« ソウルメイト - スティーリーダンの二人 | トップページ | 気づきは<人生のレシピ> »

2017年9月22日 (金)

心の土台

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。



・・・いつものごとく遅くなりましたが、


11月の個人セッションの予定をアップしました。




11月下旬から12月は毎年恒例の


クリスマス遠隔ヒーリングの準備期間のため、


セッションの日数が少なくなります。


(特に、12月はほとんどないかも、、、、)


ご希望の方は、どうぞ早めにご予約をお願いしますね。



○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*



今日のMINAさん


Photo



「想像も現実」


 by MINA spiritual healer/ artist




.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。



お友達の CHIEちゃん が本をリリースされました!!


Img_4458_2


この世界の私をそこから見たら

CHIE




・・・この三次元の世界のことは、自分の目から見たら


辛いこと、悲しいことばかりと思うけど、


スピリットの世界から見たら、


こんなに素晴らしいんだ!


とわかるのですが、


(人間は、それを忘れてくるようになっているので)


それがわからなくなってしまうんですね。



CHIEちゃんのお話しは、


どの魂も、本当は<知っていること>を思い出させてくれるんです。


だから読むとホッとします。


これは 「読むヒーリング」 ですね。


ホントは、こうやってスピリットの目線でこの世界も生きられるようになれば、


根本が楽になるのに、、、、と思います。



(もちろん、人間としての感情、葛藤も、必要だし、あってもいいもの。)



そんなことを感じさせてくれながら、ほっこりさせてくれます。


CHIEちゃんの愛がたっぷり込められています。


おススメですよ~。お読みになってください(^^)




○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*



・・・こないだ、



近所のコンビニに寄った際、



その横にある歯医者さんの看板が目に留まり、



なぜかくぎ付けになりました。



いつも通っている場所だし、



新装開店とか、目新しいわけでもない。



いつもの光景の、いつもの看板なんですが、



視線がそこから外れない(外せない)のです。



なんだろう?



別に虫歯でイタイとか、気になるところがあるわけではないのになー



と思っていたら、



翌日(!)、10年くらい前に入れたセラミックがぽろっと取れました。



こんなのも<魂のメッセージ>。




以前も書いたことがあると思いますけど、



「歯」って、自尊心と関わる場所。



わたしは、子供のころに育たなかった自尊心がまんま歯に出ていて、



それを大人になってから治療していったのですけど、



今回は、その<土台>の部分の治療が必要になったという。。。。



自分では



「ああ、もう一回ちゃんと自分を見なさい、ということだね」



と受け入れているのですけども。



(こうやってブログのネタにもなるし(笑))




・・・そして今回歯医者に行きだしてから思い出したのですね。



子供の頃、近所でめっちゃ怖い歯医者のおっさんがいて、



近所では「あそこは怖い」と有名で。



何が怖いかというと、



子供が虫歯になっているのを見ると、



「親が悪くてこうなってんだよ!わかってんのか?」



と、他の患者の前でも平気で罵倒するから。



(今の時代じゃ考えられないが。。。。。)



で、うちの母親は(そんなところ行かなきゃいいのに)



わたしを連れていき、虫歯が見つかると、



やっぱり怒鳴られる、、、、という次第。




その後はどうなるかというと、



「ほら、お前のせいで怒られたじゃないかっ!」



と言って、キレられて、



父親が仕事から帰宅すると、



わたしのせいで、どれだけ歯医者に怒られたか



を、とつとつと愚痴り、



父親からも責められ、



まるで公開処刑か、という状態でしたので、



そんな自分が恥ずかしいし、悲しいしで、



それを指摘される(ように感じる)



歯医者にますます行きたくなくて



虫歯は加速する。。。。みたいな悪循環。




わたしは歯医者も怖かったけど、



それ以上に母親に怒られたくなくて、

ずっと耐えてしまってたんですね。




歯医者に限らず、



「お前のせい、お前が悪い」と言われていたのは



日常茶飯事でしたから



自尊心なんて、育つ暇もない。



<自尊心>なんて言葉も、



大きくなって、近所の米軍基地の大学で幼児教育のクラスを選択した時に、



”セルフ・エスティ-ム” 



という英語を訳して初めて知った、という。



この世界にそんな言葉があるのか! とびっくり。



たしかに、



これもわたしの人生の青写真で



自尊心を(自分で)育てる



という課題をもって生まれてきたので、



まったくケチョンケチョンのところからスタート、、、、という展開なんですけども、



これすらも、魂レベルでは、シナリオ通りの展開なんですけども、



やっぱりその過程、渦中にいる間は辛かったのは確か。



人間って、感情がありますから、



いくら魂では受け入れていることでも、



そこで感じることから、被害者的な感情も持つものなのです。



でも、今歯を治療していて、



<土台>が頑張って残ってくれていることに心から感謝をしているんですね。



土台って、「心の土台」のことでもありますから。



いろいろあったけど、こうやって生きてる~



わたし、頑張ったな、って。




被害者のまま終わる人生もある



でも、被害者のままい続けたい人なんか本当はいない




(残念ながら、親の世代は被害者で終わっていることが多々ありますが)




感じるからこそ、心が動くのが人間だけども、



「わたし」という存在を自分自身で大切にすることができれば、



「あの経験がわたしの土台を作ったのだな」



ということにも気づけるようになります。



そして、そういう自分に対する気持ちが、自尊心を育てることに繋がっていくのです。

|

« ソウルメイト - スティーリーダンの二人 | トップページ | 気づきは<人生のレシピ> »

感情」カテゴリの記事

コメント

思い当たることが・・・!

20代中ごろまで、笑う時、写真に写る時、いつも口元を隠していました。どうしてそうしていたか自分では意識していなかったのですが「確かに自尊心全くなかった・・・」と気がつきました。
いつも不安で、(今思えば十分若いのに!)年齢が一つでも若い人達を見て焦ってみたり・・・
また、自分を振り返ることができました、ありがとうございます!

余談ですが(みちよさんのご両親ごめんなさい!)、
その歯医者さんの「親が悪くてこうなった」は、
言い方はともかく、当たってますよね。
もっと表現変えて、説得力ある方法で伝えればよかったのに・・・
などと思ってしまいました。
その先生だけでなく、学校の先生、先生と呼ばれる職業の人、有名な会社にお勤めの人等、当時は何かと高圧的な人が多かった気がします。
良い機会なので、私も当時の自分を振り返ってみます。

投稿: 長野 | 2017年9月22日 (金) 14時22分

ここ2〜3年、私の人生の課題も自尊心を持つとか自信を持つなんじゃないかな?と、うっすら気づかされています。

子供の頃〜つい最近まで、赤面でかなり悩みました。特に対人関係で苦しみました。人前に出たい注目されたいけど、顔が赤くなるから目立ちたくない・・・顔が赤くなるので告白などできない、女の子に迷惑かけるからお付き合いしてはいけないとまで思ってました。
この赤面症が遺伝するかもしれないので、もし子供持ったら遺伝したらかわいそうだとか、そんなことまでずっと思ってました。
それに始まって、自分は容姿が悪いと思い込んでいたから、写真に写るのも嫌いでした。今流行りの自撮りなんてもってのほか!(笑)

今になって思うのは、ずっと被害者意識だったんだなって。だから、みちよさんのけちょんけちょんからのスタートも分かる気がします。

被害者意識が内にあるから、それを現実化させる事象が今も起きているんだなと、ブログや御本読んで気付かされました。
もっと若い時に気づいていれば、若い時がもっと楽しかったずいぶん損したな・・・とは思うけど、自分が被害者意識を持っていたと、気づきを得られたのはありがたいです。
今、少しずつ変わり始めてます。

投稿: kobaien | 2017年9月24日 (日) 13時13分

こんにちは。

『歯』と『自尊心』

どの様な関わり合いがあるのか。
機会がありましたらお話ししてほしいです(^^♪

投稿: | 2017年9月27日 (水) 19時19分

私はまだ20代なのに、何度も神経を抜き一本は抜歯までしました。それなのにまた虫歯になっての繰り返しで。いい大人なのに歯医者に行くのが本当に怖いし、ボロボロな自分が恥ずかしいし、攻められる気がして。小さい頃はお父さんとお母さんの関係が悪く、悲しくならないように気持ちを無にするようにしていました。そこから逃げたくて早いうちに出産も離婚もして、色んな理由をつけて自分を見ないようにしてきたみたいです。もうそんな自分とさよならしたいから、ボロボロで恥ずかしい自分も認めて今から大事にしていきます。馬鹿みたいだけどなぜかスイッチが入ったみたいに今は悲しみで涙がでてきます。今までなんで大事にできなかったんだろう、ごめんねって。これからは自分を本当に大事にしたいです。

投稿: みく | 2017年10月18日 (水) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129963/71770552

この記事へのトラックバック一覧です: 心の土台:

« ソウルメイト - スティーリーダンの二人 | トップページ | 気づきは<人生のレシピ> »