« 魂的な生き方 | トップページ | バレンタインにおすすめの映画(みちよ編) »

2016年2月10日 (水)

いい子の終焉

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。

・・・以前ね、アメブロの恋愛ブログ のほうで予告しておりましたが、




ベッキーちゃん のことを書こうとしていたんですけど、




ここでは恋の話ではなく、




彼女が今見せてくれていることが




とても大事なテーマだと思うので、




スピリチュアル的に書かせてもらいますね。





・・・一言でいうと、




これは




いい子の崩壊現象 だと思います。





実際にどんなやり取りがあったかはわかりませんけど、




このようなことが今、大きく取り上げられていることにも意味があるので、





やはり無視はできません。





これも、SMAPに引き続き、





見せられている」現象だからです。






ベッキーちゃんだけではなく、





実は、みんな子供のころから「いい子」を演じている。





そうするしかなかったから、





親の意向に沿って、言うことをちゃんと聞いている。



それで、親の求める





娘(息子)としてこうなってほしい像




のまま





大人になった人たちが、




今になって、「もうやってらんねー\(*`∧´)/」とばかりに




いい子を卒業している。





彼女は、きっと親の期待を担ってきた「いい子」なのだと思う。





そしてTVの世界では、





周り(事務所、スポンサー、共演者、視聴者etc...)の期待に応えようと





そのキャラを演じていたのだと思います。





それは意識して、というより、かなり無意識に。

演じている自分が本当の自分だと思い込んできたんだと思います。





でも、本当はそうじゃないことがだんだん出てきた。


これはベッキーちゃんに限らず、





わたしのクライアントさんたちもみんなそう。





今、このタイミングでカミングアウトしている大人がどれだけいることか。





これもある意味、社会現象なのです。


ベッキーちゃんは、その代表で見せてくれているような気がしています。






なんか、みんなにバッシングされて大変ですけど、





若いので、頑張って立ち直っていただければと思います。






・・・実は、ベッキーちゃんを非難する人も理由があってね、





見ているとある意味、やっぱりみーんな「いい子」な人たち。




反抗はしているけど、




やっぱりどこかでそんな親の期待に応えていない自分に罪悪感がある。




自分の中の「いい子」の部分が嫌で嫌で仕方がない。




裏いい子」とでも言いましょうか。





だから、表で「いい子」をしっかりやっているように見える人は鼻につくし、





逆に今回のような 「いい子崩壊」が見えたことで





「やっぱり!」 (どうりで同じ匂いを感じると思ったよ!)


みたいになってしまっているのです。





だから、表からも裏から見てもも、これは「いい子」の象徴だし、





本音が露呈している。




もはや「いい子」ができなくなった「いい子の終焉」を見ているのです。






・・・わたしは今回のことはこんな感じで見ています。




スピリチュアルレベルでは、こういうこともしっかりと意味があるのです。




きっとこれを読んで、思い当たる人は多いのではないかと思います(^^)





これもメッセージ。




いい子をやめる時が来た




自分のありのままで生きる時が来たということです(^^)





。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。



★アメブロ・みちよの「引き寄せの法則」

http://ameblo.jp/michiyo-hikiyose


★アメブロ・スピリチュアルカウンセラー・みちよの恋愛ブログ
http://ameblo.jp/michiyo-renai/


★カウンセリングお申込はこちら―スピリチュアル・カウンセラー みちよ Official 


Website
 


※恐れ入りますが、コメントでの質問は基本お受けしておりません。ごめんなさい!

ミニQ&AはTwitterでどうぞ! みちよ @michiyoangel

|

« 魂的な生き方 | トップページ | バレンタインにおすすめの映画(みちよ編) »

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

みちよさん こんにちは☆
ベッキーのこと、応援したくなるのは
いい子つながりだったんだなぁってしみじみ。

世の中もいい子リミット間近の様子
終焉の波に乗ります!

あーもーやってらんねーよ!!
と、ちゃぶ台ひっくり返します。エアーで(笑)

いい子ちゃん、みんなでやめれば怖くない!(笑)

投稿: aya | 2016年2月12日 (金) 10時34分

ベッキー騒動とかあまり興味ありませんでしたが、記事を読んで思ったのは、マスコミもいい子だし、コメンテーターとか言われる人もいい子だし、そういうの見てあーだこーだと評論している視聴者も、いい子なのだと思います。

最近叩かれた某議員(男のほう)も、ある意味いい子な気がします。本当はイクメンでもなんでもないのに、そういうキャラ演じる(演じさせられた?)ことの反動だったかも・・・
と、個人的には思えました。

「いい子」も昭和エネルギーの象徴なのでしょうか?

投稿: kobaien | 2016年2月14日 (日) 10時28分

『いい子をやめる時が来た』

その言葉を聞いて・・・3分くらい天井を見てました。

私もその時が来ました。

親の喜ぶ顔が見たくて始めた仕事、お金を優先して転職した仕事・・・限界がきました。

いい子卒業します。

素敵なブログありがとうございました。
これからも応援しています(*^U^*)

投稿: TK | 2016年3月 8日 (火) 09時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129963/63886213

この記事へのトラックバック一覧です: いい子の終焉:

« 魂的な生き方 | トップページ | バレンタインにおすすめの映画(みちよ編) »