« See The Miracles in Everyday Things | トップページ | スピリチュアル反抗期(2) »

2013年5月 5日 (日)

スピリチュアル反抗期(1)

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。


更新が大変遅くなりましたm(_ _)m


GWと誕生日で子供が帰ってきているのと、

ブログ書きかけ中に一気にすっ飛んだのもあって(悲)

ちょっとタイミング逸していました。

東京はお天気もよいですね。

皆さんも、楽しくGWお過ごしくださいね。


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


来週、いよいよ名古屋です!

個人セッション、若干名ですがお受けいたします。

お申し込みは専用フォームからお願いいたします。


来週の名古屋・女神塾&豊かさPM講座 1Day もまだ募集してます!(^^)

ミニリーディングを交えながら、

参加者の皆さんが“鉄板”に気づいて、解放できるように頑張りますp(^^)q


みちよ個人リーディングセッション


5月10日(金)  

①15:00~ ②16:30~ ③18:00~ ④19:30~

場所:名古屋市内

1時間 17,000円

ご希望の方は、以下の専用フォームからお願いいたします(先着順です)


PC用

携帯用

久しぶりの名古屋です!皆様にお会いできるのを楽しみにしておりますね(^^)



.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


今日は、以前からお話していた

スピリチュアル反抗期

について書きます。

楽しいGW中にヘビーなテーマではありますが(^^;)

どうぞお読み下さいm(_ _)m



わたしたちが、この世に生まれてきているのは

ここでしか味わえない“生きる”という喜びを感じるため。


それは、頭ではよーく分かっているのに、

自分にはそれができないと思ってしまったり、

楽しいことが分からなかったりすることって、あると思います。

セッションを受けても、

本を読んでも、

セミナーを受けても

何故か「変わらない」のです。


そういう状態の時って、ハートに分厚い“鉄板”があります。

フタではなく、鉄板なので、外すのも大変です。

この鉄板は、

仕方が無いよね。。。。

という“諦めの意識”で作られている年期の入ったフタなのです。

.。.:**:.。..。.



以前にも書きましたが、怒り の本当の姿は、“悲しみ”です。

でも、怒りだけを見て「ネガティブ」と思ってしまうとそれを抑えようとしますので

その奥にある「悲しみ」も封印してしまいます。

仕方が無い」という意識で抑えた悲しみは、

もはやその存在は思考からは無くなったように感じます。


克服した、終わったこと


のように片付けられています。

ですが、悲しみは消えたのではなく

何十年と意識の深いところにいるのです。

それが別の形で姿を現すことになります。


復讐の意識となって。


優しい人ほど「人を恨むことはいけないことだ!」

と思っていますから、相手を攻撃することはしません。

なので、別の方法でそれを果たそうとします。

自分自身を使う のです。

自分に楽しいことを与えない。

喜ばせない。

楽にさせない。。。。



要するに

自分をハッピーでない状態


にすることで、

こんなわたしに誰がしたんだっけ?」

という“無言の復讐”をしようとします。

。。。子供の頃、親の言うとおりの「良い子」でいることに一生懸命だった人がたくさんいます。

良い子でいることで、褒められようと子供らしい感情を抑えて人たちです。

本当は、

認められたくて、

愛されたくて頑張ってたのに、


良い子であることを「当たり前」にされてしまうのです。


「(こんなに我慢しているのに)どうして分かってくれないの・・・?どうして愛してくれないの・・・?」


という“悲しみ”があるのですが

そうやって、親に怒りを向けるのは「我が儘なのだ」と、自分を抑えてきました。

我が儘を言ってしまうと、親不孝な自分に罪悪感を持つからです。


だから、<仕方が無い>という強い意志を使って

自分を何度も何度も抑えてきたのです。

時にバクハツすることもあるかもしれませんが、

言っても分かってくれない悲しみを何度も感じるよりは

「仕方が無い」と諦めてしまったほうがいい、と判断したのです。


そうやって堪えて、堪えてきた半生。

大人になったので本当はそこで

もうこんな良い子で我慢するのは嫌だ!!!」

と、自分を楽なほうに持って行ってもいいはずなのに、そうすることもしません。

親の期待を背負って生きている間に

「<わたしはこういった楽しい人生を送りたい

が分からなくなってしまったこと、

喜びが何だか分からなくなったことの“復讐”をするために

あえて、「変えない」選択をしてしまいます。

こんなわたしに誰がした?」

という怒り(悲しみ)で、

「よりよく生きていない、楽しんでいない自分」

をあえて作り、対象者に向けてアピールできるからです。



また、どこかで

「“元”を取らないと」

と、さらに頑張る方向にも持ってきます。

”というのは

ここまで頑張ったのだから、良い子で居続けた自分を褒めて認めてもらおう!」

という意識です。

もしここで、いろんな気づきを持って

意識を幸せ、喜び、楽なほう に変えてしまうと

(本当は魂はそれを望んでいるにも関わらず)


今までの我慢が「水の泡」になってしまうので

欲しがりません、勝つまでは

の状態を作ります。

やはり「よりよい方向に自分を変えない」ようにします。

わたしはこうしたい」という願望を諦めた代償に、

わたしはあなたのために、これだけ自分を犠牲にしたんですよ!

ということを無言で“分かって貰おう”とします。

それも立派な“復讐”です。

相手はであることも、社会通念だったりすることもあります。

.。.:**:.。..。.:


仕方が無い


で、自分を幾度も幾度も抑えてきた結果、

そこには「意識の鉄板」ができあがりました。


その鉄板が、

スピリチュアルをいくら勉強しても、

本を読んでも、

人からいい話を聞いたとしても、

自分の魂の部分にまで、光を届けないよう跳ね返します。

あえてブロックするのです。


本当は、みーんなより良く生きたいんです!

どんな人も、幸せになりたいんです!

喜びを味わいたいんです!

これがすべてです。



でも、この鉄板がある限り

変わりたいのに、変われない

という現象を起こすので、悶々とすることとなります。

子供の頃、親のために良い子でいた人は、往々にして反抗期を経験していません。

反抗期というと、ネガティブに聞こえるかもしれませんが、

全然悪いものじゃないんです。

この世に生まれてきた自分が

<わたし>ってこういう人!」

という意識を持ち始めた、ということ。

自分を感じ始めて、自分を知り始めた

精神レベルでのお誕生日を迎えたようなものなんです。

でも、親からすると子供をコントロールできないのは大変なことなので

反抗期を嫌います。

その親の望みを感じた子供が、反抗期をしないように抑えたのです。


みんな<わたし>になりにきたのに、

その<わたし>で生きることを抑えるのって、

当たり前ですが、本当に悲しいことなのですよ。


その悲しみを、今大人になって“無言”で表現している状態。。。。


それが、スピリチュアル反抗期 なんです。



長くなるので、後半に続きますm(_ _)m

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

エンジェリック・ヒーラー/スピリチュアル・コンサルタント みちよ OfficialI Website

|

« See The Miracles in Everyday Things | トップページ | スピリチュアル反抗期(2) »

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

みちよさん、こんにちは!
いつもありがとうございます。

すごい、読んでいてワクワクしました。
書かれてある通り・・幾ら何をしても変われない原因が、まさにその通りで納得ですし、自分の鉄板が重く厚い感じに思えてますが、今その鉄板を何とか外したいと躍起になってる自分は、順調にずらせているのか?、どうも焦って悶々と疲れているのでは??という状態です。

お忙しいところ、ヘビーな内容を申し訳ありませんが、後半を楽しみに待たせて頂きます!

投稿: なほ | 2013年5月 5日 (日) 08時47分

まさに今の私にピッタリ当てはまる考察でした。
さらっと読んだだけでははかりしれないので、
何度も読んでお腹に落とそうと思います。

ありがとうございました☆

投稿: boochoco | 2013年5月 5日 (日) 08時54分

反抗期よくわかりました。やりたい事もわかり、溢れる思いが吐きそうなくらい出てるのに、年齢のせいにしたり人からからかわれたらどうしようなんて思ったり、急に掃除始めたり毎日自分をごまかしています。どうしても一歩進める勇気が出ない・・・です。

投稿: むっちゃん | 2013年5月 5日 (日) 18時19分

最近あらためて 自分の意識の鉄板の重さを感じています。
自分のやりたいことや、喜びを大切にする生活をしていると いろんな事が意外なカタチで好転して うわ〜すごいな〜と思うんですが、何故か どうしたらいいかわからなくなったり 上手くいってるのに 戸惑って現実逃避したくなる、というような気持ちになることがあります。自分の希望を叶えるためには 今、アクセルを踏み込む時だ‼ってわかってるのに尻込みして何やってるんだろう私って感じです(T_T)

投稿: nao | 2013年5月 5日 (日) 22時50分

鉄板が厚くて、幸せになることを深い所では拒否していても、気持ちの面では、一刻も早く幸せで自分らしく、キラキラした人生を送りたいと願っています。

でも、やっぱり今までずっと、変わりたいのに変われなくて、変わろうとするエネルギーさえも枯渇しているような気がします。

この世でしか経験できない事...美味しい物を食べたり、自然の場所へ出掛けたり、遊んだり、好きな物を自分に買ってあげてもその時は一時的に幸せを感じるのですが、また時間が経つと元のどこか哀しい、人生に虚しさを感じてしまう自分に戻ってしまいます。

鉄板は、やはり幼少期の親からの影響が大きいのでしょうか。後天的な、例えば結婚生活や仕事・人間関係などでのつらい経験が鉄板を作る事もあるのでしょうか。

投稿: オーロラ☆ | 2013年5月 7日 (火) 20時03分

オーロラ☆さん、有り難うございます。

私も全く同じです。。

上手に文章にして頂きまして、心から感謝致します。

みちよさんの更新を心待ちにしておりますので宜しくお願い致します。

それから、離婚についても教えて頂きたいので、併せてお願い致します。
今、離婚前の家にまだ子供達と住んでいるのですが引っ越し先も決まり、そちらに住む予定です。でも、結婚後に建てたこの家から離れ難くて色々な気持ちが出て来ています。
執着心と言いますか、(名義は元夫ですが)、出て手放してしまったら、元夫や元姑等に財産を奪われると思うと悔しくてたまらなくなってしまいます。
ですが、このまま住み続けても引きこもりのままで一生を終わってしまうので、(田舎なので離婚前は子供達を育てる為と若さもあり、なりふり構わざずで近所の目も気になりませんでした。その後、父が他界し仕事も更年期障害と鬱で辞めて子供達も学校を退学し現在に至ります。一度は子供達の進学の為、引っ越しのチャンスはあったものの逃してしまいました。その頃から近所付き合いはなくなり、人の目ばかり気になってしまい家から出ずに引きこもりに。離婚の慰謝料も養育費も家のローンがあるからと調停の際に決められないままでした。元夫は始めは「家も子供もお前にやる!」と言って出て行き、裁判の手続きをした後は「家から出て行け!親権が欲しい!」と全く逆の要求をして来ました。)話し合いは決裂したまま、震災後も一切連絡はないままです。ローンは払い続けているみたいです。執拗な元姑の嫌がらせの手紙は子供宛てに送って来ます。)

このまま、此処で一生を終わりたくない気持ちはありますが、長く引きこもりだった為、都会生活にも不安を感じます。

重い鉄板を外して、この無限ループから自由になりたいです!
数々のスピリチュアル本を読んだり、ブログを読んだりしてもグルグル回って戻ってばかりです。
離婚経験のある、みちよさんに是非とも伝授して頂き、みちよさんの様に残りの人生を自分と子供達が幸せになれる様に導いて下さい。

本当は、お逢いして直接ヒーリングを受けた方が良いのでしょうけれど、今のところ出来ませんので、長くなって申し訳ございませんが、この場をお借りして宜しくお願い致します。。

毎日、コメントを書きたくて悩んでおりましたが、溢れて一杯になり苦しくなって鉄板を外して楽になりたくて書かせて頂きました。

投稿: エリザベス | 2013年5月 8日 (水) 08時45分

何度もすみません。
改めてスピリチュアル反抗期を読み直してみました。

幼少期から長女で年の離れた弟は体が弱く、親に迷惑を掛けられない、いつも人の顔色ばかり伺い、親や友達が喜ぶ顔を見るのが好きでした。

ですから、反抗期は無かったのですねぇ。。
気を使う子供でしたもの。今の自分の子供達も私と同じですね。
みちよさんの文章が、とてもピッタリ当てはまりました。

だから、離婚をした私は恥さらしで親や親戚に迷惑をかけてしまったし、友達も離れた。
近所へも恥さらしで出られない。(都会はシングルマザーだとカッコイイというイメージですが、田舎は噂の的になりイジメの標的になりやすいです。)
でも悪い経験ばかりではありませんでした。
震災時には今まで付き合いの無かった、近所の沢山の天使の様な方々に助けて頂きました。

本当に今回のみちよさんの書かれた文章から、改めて気付かされました。
有り難うございます。

厚い鉄板の一つ一つを外す様にハートの奥で本当の自分が、少しずつ顔を見せ始めて喜んでおります(泣)

幸せになっていいんだと言っております♪

投稿: エリザベス | 2013年5月 8日 (水) 09時18分

エリザベスさん、コメントのご感想ありがとうございます。
m(_ _)m

私もエリザベスさんと同じく、小さな頃から人に合わせてばかりだったと思います。

愛されたいから、嫌われたくないから、無意識にそうしてしまうんですよね。
現在の人付き合いも、私は旦那も含め、全ての人にそんな感じで接してしまい、疲れるし嫌気がさしています。

バカバカしいのですが近所の目もいつも気にしてしまいます。人と楽しく交流したいのですが、傷つく事を恐れる事から最近は交流を控えて引きこもりがちになり、危機感を感じています。(汗)

でも、『このままで私の人生、終わりたくない!』と、思いますよね☆(^_^;)

エリザベスさんは、鉄板の下でハートが喜んで来ているみたいで良かったですね☆

私は、自分ってどうありたいんだろう?といつも考えていますが、少しずつ、自分を見つけていけたらと思います♪

みちよさん、関係ないお話をすみません。
m(_ _)m

みちよさんが仮面ライダーを大切にされている様に、私も他人からどう思われたり、下らないと思われそうな事でもほっこりするものは大切にしていこうと思います♪(^^)

投稿: オーロラ☆ | 2013年5月 8日 (水) 17時23分

みちよさん
こんにちは。いつも楽しく拝見させていただいております。こちらの記述はまさに私。恋をして自分を取り戻しきったと思い込みながらも、自らの檻の中でいじめているかのようです。でも、少しずつ解放していけたらって思います。実は不思議なご縁が元で茶道を始めました。綺麗な着物を着て、大好きな時間を過ごす。本当は女性性満喫したいんだなって思います。
名古屋のお話会とても楽しみにしています☆
よろしくお願いいたします。

投稿: 久美子(^_^) | 2013年5月 8日 (水) 19時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129963/51493237

この記事へのトラックバック一覧です: スピリチュアル反抗期(1):

« See The Miracles in Everyday Things | トップページ | スピリチュアル反抗期(2) »