« 人間嫌い?!みちよ(2) | トップページ | 人間嫌い?!みちよ(4) »

2012年2月27日 (月)

人間嫌い?!みちよ(3)

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。

週末は、ヒーラー養成クラス・ベーシックとアドバンスを教えていました。

クラスの時は、いつもユニクロジャージでやるのですが(笑)

ついに今週から、ビーチサンダルが加わり(笑)

さらに組長化が進んでおります(笑)

ベーシッククラスの最初はみんな

ええ~わたしがホントにそんなことできるのだろうか・・・(^^;)」

と、おっかなびっくりで参加している生徒さんも

実習で、当り前のようにチャクラの視覚化をやっている姿を見ていると、

本当にうれしくなります(^^)

アドバンスクラスは、またさらにハイレベルで、

クライアントリーディングのケーススタディをするのですが、

これもまた、みなさん素晴らしいリーディングをしてくださいます。

そんなアドバンスの方も最初はみーんな、“おっかなびっくり” だったんですよ!(笑)

皆さんの成長を見ていく中、わたし自身、教えるのが本当に楽しいのです(^^)

4月以降、大阪で開催、ほぼ決定です。

募集は近日中~♪

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

。。。。さてさて。

みちよの過去話の続きですが、

書いていて、本当にいろいろ思い出してきました。

実はわたしは、養女に出されるかもしれなかった子供でした。

父親の実家の長男夫婦に子供ができず、跡取りがいなかったためです。

おじいちゃんが、わたしを赤ん坊の頃に目を付けてくれ、養女に欲しがったのです。

赤ん坊の頃から、子供がいない伯母さんに預け、面倒を見させました。

元々男の子供が欲しかったうちの父親は、気にしなかったようです。

子供のころから、実の家と、おじいちゃんの家を往復していました。

おじいちゃんにはとても可愛がられましたから、

実の親がいる家で、実の親からの愛を感じられないことがやはり不満で

おじいちゃんのために養女に行こう と決意をしていましたが、

わたしが10歳の頃におじいちゃんが亡くなり、

結果、わたしは実の家で暮らすことになりました。

その後、父親との確執(母親ともありましたが)は、

体罰 という形でエスカレートし、

いろんな道具を使って殴られていました。

手を使うと痛いから」だそうです。

父親も母親も、それが“しつけ”だと思っていたようですが、

それが親としての“愛からのしつけ”ではないことは、

子供のわたしでも十分に分かっていました。

愛ではないものを、さも「愛」のように言う大人を信じられなかったし、許せませんでした。

だからわたしの反抗はさらにエスカレートしていきました。

一度、家を出されて入れてもらえなかった時は、

外の犬小屋で空を眺めて寝ました。

それでも屈しませんでした。

ある時、父親にげんこつで殴られた時、

思いっき鼻血を出したのですが、

その血がカーペットに海のように広がってしまいました。

それを見た父親が、カーペットを汚したといってまた怒り、

自分でキレイにするまで許してもらえませんでした。

その経験は、本当に悔しく悲しかったけど、

それでも負けない何かがわたしの中にありました。

その頃は、ロックにも目ざめ、そこから聞こえる“英語”に親しみを覚えていて、

その言葉に、日本語以上の母国語感を持ち、

いつかわたしは外国に行くのだろう

と信じて疑いませんでした。

ロックの“ハングリー精神”と同調していました。

中学生の頃。。。。

わたしは、学校の職員室の“ブラックリスト”に載っていました(笑)

いわゆる、不良ではなく、フツーの格好して、フツーに学校行っていましたが、

態度が反抗的だ」という理由で、そうなっていたようです。

でも英語だけは手を抜かずやっていました。

他の成績は悪くても、

英語だけは、学年の上位にいつもいました。

小学校で、「強くなる」と決意して以来、

ロックという音楽にも助けられ、

ますます強くなっていったのですが、

かたや、「親から愛されない」という感覚は本当に重くのしかかっていて、

自分の身体を傷つけたり、

自分がアルコールアレルギーなのを知っていて、

親のブランデーを一気飲みして、意識を失ってみる(笑)

という無謀なこともしていたのもこの頃です。

自暴自棄なことをやっていたと思います。

クラスメートたちは、フツーの子供ですから、

14歳でこんな派手に自分探ししている人間はほとんどいなく(笑)

いつも「誰かにわたしを分かってほしい」と切望している子供でした。

高校生の時は、

朝、学校に行くようにちゃんと制服も着てでかけるのですが、

みんなと一緒に電車を降りず(笑)

そのまま高田馬場の映画館へ行って、リバイバル映画を3本連ちゃんで観る(笑)

みたいなことをやっていました。

学校は、英語だけはちゃんとやり、行きたい時にしか行かない・・・・みたいな感じです。卒業も危ぶまれました。

バイトは高校入学と同時に始め、多い時は3つかけ持ち。

バイト代を稼ぐと、レコード(当時はまだCDが高かったのです。。。年がバレる(^^;))を買って音楽を聴くことに没頭しました。

学業より、バイトが忙しかったのです。

高校卒業後は、海外に行きたかったのですが、もちろん留学などをさせてもらえません。

もともと貧乏でしたが、父親いわく、

女は嫁に行くから金をかけても無駄だ。(私の弟)なら金をかける

とはっきり言われていました。

なので、自分の道は自分で切りひらくしかありませんでした。

そんなわけで、卒業後、わたしは実家の近所にあった米軍基地へ入ることになったのです。

英語を実地で覚えながら、仕事をしてお金を得る。。。。

なんという一石二鳥! なんという地の利!!(笑)

さらに英語と音楽の道を究めようと、音楽ライターになるべく

そういった世界に出入りするようになりました。

プロの音楽評論家の人に師事して、そういった人たちとつるむようになりました。

みんな、わたしより10も20も年上のお姉さま、お兄様ばかりです。

でも、わたしの音楽の知識だけは年齢にしてはすごかったので、仲間に入れてもらいました。

いつか英語を使って、好きなアーティストのインタビューを取る!

という夢を持っていました。

でも、そこでもわたしの「誰かにわたしをわかってもらいたい」癖が出てしまい、

話をすると、どうしても自分のカワイソウな境遇を口にしてしまうのです。

 

 

すると周りの大人から責められてしまい、余計に傷ついていました。

・・・そして今思うと、その当時に現在やっている“リーディング”の基礎をしていました。

相手を見ると、その人の本当の悩みの元がなんなのか

が、どういうわけか“わかる”ことに気づいたのです。

でも、元々の劣等感や自尊心の欠如から、自分に対してネガティブな感情てんこ盛りなのに、

人にいい言葉でそれを伝えることなどできませんでしたから、

わたしのそういった本質を突く言葉は、10も20も年上の相手のハートにナイフのように刺さってしまいました(ゴメンナサイ。。。)

すると、ものすごい剣幕で怒鳴られたり、叱責されるという矛盾。。。。。

余計に落ち込んでしまい、人づきあいすることが嫌になってしまいました。

 

 

やっぱりわたしは人に受け入れてもらえない。愛される資格がないんだ

 

 

と、どんどん自分が嫌いになり、孤立していきました。

 

(つづく)

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.

エンジェリック・ヒーラー/スピリチュアル・コンサルタント みちよ OfficialI Website

|

« 人間嫌い?!みちよ(2) | トップページ | 人間嫌い?!みちよ(4) »

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

う〜〜〜ん、みちよさんの強さに脱帽です!

つらいつらい時代があったんですね。
でも、それがみちよさんを作り上げた(≧▼≦)

そう考えると、ご両親にも感謝の気持ちがわいてきちゃいます!

投稿: あきこ | 2012年2月27日 (月) 21時02分

組長...10代も壮絶だったんですね。私は全くそのような経験がありません。けれども、反骨精神溢れるロックとパンクが大好きで、黒い洋服とDr.MartinスタイルでTeenageを過ごしました。暇さえあればCDショップ巡りをし、音楽雑誌のCDレビューや、ライナーノーツを読むのが大大大好きだったのです!あ〜思い出すだけでも興奮します(笑) と、スミマセン...思い出を書かせていただきました。

投稿: Teruyo(弟子) | 2012年2月28日 (火) 00時00分

いろいろ重なるところが多くて、
読んでいて涙sad

”鋭すぎる発言で人を傷つけてしまう”って、
よくやってしまいます。
うまく活用すれば、
リーディングの才となるのですね…!

私は今も人間嫌い続行中なのかも?
出会う人の中で好きだと思う人が少なくて、
せっかく会えた好きな人たちとも、
どう関係を築いたらいいか分からなくなりますsweat01

戦士の過去世が私もあるようで、
みちよさんの戦士話はシンパシーを感じますangry

続きも楽しみにしてます♪

投稿: となりのマユ | 2012年2月28日 (火) 01時32分

 みちよさん お久しぶりです。
とても人ごととは思えず、涙がでてしまいました。
みちよさんと 私の違うところは
私は みちよさんのように こうなりたいっていう気持ちから逃げているところだと思います。
 それじゃ せっかくの現世がもったいないですよね。
 もっと自分を抱きしめて 自分の一番の理解者でなければ。

投稿: おうる | 2012年2月28日 (火) 12時29分

みちよさんの過去の 経験を読ませて頂いていると、無駄な経験は何もないんだなと感じます。
自分のことになると、どうしてこのような状況になっているのか全く理解できなくて、もんもんとすることがありますが、 みちよさんのブログを読ませて頂いて、 きっと 今の状況は、自分にとって無駄な経験ではないんだな!と、受け入れられるような気がしてきました☆
いつも ヒントがいっぱいのみちよさんの ブログに来ると なんだか安心して ほっとしますo(^-^)o
いつもありがとうございます☆

投稿: リトルマジック | 2012年2月29日 (水) 18時32分

はじめまして。

みちよさんの本何冊かよんでいます。

初めてHPへきました。まだ少ししかよんでませんが・・

鼻血のところで泣きそうになりました。

私もアル中で、すぐ手が出て罵声を浴びせないと

気が済まない父親と一緒に住んでいて、

数年前血が飛び散るようなひどい目に会いました。

警察ざたになってもこりず、

一年に一回は同じような事をしようとしました。

苦労、お察しします。

今でも死ねとか思いますけど、

心を変えると、一緒に住めなくもないので、

まだすねをかじってます。

(これは私の問題)

みちよさんの本をたまに読み返すと、心が平常心を

とりもどすので、安心します。

ときどき日常で疲れると本を読みたくなります。

どうもありがとうございます。

まだ上部な私でいられる

投稿: m | 2012年3月10日 (土) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129963/44284615

この記事へのトラックバック一覧です: 人間嫌い?!みちよ(3):

« 人間嫌い?!みちよ(2) | トップページ | 人間嫌い?!みちよ(4) »