« イギリス滞在ひとりごと☆ | トップページ | イギリス滞在記・2011年8月編<1> »

2011年8月25日 (木)

イギリスより戻りました

おっかえりなさい(^^)♪ みちよです。

ていうか、ただいまーーー(^0^)/~

昨日、イギリスより戻りました。

今回は、なかなか思うように更新できず、でしたが、

向こうでは、充実した日々を過ごしてきました。

行きの成田出発の日には、早くもミラクルが起こりました☆

ローンを払いながら所有していた中古マンションの売却が決まったのです(^^)v

イギリスへ行くその日に決まったのは、

きっと、これからも行ったり来たりするようになるために

身が軽くなる

ことを象徴しているのでしょうね。

そして、なんと!飛行機の席が思いがけずアップグレードされ、

“ファーストクラス待遇”

を受けることができ、フルフラットのシートで寝ながら雲の上の旅を満喫できたのです!!

(このことは、また別の機会に書こうと思います。

はい、“引き寄せ”ました(^^)v 生まれて初めてのファーストクラス!!)

そして今回、渡英に際し、最初に天使に聞いた質問。。。。

今回の旅の目的は何ですか?」

すると天使。。。。。

次の本のネタを体験しにいくのです

(^0^)(笑)

帰ってみて、みごとにそんなネタが揃っていることに気づきました(笑)

(成功と失敗経験、両方合わせて!(笑))

ということは、(まだオファーはないけど) 早々に4冊目が実現するかもしれません。

ズバリ、 女神 = 女性性 の本 となるでしょう。

読むと、愛される女性になる内容になると思います☆

あ、なんかもうエネルギーフィールドの中では、すでに現実化されて、出来上がっている!(^0^)(笑)

いろいろあった9日間でしたが、

また写真も含めてアップしていきます。

どうぞお楽しみに!!

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

≪天使道事務局よりお知らせ≫

夏休みをいただいていた間、たくさんのセッションのお申込みとお問い合わせをいただき、誠にありがとうございます。m(__)m

本当にありがたいことですが、現在、お申込みが殺到しておりまして

お返事にお時間をいただいております。

事務局で手分けしてお返事をしておりますので、少々お待ち下さい。

たくさんのお申込みをいただいておりますので、急きょ代替日も設定することにしましたので

該当の方には、また改めてお返事さしあげます。

どうぞよろしくお願いいたします。

また、10月の福岡、大阪、札幌も、当ブログで近日募集開始いたしますので

どうぞフライング(!)なさらないようにお願いしますm(__)m

。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

☆スピリチュアルラブコンサルタントみちよのオフィシャルウェブサイト☆

|

« イギリス滞在ひとりごと☆ | トップページ | イギリス滞在記・2011年8月編<1> »

イギリス」カテゴリの記事

コメント

みちよさんお帰りなさい(o^-^o)

昨夜、みちよさんは、日本にお帰りになってもイギリスにおいでになっても「おかえりなさい」なのだな~なんて漠然と思ってました(笑)

3冊目のご本の執筆の様子を伺った時、(進捗状況)
女性性のことを書かれるんだろうな~と思っていたので
今回「あれ?私のカンもまだまだだな~」なんて、思っていたら!

(v^ー゜)ヤッタネ!!
4冊目でしたか!わ~い♪

楽しみにしております。(勝手にw

嬉しくなって思わず書き込んじゃいました。

お忙しいこととは思いますが、これからもがんばってくださいね。

イギリスの美しいお写真も楽しみにしております♪

投稿: Francesaca_yoko | 2011年8月25日 (木) 04時33分

みちよさん、おかえりなさい。(笑)

とても素敵なイギリスの旅を感情豊かに楽しんでこられたようで、私も幸せ気分をおすそ分けしていただきました。
ありがとうございました。

天使がみちよさんに引き合わせてくださったのには、なんか意味があるんだろうなぁ~と思っていましたが、それが何なのか、もやがかかった状態で今はまだよく分かりません。

ですが、シンクロのキーワードだらけで(もしセッションが実現したらお話しますね)、やっぱりなんか意味があるんだろうなぁ…と思っています。

つい最近はじめてみちよさん(の本)と出会い、“女性性”が印象的でしたが、な~んと、昨日シンクロでしたよ。(笑)

懇意にしている天然酵母パンのお店から、ドライフルーツみっちりのパウンドケーキをお取り寄せで注文したのが届き、ご丁寧に一筆添えられていました。

「・・・優しく女性的なコンビネーションになっております。
少しずつ切り出して日毎に熟成していくのをお楽しみください。」

改めてここに書き出してみて、深いなぁ~と感じます。

女性性が少しずつ、日毎に熟成していくのを楽しんでね♪と天使が云っているようです。(笑)

穏やかに、たおやかに今日一日過ごします。confident

投稿: 淑子 | 2011年8月25日 (木) 09時06分

みちよさん、今日2回目のこんにちはです。(笑)

突然ですが、天使は羽を使って存在を示してくれるとのことですが、白い羽と黒い羽とでは何か意味が違うのでしょうか?

今日、午前中、外出して歩きながら、天使に、みちよさんのセッション申し込みがOKなら白い羽を、もし今回はご縁が無かったら黒い羽をください、と伝えてみました。

しばらく歩いていると、道端に羽が落ちていました。(どっちかは秘密です。笑)
少し歩くと、また。(笑)

帰り道、私は人生を楽しむために、お金が欲しい、と思ったら間髪いれず、落ちていたカラスの黒い羽に遭遇しました。


その時、白い羽と黒い羽に何か違った意味があるのかな?と思ったのです。

いつか機会があったら、ブログの中にでもちょこっと答えていただければ幸いです。

帰国されてお忙しいことと存じますが、まだ残暑が厳しいようですので、どうぞご自愛くださいね。

投稿: 淑子 | 2011年8月25日 (木) 15時51分

みちよさん、おかえりなさ~い!!
素敵なイギリスの時間が伝わってきてました!!heart04
無事で、何よりでしたぁ~

それに、ランクアップの空の旅airplane素敵~
私も、ファーストクラスに、いつかは乗ってみたい!!
って、思っていました。
みちよさん、凄いな~up
私も、そんな引き寄せしたいので、是非、機会をみつけてお聞かせください!!
お願しま~す。

それから、最近、私も、いっぱい、いっぱい、宇宙からの愛と豊かさを宅配されていますheart02
心から喜んで!!
『ありがとう!!』って受け取っていますhappy02

天使は、こんな形で、絶妙にオーダーした事を届けてくれるのですね。。。
宇宙に彼氏をオーダーする方法にのっとり、その、結果?らしきものが、今やってきているように思います!!
多分???

かなり、驚きの展開でしたが・・・。
しかし、これを通しての私の、女性性と、愛の学びじゃないか?と、実感しています。

回転すしで、一番高い皿?か、どうかはcoldsweats01まだ、わかりませんが・・・
でも、その、エッセンスheart02だけは、喜んで受け取らせて頂いています(笑)

これも、みちよさんのお陰です!!
ありがとうございました!!

更に女性性をドンドンアップさせていきますね~crown
数珠と、袈裟と、経典と剣と・・・本当に置いたら、私にも、ぶっ飛ぶ出来ごと、やってきました。(笑)
それに、
自分の意外な一面に、驚きも・・・。はははっcoldsweats01

みちよさんから、伝えられた、自分に感謝して!の意味もわかり、かさぶたは、取れ?(多分?)今は傷癒やしをしております

今の、私、天使に守られ、囲まれ、愛に満ちて、とっても幸せです。
ありがとうございます。
感謝、感謝、感謝。
みちよさんと、出会えてよかったぁぁぁっ!!

また、お会いできることを楽しみにしております。
更に、お忙しくなるようですが、お体ご自愛され、新しいプロジェクトを成功させてください。
陰ながら応援というか・・・楽しみにしています。

次にお会いする時は!どんな、みちよさんかなぁ~楽しみですsign02

投稿: Mackey❥ | 2011年8月25日 (木) 18時09分

みちよさん、お帰りなさい♪
“羽”を良く目にする者として、ちょいと淑子さんのコメントに乗っかって(^o^)/

白・黒…
そして「天使♪、○○なら沢山羽をください☆」を願ってルンルン運転notesしてると、フワフワッと羽がフロントガラス視界一面に(°□°;)
え゛ぇ゛っ―!!


…車に引かれた鳥さんの羽でした
喜びも束の間、気持ちは微妙。。。

な、事が以前あったのですがこれも願いに対して状況はさておき、天使の羽は羽なのですかね?
良い方向にはとらえていますがコメントしてみましたo(^-^)o


投稿: みっちょん | 2011年8月26日 (金) 20時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129963/41347599

この記事へのトラックバック一覧です: イギリスより戻りました:

« イギリス滞在ひとりごと☆ | トップページ | イギリス滞在記・2011年8月編<1> »