« 自分自身に責任を持つ生き方 | トップページ | 自己肯定感の上げかた »

2017年6月 9日 (金)

『ギヴァー 記憶を注ぐ者』

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。



今日のMINAさん。



Photo



「繊細な感情」


 by MINA spiritual healer/ artist




.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。




以前より、



たくさんご要望をいただいておりました、



「ヒーラー養成講座」 ですが、




今秋から復活しますよ(^^)




今回から、



<ベーシック>


<ミディアム>


<アドバンス>




とコースを三分割します。



そうでないと、一番大切な<根本>が備わっていかないので。。。。(^^;)



まずは日程だけ先にお伝えします。



<ベーシッククラス>



2017年



9月2日(土)、16日(土)、30日(土)


10月14日(土)、28日(土)


11月11日(土)、25日(土)




※9/2 はオリエンテーションとなります。


授業としては16日からですが、全日程参加できる人が条件となります。



募集開始は、今月中に行う予定です。


こちらのブログで募集いたしますので、少々お待ちください。



.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.



今日は満月です~


お天気もよいので、


夜は、お月様見られそうですね^^




先日、


わたしのお客様のLINAさんの初の写真展にお邪魔してきました。


テーマは「月」。



Img_3839_2



こじんまりとしたギャラリーで、


アットホームな雰囲気で展示されています。



Img_3837_3



わたしが伺った時も、


自転車に乗った近所の人が、


ふと立ち寄っていました。



Img_3838


LINAさんの写真は、


なぜかミステリアス。


月の写真を撮る人はたくさんいるけど、


どこか、


太古の昔の月を見ているような気分になります。


Img_3841_2



代々木のOCOギャラリーで、



今週日曜日(11日)まで開いていますよ。



詳細はこちらから。

http://ocogallery.jp/exhibition.html


地図

http://ocogallery.jp/exhibition.html




○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*



こないだ、



『ギヴァー 記憶を注ぐ者』


(原題: The Giver)




という映画(DVD)を観ました。



予告編

↓ ↓
https://www.youtube.com/watch?v=1Mrlp2WFQos




人って、互いに分かり合えなかったり、



傷つけあったり、



傍若無人な行動に出たり、



愚かな身勝手で、殺戮をしたり。




だから、



人が傷つかないように、悲しい思いをしないように、と



すべてがコントロールされて



みんなが平穏無事で生きている。



そんな「理想的」な近未来が舞台。





でも、その結果、どうなるかというと。。。。




実は、非常に人間らしくない生き方になるのですね。





そこに、ある少年が疑問を持ち始めます。





あまり書くと、



ネタバレになるので、是非観てほしいのですが、




人間の本当の幸せって何だろう





ということを考えさせられるいい映画でした。






「感情を持てないなら、生きてる意味はない」




「痛みのない人生に、本当の価値はない」




というセリフがね、



ずしッとくるのですよ。



意外にスピリチュアルな内容で。




「ガタカ」 とか 「クラウドアトラス」 あたりが好きな方には



ヒットすると思います。




(この2つは、わたしのお気に入り10本映画に入っています^^)




このブログを読んでくださるような人は、



往々にして、敏感な方が多いからわかってくださると思うのですが、




自分の感じる部分が敏感だからがゆえに、しんどい。



他人の感情もわかってしまうから、辛い。



ということがあると思うのですね。



だから、もう傷つきたくない



と、感じる部分をシャットアウトしてしまう。




確かに、嫌なことを感じるままでは辛いのですが、



この敏感さは、



ポジティブなもの、



この世の素晴らしいものを感じるためにも持ってきている





ということにも気づいてほしいと思います。




傷ついたまま、被害者のままでは、



そんな風に思うこともできなかったりするのですが、



勇気を出して、



その敏感さを、いい方に活用していくことで、



これが <苦しみの元> ではない、ということがわかるのですね。




感情や感覚をシャットダウンして



何も感じなくなること



は、自己防衛でもあるのですが、



その実、



自分という人間の機能を停止させている



ということにもなってしまうのです。



(心が動かなくなる ことは、魂では自殺のようなものなんです)



だから、生きている意味がわからなくなったり、



日々がつまらなく、



楽しく生きている人たちがとても羨ましいと思ってしまうのです。




感じる機能



を取り戻すことが、



幸せへの道です。




是非、この映画を観て、ヒントにしてもらいたいなぁと思います(^^)





。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。



★アメブロ・みちよの「引き寄せの法則」

http://ameblo.jp/michiyo-hikiyose


★アメブロ・スピリチュアルカウンセラー・みちよの恋愛ブログ
http://ameblo.jp/michiyo-renai/


★カウンセリングお申込はこちら―スピリチュアル・カウンセラー みちよ Official 


Website
 

|

« 自分自身に責任を持つ生き方 | トップページ | 自己肯定感の上げかた »

ヒーラー養成講座」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

またまた私のためにコメントを頂いたようでびっくりしました!
そうですね、確かに小さくてささやかでも、良いことや美しいことで感動できることもできます。辛いことや悲しみにフォーカスしがちですが、確かに両面で感動することができます。勇気を出して、たくさん感じてみたいと思います(笑)

ギヴァーは、2015年に偶然アメリカ行きの飛行機で少しだけ見るチャンスがありました。心に引っかかったので、日本語字幕がないとわかりつつブルーレイを購入して、何度も何度も見ました。今でも無性に見たくなる映画です。今でも泣けます(笑)

感情に敏感なことをなかなか理解してもらえず、またそれをうまく表現できないので、疎外感を持つことが多かった彼ド、みちよさんのブログで、どこかに自分と同じように生きている人がたくさんいらっしゃることがわかりました。なんだか救われた気持ちになれました。

そんな皆さん、ぜひこの映画を見てくださいね。

投稿: 長野 | 2017年6月 9日 (金) 20時01分

みちよさんこんばんは!いつもブログ拝読してます♪
今回の記事を読み、なんだかいてもたってもいられなくなって、即TSUTAYAに行き借りてきました笑
めっ、、、ちゃくちゃグッときました!
いろんなことを感じました。言葉がまとまらない。。
日々、人を恨んだり信用できなくなったり心が狭くなったり自信がなくなったりするけれども、(最近もそんな気持ちに飲み込まれてました。。。)
そんな闇の感情も全部ひっくるめて人生は美しいって思えました。
あと、何回も何回もみちよさんのブログで言われていることですが、感情を味わいきりたい、頭で押さえつけるなんてもったいないことはしたくないと思いました。

ガタカも一緒に借りてきたのでそちらも楽しみです!
みちよさんの映画批評、いつもグッときます。これからもご紹介お待ちしてます(*´∇`*)

投稿: おすし | 2017年6月10日 (土) 03時07分

以前、別のヒーラーさんが見てよかったと書かれていたので、
見た、「クラウドアトラス」は、びびりな私にはかなりつらいシーンがあって、衝撃だった
(それでも根底に流れる愛は十分伝わりました)ので、
ギヴァーも、ドキドキしながら見ました。
が。。。大丈夫でした~~!よかった^^。

最後の方は 自然に涙がほほを伝っていました。
赤ちゃんのかわいさにも癒されました。
自分一人じゃ、決して見なかったと思うので、シェアしてくださってありがとうございます♪

投稿: るな | 2017年6月10日 (土) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129963/70807831

この記事へのトラックバック一覧です: 『ギヴァー 記憶を注ぐ者』:

« 自分自身に責任を持つ生き方 | トップページ | 自己肯定感の上げかた »