« 〝赦し〟と感情 | トップページ | 変化と流れ »

2014年1月24日 (金)

インフルエンザを引き寄せない(?!)方法

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。





明日から、福岡・糸島に行ってきます。


冬の婚活のお手伝いです(^^)



.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.



インフルエンザ
、流行っていますね。



実は先週、うちにも一人インフル患者がいまして、その間の看病が大変でした。。。。


でも、わたしは個人で仕事をしているので


うつるわけにはいきませんから、


気合いで乗り切ったのでした(^^;)

・・・風邪に罹ると


ウィルスのせいだ と思うかもしれませんが、


それを受け取ってしまう理由が、実は身体のほうにあるのです。


なので、同じ環境にいても、うつったり、うつらなかったりします。


(看病した後の食べ残しなんかも、もったいないからフツーに食べてました(笑))




それ以前に、身体はすでにサインを発しています。


風邪をひいたのは


疲れてたから」 「無理していたから」 と思ってしまいますが、


思考 が我慢をさせてしまうので、感覚で気づきにくくなっています。


エネルギーが弱っているところに、ウィルスを受け入れるような感じ


なので、風邪をひく前から、その兆候は示されているのです。



不健康になることも、意図が働きます。

だから、健康になるにも、意図を使えばいいのです

その際、


うつったらヤダな


とやるのではなく、


健康でいることに感謝をして、


内側の〝強さ〟を使います。


その際、お腹のあたりのソーラープレクサスチャクラを意識しながら


わたし という強い力を持つ存在を思い出します。


毎日働いてくれている身体に感謝しながら、


その健康な状態を、自然な形で続けている わたし をイメージします。


身体の外に自分のエネルギーでバリアーを張るようなイメージでもいいでしょう。



身体は、わたしたち人間が思っている以上に、繊細で、素直です。


そして、言葉にならない意識も表現しています。



。。。よく、文章などには


お風邪などひかないように


と書くことはありますね。(儀礼的な定型句なので、これは変えられないと思いますが)



これも、書いた後に、


わたしは、あなたの健康を祈っています


と、心の中で思うといいでしょう。



心配


は、その心配ごとをそのまま引き寄せますが、それが





であれば、それは善きことをおすそわけします。



。。。とはいえ、一度罹ってしまったのなら、


それは、「お休みしなさい」ということですから、


ゆっくりして、日頃の忙しい自分をねぎらってあげましょう。



ブログを読んで下さっている皆様の、健康を心よりお祈りしています(^ー^)

*:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

エンジェリック・ヒーラー/スピリチュアル・コンサルタント みちよ OfficialI Website

|

« 〝赦し〟と感情 | トップページ | 変化と流れ »

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

読ませて頂いて、ありがとうございます。^^
みちよ先生のご健康を,心よりお祈り申し上げます。

投稿: setuko | 2014年1月25日 (土) 00時14分


みちよさん、こんにちは。
今日のメッセージ、とても考えさせられました。

私なりに心掛けていたのは、テレビでインフルエンザやノロウイルスのニュースを流している時、なるべくその話を聞かないようにテレビを消してしまいました。なんとなく潜在意識の中に『感染したら嫌だなぁ』という恐れが残りそうなので…。

しかし自分の子供の事になると話は別で、『そうなったら嫌だなぁ』が現実になってしまいました。
私は歯があまり良くないので、自分の子供(三歳)には虫歯の無い子に育って欲しく思い、『ちゃんと磨かないと虫歯になるよ〜』と脅して歯磨きをしていました。
心配って過剰になると現実を引き寄せてしまうんですね。頑張って磨いていたのに小さな虫歯を作ってしまいました(涙)
同じ歯磨きをするのにも、もっと楽しくポジティブな言葉を使うように心掛けます。

今日はまさにタイムリーなメッセージでした。ありがとうございます。

投稿: すみれ | 2014年1月25日 (土) 09時43分

初めてまして。

男ですが、ヒックス夫妻の「引き寄せの法則」から、みちよさんの本に
たどり着き、ご著書を三冊とも一気買いしてしまいました。

自分が気に病んでいたことが書いてあり、目からウロコです。

どうもありがとうございます。

投稿: 朝 | 2014年1月26日 (日) 09時48分

みちよさん、いつもありがとう♡。童子ちゃん達も♡。私も、体の声、大事だってこと、わかってたはず。(頭ではね。本の読みすぎで。)でも、そういうこと、わかっていたとしても、目の前にあるものがあまりにも大きすぎて、私には、どうすることもできなかった。それを、エンジェル(童子ちゃん)達が、私に、教えてくれてる。体を、いたわることは、大事なんだよ。だから、大丈夫。僕達が、いるんだから、もっと、自分を大事にして。そのことで、誰かに、遠慮なんかしなくてもいいんだよ。僕達と、もっと、ゆっくり、遊ぼうよ。大丈夫だよって。臆病になってしまった私を、たくさん。いっぱい、いっぱい、支えくれて、見守ってくれている。たくさん、愛してくれている。エンジェル(座敷童子ちゃん)達は、目には見えていないけれど、とても、力強い存在。私も、最近、やっと、普通の調子の良いであろう体に、近づいてきました。ありがとう。(以前は、無理やりありがとう言って、体調良くしようとしてた、ただのありがとうマニアでした。(笑い))

投稿: いろは | 2014年1月28日 (火) 16時39分

本件と関係なくてすみません。
以前心がわっさわっさと揺り動かされる経験を,まだする必要があるという内容の記事を目にしたことがありますが,どれだけ苦しむんだろうってくらいまだ苦しめられています。
どうしても受け入れられません。年初のブログにもまだ苦しみと向き合う時期は続くと書いてましたよね。

私の鉄板なりマインドブロックは相当手強いのかもしれません。
なんで自分ばかりこんなに苦しまなければならないのか?と不平等感や差別感を感じます。
知識としてはそうではないことを知っていながら,ネガティブになってしまします。

正直何に気付いてどうすればいいのかさっぱり分かりません。天使や守護する存在への問いかけも返答なし・・・夢で答えもくれない,誰かの口や文でも感じられません。これも自分の受信のせいなのは知識で分かっていても,どうにもなりません。
私は苦しんで何を求められているのか分かりません。

先日採用されたばかりの仕事を休みました。体調不良です。
人に話せない不満・心配・悩みが解決の糸口探れなくて,ネガティブがうっ積していたのですが,今日体が休めのサインを出しました。これだけは分かりました。

以前短期の労働でお世話になった会社からオファーがあって,再度行くことになったのですが,この連絡もらったとき,実は行きたいとは思いませんでした。でも現在ホントお金がなくて仕事しなければならない状況なのですが,ホッとするどころか心は不安でイヤイヤだったのです。
もし心の声に従って断ったらお金が底を突いてしまうのです。それでも天からのメッセージが聞こえれば蹴って天の声を信じてもいいのですが・・・

いざ会社に行ってみると,ベテラン社員退職に伴う欠員抜擢でした。
他人目線から見れば白羽の矢が当たっておめでたいことなのでしょうが,それ聞いて私は恐怖感と不安感が一気に襲ってきました。これが体調不良の要因です。加えて溜まったネガティブも重なって・・・。
記事になるようにエネルギーが弱っていたから,休んだだけでも良しとすべきでしょう。

実は前に勤めていた懲役14年の会社員時代も,ベテランの後釜に抜擢されました。
これだけは絶対やりたくない仕事でした。この人事が決まったときもショックを受けて3日休みました。後に引けなかったのでこの仕事しんどくて1日14時間以上の激務で,3年も自分を殺して責任を果たしたのです。
その恐怖が甦りそうです。同じこと繰り返すとは思ってもみませんでした。

人生ってイジワルだと思います。自分が引き寄せたなんて絶対に信じたくないです。
どうしてギリギリの人生歩むのか?わざと不遇な望まない境遇を人生に組み込むのか?
悔しい気持ちでいっぱいです。いつになったらハッピーな人生を歩めるのでしょうか?

めっちゃネガティブなときは,スピリチュアルもなにも受け入れられず否定的になります。
本当はこんなコメント書きたくないけど,他の誰にも話せないのでここで吐露してみます。
いつもすみません。

投稿: kobaien | 2014年1月29日 (水) 17時50分

>kobaienさん
私のことかと思いました。。同じような境遇にいます。
私の場合は、白羽の矢も何も立ってないですが。
ひどい苦しみの中にいます。まだ続くのかと。
まったく意味が分からないです。なぜこんな目に遭うのか。
自分なりに真摯に生きてきたつもりが、なぜ周りが敵ばかりに思える状況なのか理解できないです。

妬みとか、古い復讐心とか、ほんとにひどい、醜い感情が出て来て自分が怖くなります。
でも、とにかく、膿出しなのかなと。
その先に何があるかは分かりません。
ただそういうステージにいるのだとだけ思うことにしています。
ああ、私も人を理不尽に妬んだり、逆恨みしたりするんだなと思います。
助長もさせず、抑え込まず・・
今はそれしかできないです。不安でうまく眠れないけど、できるだけ朝はきちんと起きるようにして、できることをやるようにしています。

気づくことはありますよ。「まだまだ人の目を気にしてるんだな」とか「少なくともこういうシステムが自分には合わないのだな」とか。
それでどうしたらいいかは分からないですが、ずっと模索です。

あまりに今の自分に重なる書き込みだったので、スマホから投稿しています。まとまらなくてスミマセン。
少しでも心と体が軽くなりますように。

みちよさんいつもありがとうございます。

投稿: can | 2014年1月29日 (水) 22時38分

やっと前向きになれたと思った途端、また苦しいことが。
まだあるの!?って感じです。もういいです。
あれこれ角度を変えてみたり、苦しいことも続かないって思ってみたり、健気なほど人生にイエスと言おうとしてるのに。
うまくいくような兆しが見えて、やっぱりダメで。っていう繰り返しです。
ただうまくいかないよりたちが悪いと思います。
ほんとうに、神様が私をいじめて面白がっているんじゃないかと(笑)
でも、死んでも苦しみは終わらないらしいから、この惨めな人生(というのは今の私の気分なだけに過ぎないのでしょうけど)を生き抜いて、何が起きるのか冷めた目で見届けてやろうと思います。やけっぱちです。
ときどきやっぱり夢を見てしまって、たたき落とされて・・っていう繰り返しなら、ばかみたいにそれを繰り返してやりますよ。

っていうやさぐれた気分ですが。
とことんまで行けば何か変わるかな、とか思ったんですけど。
人生、次に何が起きるかわからないですし。
何がどうあれ、もがくしか今はできないです(T_T)
しんどい!!!

連投失礼しました。

みちよさんも、みなさんも、私も、健やかに過ごせますように。

投稿: can | 2014年1月30日 (木) 17時30分

皆さまのコメントを読むたびに、私だけじゃないんだ、みんな苦しんでつらい思いを抱いてるんだ…と思いました。今日は新月。新月のパワーで、また新たなスタートの気持ちになれています。苦しさにもがきながらも、頑張って生きているすべての人に、幸せの光が差し込みますようにshine

投稿: Yuko | 2014年1月31日 (金) 06時41分

canさん
お返事ありがとうございました。正直うれしかったです。昨日はおかげさまで仕事に行ってきました。
関係者には風邪ということにしておきましたが,メンタル的な不具合だなんて言えないのがツライですよね。
家族など親密な関係にある人間でさえ,分かる人理解しようとする人は多くないような気がします。
ですから世間的には仮病です(笑)

今回あまりにもしんどいと深呼吸しようと思っても,できないことが分かりました。 瞑想なんかもだめです。
冬季うつかどうか分かりませんが,セロトニン不足を補うために,日光も浴びました。これは何も考えずに効果あげられてよかったかもしれません。

取り急ぎ,お礼のお返事させて頂きます。

投稿: kobaien | 2014年1月31日 (金) 10時00分

またまたスミマセン

>kobaienさん

お仕事お疲れさまです!
仮病上等でいきましょう〜(笑)
人は、まずわかってくれないですね!^^;
やっぱり、みちよさんの仰るように、ただ自分の在り方しかないんでしょうね。
それにしてもなぜこんな目に!?って思っちゃいますけど。

おかげさまで私も気持ちをここにぶつけてしまって(笑)、だいぶ楽になりました。ありがとうございます。
最近は、「人生を肯定する」というようなメッセージが頻繁に現れて、そのたびに涙して気を取り直し、また落ち込み、「人生にイエス!」なメッセージが現れて・・・・を繰り返しています。
天使さんからの「それでもイエス!人生イエス!」アピールがスゴイんですよ。
「全然イエスな状況じゃないよ!」って文句も言いたくなるけど(笑)、とにかくイエスなんですって。

しんどい中を過ごしているみなさまの存在が、今の私には大きな支えみたいです。
みなさまが、いつも豊かな愛を感じていられますように。

投稿: can | 2014年1月31日 (金) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129963/54733714

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザを引き寄せない(?!)方法:

« 〝赦し〟と感情 | トップページ | 変化と流れ »