« 運命の輪 | トップページ | 愛とは受け入れること »

2014年6月30日 (月)

『X-MEN フューチャー&パスト』

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。



もしかしたら、毎年この季節に同じことを言っているかもしれませんが(笑)


気がついたら、1年の半分終わっているんですねぇ~(^^;;)(汗)


今年はもう、振り返る暇もないくらい、走り続けています。


ちょうど春にハワイに行った後から加速し始めて、


5月からは、宇宙のランニングマシーンの速度をあげられたかのような(泣)感じで、


今に至りますm(_ _)m



すべてが、ホントいい感じに動いていて、ハッピーですが、何しろ忙しい。



。。。。と、そんな中、先週


映画 『X-MEN フューチャー&パスト』 を観てきました。


T0015836_movieimg_l



わたしね、大好きなんです、 X-MENが!!!


出ている俳優さんもみんな好きで、キャラクターもみんな好きで。


今回は、忙しい中でどーしても観に行きたかったのも、


きっと、この映画の中にメッセージがあるんだろうなぁ


とはなから感じていたので、


絶対、終わる前に観に行かなければと思っていたんです。




今回は、50年という歳月の間で、


現在、過去、未来〟が描かれている作品でした。


要するに、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」的な要素が盛り込まれていて、


未来の自分が、過去の自分に会う、みたいな感じだったのです。



その中で、X-MENのプロフェッサー(チャールズ)が、50年前の若い自分に語りかけるシーンがあって。


若いチャールズは、サイキックとして周りの人の苦しみを感じることを恐れているのですが


それは、本当は自分の中にあるものを恐れているのだと


年をとったチャールズが教えるのです。



苦しみは嫌なものかもしれないが、受け入れて自分のものにすると、それは力になる


希望は、人間が持っている最大のパワーだ




映画の中だったので、うろ覚えですが、そんな台詞でした。



苦しみを自分のものにする、というのは、


これまで苦しすぎて見てこれなかった感情に向き合って解放すること



希望が人間の最大のパワー、というのも本当にそうで。


願うことを恐れたり、諦めない限り、必ず変わることができるということ



これはまさに今、



いろんな場面でわたしもお客さんや生徒さん、


そして自分自身と向き合う時に出てきているテーマです。




人は、年齢を重ねて始めて理解できることがあります。


でも若い頃はとにかく必死で、今は十分わかることでも、


当時、それに気づくことは不可能でしたよね。


だからこそ、苦しみ、もがき、悩み、悲しんで。


それも、人間としての感情の経験だから、けっして無駄ではないのですが、


でももし、20年くらい前の苦しみの中にいた自分に会えるのなら、


「大丈夫だよ~、心配するなよ~」


と、希望を投げかけてあげたいな、と思いますね。



そうしたら、当時の自分がどんなに楽になっただろうって。



でも、それって、実は波動の中では可能なのです。



今の自分から、苦しんでいた当時の自分に向かって



諦めなくて大丈夫、必ずよくなる。けっして諦めないで



と語りかけてあげることで



今から過去の自分を癒やすことができ、



過去の苦しんでいる自分は昇華されていくのです。



それが実は、癒しの根本だったりします。





そしてもうひとつ、別の大事なメッセージとして


今回の、〝過去⇔未来〟のモチーフの一番重要な部分


人は、選択で未来をいくらでも変えられる。その選択が無数の未来を創り出す


というのがありました。


要するに、「未来は決まっていないし、どうにでも変えることができる」


ということ。


選択とは何か、というと、それは〝望み〟なんです。


「こうしたい」


という今の選択が、その未来を生みます。



前回の、「運命の輪で書いた

「望ましい未来は自分で選択できる」



そのまんまを、映画でも見せられました。



完全にシンクロしています。



今回の映画からのメッセージとして、わたしは




自分の内側に恐れを持っていると、十分な力が使えなくなり、


未来を変えることができないが、


恐れを自分のものにしてしまえば、


自分や未来をよりよく変えうるパワーを使いこなせるようになる。




と受け取りました。


スピリチュアル的視点からみても、本当にその通りです。




そしてもうひとつ。



映画のストーリーの中に〝コントロール〟というキーワードが出てきます。


ストーリーは長くなるのでここでははしょりますが、



人を「こうしたほうがいい、こうしてほしい」


とコントロールしているうちは、変わらない。


むしろ、反発されて〝敵〟だと思われてしまう。



でも、相手をそのまんま信じることで影響を与えることができ


相手は自然に変わっていく

というものでした。




信じることは、愛。



コントロールは愛とは真反対。





だからです。


これも、「本当にその通りだよね~」としみじみ感じ入りました。



うーん、深い。 X-MEN。 


そしてめちゃめちゃおもしろかった!(^ー^)



映画の中でも、キャラクターたちが〝運命の輪〟を回していましたよ。



今は、こういったことを見る必要があるのですね。



自分自身でも、運命的な物事をビシバシ感じる毎日です。



ホント、引き寄せってスゴイ。




(余談ですが。。。。


ジェームズ・マカヴォイと、マイケル・ファスベンダーがイイ男過ぎて目が(♡ ♡)。


もう一回〝3D〟で見たいです(笑))

*:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

★カウンセリングお申込はこちら―スピリチュアル・カウンセラー みちよ Official Website 

|

« 運命の輪 | トップページ | 愛とは受け入れること »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

みちよさん、女神の本で知り、いつもブログも読んでます☆
女性性について、はじめて、"本当に"なるほどー!!!と自分の中にきました。
それ以来とにかく、特に男のひとが近くにいるとき、「わたしは愛を受け入れます」とイメージしていたら、本当にいい感じになってきました(*^_^*)
わたしにとって、ものすごーーくヒントになってます(*^_^*)ありがとうございます!
この記事もとても、内側からパワーわいてきました☆笑
ありがとうございます!!
あとジェームズ・マカヴォイ、わたしもかっこいい☆と思います(*^_^*)笑

投稿: Fumika | 2014年7月 1日 (火) 01時53分

みちよさん、こんにちは。
お忙しい中の更新、うれしいです^^

先月、恋愛であまりに悩んでしまったので、時々利用させていただいている占い師さんに占ってもらったり、とあるヒーラーさんに見てもらったり、しました。
ほんとに久しぶりに「苦しい!」と思ったので・・
結果、両方とも「この人は合わない。ほかの人を探すことをおすすめする」と言われ、さらに落ち込んでしまいました・・

でも、「相性ってなんだろ?」とか、「私は彼のことがほんとうに好きなのかな?」と改めて考えさせられました。
占いやリーディングで「やめたほうがいい」と言われても、私は彼といて楽しいし、出会ってよかったと感じている・・うまくいかないならそれもしかたがないけど、まだわからないのに諦めるの??好きじゃなくなることなんてできるの??
って、めちゃくちゃ悩みました(笑)

未来がどうなるのかの答えがどこかにあって、私よりも客観的な視点を持った人にはそれが見える・・と思ってました。
でもほんとにそうかな?と思えてきて・・

相手の方に嫌われた、傷つけてしまった、と思ったのですが、ダメ元で「私、何かした?」って聞いてみました。今は何もなかったように接してくれますが、彼のそのやさしさに、「もう、どうでもいいや」ってなりました。
この先どうなるかはわからないけど、私は彼をすてきだと思っている。
もうそれだけでいいや、と。
彼の言動から、彼の気持ちをあれこれ詮索してあたふたするのはやめよう、と思いました。
うまくいくかもしれないし、いかないかもしれない。

「こうありたい」と意図することと、誰かをコントロールすることとは違いますもんね。。(深い!)

それと、占いとかリーディングの活かし方なんかについても、すごく考えさせられました。
「誰かがなんとかしてくれる」という態度では、結局何も変えられないのだな、と。
知ってたつもりだったんですが。。^^;
でも、そういうものに頼りたくなるのはひどく弱ってるときだからある意味しかたないような気もします。(笑)

今はなんとか、じっとり重い気分から脱け出して、軽やかに片思いができてると思います。
「恋はどうやったって傷つくもの」と思って、傷つくことを恐れずに誰かをすぐ好きになれてしまう自分を喜んでいようと思います。

あと、できればみちよさんがリーディングされるときに、もしも「この人とこの人はうまくいかない」なんていうアドバイスをされることがあるとしたら、そういうときに感じられていることなんかを教えていただけたらなと思います。
もしお答えいただけるタイミングがあれば、で結構ですよ〜。

長々とすみません。今回の記事もとっても心に響きました。

投稿: can | 2014年7月 1日 (火) 10時38分

今、まさに、自分に向き合っている中で出てくるキーワードがいっぱい。やっぱりそうなんだよなって腑におちつつある。みちよさん、ありがとう。このタイミングでこのブログ、涙がでそうです。やっぱりみちよさんだ。みちよさんの存在に感謝!

投稿: ひまわり | 2014年7月 1日 (火) 23時37分

みちよさん多忙な中、ブログ更新ありがとうございます!今回もタイムリーな内容ですよ〜(^O^)お陰様でそうかそうか〜!と、モヤモヤしていたことが解放されてきました(^^)
十分な力が使えないのは内側にある恐れ。コントロールせずにまんま信じるのが愛なのですよね〜。
わかってたつもりになっていたので心に染みました。いつもありがとうございます☆

投稿: プシュケ | 2014年7月 2日 (水) 09時29分

波動がちがってしまうかもしれなくて
一方的で申し訳ありませんが
気持ちを吐き出させて下さい。
勿論、消して頂いたとしても構いません。

もうこの世から
居なくなってしまおうと思っています。

もう限界なんです。ごめんなさい(>_<)

投稿: 灯(ともしび) | 2014年7月 4日 (金) 12時49分

あのような事を書いたとしても

何も無いのにですよね。

簡単に書き込んだ訳ではないですが

書き込みしてすみません。

皆様の幸せを祈っています。

投稿: 灯(ともしび) | 2014年7月 4日 (金) 12時52分

灯さん

すべてに限界で、この世から消えたくなる気持ちは分かりますよ。かつてのわたしもそうなったことがあります。

吐き出さないよりは、吐き出せるほうがいいのですよ。
吐き出すことも、自分を軽くしてあげるためにやっていること。灯さんはまだ希望を捨ててはいませんよ。

でも、消えてしまっても何も変わらないことも分かっているはずですよね。何かを探してわざわざわたしのブログに来て下さったはずですよね。

今一時はとてもしんどいですが、必ず生きててよかったと思える日がきます。必ず。どうか頑張って下さい。

投稿: みちよ | 2014年7月 5日 (土) 15時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129963/56658344

この記事へのトラックバック一覧です: 『X-MEN フューチャー&パスト』:

« 運命の輪 | トップページ | 愛とは受け入れること »