« 願いの力を強くする | トップページ | 魂の記憶2 »

2009年6月11日 (木)

魂の記憶

おかえりなさい(^^)/~ みちよです。

フッフッフ(^^)

最近、‘仮面ライダーネタ’を書いてないと思ったでしょ?

そんな波動が伝わってきました(^0^)

つい先日、リーディングを受けていただいた方から、

みちよさんのブログの内容は全部よく分かります。

でも、何で‘仮面ライダー’なのかが分かりません。。。」

というお話を聞いて、そうか、まだ公にはお伝えしていないのだな、と気づきました。

引き寄せセミナーやコーイチ会の懇親会ではベラベラ話していたので、ついもう皆さんに周知のことだとばかり思っていたのです。

ご存知ない方に、みちよの天使道と仮面ライダーの関係をあえてお伝えしましょう(^^)

以前からこのブログでも度々書いていますが、わたしは前世で騎士だったという記憶を持っています。

(騎士以外には、魔女(笑)、外科医や仙人、古代の女帝などの記憶がうっすら残っています)

中世ヨーロッパの貴族だったのでしょうか。

その国の君主に忠誠を誓って戦っていたのです。

でも、あるとき見事に敵にやられて死んでしまいました。

まだ17,8歳くらいの、肉体も健康で血気盛んな時期です。

まだまだ戦えるのに、王様をお守りできずに死んでしまった無念が記憶にあるのです。

そして、今世でも、何故か「戦おう」という意志をしっかり持ってきていて、生まれながらにちょっと過酷な体験をしているというわけだったのです。

つまり、魂の奥深いところで、

まだまだ戦えるのに

という想い、無念が残っているから

現世で、実はもう戦わなくてもいい時代、国、性別、容姿を選んできているのにも関わらず、

何故か戦いのシチュエーション、波乱万丈の人生を選んで生まれているのです。

なぜそんな人生を選んでくるのでしょう。

その目的は、魂の記憶の昇華と癒しです。

魂に残っている、「こうでなければならない」という深い記憶を、現世のいろいろな体験を通じてクリアにしようとしているからです。

ホ オポノポノ風に言いますと、クリーニング=記憶をゼロにするということです。

想像に難くないですが、戦いの人生を選んだ人間には、いろいろな試練がやってきます。

好むと好まざるとに関わらず、です。

家族や友人、はたまた赤の他人(笑)とケンカや諍いを多く経験したり

トラブルや事故、怪我などで、自らを過酷な状況に陥れたり

また、頑張っても金銭的にいつも苦しく、常に‘足りない’という感覚を持っていたりするのです。

自分が戦いの記憶を持っていることは、子供の頃から自覚がありました。

フェンシングやアーチェリー、そして馬に興味を持って、「誰よりも強くありたい」と願う不思議な小学生女子でしたから、誰にもそのことは話せませんでした。

そんな自覚があったにも関わらず、

自分に戦いを仕向けていた=自分が自分と戦っていた

ということに気づいたのは、つい最近です(笑)。

どんな戦いにも勝ってみせる

という戦士のプライドが、過酷な人生を自分に課していたのでした。

ある時、仮面ライダーを見ていると、ミョ~に癒される自分に気づきました。

ご存知の方はご存知だと思いますが、仮面ライダーのストーリーは

誰か(何か)を守る

というコンセプトで作られています。

例えば、「仮面ライダークウガ」で、五代雄介(しつこいですがオダギリジョーです(^^))が戦うのは

みんなの笑顔を守るため

水嶋ヒロの「仮面ライダーカブト」には

僕が君を守る

というテーマがあるのです。

わたしはそれを見ながら、奥深い部分でまるで自分のように感じるのです。

ジ~~~~~~ン(: ;)

勧善懲悪がいいという意味ではありません。

わたしはキリスト教の名の下に、正義を振りかざして多くの人をやっつけてました(^^;)。時代によって、悪いことも善き行いに変わってしまうものです。

そういう問題ではなく、わたしの魂の部分で根強く残ってしまっている無念や思い込み的な部分を昇華するために、仮面ライダーに代わりに戦ってもらっています。

そこからわたしのクリーニングが始まりました。

そう感じた頃から、自分ではもう戦わなくなったのです。

どんどん深い部分が癒されてきたからです。

どうです? 分かっていただけましたか~(^^)b

わたしが仮面ライダー好きなのは、そんな理由からなのです。

ただ、血気盛んな時代の記憶なので、しぶとく残っているのは確か(^^;)

スポーツクラブのマーシャルアーツ的なエクササイズでは異様に燃えます(笑)

余談ですが、戦いの人生を送った人の多くは、修行僧などの人生も合わせて行っていたりもします。

我慢=自分との戦い

だからです。

これも、魂の残像現象だったりします。

そういう魂は

我慢して、堪えて、それでこそ人生~!

なんて自己満足しています。究極のMです(笑)

引き寄せの法則もやったし、ホ オポノポノもやっているのに、どうも人生苦しい…(ーー;)

と思っていらっしゃる人は、自分がスピリチュアル的Mではないかどうかチェックしてみてください。

そうやって、自分の人生で何かの‘不具合’に気づいたときから、クリーニングが始まるのです。

「戦え~~~~」

と叫ぶ内なる記憶に気づいたら、是非仮面ライダーの処方箋をおススメします(笑)

|

« 願いの力を強くする | トップページ | 魂の記憶2 »

スピリチュアル」カテゴリの記事

仮面ライダー」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

精神世界」カテゴリの記事

コメント

いくつか質問してもいいでしょうか?
魂というものは誕生したては記憶ゼロの状態で生まれるものなのでしょうか?体験を通じて昇華し、記憶をゼロにしていくということは生まれながらにして既に記憶が入っていると言うことなのでしょうか?

もし記憶がゼロの状態で生まれたのだとしたら、何故わざわざ記憶を蓄積していくのでしょうか?それが自らの魂のレベルを上げるというものが目的ならば、自らがレベルアップのために色々な体験を蓄積していきその過程で様々な信念のようなものを自ら記憶していき、わざわざ自分でそれらを昇華して癒そうとしていると言うことになるのでしょうか?
それらの過程でなぜ魂というものは、「こうでなければならない」という記憶や「我慢して耐えてこそ人生」などのように自分を制限するよな事を記憶するのでしょうか?
癒しや解放、昇華の記憶の方が残りにくいのでしょうか?
それとみちよさんの場合は仮面ライダーが自分との戦いをやめる上で非常に効果が出るようですが、他に何か自分との戦いをやめる方法はありますでしょうか?

投稿: | 2009年6月11日 (木) 07時38分

あ・・・

スピリチャル的 M

でした(笑)

みちよさんから 言われましたもんね

あまり自覚してなかったけど

読ませてもらって あるあるって(笑)

それに

藍色 高校時代にアーチェリーしてたし

大型バイクで 都内を 100kmぐらいだして

車ぶっちぎりとかしてたし(最近まで)

ま 戦い系ですね やっぱり

相方も戦い系なので 氣が合うのか

Mを自覚します・・・・

投稿: 藍色 | 2009年6月11日 (木) 10時01分

みちよさん こんにちわ
私は前世がなんだったのか 全くわからないけれど キリスト 教会 長崎 それから暴行(特に性的な)ものにすごく敏感なので何か前世に関係しているのかなとおもっています
本当に 自分が戦っているのは 自分です
誰かのせいにしようとしても
やっぱり自分なんだなと思います
そう思えたここ数日 にしきさんや 色々な本
みちよさんのブログみなさんのコメントが
すとんと 心に素直に入ってきます
ありがとうございます
今までは頭で分かった気でいましたが
今回は 心が開いた気がします。
今まで自分のしたことは その時はそれでいっぱいだったんだよって自分にいいました
私もMなんですね(笑)

投稿: おうる | 2009年6月11日 (木) 12時43分

みちよさん、こんばんは。
ブログ開始当初より楽しませていただいてます♪
そうですね、仮面ライダー、お好きですもんね(^^)

「戦いの人生を送った人の多くは、修行僧などの人生も合わせて行っていたりもします。・・・」
この↑みちよさんのご指摘に、激しく同意!
だって、わたし、ネイティブアメリカンの戦士と、日本の修行僧の過去世を、自分で見ちゃった事ありますから!
うんうん、たしかに併せ持ってますね~

ま、それが本当~に自分の過去世だという保証はどこにもなく・・・、
一説にあるように、「わかっておくれよ~」と寄ってきたあの世の人に見せられた、『自分ではない、誰かの過去の記憶』だったとしても、
私が、数ある中から、戦士と修行僧に反応したというとこは、認めたいデス。

ホ・オポノポノ、最近実行し始めたとこなので、
すごーく良いタイミングの記事でした。
ありがとうございました♪

投稿: gita | 2009年6月12日 (金) 01時50分

 にしきさんのブログからきました。
 あまりにシンクロしててびっくりしてしまいました。今の私に必要な内容で…。
 人間って不思議なもので過去を取り戻そうとしてしまうんですよね。それが現世だけでもややこしいことになるのに(インナーチャイルドなどの現象)過去世まで取り戻そうとしちゃうんですよ。
 生まれたときは人間としての記憶は0なのに自我が弱いと前世にひきずられることもあるんです。

投稿: ふるさと | 2009年6月16日 (火) 21時03分

みちよさん、みなさん、おはようございます。
 昨日は自我が弱いとのくだり、いやな気持ちになった方もみえると思います。この文から自分を例にして書きたかったのにこれ以上入らないんですよ。それで今朝おじゃましたというわけです。何せ宗教で結婚して海外に住んでるとか、自衛官になったなんて人はここの読者さんにはいないと思いますから。若くしてみちよさんやにしきさんのような方に出会えるというだけでもツイてますね!私もせめて10年前に出会ってればなあ…。

投稿: ふるさと | 2009年6月17日 (水) 09時54分

heartななしさん こんにちは(^^)

お元気ですか?
わたしたちは多くの過去世の中で芽生えた意識を持ってきています。コーイチ師匠曰く、自分が属する魂のグループのものも持ってくるらしいので、他人の意識も持っていることになります。

その目的は、今世でそれを役立てるためだったり、解放したり昇華するためだったりします。

今、周りをみると、「苦労しないとシアワセにはなれない」という思い込みを持っている人はざらにいますね。

今多くの人の中で存在するその意識が、後世にもずっと残っていくということです。


それを、自分や誰かが引っ張ってきて、しっかり解き放つ必要があるのです。


仮面ライダーじゃなくても何でもいいのですよ。

映画でも、ゲームでもマンガでもいいのです。

バーチャルリアリティと言いますが、その物語は平行次元で同時に起こっているということでもあります。

お答えになりましたでしょうか?

コメントありがとうございました(^^)

投稿: みちよ | 2009年6月28日 (日) 00時12分

heart藍色さん こんにちは(^^)

おおお~戦いの同士!コメントありがとうございます。

藍色さんは、ルックスからして戦士ですよね!

お互い、まだ「戦おう!」という意識まんまんで生きているということですね(^^;)

戦いが好き、という人もいますので、日常の中で戦士の部分を発揮されて生きるのも手ではありますが

戦うのが辛くなったら、

この時代では戦わなくていいんだよ。

といつでも自分に言ってあげてくださいね!

コメントありがとうございました(^^)

投稿: みちよ | 2009年6月28日 (日) 00時16分

heartおうるさん こんにちは(^^)

そうですね、Mの人は、いろんな過酷なシチュエーションを自分の人生に盛り込んできていますね。

わたしもそうだし(^^;)

でも、そこからちゃんと意味をつかんで気づくことができるようにもできるのです。

目を背けたまま戦い続けてぼろぼろになるか

戦っていることに疲れて、本来の自分の人生に戻すために戦いを手放すのか


そのどちからと思います。


どうぞ気をお楽になさって、今起きていることの意味をしっかりご自身で感じてみてください。

コメントありがとうございました(^^)

投稿: みちよ | 2009年6月28日 (日) 00時20分

heartgitaさん こんにちは(^^)

戦士と修行僧!まさにあわせ技ですね(笑)

戦って癒し、戦って癒しの繰り返しなのでしょうか。

わたしも同じパターンです。

わたしのmixiの参加コミュニティは、スピリチュアルと仮面ライダーが半々になってしまいました(笑)

本当は相反するものではなく、相通ずるものなのです。

どちらも真実を求めている姿勢は同じだからです。


コメントありがとうございました(^^)

投稿: みちよ | 2009年6月28日 (日) 00時25分

heartふるさとさん こんにちは(^^)

海外に暮らす自衛官ですか!
ユニークなバックグラウンドをお持ちの方ですね~!

でも、どんな選択をしたとしても、その時、自分が必要なことだから、そこにいるのです。

それをご自身で認められていることも、素敵じゃないですか!

人が戦うのは、不安を払拭させるためです。

自信がないことを、戦いに勝つことで克服しようとしているのです。

わたしなんかは、まさにそうでした。

実は戦いって、奥が深いのですよ(^^)

また海外からのコメントお待ちしております。

コメントありがとうございました(^^)


投稿: みちよ | 2009年6月28日 (日) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129963/30049569

この記事へのトラックバック一覧です: 魂の記憶:

« 願いの力を強くする | トップページ | 魂の記憶2 »