« いい子の終焉 | トップページ | Born this way! »

2016年2月13日 (土)

バレンタインにおすすめの映画(みちよ編)

おおかえりなさい(^^)♪ みちよです。




英語ブログ、更新しました。



今回はイギリス人と紅茶 について書いてます(^^)



よかったら、こちらもお読みになってください。



.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.




明日はバレンタインデーですね。




外国では、男女問わず愛を伝えたり、告白できる日なのですが、




うちの旦那さんは、日本の風習に(都合よく)乗っかっているので(^^;)




今年も、わたしからチョコレートを期待している(だろう)。




日本も、ホワイトデーなんかいらんから、





海外と同じにフェアにすればいいのにね~、と思う。






・・・ということで、





バレンタインにちなんで、




ロマンティックな映画を紹介したいと思います。




前から、いつかこれについて書きたかったんです!(^ー^)




マット・デイモン主演の



「アジャストメント」



A3fcb226f24ea91b417b45b95e635391


原題は、The Adjustment Bureau 




・・・・これね、




最初に何も前ふりもなく見たとき、ビックリしたんですよ(^^;)





SF スピリチュアル映画
なんです。





男女の運命を調整(アジャストメント)する役が、天使(笑)。




天使といっても、




羽が生えたエンジェリックな感じではなくて、




スーツに帽子をかぶった、お役人みたいな人たち。





自分たちのことを、「運命調整局」と名乗っている。





(ちなみに、神様のことは"議長"(チェアマン)と呼ぶらしい)





彼らは、人々の動向が運命に沿っているかどうかを確認しながら





もし道を外しそうになったら<調整>に入るのです。





マットデイモン演じる政治家と、





エミリー・ブラントのダンサーの縁が、





どうやって<調整>されていくのか、が見どころです。






あんまり書くとネタバレになるので書きませんが、




運命って、決められている部分と、そうではない部分もある ということを




ちゃんと教えてくれる。




ソウルメイトって、こうやって出会うんだよね
(^^;)





というのを、ちゃんとビジュアルで見せているので凄いんです。




もちろん、これは映画なので、





実際はこんな感じではないんですけど、





(天使は、手助けはしますが調整はしないし(^^))





でも、ポイントとしていい感じに描いてくれている。





SFだから、サスペンス的な作品ですけども、





でも、とてもロマンティック。




「こんな出会いをしてみたいよね~」





と思わせる映画です(^^)

。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。



★アメブロ・みちよの「引き寄せの法則」

http://ameblo.jp/michiyo-hikiyose


★アメブロ・スピリチュアルカウンセラー・みちよの恋愛ブログ
http://ameblo.jp/michiyo-renai/


★カウンセリングお申込はこちら―スピリチュアル・カウンセラー みちよ Official 


Website
 


※恐れ入りますが、コメントでの質問は基本お受けしておりません。ごめんなさい!

ミニQ&AはTwitterでどうぞ! みちよ @michiyoangel

|

« いい子の終焉 | トップページ | Born this way! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ご紹介の映画、面白そうですね(vーv…)
借りてみたいと思いました。
運命調整員(笑)自分にもいたら
どんな調整が来るかな。

blogを読ませていただいていて
俗にいう負の感情って不満の不なのかなって思いました。
全部が全部では無いと思いますが
不を持たないように気持ち穏やかでいたいと思いました。

投稿: 明かり | 2016年2月14日 (日) 17時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129963/63928962

この記事へのトラックバック一覧です: バレンタインにおすすめの映画(みちよ編):

« いい子の終焉 | トップページ | Born this way! »