« 和歌山旅行記(1)高野山 | トップページ | 和歌山旅行記(3)たま電車 »

2013年7月27日 (土)

和歌山旅行記(2)玉置神社

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。


和歌山は広いから、回るの大変なのよ~(^^;)

2日目は、海沿いに走っている列車で、新宮まで。

そこからレンタカーで、渡瀬温泉に行き一泊。

3日目は、ひたすら車を走らせ、まずは熊野本宮大社へ。


熊野三山(熊野本宮大社、熊野那智大社、熊野速玉大社)でも、

前回書きました、“三位一体”の「左三つ巴」が神紋でした。

今回の旅では、どこへ行っても“3”を目にします。

035

サッカー日本代表のシンボルにもなっている八咫烏(やたがらす)は、

足が三本あるのですが、これも三位一体(左三つ巴)のメタファーだと言われています。

(新宮駅には、サッカーチームのフラッグがたくさん掛けられています)




でも、この旅のメインは実は熊野三山ではなく、

以前も書きました“宇宙神社”の 玉置神社 です。

047_2

前回、導かれるようにふらっと来てしまいました

(注:車でもめちゃめちゃ時間かかる場所ですから、

ふらっと来るような場所ではありません(^^;))が、

無性に、またここに来たかったのです(⇒そういう時は必ず「連れてこられて」ます)


ここはフツーの神社ではありません。

紀元前37年創立と言われる場所です。

悪魔祓いでも有名な神社で、

ご縁がないと来られないと言われる場所でもあるそうです。


ここは龍の存在を感じます。

ここの御祭神である国之常立神が龍なんです。

日本や世界各地にある、龍が守っている場所のうちのひとつですね。

富士山のヒーリングのため、ここの龍神にお願いに来たかったのです。

048

手に持っているのは、山梨・昇仙峡の「宇宙の宮司さん」からまたまたお借りしてる

宮司さんのお師匠さんが書いた宇宙の本“黙示録編”。

前回の玉置神社もこの方の本を連れてきましたが、

どうやら、一緒に聖地に回る意味があるらしいのです。

055_3

三柱稲荷。。。。“”ですね。

049


052_2

裏山の中にある

玉石社

奥の地面からちらっと見えるのが、その玉石。

この玉石を置いたので、“玉置”という名になったと言われています。

051

役行者=役小角(えんのおづの)

修験道の祖と言われる霊能力者。

。。。最近訪れる場所には、絶対にこの人の痕跡がある!!

富士山でもこの人は修行しているんです。

ハイヒールの縁?(笑)(⇒前回ブログ参照)



ここの龍神へ祈りを捧げて裏山を下り、境内を歩いていると。。。。

トカゲさんを発見。

子供と歩いていたら、目の前をサササーっと、横切って行った。

一瞬ビックリしたんだけど、直観で


あ、龍が来た!!」


とすぐさま神の使いだとわかったのです。



(注:ここからは、爬虫類を見るのもダメな人は、サッと飛ばし読みしてね!(^^;))








043_2

トカちゃん1


。。。そこから離れて歩いていたら、

目の前を、トカちゃん2が横切った。



058_2


トカちゃん2

 
059_15


極めつけは、トカちゃん3。


やはり目の前を一瞬横切ったトカちゃんが、

ピタっとわたしの目の前で止まり、

そこで<お食事>しながら、じーーーーっとしていたんです。

逃げもせず。。。。(^^;)



ワタシ、爬虫類は苦手なんですよ。

こんな写真普通は撮りません(^^;;)

でも、神様だとわかったので、なんともなかったんです。

(子供に「トカゲの写真アップで撮って、趣味悪い!」と言われたくらい(^^;))


だって、わたしたちが歩くと、目の前を(これみよがしに)通過していくんですよ。トカちゃんが!

八咫烏(3本足) の代わりに、3匹のトカゲ


龍神からのお返事を頂きました。

本当に有り難いことです(^人^)



玉置神社が「宇宙神社」と感じる理由は、

宇宙の成り立ち を祀っている場所だと感じるからです。

陰陽のエネルギーを取り入れているのは明らかです。

最近、わたしに付いてきてくれている、神様 I さん も、陰陽を司っている神様なので

ここに連れてこられても不思議ではありません。


とにかく、また無事にこの神社まで来れたこと。

お参りをして、龍神からお返事をもらえたことで

ちょっと安堵しました。


玉置山を下山して、那智の滝(めっちゃ飛ばして行った(^^;))、

そして、その日のうちに白浜へ、と、強行スケジュールだったのですが、


玉置神社後は、ヒーリングの好転反応のようにグッタリしています。

今年、2度目の玉置神社。

“3”という数字がやはり来るので、

きっと今年は、あともう1回は行く必要があるような気がしています。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

エンジェリック・ヒーラー/スピリチュアル・コンサルタント みちよ OfficialI Website

|

« 和歌山旅行記(1)高野山 | トップページ | 和歌山旅行記(3)たま電車 »

和歌山スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

先月仙台の個人セッションではお世話になりました。
和歌山のお話、めっちゃ楽しみにしていました!
私も来年には必ず和歌山へ行ってきますo(^-^)o

投稿: ナニワ | 2013年7月27日 (土) 23時51分

私もたまたま玉置神社に行ったことがあります。

2年位前だったと思いますが、
呼ばれたんでしょうか。

投稿: kiki | 2013年7月29日 (月) 10時41分

みちよさん、こんにちは。
偶然にも先週玉置神社に行ってきました。
かなりの移動距離ですね。
お疲れさまでした。

先日みちよさんのセッションを受け、「ブログを始めて下さい。」
と言われ「まじですか。」と心で叫びましたが、
そろそろ潮時かも・・・。
今月からブログをはじめることになりました。
ブログを初めてから、いいことが続いています。
ブログは自分への、宣言!でもありますね。
も~~仕方ないので、腹括りました。
みちよさんのお陰です。ありがとうございました。

みちよさんの、ご発展、ご繁栄を心よりお祈り致しております。

巴。


投稿: 巴。 | 2013年7月29日 (月) 13時39分

少し前の記事で天岩戸開きのことが書かれていましたが、本当に最近、不思議な出来事がありました!ガーンとショックを受けるようなことだったので、落ち込んでいたら「あなたは自分が悩み苦しんでいると思っているけど、それはあなたの一人芝居です。いい加減お芝居をやめて今すぐ幸せを選んでください」というメッセージがきました。自分で幸せを選べるのに「もう少し苦しんでいるふりしちゃおう。簡単に幸せになっちゃうとありがたみがないからな〜」と思い続けていた自分に本当に嫌気がさして「私は今幸せを選びます!」と宣言しました。もう、今度こそ本気を出さないとダメ!というようなショックな出来事だったんですが、7月下旬に入ってから特に「はやくしなさい!」と言われているようです。すごい天岩戸開きになっております…(^o^;)

投稿: みな | 2013年7月30日 (火) 20時26分

こんばんは。

初めまして。小生静岡県在住の者です。

玉置さんへは昨年、今年と和歌山県有田市S先生のお導きで参内させて頂きました。

小生の場合は小鳥の「キセキレイ」が道案内をしてくれました。それも2度もです。

一度目は三重県へ下る道中、二度目は参内の為山道を登る時と、参内、御祈祷を終えて帰路の下山の折でした。

一度目の参内前に、長男の為に、お伊勢さんから、猿田彦さん、三輪さん、那智さん、速玉さん、本宮さん、そして玉置さんでした。帰路に二見浦さんに参内しました。

今年は長女の大学進学と厄除け祈願に玉置さんへ参内させて頂きましたが、昨年、今年とキセキレイが道案内をするかの様に愛車の前へ舞い降りて、目が会うとスーッと林の中に。次のカーブの手前でも同様でした。

とかちゃんとはお会いできませんでしたが、きっと玉置さんが、キセキレイを、お遣わしになられたと信じております。

昨年の那智さんでは、父親の病平癒の祈願をして頂き、巫女さんから、御守りの護符を手渡しされた瞬間に2度雷鳴が那智山一帯に轟ました。帰宅して父に其のことをはなすと、同時間帯に雷鳴が轟いたとの事。

来春は、長女の心願成就のお礼参りでまた参内させて頂く予定です。

玉置さん、三輪さんへの龍神祝詞、ひふみ祝詞は毎日朝、昼、夜と欠かしません。

此処へ来られたのもお導きと信じております。

長文、失礼しました。

投稿: へち師 | 2013年11月 5日 (火) 19時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129963/52621559

この記事へのトラックバック一覧です: 和歌山旅行記(2)玉置神社:

« 和歌山旅行記(1)高野山 | トップページ | 和歌山旅行記(3)たま電車 »