« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月30日 (土)

魂が求めるのは「幸せ」だけ

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。



4月からスカイプセッションを開始しました。



画面に自分の顔を映すとか、



まだ慣れていないので、最初はマゴマゴしちゃうこともあるんですけど(^^;)、



リーディング始めると、対面と全く同じ。ビシッとエネルギーが整うので、



やりやすいですね。



PC、スマホお持ちの方なら、どっちでもインストールして使えますので、



お急ぎの方などは、是非ご利用くださいね。




今後も、臨時追加セッションの場合は、電話とスカイプで募集すると思います。




どうぞ宜しくお願いいたします。






.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


MINAさんのイラストのおかげで、



ココログのアップがさらに楽しくなってきた♪



ありがとうMINAさん(^ー^)!


Photo



「共同体」 by MINA spiritual healer/ artist



この愛の波動が、熊本の人たちにも届きますように・・・・・(v v)



.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

・・・・前回書きましたように、



実は、どんなことがあっても、 



魂は永遠 完全


わたしたちの目指す生き方は、


魂レベルではよくわかっています。


どんなことがあっても、魂はそれを思い出させてくれるのです。




生きていると時折、死にそうになるくらい辛いこともあったりするけど、


それでも、どんなに嫌なことがあっても、


みんな希望を求めてどうにかしようとするでしょう?


 
すぐに諦める(=自分を死に至らしめる)ことはない。


ふてくされて、少しの間、何もできない、したくない、ということもあるけど、


それでも懸命に這い上がって、立ち直ろうとするんです。


生きよう」とするんです。




いうなれば、それが「答え」。


要するに、魂は 「幸せになるんだ! という人生の目的からはブレない。


だから、どんなことがあっても、


本当は、安心していいんです。




今が、たとえしんどくても、


必ずいつか霧が晴れるように


事態は落ち着いていきます。


どんなに土砂降りでも、雨は必ず止むのです。




その証拠に、


過去、今までどんなにしんどいことがあっても、


諦めないで頑張ってきたら、なんとかなったでしょう?



思いがけないヘルプ、サポート。


誰かからの温かい言葉、励まし、応援。


経済的な援助や融資。



その時は大変困っていても、その後、何とかなったはずです。


だから、今、ここにいます。


皆、ここに生きています。



この "どんなことがあっても自分を生かす希望" が 



自分への愛。 自分の中に確実にある愛。



その愛を信じてほしいと思います。


それが<ない>のではなく、


人間って、普段は別のことに気を取られていて忘れちゃうんですね。



でも、こうやって


「いろいろあったけど、今もここにいる自分」



をねぎらって、大切に思ってあげようとすれば、


この場で、その愛に気づけるのです。



人は、お互いに迷惑をかけたり、かけられたりしながら、


この世でお互いの愛を大きくするように、協力しているんですよ。


ポジティブ、ネガティブ、両方で


その作用を起こしているんです。



だから、安心していいんです。


ネガティブな経験も、そこから学ぶこと。


そうすると、必ず幸せになれるのです。


ネガティブを消そうとするのではなく、いったん受け止めて、感じてみる。


ネガティブを嫌わなくていいんです。そこから出てくる感情に気づけばいいんです。




幸せとは、「何もネガティブが起きないこと」 ではありません。



どんなことが起きようが、



その中で自分の幸せを見いだせることが、



真の意味で、「幸せに生きる」 ということなのです。




そんな受け止め方ができるようになると、



人生楽になります。



そして、心が強くなります。



元気になりますp(^^)q


そして、どんな時でもハッピーに生きることができるようになるのです。





。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。



★アメブロ・みちよの「引き寄せの法則」

http://ameblo.jp/michiyo-hikiyose


★アメブロ・スピリチュアルカウンセラー・みちよの恋愛ブログ
http://ameblo.jp/michiyo-renai/


★カウンセリングお申込はこちら―スピリチュアル・カウンセラー みちよ Official 


Website
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年4月27日 (水)

愛の波動にシフトするステップ~感情と魂の違いを知る

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。



amebloもいいけど、



こちらココログでは、



少しでもホッとしていってもらえたら、、、、と思って


書いています(^^)


というわけで、今日のMINAさんの作品(^ー^)


Photo_2


「全てが正解」 by MINA spiritual healer/ artist



(前回の作品は、「ゆだねる」というタイトルだそうです(^^))

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.




前回、愛に生きることを選択するのは簡単だ と書きました。



でもそれには、被害者意識・感情 を手放す必要があるのです。



この、「被害者意識」 って言葉は、言うほうも、言われるほうも



あんまりいい気がしないものなので


本当は使いたくないんですけど、


ここをはしょっては、伝えにくくなってしまうので、


あえて、この言葉を使いますけど、


別の言い方をすれば、


ある外的要因によって、感情がショックを受けたままの状態、


感情エネルギーのレベルで


「傷ついた 悲しんだ 痛かった つらかった 潰された ダメにされた」


と記憶しているということ。


トラウマ と言ったりもしますが、


感情のショックがまだ続いているような状態のことを言うんですね。


でも、本人としたら


遠い過去にもうそのことは「済んだ」としてしまっているので


実際、自分の中に「被害者意識」などは存在しない、と思っている。

思考と感情は別物なので、


思考ではとっくに割り切って、あきらめられていても、


感情ではまだホールドしている


ということは実際あるのです。



一番強く残るのは、


そういった


「傷ついた 悲しんだ 痛かった つらかった 潰された ダメにされた」


ように感じた事実、事件より、



原因は自分にあった


こんなひどい目に遭ったのは、自分が悪かったからだ




と、自分のせいにしているときです。


自分で自分にナイフを刺している状態なので、


なかなか抜くことができません。



このような自己攻撃をし続けていると、


心が痛いので、物事を前向きにとらえたり、明るく見ることができなくなります。

しかも、内側に乗っている感情のショックが


波動となって外に放出されることで、


同じような"被害者"になるような現実を引き寄せてしまう。


そうすると、さらに、うまくいかない現実にさいなまれ、


現実をポジティブに見ることができない、というスパイラルを生むんです。

これを変えるために、


現実レベルで、ハートに教え、言い聞かせていくことです。


感情 は確かに、


「傷ついた 悲しんだ 痛かった つらかった 潰された ダメにされた」


と知覚した。


それは間違いじゃない。間違いなくそう感じたのです。


人間はこの世界に、自分の感覚センサーを使って


物事を"感じる"仕事をしにきましたので、


感情は、その人の中の本物なんですね。



でも、この 感情 と  は別物。


感情は、「わたし」という人格を持つために必要な部分。


(だってこれがないと、「わたし」になれないんです。


「わたしは○○と感じる」とわかって初めて"自分"がわかるからです)



でも、魂は違う。


魂は、永遠   魂は、完全


「傷ついた 悲しんだ 痛かった つらかった 潰された ダメにされた」


は、魂レベルでは知覚されません。


その証拠に、魂は傷ついてないんです。


悲しがってもいません。


痛がってもない。


つらくもないです。


潰れてもいないです。


ダメにはなりません。



魂はダイヤモンドのように、傷つかない。


光輝く永遠の生命体 


何からも影響を受けない。




「わたし」として、感情がどんな経験をしようと


魂は、ただそこで自分を生きていることを喜んでいます。





その証拠に、あなたは今ここで、このブログを読んでいます。


いろんなことを経験したけど、生き延びてきて、今日という日を生きています。


確かに、今現在だって感情ではいろいろとあるかもしれません。


でも、ここにいるんです。


もし、これまで感情が受けた通りにダメージを受けていたら


あなたはこの地球からとっくにいなくなっていたかもしれません。


でも、まだやっぱり ここにいるんです。



しっかりここに存在している。


それは魂がそれを望んでいるから。


生きている ということが、その答えなんです。



魂は感情の影響は受けていないのです。


要するに、魂は「被害」を受けていないということ!




「いろんな感情をたくさん感じてきたけど、今もここに生きてるね。


わたしありがとうね」




と自分をほめてみてください。


自分を攻撃するのではなく、ねぎらいをかけてあげてほしいのです。



被害者意識は、


誰か周りの人に自分がどれだけのダメージを受けたことをわかってほしくて


いろんな言葉や行動として表現します。




それが外側に出るとき、


時に人はタチの悪いこと(意地悪、いじめ、パワハラ、モラハラ)をすることがあります。


それが外側に出ないときは、


強い自己責任や、過剰な奉仕、または病気 といった形で、


エネルギーを内側に向けます。


これも、(とっても巧妙なのでわかりにくいですが)


被害者意識・感情の表現のひとつなんです。



感情は被害を受けたと認識している。


でも実際、魂は大丈夫(^^)bで、


今日もちゃんとこの世界に「わたし」として存在している。




そうやって、感情の上での被害のショックから、魂を切り離してみてあげることができれば


これまで「こんな目に遭った」と叫んでいる被害者意識・感情から、


自分を解放することができるのです。


この意識・感情が、どーんと「これがわたしの全部・本物」のままになっていたら、


軽くなることができないのです。


自分を責めるのをやめれば、気持ちが軽くなるのです。


そしてもれなく、


愛を選択できる波動にシフトしていくことができるようになるんです。



「いろんな感情をたくさん感じてきたけど、今もここに生きてるね。


わたしありがとうね! うん、これが本物のわたし(^^)」




と、自分へのねぎらいを向けることで、


波動が楽になり、より一層""に近づけるようになるのですよ。





。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。



★アメブロ・みちよの「引き寄せの法則」

http://ameblo.jp/michiyo-hikiyose


★アメブロ・スピリチュアルカウンセラー・みちよの恋愛ブログ
http://ameblo.jp/michiyo-renai/


★カウンセリングお申込はこちら―スピリチュアル・カウンセラー みちよ Official 


Website
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年4月24日 (日)

愛の世界/恐れの世界、どっちに行きたいですか?

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。



これから定期的に、


わたしの生徒さんのスピリチュアルヒーラー、アーティスト、


MINAさん の絵を ココログで掲載していきます。


Image1_2


前から、ブログで絵や写真でも波動を伝えたいと思っていたのですが、



なんせ、わたしは言葉の人なので、

そこまでいっぺんに気が回らない・・・(^^;)



MINAさんがある時、急に(!)絵に目覚め、描き始めたら、



こんな作品をガンガン生んでくれるようになって。



毎回、見るたびに癒されるんですよ。

ハートに響きます。大好きです。ホント(^ー^)



こんな素敵な波動をぜひ、おすそ分けしたいと思いました。



今後も楽しみになさってください(^^)




.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

・・・なんていうんですかねー。


前回も書きましたけど、



もうね、ここに来て  と 愛じゃないもの の差が


くっきり出てきている。


これも、宇宙のエネルギーシフトなんですが、


コントラストが余計にはっきりしてきているので、



その影響で、



うまくいく人(=愛で人生を素敵に生きられる人)


と、


うまくいかない人(=恐れで人生がうまくいかなくなる人)



が、パーッと別れてきている。



(前回のブログで書いた


「うまくやる」という表現はテクニックでそれをやろうとしている人のことで、


ここでの「うまくいく」は、いい波に乗ってうまくいっている♪


という意味で分けて表現しています)




だから、



愛にあふれた人は、さらに愛に囲まれていき、ハッピーになり、

 

恐れがいっぱいになっている人は、以前よりさらに恐れにまみれた現実を体験している



みたいな感じですね。



クライアントさんでも、



身内でも、



どこでもそんな 現象がガンガンに起きています。



これはもう、避けて通れない。



当然、恐れの現実は苦しいですから、



どうにかしようと策を練ったり、行動に出るのですが、



しかし、これは行動を変えたら変わる、というものではなく、



また、誰かに変えてもらおうとして、変わるものではなくて、



自分で気づかないと、変わらない



という絶対条件の上でしか起きないのです。



具体的に言うと、



被害者意識・感情 を手放さないと、



本当に、ずっと被害者のまま (そしてさらに被害者で) 生きることになる 




ということを見せられています。



元にあった、被害者意識・感情 がぶわ~っと出されている。



それは、本当に長いこと見て見ぬふりをしてきった部分。



思考のレベルで、フタをして、



なんとか行動で補って、「なかったこと」にしているところ。



そんなのが今、反転作用でクローズアップしているから、苦しい。



逆にエスカレートした感じで出されている。



そして、それが表面化すると



いろんなリアルな苦しみに苛まれる。




そこでまた、その苦しみを、被害者意識のまま(人のせい、物のせい)

にして、周りに不満としてぶつける。




人や物のせいにして、逃げる。




そのエネルギーがまた、引き寄せの法則で、



さらに、同じような不満や、被害者になるようなシチュエーションを引き寄せ続けていく。

そして同じような被害者意識の人も引き寄せていく。




被害者体験のオンパレード。。。。

といった感じで。




当然ですが、そこに見えるのは 愛 とは真反対




これをね、「どこまでやりますか? どこで気づきますか?」 というところなんです。




もちろん、何かしら意識や感情が、被害を受けたように感じたことから




こんなエネルギーが生まれているので、




それを責めたりしないでほしいと思います。




でも、それをキープしていたら、ずっとそのまま、




いえいえ、今のこの流れで 掛け算のように "倍増" するんです。




だから、もう気づきましょう というところに来ています。




被害者意識については、ameblo に書いてますので、



そっちも見ていただきたいと思います。




気づくためには、ちょっとプロセスを踏みます。




だけども、誰でも(自分でも)できることです。




長くなるので、今日は少しヒントだけ。




は、どんなことがあっても



傷つかない 悲しまない 潰れない 死なない

のです。



でも、



傷ついた、悲しんだ、潰された/殺されそうだった




と思っているのは、人間の感情部分なのです。




この違いに気づけば気づくほど、変化を起こしやすくなります。

。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。



★アメブロ・みちよの「引き寄せの法則」

http://ameblo.jp/michiyo-hikiyose


★アメブロ・スピリチュアルカウンセラー・みちよの恋愛ブログ
http://ameblo.jp/michiyo-renai/


★カウンセリングお申込はこちら―スピリチュアル・カウンセラー みちよ Official 


Website
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年4月17日 (日)

わたしたちは「愛の領域」に進んでいます!

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。



熊本、大分方面の皆さま、



今はとても不安でお辛い時間かと思います。



生活やこれからの心配、そして現状も大変だとは思いますが、



我慢しすぎないで、でも心を強く持って、



こんな時こそ、人を頼ったり、頼られたりする許可を出してみてください。


心配や不安があれば、



こちらのコメント欄でも、残されていってください。




心と体のケアを一番に考えていきましょう。




.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.




こないだも、ブログで書きましたけど、



オーストラリアに行ってきてから、



エネルギーが変わったのが、自分でもわかるくらい。





実は、向こうでは、



あるときから、毎晩うなされていて、



ある時、夢の中で、5つの光の大玉(バレーボールくらいのサイズ)



が、連なった状態で、流線型を帯びながら、



ひゅるひゅるとわたしの前に現れ、




それを、「ああこれ、前にもやったね~(^ー^)」




と、(なぜか余裕で)見ていると、


わたしの身体の中に パパパパン!と入っていったんです。




その衝撃を本当に身体で感じて、ビックリして飛び起きた、とか、




妙なところで、妙なシンクロが起きる




という現象が続きました。




現地でもそうだったのですが、




こっち(日本)に帰ってからも、




いろんな超常現象?!が起きていて、




現在、対処中。




これもね、今のわたしにできることだから起きているのだな、とわかるんです。




これまで見ないようにしていたものを、見る(見られる)ようになったら、




そこがぶわっとクローズアップされて、現実として出てきています。






・・・向こうにいる間、




ものすごくはっきりキタ~のが、




「わたしたちは、愛のために生きている」 ということ。



愛って、恋愛のLOVE だけのことじゃなく、




幸せ、喜びの意識レベルのことですね。




それが、答え。



それが、すべて。





でも、日本で生活していると、ややもすると




「うまくやるために生きている」




にすり替わることがあるのです。




うまくやることが、答え。



うまくやることが、すべて。





になっているから、




なにげ自分が



「うまくやれてない」



と感じると、ものすごく焦る。



で、周りを見て、



「うまれくやれてそう」な人を見て、嫉妬する。


それから、



「ヘタをした人(=うまくできなかった人)」を見て、バッシングする。




なぜなら、自分自身が「うまくやらんと」と自分にプレッシャーをかけているので




コケた人を見ると、「ざまーみろ」みたいになっている。





そんなんで、人からバッシングされないように




「うまくやる」ことを目標にしてしまっている。。。。。エンドレス。




これが、今の日本のエネルギー。




でもね、ここに 愛 はないので、



とってもつらい。




そして、心が疲弊します。




結局は、




一生懸命やっているけど、はて、何のため?




みたいになってしまうから。





・・・・そんなところに、今この



「うまくやる」 図式が、崩されてきています。




今まで「うまくやる努力をしてうまくいっていた」 人が、



これまでもやり方で 「うまくいかなく」 なったり、



体調を崩してしまったり、



路線変更を強いられたり。。。。。みたいな感じ。




でも、これも、今まで出来上がっていた




愛のないサイクル



が崩れようとしているだけなんです。




自分の中に見ようとしていなかった現実 を見せられています。




自分に対しての愛 が欠けていたりすると、




それも、出てきます。




目をつぶることは、もうできない。




ガツンと見せられるのです。




愛のないサイクル




は、当たり前ですが、続けていれば、続けるだけ、幸せではありません。




だから、今何かしらの「不幸」と思えるものの中に出てきた




感情 を見てあげてほしいのです。




その感情は、今ここで生まれたものではなく、




遠い過去、封印してきた古いものの再現なのです。




変化は怖いと感じることもありますが、




古いものがなくならないと、新しい意識が入ってきません。




だから、いま、みんなチャンスをもらっています。




ただ、それを 「単なる不幸」、「バッドラック」 と思ったままでは




せっかくのチャンスを活かせないのです。




「うまくやる」図式のまま人生を見極めようとしても、結局はうまくはいきません。




心なんです。ハートで感じるんです。




だって、愛って、アタマで感じるものじゃないから。




幸せ、喜び は、ハートでしか感じられません。




幸せを求めるなら、幸せをハートの中に見つけてください。





何かしら 「うまくやった」 結果、外からやって来るのではないです。




古い感情を見つめるのは辛いと感じることもあるけど、



それを、ちゃんと見てあげていけば、



愛の領域に進むことができるのです(^ー^)




。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。



★アメブロ・みちよの「引き寄せの法則」

http://ameblo.jp/michiyo-hikiyose


★アメブロ・スピリチュアルカウンセラー・みちよの恋愛ブログ
http://ameblo.jp/michiyo-renai/


★カウンセリングお申込はこちら―スピリチュアル・カウンセラー みちよ Official 


Website
 





| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年4月12日 (火)

オーストラリア<魂の研修>から戻りました

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。



帰国のご報告、

こちらのブログが最後になっておりましたが、

無事戻ってきましたよ(^^)



帰ってからもいろいろあって、

早速なんだかもう、目まぐるしい(@@;)

4月、きっと多くの方に、新しくいろんなスタートが起きていますよね。


わたしも、すでに次の本のプロジェクトが始まっているので、

また原稿書き始めるところです。




.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.



個人セッションも、たくさんの方をお待たせしておりましたが、


先週から再開しています!



4~5月は、急きょ追加枠で「電話セッション」を増やしました。


お急ぎのご相談がある方はこちらでどうぞ。


詳しくは、カレンダーをご覧ください。



そしてこれからは、電話&スカイプ 両方対応できるようにいたしましたので、


お気軽にお申込みください。

6月のセッション予定も、アップしました。



オーストラリアから帰ってきてから、


エネルギーの変化に伴い、セッションのやり方が変わってきています。


今後、今までの時間枠と時間帯が変更になる可能性がございます。


その際は、またブログでも告知します。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.



オーストラリアでは、


Amazonの原稿を書いたり、編集者さんとの本原稿のチェックのやりとりなど、


海を見ながらも仕事もしていたのですが、


それ以外は、一生懸命に生きていました。

「一生懸命、生きる」

って、変な表現かもしれませんが、


本当にそうだったのです。

旦那と行動を共にしていようが、別行動だろうが、


人と会っていようが、いまいが、


とにかく、五感を開いて、「感じる」ことをしていました。


意図してそうしたのではなく、それが普通、それが自然 だったのです。


まるで、生まれたての子供が、


初めて見る、触れる、感じる世界で


あらゆる情報を体いっぱい吸収しようとするかのように、


本当に、ただただ、目の前にあるものと一緒になっていました。




それは、傍から見たら、


ただ海を見ながら 「ぼーっ」 としている人のように見えたと思います。


実際、コアラのようにぼーっとしていましたから(笑)。



ですが、五感はフル稼働、全開。


それで、精一杯。



一生懸命に、"感じる"ことをしていた、という感じで。

その最中は、一つ一つを客観視して思考でまとめることができませんから、


ブログなどにも書けずにいたのです。


それでも、最初の数日は、ちょっと考えていましたけどね。



なんで、今オーストラリアなんだろうか」 と。



(旦那にも、


「そんなん、オージーと結婚したんだから仕方がないじゃないか」 


と言われ。。。。そりゃそうなんだけどさ、と。。。。)



魂の故郷、イギリスに縁があったわたしが、急に南半球に飛ばされた・・・・・



= まさか、左遷?! Σ( ̄ロ ̄lll)



(オーストラリア好きの方、ごめんなさいm(__)m)


みたいに思っていたりもして、


でも、よくよく考えたら、ここってイギリス人が侵略しに来たところで。。。。。云々。


確かに、何かあるから連れてこられている。。。。




でも、暑いし、死にそうだし~(;д;)  


イギリスの朝霧が懐かしいよう~(T T)


なんだよ、クソ~ っと(`Д´)(笑)。



・・・で、あれこれ考えていたら、もうどうでもよくなり、


そこから、一生懸命に生きることを始めました。


思考でどうこうする、無駄な抵抗をやめたのです。



そうしたら、いろんな物事が見え始めました。



日本にある、わたしのすべて。


そして、ここでの姿。




今まで日本では見えていなかったあれこれが、客観的に見えるようになって


人生を振り返っていたのです。


ああ、わたしはこれまで、こんなことをしていたんだな、と。

そしたら、

今までの生き方について、

「それがしかるべき道」 だし、「それがすべて」 だと思っていたものが、


そうでもないんだな~
 というような、

ゆるーい解放が生まれてきました。

それは、


これまで、旦那と出会う前に一人で作ってきた 


わたしの大切なあれこれ」 の世界だったのですが


二人として生きるには、もはや適合しないことにも気づきました。

今まで、自分で守ってきたものを大切にすべき、


これからも、そこはひとりでやり続けるのだ と思っていたのが、


別にいいんじゃない?」 と。


二人なんだから、二人でやればいい。


そもそも夫婦になったのに、なんで二人で生きないの?




みたいな感じになって、


今まで知らぬ間に作っていた


みちよの鉄壁のキャメロット (⇒キングアーサーのお城です)が、


浜辺に作られた 砂の城 のように、


キングスビーチに押し寄せる波にもろくも陥落していったのでした。。。



・・・オーストラリアって、カップル率が高いんですね。


目の前には、老若男女のカップルだらけ。


もちろん、子連れの家族も多い。


最小単位が 二人。(なんとなくね、感覚でね)


まあ、手に手を取って歩いている人の多いこと。


そして、鳥さんたちも、"つがい" が多くて、



なんか、象徴としても見せられていた感じがします。



二人で海を見て、ビーチで遊び(夫はサーフィン、わたしは読書)


夜もまた、二人で満点のミルキーウェイにちりばめられた星を見ながら



生きててよかったね~



というような、ほどよい脱力感。


これはね、おそらくイギリスではもたらされない感覚。


きっと、オーストラリアだからこそ、感じられたのだと思います。

毎日がそんな、じわじわとした気づきの連続。


毎日がそんな、ハートを開く練習、エクササイズ。


もちろん日常は、山あれば、谷ありだから、


途中、夫婦喧嘩だって派手にやっている。


でも最終的には、何か得ている、みたいな。


そんな感じで、一日一日が過ぎ去っていきました。




今、帰ってきても、見ているものが違います。


ハートの目が変わったのがわかるのです。



今回は、こんな魂の研修に行ってきた感じです。

。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。



★アメブロ・みちよの「引き寄せの法則」

http://ameblo.jp/michiyo-hikiyose


★アメブロ・スピリチュアルカウンセラー・みちよの恋愛ブログ
http://ameblo.jp/michiyo-renai/


★カウンセリングお申込はこちら―スピリチュアル・カウンセラー みちよ Official 


Website
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 3日 (日)

Amazon特典原稿申し込みは今日までです

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。



引き寄せブログと連動で告知します。



Amazon特典お申込み締め切りは、本日までとなっております。


http://www.sbcr.jp/products/4797385618.html


特別書き下ろし原稿



「宇宙とつながり、豊かさを自分で創る方法」


がもらえますよ。



本文では書けなかった、濃いー話も書いています。


是非、ゲットしてくださいね(^^)




Dsc00729



・・・やっぱり、どうしてもこの暑さに慣れないので、



これまで何度か熱中症みたいになって



ぶっ倒れております。。。(ーー;)




(今年3月はオーストラリア史上で、最も暑かった月だったそう。


平均38度、ってどういうことかしら・・・(^^;;)


松岡修造さんは来ていなかったはず?!)





そんな中でも、



ココナッツウォーターがわたしの生命線。




これのお陰で生きられていると言っても過言ではないかもしれません。




ミネラルが豊富で、「飲む点滴」 とも言われているらしい。




具合悪いときでも、ほんとにこれを飲むと癒される。。。。(^^)





ヒーリングウォーター といった感じ。




最近は日本にも輸入品が入ってきているので、飲めるようになりましたが、




このオーストラリア産が今まで飲んだ中では、一番美味しいかな。




これも、怪我の功名?!


。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。



★アメブロ・みちよの「引き寄せの法則」

http://ameblo.jp/michiyo-hikiyose


★アメブロ・スピリチュアルカウンセラー・みちよの恋愛ブログ
http://ameblo.jp/michiyo-renai/


★カウンセリングお申込はこちら―スピリチュアル・カウンセラー みちよ Official 


Website
 

























.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.





| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »