« ピンときたら動く | トップページ | ソウルメイト - スティーリーダンの二人 »

2017年8月28日 (月)

あまのじゃくのネガティブサイクル

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。




今日のMINAさん。

Photo





「自分の感情に気づく」


 by MINA spiritual healer/ artist




.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

まだまだ暑いけど、



なんとなく、どことなーく、



秋の風も感じる最近。



今週末からは、



久しぶりの、カウンセラー養成講座も始まります🎶



今からワクワクです^^



ご参加の皆さんもどうぞ楽しみにしていらしてください。




.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.





本当は、どの人も、



みんな、喜びが欲しいのに、



「そんなの要らないよ!」 としてしまうことがあるのが、人間。




あまのじゃく



とか言ったりしますが、



その癖が悪いんじゃないんです。





あまのじゃく



の人の中には、必ず、



喜びを与えられなくて、悲しい思いをした過去



があります。




よきこと


温かいもの



楽しいこと


ふれあい


ハッピーなこと


ワクワクすること


愛情


美味しいもの..etc,...




誰だって欲しいんです。



魂は、喜びを感じるものを欲しがっているのですから。




でも、



欲しいものを 「ダメ」 と言われたり、



そんなものを欲する環境ではなかったり、



目の前で、自分以外の人には与えられているのに、



自分自身はもらえなかった経験をすると、




本当に欲しいものを 「欲しい」 と言えなくなってしまうのです。




また、たとえ欲しかったものが目の前に来ても、




怖くなってしまうこともあります。




自分には、いいものを受け取れる価値がない




と思っているからです。




喜びを与えられなかったのは、



自分がそれに値しないから




と思い込んでいるのですね。




そうなると、もう手が出ません。



いい思いがしたい



と口では言ってても、



いざとなると、気持ちが失せたり、



いいものが来ると、逆に気分が悪くなったり、嫌悪感を抱くので



それを与える人を嫌ったりすることもあります。




・・・たとえば、



本当は愛されたいのに、



いざ、人から「好きです」と言われると



今度は怖くなって、避けたりすることがあります。



わたしなんて愛される価値がない



と思い込んでいるから、



そんな自分を「好き」と言ってくる人間は、



オカシイ、アヤシイ、アブナイ



と受け入れることはありません。



(このような恐れの観念を持っている時、



実際にアヤシイ人を引き寄せて、



「やっぱりこんなわたしを好きなんて言ってくる人間はオカシイんだ


=わたしはまともに愛されない」



という意識を強化することがあります。



これも引き寄せです)

ここまで読んで、何か該当するものを感じた方は、



一度



喜びを与えられなくて、悲しい思いをした過去



を振り返ってみてください。



そして、それが実際、



自分には、いいものを受け取れる価値がない



という観念を作っていることに気づいてほしいのですね。



そして、(ここからが一番大事なんだけど)



やっぱり、わたしはよきことを受け入れたいのだ



という 心の本音 に気づいて、それを実行することです。



いくら、形だけ受け入れていても、



内側でいつまでも



自分には、いいものを受け取れる価値がない



と思い続けていたら、結局変わりません。



(ネガティブサイクルを続けてしまうのは、



内側の反抗の作用なので、



「スピリチュアル反抗期」の記事を読んでください)




心の中では、



いいものを受け入れたい と言っているのだから、



一つ一つ、


今ある よきこと を受け入れていくことです。




受け取れなくなったのは、



与えてくれる人がいないからではなく、



それを、素直に欲しいと言えなくなった<悲しみ>から



そんな風に



あまのじゃくの意識を、



優しく擁護していくと、



少しずつ受け取れるようになっていきます。




怖いのは周りではなく、



怖いと感じる意識が内側にあるから。



自分にはよきことを受け取れる価値がない 



という悲しみがそう言っているから。




そんな風に、自分に向き合うと



自分が経験したい<よきこと(あったかいもの)>



は、実はそんな自分の中にあるのだ ということに気づけていくのです。




人間は、よきことを経験したい生き物。



あまのじゃくのネガティブサイクルは、



よきことを与えられなかった悲しみの表現ですから



優しく向き合っていくことが必要です。



心のレイヤーは、それを嫌ったり憎むことでは取れません。



でも、よきことを取り入れていくことで、だんだんと取れていくのです。





・・・そんな感じで、



今あまのじゃくでも、



優しさをかけていけば、必ず心から



「ありがとう!」



と、よきことを全面的に受け取れるようになっていけます。




*:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。 

★カウンセリングお申込はこちら―スピリチュアル・カウンセラー みちよ Official   
Website
 

 

 ※恐れ入りますが、コメントでの質問は基本お受けしておりません。ごめんなさい!

 

ミニQ&AはTwitterでどうぞ! みちよ @michiyoangel

|

« ピンときたら動く | トップページ | ソウルメイト - スティーリーダンの二人 »

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

そういや子供の頃、親から「お前はあまのじゃくだ」と言われて、頭にきたことを思い出しました。
そういう親が私をあまのじゃくを植え付けてしまったんだろうし、親自身もきっとあまのじゃくだと思うんです。
被害者意識っぽい書き方したけど、きっとそうなんだろうと思いました。
私を苦しめている、苦しむことを選択している要因のひとつが、あまのじゃくだということに気づきました。

もしそうなら、ずいぶん今まで損したな・・・人生の半分はあまのじゃくだったのかな・・・と残念に思います。
よくなるきっかけのひとつになりそうな予感です。

話は変わって、
みちよさんのブログは女性に向けての発信が多いかもしれませんが、男性も救ってくれればいいなと思いながら読み進めました。
男なんだから、欲しいものを欲しいと言えず我慢しなさいを強いられるとか、男なんだから泣きたい時にも泣けない・・・。

感情の開放は女性のみならず男性にも必要なんだろうなと思いました。泣く男は嫌い=昭和以前の価値観かもしれませんね。
男が平気で涙を流せる時代がきたら、もっとみんなが生きやすくなるかもね〜。

投稿: kobaien | 2017年9月 3日 (日) 10時30分

みちよさん、こんにちは。
1度、セッションを受けたことがある者です。
今回の記事を読みながら泣いてしまいました。
セッションの時に、封印していた幼い頃の悲しかった気持ち、小さな自分を慰めて分かってあげる事が大事だと教えて頂き、ノートに書いたりして結構泣いたし、もう大丈夫だと思って、最近婚活をはじめたのですが、条件のいい人を無意識にさけたり、逆に良い人から申し込まれると相手になにかあるんじゃないかと疑っていることに気づきました。
まさに「あまのじゃく」ですね。
根気よく自分と交換日記を続けようと思います……
ありがとうございます。

投稿: ふみ | 2017年9月 3日 (日) 13時00分

みちよさん!セッション最高でした~☆

夜、ものすごい眠気が来て、深い眠りにつきました。
なんかスッキリ!

あと、思い出して笑ってしまったのが、私、中学のときに
缶バッチを鞄につけるのが流行っていたんですが、
なんと、そのロゴが「はやく人間になりたい」「正体不明」
だったんですよね(爆)!!

あ~、もう、ド人間になります~

投稿: たまみ | 2017年9月 7日 (木) 09時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129963/71538543

この記事へのトラックバック一覧です: あまのじゃくのネガティブサイクル:

« ピンときたら動く | トップページ | ソウルメイト - スティーリーダンの二人 »