« お能鑑賞と天使のサイン | トップページ | 日常の中にスピリチュアルを »

2009年2月18日 (水)

リフトを下るということ

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。

わたしも今しがた帰宅したので、自分で「ひとりおかえりなさい」状態です(笑)。

さて、先日少し書きました、わたしがお話する3月のセミナーの詳細が決まりましたのでご紹介しちゃいます!

『運勢向上委員会』 3月22日(日) 

詳細は主催のなべGさんのブログをご覧ください!

何をお話するかはまだ分かりませんが、せっかく「運勢向上委員会」第一回の講師にお呼びいただきましたので、参加者の方々の運がぐーーんと上向くお話をさせていただきたいなーと思っています(^ー^)

また、実際に作成する、消しゴム繁呼(ハンコ)術教室もあるそうですよ~。(わたしも一緒に作ります)

こちらも面白そうなので、今から楽しみです(^ー^)

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

この週末実は高尾山に行ってきました。

以前も記事で書きましたが、ここのところ

自然が呼んでる~~」と感じることが多くなり、

天気のよいお休みとあらば、海や山や川などの場所へ出かけたい欲求に駆り立てられていますが、今回は、スピリチュアルをまったく信じないMさんを引き連れ、木々や大地からエネルギーをいただきに行こう!と高尾山ツアーを行ったのです。

こないだの日曜日は2月だというのに春のように爽やかで暖かく、太陽の下いるだけでもとても気分がよかったんです。

頂上付近までは、リフトとケーブルカーがあるのですが、わたしたちはリフトで上ることにしました。

山頂では、巨木を愛しそうに触ったり、拝んだりして、我ながら結構怪しい感じでしたが(^^;)、木々に囲まれたりするだけで浄化され、呼吸をする度に頭のてっぺんから濃いエネルギーが入ってきていて、気持ちもシャキっ!としたんです。

こうして自然を満喫した帰り道、リフトで下る中でまた面白いことがありました。

ご存知の方も多いかと思いますが、高尾山のリフトはかなり急勾配の斜面を走ります。

行き(上り)の時はそれほど恐怖を感じないのですが、帰り(下り)は、身体を固定するものもないまま、山の斜面を滑るように降下するので、結構怖いんですね。

下を見ると高さもかなりあって、しかも風がぴゅ~~~なんて吹いたりすると、リフトも揺れてそれなりにスリルあります(^^;)

そんな時、

これはあなたがたの世界を現しているものだ

と心の中で声がしました。

リフトは身体を支えるガードのようなものはありません。

落ちないように、自分で脇の棒に捕まります。

何も制限のない分、座ったまま空の中を飛んでいるような感覚が楽しめます。

下ばかり見ていると、恐怖や不安が沸き起こったり、風が吹いたら落ちそうにもなるのですが、

ちゃんと前を見ていると、高所からしか見渡すことのできない、空と大地が作る美しい景色が広がっているのです。

わたしたちは、その時そこでしか味わえない美しさを見るために、あえて リフト=三次元的世界 に乗ってきているのだ、という天使の言葉だったんです。

風が吹いてリフトが揺れても、そのスリルがまた楽しかったりします。

むしろ、身体で風を感じるということがどんなものか味わえたりもするのです。

また、始終、下しか見ていないで恐怖感に捕らわれていると、せっかく目の前に広がるパノラマ風景に気づかないこともあります。

動揺して、靴や荷物を落としてしまうこともあるかもしれません。

でも、わたしたち一人一人がどう感じてようと、リフトに乗っているという条件は一緒なんですね。

スピードも一定なので、誰が速くて、誰が遅い、というものでもありません。

顔を前に向けて、目の前の景色を楽しみながら麓に降りるのか。

それとも

足元ばかり見ていて、怖い怖いと思いながら麓に下りるのか。

それだけの違いなのです。

エイブラハムの「オールを手放し、川を下る」のと一緒です。

木々と大地のエネルギーシャワーを受けて、いつも以上にアンテナ感度が良好だったのかもしれませんが、まったくその通りだなぁ、と感心しながら降りてきました。

もちろん、目の前の景色を十分に堪能しながら!です。

ちなみにスピリチュアルにまったく興味のないMさんも、山の中でわたしがあれこれ解説している中で何かを感じ取ったらしく、最後には自分で自然のエネルギーを感じられるようになっていましたよ!

これはとっても不思議なんですが、山へ行ってかなり歩いたのにも関わらず、今身体がどこも痛くないのです。(誰ですかっ?!年を取ると筋肉痛は遅れてやってくるんだよ、なんて失礼なことを言うのはっ!(笑))

身体にも精神にも、しっかりエネルギーが通ったのを感じた一日でした。

そして何より、

わたしたちの世界は、リフトのようなもの

ふいに入ってきたこのメッセージにハッとしました。

|

« お能鑑賞と天使のサイン | トップページ | 日常の中にスピリチュアルを »

スピリチュアル」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

精神世界」カテゴリの記事

コメント

ご案内有難う御座います。^^v
みちよさんのお話が今から楽しみです♪

はい。 山登りの筋肉痛は後からやってきます。 
あ! リフトだからカンケーないかbleah

中村天風さんがインドかチベットで修行された時だったかな?
とんでもない断崖絶壁の道をお師匠さんと歩いているときに、「なんでこんな危険な処を歩くのですか。もし落ちたらどうするのですか」と尋ねたら、お師匠さんは「何の必要があって落ちるのだ?」と訊き返したそうです。


今日も素敵な一日をclover

投稿: なべG | 2009年2月18日 (水) 08時16分

おはようございます!
今日は朝からとても気持ちがいいですよ~sun
曇り空だったんですけど、一部分だけまる~く穴がぽっかりと空いていて、そこから美しい日の光が注がれていました。それに気づいた自分、ラッキーnoteでしたhappy02その光に包まれている自分をイメージしてその周りも輝いていると感じ、スッキリです(* ̄ー ̄*)

みちよさんのお話ってほんとにわかりやすいですねconfident
今日のお話も、なるほどーflairと感心しながら、私がブランコに乗っている時に似ているなぁって思い出しました。山がないのでリフトにも乗ったことないんですよね、なので自分なりに似ている感じを考えてみました。

いい気づきをありがとうございますconfident

投稿: こつぶまめ | 2009年2月18日 (水) 10時09分

はじめまして、いつもブログ拝見させていただいてます。

引き寄せの法則を昨年知り、にしきさんのセミナーやAYAさんや吉野奏美さんのセミナーに参加したり、happywindyさんのブログを見て元気を貰ったりとしてるうちに、みちよさんのブログにたどりつきました。

前振りが長くなりましたが、天使って私の中では中々理解できず(たぶん信仰の関係で?)、諸天善人って頭で変換しておりまして・・。
だけど、自分を導いてくれたり助けてくれたりすることには違いないと解釈していました。


でも、色んなことがある度に心で本当にいるの?だったら私にいること証明してよ!!って思っていたら・・・
なんと、昨日証明してくれました!!(でもはたしてこれが天使のサインかどうか自分でも?です)


コメント欄で「羽」で証明してもらう事が多かったんですけど、私は大好きな「イチゴ」で証明して下さいって朝思ってたんです。
昼の仕事中も夜のバイト中も忘れてていて、今日はお客さん来ないですね~ってマスターと話してたら、常連さんがいらして、お土産になんと粒の大きい真っ赤な大好きな「イチゴ」をもってきてくれましたw(゚o゚)w

ビックリしましたよ~思わず笑ってしまいました。
はたしてこれが天使さんのサインか引き寄せなのかわからないけど、私はなんだか満足です。

長文になってすいませんでした。
これからもブログを拝見して、色んな事に気づいていきたいです。

みちよさん寒いので風邪など引かないようお体大切になさってくださいね!

投稿: yeshappy | 2009年2月18日 (水) 12時27分

みちよさん、こんにちは~。
いつも楽しみにこのブログを開いています。
「わたしたちの世界は、リフトのようなもの」
本当にそうですね。下を見ていても上を見ていても、刻々と時間は過ぎていく。
だったら前を見て景色や風を体感して楽しく気持ちよく過ごしたいです。
私も数年前に鋸山に登っていて魂の存続のような事に気付きました。
自然のエネルギーはいろいろな事を教えてくれるものですね。
ここでの他の方のコメントやみちよさんのお答も楽しく拝読させて頂いています。
とっても素敵なブログですね♪

投稿: りー | 2009年2月18日 (水) 14時45分

みちよさん、こんにちは。
お返事ありがとうございます!わ~!自分ではほんとに軽い波動のつもりが、重くなっていたんですね!気付かせていただいてありがとうございます。意識して軽い波動にするのってなかなか難しいな~と思いました。軽い波動になっているかな~と、気にしながら過ごすとネガティブになりそうなので、みちよさんのおっしゃるように他の事でワクワクを感じてみます。そして重くなってしまっていた気持ちを一度手放したいと思います。好きという気持ちや彼のことを無理に考えないようにするというのではなく、考えてもあまり気にせず、他のワクワクに気持ちを向けていきたいです。手放してみようという気持ちが出てきた自分に、今ちょっと驚いています。今までの自分なら不安に思ってしまって(今も少し不安な気持ちはありますが)そういう風には思えなかったと思います。みちよさん、ほんとにありがとうございました☆

投稿: パステル | 2009年2月19日 (木) 12時12分

heartなべGさん いつもありがとうございます(^^)

おほほー(^0^)。今日は木曜日ですが、結局筋肉痛はありませんよ~!!

上り下りは確かにリフトを使いましたが、頂上付近から、別方向のふもとにある滝に下りたので、その山道は半端ない険しさでしたー。

がんばりましたよ(^^)v

講演でお話するときも、自然のエネルギーを浴びてから参りますね~。

コメントありがとうございました(^^)

投稿: みちよ | 2009年2月19日 (木) 14時39分

heartこつぶまめさん いつもありがとうございます(^^)

わたしも雲の裂け目から太陽の光がすーーっと降りてきて、自分に振りそそぐ体験をしていたので、こつぶまめさんの文章でそのイメージが鮮明に伝わりました!

そういうのってとても神がかりな感じがしますよね(^^)

そっかー。山はないんでしたね(^^;)

でもその代わり海があるじゃないですか!

自然に愛されているのを感じる瞬間って、いいですね~(^0^)


コメントありがとうございました(^^)


投稿: みちよ | 2009年2月19日 (木) 14時50分

heartyeshappyさん はじめまして(^^)

はい。いいんですよ~。天使でも神様でも。

守ってくれる存在であることを意識することが大事なんですね~(^^)

すごい!いちごでお返事いただくとは!

それは本当に天使(的な存在)からメッセージですよ♪

「どうぞ信じてください」ということなんですね

コメントありがとうございました(^^)

投稿: みちよ | 2009年2月19日 (木) 14時55分

heartりーさん いつもありがとうございます(^^)

そうなんです!

条件はみんな一緒だから、大切なのは、どう感じるか…という部分なんですね。

楽しくいい気分で過ごすこと。

エイブラハムの教えと一致しているので、リフトに乗りながら本当にドキッとしました。

そういったヒント的なメッセージは昔、よく降りてきたのですが昔は気のせいだと思っていました。

今はちゃんとその言葉を受け取れたことに自分でも感謝しています。

りーさんのように実感としてご理解されている方がいらっしゃって嬉しいです(^^)


コメントありがとうございました(^^)

投稿: みちよ | 2009年2月19日 (木) 15時03分

heartパステルさん いつもありがとうございます(^^)


そうなんです!まさにパステルさんがお書になったような、軽やかな気持ちでいてくださいね~。

重くなりそうだったら手放す。

その際に、感情が動くようなら天使に助けてもらってくださいね。

辛いときも、そうでないときも天使に声をかけてくださいね。
天使はいつもパステルさんを見守っていますから♪

コメントありがとうございました(^^)

投稿: みちよ | 2009年2月19日 (木) 15時08分

みちよさん、こんばんは♪
「わたしたちの世界は、リフトのようなもの」という話は、僕にとってはとてもしっくりときました。すごくわかりやすかったです。
実は、僕もここ数日、高尾山に行きたいなぁと思っていたところだったので、みちよさんのお話の中で「高尾山」の文字を見つけて、ちょっとビックリ!天気の良い週末に、高尾山へ行ってたくさんのエネルギーを補充してきたいと思います。
素敵なお話をありがとうございます♪

投稿: もくもく | 2009年2月19日 (木) 23時22分

heartもくもくさん いつもありがとうございます(^^)

高尾山、シンクロしましたか?(笑)

高尾山行かれましたら、是非、木にベタベタと触ってエネルギーをもらってきてくださいね!

元々、もくもくさん、お名前からして「木」にご縁がおありですから(^^)v

コメントありがとうございました(^^)

投稿: みちよ | 2009年2月22日 (日) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129963/28172810

この記事へのトラックバック一覧です: リフトを下るということ:

« お能鑑賞と天使のサイン | トップページ | 日常の中にスピリチュアルを »