« 自分に意識を向ける | トップページ | ブログ4周年♪ありがとう(^ー^) »

2012年11月 7日 (水)

「美味しいご飯」と「マズいご飯」

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。

今夜の東京は、雨上がりでがすごく、10m先もよく見えないくらいでした。

まるでイギリスのような風景でした。懐かしい(v v)。。。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

今日はお知らせを2つ。。。。

去年もご案内したクリスマスチャリティコンサートのお知らせです。

わたしのお客様のひろこさんが毎年主催で、

今年も、東日本大震災復興支援のために行われます。

普段、大ステージで歌う歌手の方々や演奏者が一堂に介し、

心をひとつに祈りを届けます。

HOPE WITH

『癒しへの誘い vol.4  2012』

日時: 12月11日(火)  open 18:30  start 19:00

場所: 東京マリアカテドラル関口教会 聖マリア大聖堂

入場料: 4,000円

お問い合わせ、お申込みは以下のサイトからお願いします。

http://www.hopewith.com/

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

先日行われた、わたしのヒーラー養成講座アドバンス卒業生たちによる

「癒しイベント」が再度、今月開催されることになりました。

今回から、わたしの手を完全に離れ、生徒主導で行います。

今回は、参加ヒーラー7名。

前回は、キャンセル待ちも多数出たイベントです。お早目にどうぞ。

「癒しのリーディングイベント」

日時: 11月25日(日) am11:30~pm14:30

場所: 新宿 ホテルローズガーデン

参加費: 4,000円 (30分x2回受けられます)

詳細・お申込みは、そらんさんのブログからお願いします。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

。。。。わたしたちは、自分以外の何者にもなれません。

「自分」になるために生まれてきたからです

もし、今の状況や環境に違和感を持っているなら、

一度、その「成長」を止めている意識がないかどうかを見てみる必要があるかもしれません。

社会通念に沿った意識でいなければならないと感じていますか。

自分を貫くことで、誰かに迷惑をかけるのでは、と遠慮していませんか。

自分にはその価値がないと思い込んでいませんか。

わたしたちがこの世でできることは、自分になること。

自分を殺すことではありません。

いつも、あなたのハートが今何を望んでいるかに耳を傾けてください。

それでも何を望んでいるかわからない時は、

すんごくシンプルなところに自分を連れて行ってあげましょう。

好き」 か 「嫌い」 か。

心地いい」 か 「気分悪い」 か。

「好き」 と 「心地いい」 が、自分の望む場所へナビゲーションをしてくれますから、

それに従ってあげればいいのです。

。。。。個人セッションをしていると、

わたしには、大きな喜びがない

と、嘆く人がいます。

そういう方は、周りのワクワクしながら生きている人を羨ましがって

そうではない自分を卑下しています。

実はそういう方は、自分の求める「好き」「心地いい」を無視して、

嫌い」「気分悪い」ことを、(無意識上で)自分に強制していることで

自分の波動を下げてしまった結果、

エネルギーが萎えてしまっているのです。

当たり前ですが、どの人も「美味しいご飯」と「マズいご飯」を目の前に出されたら、

絶対に、「美味しいご飯」が食べたいはずなんです!!!(⇒全世界共通意識)

でも、いろんな意識が働いて、

 

「美味しいご飯」を選択できず( or してはいけないと思い)、

マズいご飯」を食べていることもあるのです。

マズいご飯を食べ続けていると、当然ですが気持ち悪くなります

それでも食べ続けているから、

味覚もおかしくなり、

食べる意欲も失せ

もう何に対しても、手を伸ばしたくなるのです。

そうなると、大きな喜びどころか、小さな喜びでさえ感じません。

エネルギーが萎えているのです。

食べたいご飯があるのなら、それを食べさせてあげないと、人はとっても残念に思います。

ずっと「おあずけ」にしているから、萎えてくるのです。

これは食べ物での話しですが、「生きる喜び」を表すたとえ話です。

生きてる間にしかできないこと。

今だからこそ、できること。

それがあなたの喜びなら、今「食べさせて」あげてください。

自分の魂が求めるものを手に入れるために、わたしたちは生きています。

今食べたい「美味しいご飯」を自分に食べさせる許可を与えたら、

きっとあなたは満足して、「自分」が持つ“味覚”に喜びを感じられるでしょう(^ー^)

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.

エンジェリック・ヒーラー/スピリチュアル・コンサルタント みちよ OfficialI Website

|

« 自分に意識を向ける | トップページ | ブログ4周年♪ありがとう(^ー^) »

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

すごーーーく納得しました!!
なんで自分の好きなものが自分でわからないのか、とずっと悩んでいました。
なるほど。。。萎えきってます。。。
「美味しいご飯」と「マズイご飯」の区別すらわからなくなってきていますが、今からでも間に合いますかねえ。。。

感動や情熱と仲良くなれますように

投稿: mochi | 2012年11月 7日 (水) 12時46分

>「嫌い」「気分悪い」ことを、(無意識上で)自分に強制していることで
>自分の波動を下げてしまった結果、エネルギーが萎えてしまっているのです。
私の心の成長は15才くらいで止まっているのではないかと思うときがあります。
考えてみれば進んだ学校が選択ミスで,苦手な理系でした。これは親の思いもあってのことですが,入学3日で挫折して辞めたいと思いました。

何とか卒業して,懲役14年の会社にいたとき,私というロボットの中に子供が入っていて,コックピットで操縦しているかのようなイメージを持ってました。すごい違和感でした。
だから刑務所内(会社です 笑)の労役を勤め上げる自信も,チャレンジ精神もないまま勝手に責任が増えていったので,そりゃ苦しかったです。
これじゃ波動もエネルギーもないに等しいですよね。でも当時は違和感覚えても,どうすることもできませんでした。時は過ぎやっとみちよさんから気づきを教えて頂きました。

親とか祖父母の影響だと思いますが「やりたい」「面白そう」「欲しい」にブレーキ掛けるように,ある意味洗脳されたかもしれません。
5歳くらいの時,3500円の超合金(古いww)欲しいけど,言い出せない。言ってもお金がないダメって言われるのが分かってるから,言わない子供でした。何てかわいそうなボクちゃんでしょうかorz
クリスマスや誕生日にも買ってくれない子供の心が分からない親でしたね。たった3500円ないことはないのです。オヤジが我慢すれば買えたのです(笑)。

それと私にはご褒美感覚がないことも思い出しました。よその家庭は記念日とか頑張ったご褒美に,何か買ってもらえたようですが,うちでは
「ものが目標」になるからダメとか言われて。そんなオリンピック選手のような精神を子供に求めちゃだめですよね。でも仕方がありません「未熟な両親」だもの。彼らも被害者ですから。そんなこと気づいていないけど。
私の仕事嫌いはここが原点かもしれませんし,自分を信じられない,好きになれないのもここが一因かもしれないと思いました。社会や相手に自分が何かしてあげたら,対価を受け取って当然ですが,きっとこれもブロックしてるのでしょう。
愛は無償ですがご褒美の側面もあります。そう言われれば愛も受け入れられなかったので自分にも他人にも素直になれなかったなと思い出しました。

だから今でも,自分が何が好きなのかマスクして分からなくしていたり,ブロックして許可できてないのかもしれません。最近ワクワク感を感じるように意識していますが,うまくいかない時はこんなマインドブロックが作用してるのかもしれません。

>そうなると、大きな喜びどころか、小さな喜びでさえ感じません。
日々の幸せとかあるものに感謝しても,そのつもりになっているのはこんな理由だったのですね。

少しずつですが,自分に愛を注ぐようにして自分を変えようとしています。振幅は大きいけど段々良くなるように自分を持って行ってます。

いつも長くなってしまうんだけど,自分の心のうちを自分で留めておかずに,みちよさんはじめ誰かに見て頂くことで,モヤモヤが顕在化して昇華されそうな気がしているから,この場を借りて書かせて頂いてます。みちよさんには先日お許しを頂いたのですが,読者のみなさんにはお目汚しになってるかもしれませんね。かかる理由につきお許し下さい。

投稿: kobaien | 2012年11月 7日 (水) 20時48分

kobaienさま。私も女性だと思っていた一人です。ww
あなたの書いてくださるコメントで、あーー私も!!って思っている方いると思います。実は私もりかちゃん人形が欲しいって言えなかった子供時代です。親の感情がわかってしまう子供だったから。ってあなたのコメントで思い出しました。
私。。。かわいそうじゃん!!!インナーチャイルドヒーリングしよう。って思いました。
だから、読んでいる人考えずに解放しちゃってください。読んでいるほうは、勝手にスルーしたり受け取っちゃったりするんですから。
みちよさんに出会ったのは必然です。
どんどん解放してね。
わたしもみちよさんのセッションがきっかけで
前の自分ではありえない!!!生活になってます。でも潜在意識ではずっと望んでたことなんです。でも。。。マスクしてたの。だって、だってお母さんが駄目って言ったから。
自分を見てませんでした。
kobaienさんのコメント。。。今後どんな感じに変容するか、密かに楽しみです。^^
だって、みちよワールドにきちゃったんだもん。

投稿: ひとみ | 2012年11月 8日 (木) 00時34分

ひとみさんコメントありがとうございます。
なんと!私を女性だって思った方これで4人目です(笑)
私は男性性を学びにこの世に生まれてきたのですが,私が持っている女性性がなければ愛することに気づかなかったと思います。10代の頃母が子供を一時預かるバイトしていたのですが,小さな子供達と接することがなければ,かわいいとかきれいといった感情に気づくことはありませでした。
他人の子供でも自分の命と引き替えでも守りたいって思えるようになりました。母性に近い愛情でしょうか?この気持ちは大切にしたいですね。
もし仮に女性性が強いとして,そのせいで素敵な女性を引き寄せられないとしても,この気持ちは捨てることはできません。男性性を付加していくことしかバランスできないでしょう。
内面は女性性が強いとして,外面は男性性強めです(笑)ヒゲやムダ毛なども人より多めですね。
それが子供の頃はイヤでしたね。すね毛が濃いとか言われてorzとか思ってました。それでも夜の世界のフィリピン人女性に言わせればセクシーだとか (✪ฺ▽✪ฺ)✧マジスカ
お世辞かもしれませんがねぇ~w
今思ったのですが毛深いことで女性に嫌われる(と勝手に思い込み)もありましたね。これが男性性否定の一因かもしれません。すべすべの体に憧れました(笑)
私の考えは間違ってるかもしれませんが,これが私の正体です。
このことも含めて,まずは受け入れて自分に愛を注ぐようにしています。

インナーチャイルドに関して
前述以外にも幼稚園の時,皆が整列してるのに脇にそれて,ふてくされ一人でごねていたり,遠足でみんなでお弁当食べるときに頭から牛乳かぶってみたり・・・髪がガビガビで相当臭かったです(笑)
それと闘牛士役が外れて牛役になったときも,相当ごねて先生や両親,友達から説得されたとか。誰かに注目されたかった(=愛が欲しい)のかもしれません。
子供心に何か問題があるのですが・・・その原因が思い出せません。
最近その時代時代のインナーチャイルドに話しかけて,言い分を聞いてあげたり大丈夫だよと伝えたり,理由を説明したりやってみました。必要であればまたやってみよう思ってます。

私もここにたどり着くまで意味があったと思っています。
理数系学校で挫折→子供との出会い→愛情に気づく→文科系芸術系学科に興味→懲役14年会社で自分いじめ→精神科医に通院→人の痛みが分かる→それでも治らないのでヒプノに興味&通う→オーラの泉でスピリチュアルに関心→退職→図書館で魔法の言葉を知る→言霊→仕事に恵まれない→お金も逃げた→
ツイッター→マジ瀕死時仕事に助けられる→女性への理解→引き寄せの法則→アファメーション→天使→自分に愛を注ぐ 
ここまで来ました。思えばすべて繋がっています。
そっか・・・私もみちよ組の構成員なのですね(笑)
そういや新幹線で組長引き寄せたみちよさん思い出したw早く若頭になりたいです(爆w

私が充分に愛を感じられるようになったら,ここは卒業するかもしれません。そんな気がします。
それまではここにおいてね~♪(何かの歌詞にあったなww)
おっしゃるようにスルーしたい人はスルーすればいいのですから,こんな感じで書いていきたいと思います。
コメント書くときワクワクするんですもの。
でもみちよさんの記事より長いな・・・(-_-;)

投稿: kobaien | 2012年11月 8日 (木) 09時50分

kobaienさんへ、私も同じような経験があります。きっと自分が経験したことは誰かも感じたことがあるんじゃないかなと思います。小さい時の悲しさ淋しさ我慢できるかもしれないけど、しょうかされないと、やっぱりつらいままですよね。私は色んな事が多分原因があって母に優しくできないでいたんです。父のことも心の中で責めてました。なんでそんななの?って。責めてた原因の思い出の一つに、私が小さい頃、親がケンカして父が掃除機で母の事なぐった事があったんですょ。その時の発端は私と妹が二段ベッドのとりあいか何かだったんですけど。私の父はものすごく短気で母はものすごく天然な人なんですけど。その時、幼稚園児の私は母に「お母さん大丈夫?」って言ったんですね。そしたら母は「お前があげないから悪いだ」と言ったんですょ。うまく状況が伝わるかわかんないんですけど。とにかく、私は悲しかったですね。妹にベッドをゆずらなかった私が悪いんですけど、大丈夫?にたいしてなんで私にだけなの?って。お母さんごめんねとなんでそんなふうに言うの?がありました。他にも色々あるんですけど、短気な父と天然な母と妹と私は、私が24歳の時父が病気で倒れるまで、仲は悪くないけど良くもない家族だったんです。病気を境に父は丸くなって普通に家族の会話ができるようになりました。魂の年齢ってわかりますか?上手く言えないかもなんですけど、私の父も母も、親だけど、60代だけど、魂の年齢は子供なんです。見た目と中身が違うんです。 参考になるかどうかわからないけど、感情を紙に書くといいですょ。その時自分はどう思ったか。そして本当はどう言ってほしかったのか、どうしてほしかったのか。そして今だから考えられるようになったんですけど、私の親は自覚がなかったんですょ。子供がこう思うって。自分が短気で子供が怖がってるって、そして昔、傷ついた心はその時にしてもらいたかった事を誰かのために、してもらいたかったことをする事で昔の自分が癒されるそうですょ。自分が無理しない程度ですけどね。それから私は家族が大好きです。大好きだから悲しかったんだと思います。何かやくににたてるといいなっと思ってコメントしました。それからkobaienさん「今までよく頑張ってきましたね」私から贈ります。(≧∇≦)私がもらった言葉ですごく嬉しかったんです。 長くなってしまいました。

投稿: めぐみ | 2012年11月 8日 (木) 14時29分

めぐみさん
私へのコメントありがとうございます。そして応援の言葉まで頂戴して,目頭がジンとして涙がにじんできました。最近誰も褒めてくれないので本当にうれしいです。

めぐみさんも辛い思いをされたのですね。うちの家庭も夫婦喧嘩が多くて「何でケンカしてるの?」と聞けば「お前達のためにケンカしてるんだよ」と答える母親です。口が裂けてもそういうことは言わないのが親ですが,魂年齢が未成熟のまま子供を産んでしまったのです。きっとアンバランスは感じてるんでしょうが・・・

魂の年齢は分かります。
実は勝手に好きになってしまった子がいるのですが,これがまたずいぶん年下で,私も信じられないくらいなのです。昔は絶対年上で年下は論外などと思ってました。
正直に書けば毎朝お目にかかるだけで,話をしたことなどないのです。場所は知らないけど,近くに住んでいることだけは分かります。今年の吹奏楽のコンサートで素晴らしいソロを披露してくれたことがきっかけで,心に火がついてしまいました。そのコンサートに行ってお名前が分かっただけでも奇跡だと思います。接点などないのだから。

勝手に好きになって勝手に思いを巡らせているなかで気づいたのは,ベターハーフになる方に年の差など関係ないということです。表面的なことで判断すればナンセンスかもしれないけれど,魂レベルで通じ合ってお互い成長しあえる相手って,同年代という枠では探せませんでした。

私の直感ですが,彼女はきっと成熟した魂年齢を持った子だと思うのです。彼女を遠くから見ているだけですが「守ってあげたい」という気持ちでいっぱいになります。ふと目を閉じると彼女と暖かい日差しの中を並んで歩いている光景や,リビングでくつろいでいる姿ばかり目に浮かんできて,心が温かくなるのです。現実化したらどんなにいいでしょうか。こんな気持ちになったのは初めてです。
おっと,のろけ話っぽくなってしまいました。

教えて頂いた紙に感情を書く方法はインナーチャイルドのワークに似てますね。天使へのラブレターと兼ねてやってみたいと思います。気づきがあればまたコメントしたいです。

いつも長くて申し訳ないですが,ありがとうございました。

投稿: kobaien | 2012年11月 9日 (金) 14時16分

こんばんは!

私は今まで、萎えっぱなしの人生だったようです
(◎-◎;)

最近、『自分をもっと喜ばせよう!』をテーマに、マッサージに行ってみたり、ランチに出かけたり。
でもなんだか居心地が悪いんです・・・
主婦の私がこんなにお金使っていいかな?
友達は‘おいしい!’というご飯も、普通じゃんと思ってしまう・・・
なんだか感動が薄いというか・・・
なんか求めてるものと、ちょっと違うんじゃ?と考えてしまったり。

『好き』と『心地いい』に従っていけば、だんだんとたどり着けるものでしょうか?
長い間萎えてたから、リハビリが必要なんでしょうね(o^o^o)

投稿: あきこ | 2012年11月 9日 (金) 22時37分

ストンと落ちました!美味しい(^q^)もの!
わたし、どうしてこんなに辛いのに頑張っているんだろう…
と感じていたので
子供に言ってはいけない言葉のひとつに
【あなたのためにしているの】だと思います。
それは
【あなたのせいで出来なかった】と同じ意味だと思います。
子供だって親の幸せを願っているのです。
あなたのために私の人生犠牲にしているのよって育てられた子供は

自分のために人生を使えなくなるのだと感じました。
私はそう育ち自分を今も出せずに生きてます。

一年前にみちよさんの天使本発売イベントに直感的に行かなくては…と感じて参加させて頂きました。

その時に私の顔をみて、みちよさんから出た言葉は
なんて献身的な…
の一言でした。献身的なわたしであるつもりではなかったのですが、【その時、家族に嘘をついて東京にいったので】
日常は人ばかりを優先している人生であることを一目で気付いてくれたのだなと今解りました。
日常の小さな幸せをキャッチするのは上手いほうなのですが、
自分のブロックである、自分を押さえて相手を優先させる 偽物の献身を 解きたいです。
自分に嘘ばかりついてきたので私のスロートチャクラがもう限界で、
喘息染みてきました。

本当のわたしを魅せて

私も幸せ、あなたも幸せ…
そうなりたいです。

長文失礼しました。

これからも応援しています\(__)
そして、地方にも来てくれることを願ってます!
水も山も風も空気も…いつも妖精で溢れてます。
案内します!!(笑)

投稿: hana | 2012年11月 9日 (金) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129963/47749596

この記事へのトラックバック一覧です: 「美味しいご飯」と「マズいご飯」:

« 自分に意識を向ける | トップページ | ブログ4周年♪ありがとう(^ー^) »