソウルメイトは、一緒に陰陽を作る相手ですから、すべてが濃いーくなります




特に、陰陽の真逆をやる必要があるので、〝真反対〟な要素がたくさんあります。



だから濃いー分、見なければならないものも濃いーのです(笑)






だからその分、達成感はあるかもしれません。



それこそ、エスプレッソを飲めるようになった時の、




ああ、わたしもやっと大人になったのね~゜.+:。(*´v`*)゜.+:。」




みたいな味わい感でしょうか(笑)





でも、




エスプレッソ飲めなきゃコーヒー好きとは言えない、ということではありませんよね。





それと同じで、




ソウルメイトに出会わないと、幸せにはなれないということではない のです。





コーヒー味わうのに、ブレンドで、全然いいじゃない



ただ、それだけのことです。




だから、ソウルメイトに関する〝神話〟を、幸せになるために必須なのだと思わないで下さい。



ブレンドがいいか、エスプレッソがいいか



好みでチョイスできますから。





ただ、今3次元ではみんなで陰陽バランスを取ろうとしていますから、



ソウルメイトにも出会いやすいとも言えます。






これも、今わたしにとって必要なこととして〝やらされている〟のだと思いますが、



また、これについては別途書きたいと思います。

*:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

★カウンセリングお申込はこちら―スピリチュアル・カウンセラー みちよ Official 
Website
 

※恐れ入りますが、コメントでの質問は基本お受けしておりません。ごめんなさい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月23日 (月)

運命の輪

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。




またまた気づいたら長らく間が空いてしまいました。。。。



原稿の直しに忙しくしております~。



どうぞお許し下さいm(_ _)m




.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.




タロットを使う人は当然ご存じですが、



運命の輪〟というカードがあります。




「運命」は、決められている(と言われる)部分


「輪」は、自由に回せる部分




ということで



運命」対「自由意志




という相反するものが共存しているような不思議な意味合いがあります。





わたしもこれまでに何度か実感したことがありますが、



人生の中で、運命の輪が回る時って、本当にあるのです。




しかしながら、輪を回しているのは自分なのか、



神と呼ばれる宇宙意思なのか、今までよくわからなかったのです。

・・・運命の輪は、



自分の自由意思による決意をもって回します。




自分の意思が働かない限り、



たとえチャンスが目の前にあったとしても、自分では気づきません。




しかしながら、




「こうする!」




という強い意志で決定を下すことで、



輪が回りはじめます。



そこから、(それこそ)運命的なあり得ない展開が起きるのです。




運命の輪が回る時、



数多くの見えない存在たちのサポートが働きます。




回り始めたら、



もはや自分の意図から離れ



それは、すべて運命の手の中に放り込まれます。



そこで最後に見つけるものは、



「こうする!」という意思決定の結果と



この世界での〝可能性〟として持ってきた運命が合わさったもの。




つまり、



運命の輪とは、




運命で確実に決まっているわけでもなく、



自由意思ほどにフリーなわけでもない。




その両方が合わさったものとして、




運命と自由意思が同時に起きる現象なのです。





これをめちゃめちゃカンタンにして(強引に)ひとことで言うと、




「望ましい未来は自分で選択できる」




ということ。

その望ましい未来も、実は〝可能性〟としてすでに運命の中に組み込まれているものなのですが、



選択しない限り、この人生で起きることはないものです。



選択することで、はじめて目の前に〝起きうる可能性のひとつ〟として存在を始める。



それまでは、別次元で隠されているのです。




たとえば、



今まで知らなかった誰かと知り合いになる時、



その相手と、自分の〝運命の線路〟のようなものが交差します。



それも、お互いの自由意思によって交差させるのです。



その時、自由意思は磁石のような働きをしていて、



2つの運命を繋ぎます。



本当のソウルメイトというのは、こうやってお互いの線路をたぐり寄せて出逢っていきます。



自由意思を働かせなかった場合、相手がこの世に存在していたとしても



出逢うことはありませんから、その場合は他人のままです。



運命の線路が出逢った時、そこからお互いの交差した時間が始まります。

だから、誰かと出会いたければ、自分の意思を働かせることが絶対に必要。




運命の輪は、「回る」のではなく「回す」ものです。



それを起こすのは、自分の意思ひとつ。



引き寄せの法則も、これとまったく同じ原理で起こります。




.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.




今週は、25日(水)に大阪で個人セッションがございます。


こちらはまだ空きがございます。


ご希望の方はどうぞ!


※予約カレンダーで「予約可」になっている部分でのお受付可能です。
http://angelswayhealing.com/reading_sessions/calendar


① 14:00  ② 15:30 (※日時空きをご確認ください)

会場:大阪市内(天満橋付近)

 

ご希望の方は


①お名前、②ふりがな ③ご住所 ④電話番号 ⑤第2希望までの日時



をお書き添えの上 

 

info@angelswayhealing.com

 

へお問い合わせ下さい。

*:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

 

★カウンセリングお申込はこちら―スピリチュアル・カウンセラー みちよ Official Website 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月29日 (木)

ソウルメイトは濃いーご縁の人

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。

今日から、とある場所に来ています。

誕生日休暇 ということで(^^)♪

ちょうど今、自分にとっての“年度末”なので、デトックスも激しいんです(熱出た(笑))

これからの自分自身の方向性や、やるべきことなど調整や確認をする時期なのです。

波動がいつもと違う場所で、感覚を目覚めさせ、

自分と対話しながら、メッセージも受けとろう みたいな(笑)

ひとり リトリート です(^ー^)


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。


クリスマス遠隔ヒーリング、たくさんご応募いただきありがとうございます。m(_ _)m

もうすぐ締め切りますよ~。お早めに(^^)


特に、携帯の方で自動返信メールが届かない方は、お手数ですがPCから再度お申し込みいただくか、

こちらのアドレスまでお問い合わせください。
info@angelswayhealing.com


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.

先々週は大阪で、先週は東京で


ヒーラー養成講座のアドバンスクラスが終了。


大阪は1期生でしたが、半年間、みんなよくついてきてくれました。


東京の3期生はほーんとにドラマのようなエピソードが多すぎで


最後に「3年B組」と命名(^0^)(笑)


(⇒懐かしい“腐ったミカン”の話で盛り上がりました。ということは、わたしは金八?(笑))


個性豊かな生徒たちに囲まれて、楽しくやらせてもらいました。

当たり前ですが、みんなここへ来る前は、赤の他人だったんです。


それが、このタイミングで同じクラスになって、


“同じ釜のメシ”を食べる仲間になったら、


みんな自分のソウルメイト」だということに、それぞれが気づいたんです。


お互いに、教えあうこともあれば、


お互いに、イヤなところを見せ合って、ぶつかり合って、自分を振り返ったり。


お互いが、お互いの鏡になってる。


それも、みーんな濃いご縁でつながってる。


いつもながら、「すごいなー」と感心することしきり、でした。


・・・・いつも言ってますが、


ソウルメイト、ってロマンティックなもの、男女の仲だけじゃない。


その辺にウヨウヨ、ゴロゴロいるんです(笑)


濃いーとね、逆に一筋縄ではいかないケースのほうが多い。


魂の中に残るある種の絡まりを解消する必要があるので

過去で作った感情のしこりを解消し、自分や相手を許すことができるまで

何度も何度も会わされることだってあります。


これが男女だと一見ロマンティックに感じるかもしれませんが、


憎しみあいながらも、嫌いになれない何かを抱えて出会っている


ということもあるのです。


腐れ縁 というのも、もしかしたらソウルメイトとの関係で生まれるものかもしれません。


学び と言い換えてもいいのかもしれませんが、


その学びが終わるまで、何度も何度も会わされる。


でも、その学びが終わると、途端にご縁が切れたりします。


(⇒以前、元会社の上司の話をブログで書きましたね(^^:))


ちなみにソウルメイト同士は、往々にして、お互いがお互いに縁の濃さを感じます


片っぽだけではなく、お互いに相手に何か強烈なものを感じるのです。


こないだ、10月わたしのソウルメイトが来ました。


音楽をやっている人間で、わたしたちもそれがきっかけで出会っているのですが、


僕たちはソウルメイトだから、きっと音楽を通じてなくても、どこかで必ず出会ってたはずだよね~


などと楽しそうに言って帰りました(^^;) 


実は本当にその通りで、今世では音楽は“媒介”で、それを軸に出会わされているんです。


(実生活でスピリチュアルとは縁がない人ですが、こういうことだけはちゃんと分かっている…(笑))


。。。。とにかく、濃いご縁の人<ソウルメイト>は、いろんな角度から自分を照らし出してくれたり、

輝けるお手伝い、サポートを直接的/間接的にしてくれる役割になっていたり、


魂を磨くため、ゴリゴリと不要なものを削ってくれる役割になっていたりと、多種多様です。


ラブラブなロマンスだけではないのです。

日常で、嫌っている人、憎しみあっている人がいるのなら、


その人こそ、あなたのソウルメイトかもしれませんよ(^ー^)


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.

エンジェリック・ヒーラー/スピリチュアル・コンサルタント みちよ OfficialI Website

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2012年4月22日 (日)

オモシロイこと。。。

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。

昨日土曜日は、某ライブハウスで「仮面ライダー555」を歌ってきました(笑)

(ボーカルレッスン教室の発表会でした(^^;))

10代の頃は、ロックバンドに入り、おみそでギターを弾いたりしましたが、

約20年ぶりに、再度ライブハウスのステージに立つとは思いませんでした。

しかも、全然緊張もせずに歌えたなんて!

かつては、フツーの主婦だったわたしが、

しかも、人前に出るのもかなりヤバいくらい緊張しーのわたしが

あら、人前で歌ってるよ!(笑)みたいな。

人生、オモシロイことが起きるものです。。。。。(v v)

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

。。。オモシロイこと、と言えば、

最近、忙しくて着手していなかった「引き寄せ」を再度やってみようと思い立ちました。

過去、パートナーシップに打ち上げてきた願望を精査して、

もう一度、その「」になる部分だけを抽出し

(理科の実験みたいだ(^^;)(笑))

本当に必要としているものを改めて「オーダー」してみたら

とってもご縁が深そうなソウルメイトがやってきました。。。。

超さりげなく、「ほら、受け取れ」みたいに、ポイッと(^^;)

今回、「核」を見直そうと思ったのは、

これまで、

本当に必要としているもの  と

「それは絶対に外してはいけない」と思い込んでいたもの

が、ごっちゃになっていたことに気づいたからです。

自分の中で

これは外せない

と信じていた物事は、当然ですが、わたしの中では絶対的なものだったのですが

なんでそれにこだわっていたのか

の本当の理由が分かった時に、

ペロッと外れました。っていうか、外しました(笑)

わたしの場合の「外せないもの」、は前世からのものが濃く出ていたので

気づくまで時間がかかりました。

(すべての人が前世に左右されるわけではありません)

今世でもなんでも、そこで持っている思い込み(思い癖)が全てを生んでしまうので、

そこに「外せないもの」を強く持っていると、

願望に矛盾したものが出てくることもあります。

矛盾は、相反するエネルギーを生みますから、

願いが叶いにくくなるのです。

そして、「当たり前のように、それを受け取る価値がある」ことを

ちゃんと自分に理解させてあげてもいました。

引き寄せの基本になることを、

もう一度、おさらいしたような感じです。

わたしの元にさりげなく「ポイっ」ともたらされたものは、

これまでの自分の価値観や概念をひっくり返すものでもありました。

その結果、戸惑うこともありますが

今はとてもハッピーです(^ー^)

今年は、人間関係的な面ですでにいろんなことが起きますが、

それも、変容の一環なのだと思っています。

来月は、またグラストンベリーでチャージしてきます(^ー^)

5月はセッションも枠が限定されていますので、

ご希望の方は、お早目にお申込みくださいm(__)m

**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

エンジェリック・ヒーラー/スピリチュアル・コンサルタント みちよ OfficialI Website

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年5月31日 (月)

ご縁ロープは簡単に切れない

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。

デトックスツアーから帰ってから、好転反応が出まくりで、

だるいし、何時間寝ても眠い!(><)という状態です。。。。

身体の感覚が、尋常ではありません。

こういうときは、たいてい寝ている間に天使界に行って、“天使会議”しています。

本の執筆を終えた途端、スイッチが入れ替わっています。

天使の交代もありそうです。

。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

もうすぐ~

6月上旬に『ハートで天使とつながる方法』のアマゾンでの先行予約がいよいよ開始になります。

日程が決まりましたらお知らせしますので、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

最近のお悩みで集中しているのが「人間関係」です。

会社の人と合わない

周りから嫌われている

人間関係が辛いから仕事を辞めたい

といった感じのお悩みが多いです。

こういうときはたいてい

わたしが悪いんじゃない、相手のせいでこうなったのだ

という思考になっていたりします。

自分は被害者で、相手は加害者という図式です。

でも、人間関係は恋愛と同じく、その関係性から何かを学ぶ必要があるから引き寄せ合っています。

もし、そこでの学ぶべきことに気づいて、自分で波動を変えることができると、

自然に自分と相手の“ご縁ロープ”が消滅します。

もはや関わらなくなっていくのです。

ご縁ロープは、“運命の赤い糸”より太いし、頑丈で、強力なのです(^^;)ヒェ~

嫌だ、もう辞めたい!

では、このご縁ロープを切るどころか

ますます硬く、しっかりした絆で結びつけることになります。

よしんば、会社を辞めて転職したとしても、あなたの波動が「相手が悪い」から抜け出ていなければ、同じような嫌な引き寄せを体験することとなります。

ご縁ロープが、別の人と結ばれるだけなのです。

しかも、かなり濃く、深く(^^;)(笑)

なので、辞める前に、

自分にとって、今ここで気づかなければならないことは何か

を見極める必要があります。

そこから逃げても、結局は同じことを繰り返すのです。

わたしにも会社員時代に、嫌いな上司がいました。

横柄で、気分屋なので、部下になる人はみんな辞めていく、といういわくつきの人でした。

上司のやることは、イジメに近いものでした。

相手の人格をけなすようなことを平気でやります。

わたしは、その上司に言いたいことも言えず、我慢を続けていました。

子連れで離婚し、働く身のわたしにとって、仕事を失っては困る、という恐れがあったからです。

でも、それは解決策にはなりませんでした。

上司のイジメは一向に止むことはなく、当時保育園に通っていた子供の送り迎えに難癖をつけられたのです。

もう我慢できず、

辞めます!」

と言ってみました。

これ以上我慢できない、と悟ったのです。

実は、わたしがその部署で不当な扱いを受けていたことは、他の上司にも知られていて

辞める宣言をした途端、周りがサポートに回ってくれました。

そして、わたしを別の部署に移してくれたのです。

ですが、再度この上司と関わることになってしまいました。

新しく配属された場所は、この上司が元々携わっていた仕事だったからです。

部署が変わったとはいえども、やはりこの嫌いな上司と関わる羽目になってしまったのです。

わたしは、

嫌い、嫌い

だけでは解決しない何かがあることは、すでに気づいていました。

でも、感情的には、本当にイヤミなことを散々言われてきたので、

嫌だな~」

という感覚はまだ残っていました。

それが、ある日の仕事中、突然わたしの頭にビジョンがやってきたことで変わりました。

ビジョンで現れたのは、今のサラリーマン姿ではなく、中学生くらいのイガグリ頭の子供のような上司の姿です。

その中学生姿の上司は、膝を抱えて、じっとうつむいたままです。

わたしには、それが上司の本質の姿だということが瞬時に分かりました。

表向きは、立派な大人に見えるかもしれませんが、

実は、彼の中身は、今でも膝小僧を抱えて泣いている少年のままだったのです。

その少年を感じた瞬間、もはや上司に対してネガティブな感情が湧くことはありませんでした。

むしろ、いとおしくもありました。

そんなことを感じた日からまもなく、上司は別の部署へ転属になり、

わたしの側からいなくなりました。

わたしのケースで学んだことは、

嫌い、合わない

で片付けてしまうのではなく

その人も同じように内面では苦しんでいることに気づく必要があったということです。

わたしの上司は、表向きの姿と、内側のギャップに苦しんでいました。

経営をしているという親からも、それを言われ続けてきたのでしょう。

社会的に認められたい

と思えば思うほど

内側の自信のない少年が泣くのです。

この人が、部下や他人と上手くやっていけないのも、

自分のことが認められないから、他の人のことなんてもっと認められなかったのです

また、わたしの中の“恐れ”と、上司の“恐れ”が、しっかりと引き寄せ合ってもいました。

それは、仕事を失ったらどうしよう。。。。。という恐れでした。

そのことに気づいたとほぼ同時に、この上司とのご縁ロープが消滅しました。

引き寄せとは、そんなものなのです。

ひとつの学びが終われば、ご縁も終わります。

ですが、そこでの学びを終えないうちに、他へ行っても同じ目に遭います。

実は

嫌だな~」

と思っている相手こそ、あなたのソウルメイトなのです!

成長のための学びの機会を与えてくれています。

。。。遅かれ早かれ学ばなければならないのなら

今いるところでしっかりと気づくことです。

ハッピーな人間関係を築きたい

と思うなら、まずは今起きている不具合を見ることです。

意識を向けるだけで、あなたの天使は多くのヒントを与えてくれることでしょう(^^)v

被害者になったり、逃げたりしないで、あなたの身近なソウルメイトが教えてくれることに気付いてください。

。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

☆エンジェルチャネラーみちよのオフィシャルウェブサイト☆

http://angelswayhealing.com/

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

もう一つの夢が叶いました

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。

いつもたくさんのコメントやメール、本当にありがとうございますm(_ _)m

毎日たくさんの方から応援のメッセージをいただいて、とても嬉しく思っています。

これまですべてのコメントへお返事をしていましたが、リーディングや本の執筆もあり、さすがに時間が追いつかなくなってきました。。。。

3月から、コメントへの個別の返信を控えさせていただきますが、これまで同様、皆さんの思いをシェアする場として使っていただきたいので、よろしければ、これからもどうぞコメント残していってくださいね。ちゃんとチェックしています(^^)

個別ではなくても、時々お返事できるときもあるかも、です!

これからも、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

最近、周りで「結婚が決まった」という嬉しいご報告をいただくことが多くなりました。

また、大胆にも“路上で熱いキス”を交わしているカップルを見かけたり。。。。

恋愛でも何でも、誰かが幸せを感じているとき、わたしも自分のことのように嬉しく感じます!

心から

お幸せに~~~(^^)♪」

と、愛の波動を送っています。

先日書きました「子育ての“引き寄せの法則”」で、

恋愛でも応用できますよ

と書きましたが、わたしも密かに「恋愛」に応用しておりました。

そうしたら。。。。。。本当に結果が出ました!ウフフ(^ー^)

これはまた別の機会で報告を!(と、勿体つける(^0^)(笑))

。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

先日ちらっとお伝えした、「もう一つ叶った夢」のことを書きましょう。

長年、フォローしているイギリスのバンドがいます。

そのメンバー全員、ソウルメイトなのですが、中でも一人はとても濃い“魂の家族”です。

(この方々とはどんな関わりなのかは、ここから過去ログをお読みくださいm(_ _)m)

10代のわたしは、音楽ライターを目指していました。

好きなミュージシャンのライブレビューを書いたり、インタビューするような仕事をしたい!

と思っていました。

ですが、プロとなったら当然ですが、お仕事でそれをしなければなりません。

実は、ライターになる道へのツテもあったのですが、好きではない人たちのことを褒めちぎって書くようなことはわたしにはできない、と感じるようになりました。

結局、それを仕事にすることはありませんでした。

それからは趣味のレベルで、彼らの音楽についての文章を書いたり、インタビューを取ったりは続けていました。

その間、わたしの人生では、出産や離婚があったりで、そういった活動が続けられなくなりましたが、未だに彼らとの交流は続いています。

先日、バンド関係者で共通のイギリスの友人から連絡がありました。

みちよに“ライブ・イン・ジャパン”CDに寄せる文章を書いて欲しい!」と。

バンドは去年20年ぶりに来日をし、そのライブCDがもうすぐ発売されるのですが、英国盤にその時の模様を書ける人が誰もいなかったのです。

その友人は、CDのデザイン担当です。文章は書けません。

みちよはバンドとの長い交流もあるし、20年前のコンサートも見ている人物だから、“ライブ・イン・ジャパン”のレビューを書くには適任

とバンド側も正式にオファーしたということでした。

そんなわけで急遽、わたしに白羽の矢が立ちました。

しかし、当たり前ですが、全部英語で書かなければなりません(^^;)

頼まれたのは短い文章ではありますが、締め切り1日前のことです。

(「もっと早く言えよ~」と思いましたよ、そりゃ(ーー;)(笑))

ちょうど東京でワークショップの前日のことだったので、どうしようかと慌てました。

でも、よくよく考えてみると、

あれ? これって昔わたしがやりたかったことじゃん!!

と気づきました。

そうです。20年以上も前に思い描いていた

好きなミュージシャンのライブレビューを書きたい

という夢が叶ってしまったのです。

今回は趣味での活動ではなく、公式なものとしてリリースされます。

ブックレットにはわたしの文章と名前が載ります。

しかも、英国盤はヨーロッパとアメリカにも出回ります。

輸入版として日本にも入ってくるでしょう。

心から好きな人たちのために書いた文章が、

文字通り、全世界の人たちに読まれるのです

なんて嬉しいことでしょう!(^ー^)

徹夜しながら大慌てで仕上げた文章は、友人により英語のチェックもしてもらい、無事にブックレットに収まったそうです。

そのミニレビューには、音楽評論的な側面ではなく、わたしなりの愛を込めて書きました。

当時、高校生だったわたしが、こうやって20年後に正規のCDに文章を書く(しかも英語で!)とは想像だにしませんでした。。。。

書きながら、この20年を振り返っていました。。。。

バンドも変わりました。わたしも変わりました。。。。

振り返って、すべてが感慨深く、わたしにとっても、素晴らしい経験をさせてもらったと思います。

本当に嬉しかったです!(^ー^)♪

わたしから「書きますよ~、よければ声かけてね~」などと申し出てはいなかったのに

ちゃんと巡りめぐってお役が回ってきました。

しかも20年越しで!(笑)

魂の家族とは、こうやって天使がなんらかの関わりを持たせてくれるのでしょうね。。。。

これもひとつ、「天使からいただいたお仕事」なのかな、と思っています。

今年は本も出せることになったり、好きなバンドのライナーノーツを書くことができたり。。。

本当にわたしはラッキーです。

いつもながら、見守ってくれる天使に感謝です(^ー^)

(・・・と、ここまで書いていて、この場でバンド名を出せないのは申し訳ないですが(^^;;)(笑)、もしお知りになりたい方は、「みちよのお話会」などで直接お会いしたときにお声をかけてくだされば、そっとお教えいたしますので(笑)、よろしくお願いいたします。)

。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

☆エンジェルチャネラーみちよのオフィシャルウェブサイト☆

http://angelswayhealing.com/

| | コメント (21) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧