« グラストンベリー物語 part 3 | トップページ | チャネリングの臨界点 »

2010年11月 6日 (土)

日本に戻りました

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。

わたしも、“ただいまー”です。

日本に帰ってきました。

あっという間の約1週間。

グラストンベリーからロンドンに戻ってからは、

毎日のように友人たちに会っていました。

古くからの友人のライブに行き

そこで、連絡が取れなくなっていた旧知の友人家族と8年ぶりに再会!!

涙を流しながら抱き合い、再会を喜びました。

友人は、わたしと同様にこの数年で離婚、別離を経験し

もはや以前とは全く違った暮らしをしていました。

今は娘さんと暮らしていますが

キャリアウーマンとして充実した暮らしを営んでいるとのことでした。

再び連絡が取れるようになり、お互いに新しいステージでのお付き合いが始まりそうです。

スピリチュアルな方向としては、前回と同じくヒーリングやリーディングにも駆り出されました。

別の友人は、数週間前に子宮の手術を受けていました。

実は前回にリーディングした時にこの病気についてお知らせしていました。

怖くて病院に行かずにいたために、手術するのが遅くなったようでした。

彼女の身体に聞くと

よかった~(^ー^)」

と喜んでいます。

手術を受けたことについても、ですが、もっとも喜んでいたのは

彼女自身が、身体と精神と魂で起こっていることにもっと意識を向け始めたからです。

彼女は、今回の病気から、身体の声をもっと大事にすることを学んだと言います。

。。。たった1週間だったのに、

またまた「てんこ盛り」な日々となりました。

また、新しい出会いもありました(^ー^)

行く度に、いろんなことが頻繁に起こるイギリス。

やはり“魂の故郷”なのでしょう。

お郷に帰ってエネルギーをアジャストしてきましたので、

これから楽しんで本の続きを書こうと思います~(^^)v

。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

☆スピリチュアルラブコンサルタントみちよのオフィシャルウェブサイト☆

|

« グラストンベリー物語 part 3 | トップページ | チャネリングの臨界点 »

イギリス」カテゴリの記事

コメント

みちよさん、おかえりなさい^^

私もイギリス行きたいです~♪行きたいところがあって、バラの季節に行くんだ!とわくわくしてます^^

イギリスでエネルギーを満たしてきたと思います。
時差に慣れて「日本時間」が体になじみますように^^

投稿: みゆき | 2010年11月 6日 (土) 22時26分

みちよさんおかえりなさい!

充実した旅だったようで、何よりですねv
ブログを拝見しながら、私もわくわくしてました。

私もこの一週間、苦しいこととうれしいことがどばーっとやって来てすごかったです(@_@;)
変化の時なんだなあと実感しました。

涙の再会、おめでとうございます!すてきなお話がいっぱいの旅でしたね〜

投稿: can | 2010年11月 7日 (日) 10時15分

いつも楽しく読ませていただいてます。
今回初めてコメントです。
と言うのも・・・みちよさんの「絶対彼氏」のリストを
作って数日。
電車でピッタリの男性の隣になりました。
あまりの理想過ぎたので話しかけたかったのですが、勇気がなくそのままになってしまいましたが
絶対彼氏のリストの引き寄せ効果かなと思い思い切って驚いてます♪

降りた駅から同じエリアにお住まいの方のようなので
縁があればまた会えるかなぁなんて思ってます。
こういうときの何かアドバイス等あれば、機会があるときでいいので記載いただければと思います。

イギリスの話題と違うコメントになってしまってすみません・・・

投稿: azu | 2010年11月 7日 (日) 22時33分

みちよさんおかえりなさぁ
〜い(^_^)

とても素敵な旅だったんで
すね(^^)

ブログとても楽しみにして
ました〜♪

みちよさんのヒーリングで
すが体には、頭頂と耳に暖
かくモワーっと渦を巻いて
る感じがしました(^^)

また魂は、たくさんの気付
きを得て、たくさんの幸せ
を感じさせて頂いています
(^^)

ありがとうございました♪
まゆみ

投稿: まゆみ | 2010年11月 9日 (火) 17時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129963/37555991

この記事へのトラックバック一覧です: 日本に戻りました:

« グラストンベリー物語 part 3 | トップページ | チャネリングの臨界点 »