« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月27日 (金)

エゴと愛

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。

今日は東京でも雪が降りました。冬の寒さがピークに来ていますね。

この寒さも、ゆくゆく暖かくなっていく前触れでもあります。

寒い寒い」と感じているこの瞬間には、目の前に春が待っていることに、なかなか気づかないかもしれませんが、でも毎年木々が芽吹いて、動物も冬眠から目覚めていくように、全てはちゃんと変化していくのです。

同じことが、社会の流れにも言えます。

この経済状況の厳しさも長くは続かない、ということです。

この1年、ゆっくり兆しが見えてきます。

今こんなビジョンがわたしの頭に入ってくるのです。

ただ、それを支えるのはわたしたち一人一人の意識だったりします。

世の中の流れに感情を引きずられることなく、豊かさや平和を願って、これから自分がどうやって生きていきたいのか。。。。それを祈りに込めれば、早い段階で世の中にも「春」が訪れます。

いついかなる時でもポジティブに生きること。思考を明るく保つこと。

それが今「」の時期に一番必要な意識だったりします。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

今日はコメントにいただきましたご質問にお答えします。

母との会話についてです。

母はとても悲観的な人で、マイナスの言葉を多く口にします。

「どうせ私はいつも不幸なんだ」

「あの人にあんな事言われた。気分が悪い」

「なにをやっても上手くいかない」etc・・・果てしないです。

と言っている私も少し前までは同じでしたが・・・。

母と電話で会話すると、きまって次の日まで体調が優れず気分も落ち込み憂鬱でしたが、今はそれほど辛くありません。

マイナスの感情を受け付けないイメージをしてるからかなあと。みちよさんの仰ってることと同じかなあって思っています。だとしたら嬉しいです♪

前は一緒になって落ち込んでみたり、悲観的な母を非難してみたり、無理に考え方を変えさせようと自分の考えを押し付けてみたりと間違った努力をしていました。

今はそれをしないようにしています。

ただ、母の会話に対してどう返事をしたらいいか迷っているんです。

母の言っていることに対して、ただウンウンと相槌してればいいのか・・・。

悲観的な言葉に対してウンと言うのは良くないんじゃないか?でも、その考えや言い方は良くないと否定するのも違う気がするし・・・かといって上手く違う話題に切り替えるということも出来ません。

母は母で、私が愚痴を聞きたくないと思っているのを感じてるらしく、でも辛い気持ちを話せる相手は私しかいないので、その葛藤で更に悲観的になってるように感じます。

母とは住んでる距離が離れているので、マメに電話したいのですが、受け答えに悩んでしまい電話するのを躊躇している状態です。

よろしければアドバイスお願いいたします。

はい(^^) ご質問ありがとうございました。

実は今日、「エゴと愛」についての記事を書こう、というか“上”から書け書け、と(笑)駆り立てられていたのですが、まさにこのことだと思いました。

まず、エゴについて書いていきます。

(以前もエゴの話を書きましたので、参考までにこちらもご覧くださいね(^^))

愛をもって接したい相手が、エゴに支配されて抜けられなくなっているケースはしばし見られることです。

それが、親子であっても恋人同士であっても、です。

エゴに支配された人に対峙すると、イヤな気分になったり、肉体的にも疲労を感じたり、体調を崩すこともあります。

それは、相手にエゴによって、自分のエゴが引っ張られてきて、内なる存在とのつながりが遮断されるからなんです。

相手のエゴを目の前にすると、同調したり、反撃したり、また、相手のエゴを自分で何とかしよう、と思ってしまったりします。

でも、実はどれもエゴから来る行動なんですね。

わたしも以前、散々そのようなことをやりましたから今ではよく分かります。

そして、また困ったことに、そんなリアクションがかえって相手のエゴをまたパワーアップさせてしまうのです。

このパワーアップしたエゴって、本当に強力で、どんどんその限度を失っていきます。

漫画に出てくるような怪物が、周りの全てを食い尽くして、どんどん大きく成長していくようなイメージです。

ご質問者様のケースでは、お母さんのエゴに今は同調するのをやめたとのことですね。

ただ、ご質問者様がお持ちの

お母さんを何とかしてあげたい、という気持ち。

文面からもご質問者様のお母さんに対する愛情をとても感じますし、お優しい方だというのは十分伝わってきています。

でも、一見愛情に見えるそういった気持ちも、先に書きました「わたしが何とかしてあげなければ」というエゴだったりします。

ご質問者様が悪いということではなく、お母さんのエゴに、ご質問者様のエゴがまだ引き出されてしまっている状態なんです。

厳しい言い方をするようですが、人のエゴは、誰かがなんとかするものでも、できるものでもありません。

エゴは、自分でそのエゴの正体を見るまで、何度も何度も本人を飲み込もうとします。

その度に、困難に襲われ、不運に苛まれ、生き辛さを感るような出来事にバシバシ遭遇します。

自分自身で「もう、こんなのはイヤだ」と気づく以外、他人の援助は無力なのです。

では、ご質問者様はお母さんを癒せないのか。

そんなことはありません。

ご質問者様ができることは、ご質問者様ご自身を愛の波動で包みながら、イキイキ暮らすことです。

自分が楽しみながら幸せに生きることを意図してください。

そして、明るい光を心に思い浮かべながら、お母さんのハートに向けてその光を送ってあげてください。

お母さんと電話などの直接的なコンタクトを取らなくても、愛の波動は必ず伝わります。

わたしはあなたを愛しています

でも、わたしはあなたのエゴを認めません

そう心で思うか、口に出していってみてください。

「認めない」というと、キツイ感じがしますが、「自分の中に受け入れない」ということです。

どちらでもしっくりくるほうで、言っていただいて大丈夫です。

エゴは他人の関心を引きたがります。それにつられてはいけないのです。

エゴを認めることで、さらに大きくなっていくからです。

それは本当の優しさではありません。

あえて距離を置くのも愛情なのです。

そうやって、周りに誰もいなくなって、誰にも相手にされなくなった時、初めて気がつきます。

その気づきに年齢は関係ありません。

距離を置いて、お母さんを癒すことは可能です!

ご質問者様はまずご自身を愛で包んで、そしてお母さんにも送ってあげてください。

まずは、愛をもって自分自身の波動を高める

それがお母さんの心をも癒すのです。

頑張ってくださいねp(^^)p

ご質問、ありがとうございました(^^)

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

今いるところで「ほっ」とする

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。

おとといの記事で書きました「222」、皆さんもいろんなシンクロがあるみたいですね~。

この数字には“信じなさい”という意味があるのですが、挑戦的なわたしは(^^;)

それなら、もっとちゃんと信じられるように、わたしに分かるようなメッセージをください!」

と天使にお願いしておりました。

日曜日、わたしと子供は東映チャンネルの再放送で見ている『仮面ライダークウガ』(毎度しつこいですが、オダギリジョーです♪)のロケで使用された喫茶店が自宅から30分圏内にある!ということを知って、ドライブがてら行ってみたんですね。

090222_142253

↑ちなみに、こんなトコロです。劇中では「ポレポレ」でしたが、本物は「るぽ」という昔ながらのコーヒー屋さんです。この場所にオダギリが実際に来ていたのかと思うと感無量でした(^-^)(はい、今“オタク”っていう言葉が聞こえましたよ~(笑))

その、「るぽ」に向うのに車を走らせた瞬間、後ろからやってきた車のナンバーが「2222」(笑)だったのですが、すぐ前を見ると、「222」の車が止まっています(^^;)。

あーこれは来るなぁ~

と思っていたら、それからはゾロ目のオンパレード。

結局、「111」から「999」までの全てのゾロ目を何度も目にして帰ってきました。

確かに分かりやすいメッセージなんですけど…。

ゾロ目攻撃、なんか面白いですね~(^ー^)

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

コーイチさんお話会のお知らせ

毎回大人気のコーイチフォーラム(お話会)の3月の日程が決まりました!

3月8日(日) pm15:30 ~ pm 18:30 新宿区角筈地域センター7F 

わたしの師匠(弟子入りしてないけど(笑))であり、今やカラオケ友達の

フレンドリー・チャネラー、コーイチさん。

今度のお話会は、どんなトークになるんでしょう?

詳細・お申し込みは、はやけんさんのサイトからお願いしまーす(^^)/

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

今日は通勤途中に天使にいろいろな相談をしていたんですが、ふと

今いるところで「ほっ」とする

という声が心に響きました。

最近、本意ではないのに管理職になってしまい、仕事の内容が変わって急に忙しくなってきたんですが、本当に望むべきことはこんなんじゃない!というのが常に頭の中にあります。

わたしが本当に居るべき場所が、今居る場所ではない、ということに気づいているんですね。

ただ、わたしの場合「然るべき時に、本来の居場所に自然に移っていく」というのも分かっています。

そうは言っても、残業続きで帰宅後はぐったりしてしまい、ろくに文章も書けず寝てしまうような生活が、とてもじゃないけど楽しいとは思えなく、自分でも

何やってんのかなぁ…」

と嘆いてしまうこともあったりします。(そりゃ、わたしも人間ですから(^^;))

そんな時、感じるのが、焦りの気持ち

焦りは、現実としてはまだ目の前に現れていないけど、本来どうしたらいいのかが頭の中ですでに分かっている時に出てくる感情なんですね。

わたしのところに、天使のリーディングをお申し込みくださる方々も(ありがとうございます♪)、人生の“変わり目”を魂で感じ取っていらっしゃって、ご相談に来られる方がほとんどです。

今、何かが違うなー」と感じていらっしゃるから、焦りを感じるのです。

本当は無意識レベルで、渡るべき橋の向こう側の景色が見えているのですが、まだ実際には橋を渡っていないから、何だか取り残されているような気がして不安なのです。

でも、焦りの気持ちは、天使とのつながりを遮断してしまいますし、せっかくのサポートも受けられなくなってしまうので注意が必要なんです。

今日、わたしの天使は、それを教えてくれたのでしょう。

今いるところで「ほっ」とする

という言葉を聞いて、本当に「ほっ」としました。

先を急いで憂うのではなくて、今、現実に身を置いている“ここ”で、“”この瞬間に心穏やかに、安心して生きることで、自然と焦りが消えていきます。

日常って、何にもなくただ過ぎている…なんて言う人もいますが

朝日を顔に浴びて感じる、太陽の温かさ

息を胸いっぱいに吸って感じる空気の清清しさ

は、今こうやって存在していないと決して体感できないものなのです。

通勤途中、歩きながらいろいろなことを感じている間にも、心の中で繰り返し響く

今いるところで「ほっ」とする

という言葉。

そっかー、今いるところで「ほっ」とすればいいのか~」

と思わず、手のひらをポンっ♪と叩きたくなるような気分になったら、

心が自然に、すーーーーーーーっとしていきました。

むしろ、今まで何を焦っていたか分からないくらい、平安な気持ちに包まれています。

今朝は、そんな気づきでスタートしたのですが、駅についたら、いつも乗っている電車が、車両トラブルで珍しく20分も遅れていたのです。

乗客は、一様にイライラしています。

あー遅れる。困った、困った

も~何トロトロ走ってんだよ

なんて想念がわたしの頭に入ってきます。

でも、よく考えてみてみると可笑しなことなのです。

電車は遅れているのですから、中の人がいくら焦ったりイライラしても、決して電車が早く駅に着くわけではないのです。

むしろ、遅れるのは仕方のないこと。宇宙が起こす物事にケチをつけても始まりません。

そこで、今いるところで「ほっ」とすることができれば

いつもより長く本を読めるなぁ

とか

打ち合わせの前に、思考を整理する時間ができた

と、この時間を有意義に過ごすことができるのです。

どんな時でも「ほっ」とすることができれば、気持ちも落ち着き、もっと広い目線で自分の周りの“今ここ、の大切さ”が見えてくるのです。

そうすると、自然にワクワクしていきますから、無意識レベルで見ている“向こう側”へもスムーズに渡ることができるはずなのです。

今日、遅れた電車も実は偶然ではなくて、

焦る必要なんかないんだよ~」

という天使の教えなのだったのです。

今いるところで「ほっ」とする

そう感じられただけで、今日は始終、「大丈夫(^ー^)v♪」という気持ちで過ごせました。

いつもながら、どんなときもサポートしてくれる天使に感謝です♪

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

222の日

おかえりなさーい♪(^^) みちよです

最近、天使ネタ少なかったんですけど(笑)、ちょこっと面白いシンクロがあったので書きたいと思います。

以前、エンジェルナンバーについての記事も書いたことがありますが、今も強烈な数字のシンクロが頻繁に起こります。

こないだのは面白くて、駅で電車を待っていた時に、目の前のビルの電光掲示板で

来る2月22日に~

というお知らせを見たのを皮切りに、地元の駅に着いていつもの道を歩いている中、何気に見上げたら沿道のビル名が

22

だったりしたので

あー、今日は“22”の日ねー

と思ったまさにその瞬間、横を通り過ぎた車のナンバーが

2222

で、思わず笑いました(^0^)。

そして家に帰ってから、録画してあった『仮面ライダークウガ』(オダギリジョーですよ♪)を見ていたら、ドラマ内で場所と時刻が出るシーンがあったのですが、

「○○ 2:22

と、またも「22」シリーズ!

そして、今日は「2月22日」なんです!

22は基本的に

信じなさい、信じ続けなさい

というようなメッセージなんですが、今日は何かが起こりそう…かも?!です(^^)

それともう一つ。

どうやらわたしには、今やらせていただいている対面でのお話や、メールのリーディングに加えてエネルギーワークが必要らしく、最近、天使からやたらに、そっちの方向に行くよう仕向けられています。

エネルギーワークというのは、レイキクォンタム(量子)タッチなどのハンドヒーリングなどに代表される、宇宙のエネルギーを活用する癒しの手法です。

最近やたらと情報が入ってくるのでいろいろな本を読み始めて、実際に「なんちゃって」的にやってみたら本当にできちゃった!ということがあり、今、ちょうど勉強している最中なんです。

(情報交換をしているわけではないのですが、にしきさんも最近エネルギーについてよく書かれていますね。にしきさんともシンクロです(^^))

でも、独学だし、実践にはまだ訓練しないと…というところで、表立っては誰にもお話していなかったのですが、昨日のブログでレイキのアチューンメント依頼についてのコメントを、実にタイムリーにいただいてビックリしました!

ホーント、宇宙はリアクション早いなぁ…なんて思ったのですが、実はこれも、

あんたは、コレをやりなさい

という、天使さま方からのメッセージだったりします。

この自己流エネルギーワークですが、実際にやっていると、大昔!(前世で)やっていたことがあるらしく、身体が自然と思い出すんですね。

22シリーズといい、エネルギーワークのことといい、

ちゃんと行くべき方向にサポートしている。だから信じて進みなさーい!」

というお言葉なのだと理解しています(^^)v

…でもですね、今更何を言うかっ!って怒鳴られそうですが(^^;)、すでに長いことスピリチュアルじゃない人だったので、天使もそうですけど、リーディングやエネルギーワークだとか、まさか自分がやるなんて半年前には想像だにしなかったのですよ!

人生、驚きで一杯です。。。。。(v v)シミジミ

そしていつも、自分をいるべき場所に誘導してくれている天使にも感謝です(^ー^)♪

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

さて、今日はスピリチュアルな体験についてのご相談にお答えします。

中学校くらいまで私は、たまになんですが霊らしき(私の気のせいでなければ)ものを見る事がありました。

それからは気配っぽいものは感じる事はあっても、見る事はなかったです。二十歳をすぎて結婚後出産、そして離婚した後から、自分の中で何か葛藤を感じるようになりました。

何かが違う、、、と中にいる自分が、自分を変えなさいと急かすのを感じ焦燥感を長年感じていました。

それから、引き寄せの法則を去年知り、たまに瞑想やヨガをしたり、ありがとうを言葉にするように心がけてから、目の端に光の線や人らしきカタチ、ボーっと前をみているとうっすらと人の周りに白っぽい色(?)が見えたり、今回のセミナーではにしきさんが前で講話をしている時に私から見て右手、にしきさんの隣に人の形みたいな白いモヤも見えるようになってきました。気のせいかもしれないです。

ただ、私は家族と一緒に住んでいるのですが、弟が私がモヤみたいなのを見始めた頃から、寝ているとひどい耳鳴りとともに何かがいるのがたまにあるようになったらしいのです。触られたり、笑い声も聞こえるそうです。

弟は高校生になったあたりから、たまに見えたり声が聞こえたりするようになっています。

ただ、弟の場合は、夜のみです。それが、余計に恐怖らしいのですが・・・。寝付けないとも言っています。

私はとりあえず、受け入れるようにと話しています。もし、それが弟の内なる存在からの呼びかけなら、対話して欲しいから。

私は引き寄せの法則を知ってから、内なる存在と対話するのが今の願望で、もし今、私と弟に起こっている事が内なる存在からのものであればいいのになぁ~と思っています。

はい(^^)ご質問、ありがとうございました。

実はご質問者様はとても霊性の高い方なんですね。

沖縄にユタという霊能師の伝統文化がありますが、まさにユタのお役目を持って来ていらっしゃいます。

弟さんも同様に霊性の高い方ですが、今回弟さんにそういった現象が起きているのは、弟さんに何かが及ぶ、ということではなく、ご質問者様本人に気づかせるための、間接的な霊的アクションです。

ご質問者様は、ちょうど今覚醒の時期を迎えられています。

結婚、離婚…と人生での経験をつまれたこと、また、この意識の時代がくるまでの出番を待っていたということで、今「目覚めなさい」というメッセージを受け取られていらっしゃいます。

弟さんに起きている現象を、まずはご質問者様自身で、霊視してみてください。

弟さんを視ることで、ご質問者様へのメッセージが流れてきます。

また、多くの人を霊視することで、その感覚もはっきりと戻ってきます。

また、弟さんは、ご質問者様を過去生においても影に日向に応援してくれている存在ですので、どうぞ大事になさってください。

ご自身でも、「ひょっとしたらそうなのかも」…という自覚はおありだったかも知れませんね。

ユタというのは歴史があるようですし、認証にもルールがあるようですが、ご質問者様は特にその枠に入られる必要はないかと思います。

ご質問者様が、思ったとおりに進んでください。

興味がある場合は、地元の有識者を訪ねてみられるのも問題ありません。

どうぞ、その能力を、多くの人のために役立ててください。

一旦始められると、いろいろな面で変わってくるようです。

同じ“覚醒組”の人間として、応援しておりますよ!

東京にまたお越しの際は、是非わたしをリーディングしてくださいね~(^0^)/

ご質問、ありがとうございました(^^)

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

日常の中にスピリチュアルを

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。

皆さんは、日ごろスピリチュアルなことについて話すことはありますか?

いわゆるフツーな(見える世界しか信じない、見えない世界にアレルギーを持ちがちな)人に話すのって勇気がいりますね。

わたしも、

仕事の話しかしないような会社の人には、とてもじゃないけどこんな話題は口に出せない

と思っていました。

それが最近、不思議と会社の人間にこういったことを話す機会が増えています。

普通に話をしていても、相手の天使から情報が入ってくるので

ちょーっと、アヤシイ話かもしれないけど、聞いてくれるーーー?」

なんて言いながら、話し出すことが増えました。

ヘンなヤツ アブナイヤツ

と思われるのは覚悟の上で、実際に伝えるとわたしに心の中を見透かされたような気がするらしく、怪訝そうな顔をされることもあるのですが、

話し終わると

何かがふっとお腹に落ちていくような感じがした

と言ってもらえるのです。

この間は、久しぶりに会った他部署の同僚Sとご飯を食べていると、Sの前に二つの道が平行に並んでいるのが見えました。

一本は、今歩んでいる場所(今の会社)で、もう一本は新しい、Sが本来行くべき道であることが分かりました。

そちらの新しい道からは強力な磁力が発生して、Sを「こっち、こっち」と引っ張るように誘導しています。

元来起用な人間であるSは、今の道でも成功するけど、新しい道に行ったほうがワクワクできて、Sの能力も発揮できるのははっきりと分かりました。

こちらの道にいることで、本来あるべき姿ではないことを感じているSの違和感が、エネルギーを停滞させていて、身体にも影響を及ぼしているようです、

その、二つの道の間は、「あらよっと」とひとまたぎで超えられるような距離なのに、Sがそれを超えられないと思い込んでいて、地団太を踏んでいる姿も浮かびました。

思い切ってわたしが

Sくんはさ、うちの会社にいるべき人じゃないようなんだけど、他にやりたいことがあるんじゃないの?」

と言ってみると、Sはハッとしたようにして、

実はそうなんだよね…」

と、これまで何度も会社を辞めようと思っていたこと、自分が本当にやりたいインテリアの業界から引き抜きまでかけられていたこと、これまで数年、転職を考えながら実行できずにいる間、胃にポリープまでできていたことを話してくれました。

その道と道の間を越えられない理由として、今のプロジェクトを成功させないといけないからとか、転職にあたってある程度の肩書きも必要だとか、上司に申し訳ないとか、いろんな“今は転職しちゃいけない理由”をあげ連ねるんです。

「…だから、今は我慢してここで働いてれば、そのうち転職のタイミングも来るんだよ!」

そのSの言葉に言い返すように、Sの天使からわたしに続けて情報が入ってきました。

あのねー「そのタイミングが“今”ですよ」って言ってるよ

Sは、守護霊なども信じなければ、もちろん天使なども信じていません。

これまでSの前ではわたしもスピリチュアルな話題を口に出したことは一度もありませんでした。

それでも、その天使の言葉にSは何かを気づいたんですね。

自分自身にいろんな言い訳をして、これまでその「」を逃してきたんです。

むしろSの天使が、これまで何度も何度も「今」を教えてきてくれたのに、ただ本人が見ようとしなかったのです。実際は気づいていても、彼の心の中で複雑にうごめく「恐れ」に、足がすくんでしまっていたんですね。

その恐れは、トラウマだったり、自信のなさだったり。足がすくんだまま年月だけが経っていき、元々あった恐れよりどんどん膨らんでいって、本当は何に足がすくんでいるのだかもわからなくなってしまい、いろいろな理由をつけて納得させようとしていたんです。

ポリープができても彼は気づくことがなく、治った後もまた元のように延々と悩み続けていたんです。

たった一歩、足を踏み出せば超えられる“もう一本の道”の前で。

恐れの感情を取り除くのは、勇気がいる作業です。

手放せばいい」とはいえ、精神世界を信じない人にとっては、「見えないこと」に突き動かさせるのはある意味ナンセンスだからです。

Sは、これから自分でその言葉を、自分で受け止めなければなりませんので、ここからは誰も何もできません。全て、彼の選択の自由なんです。

自分でも薄々感づいていたことを、他人からも指摘され、そこから思い立って自分を変えようとするのか

自分が本当に望むことは頭では100%理解しているけど、踏み出すことはしないで、そのままじーっと「待つ」のか

それも、Sの自由意志が決めることなのです。

ただ、この世に生まれてくるときに目的にしていた環境から外れてしまっている場合、

そっちじゃなくて、こっちこっち!」

と呼ばれることは多々あります。

最初は優しく「ラッキー」なシンクロとして現れますが、本人がなかなか気づかないと、強硬手段手段に出ることもあるのです。

Sのポリープは宇宙の強硬手段だったんですげど、それでもまだ無視をし続けていました。

Sの天使は、せっかく気づいてもらいたくて「おーい、聞いてよ~」と声をかけていたのですが、本人がスルーしてしまっているので、同僚として身近にいたわたしの口を借りて伝えたかったんだと思います。

…そんな感じで、今まで会社でスピ系話をすることがなかったというのに、結構頻繁にこんな会話をするようになりました。

たまたま(でもなかったりするんですけど(^^;))物質を象徴する業界にいるわたしが、目に見える世界=三次元 に生きる人たちの間でこんなことを話すことも、何かのお役ではないかと思っている今日この頃です(^^)

むしろ、本当は「薄々、見えるものだけが全てじゃない(かも)」と思っているフツーの人の中で、こんな話をすべきなのかな、と。

三次元世界で、一人一人が実際に幸せを具体化させていくのが、本来のスピリチュアルの目的だと思っています。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

リフトを下るということ

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。

わたしも今しがた帰宅したので、自分で「ひとりおかえりなさい」状態です(笑)。

さて、先日少し書きました、わたしがお話する3月のセミナーの詳細が決まりましたのでご紹介しちゃいます!

『運勢向上委員会』 3月22日(日) 

詳細は主催のなべGさんのブログをご覧ください!

何をお話するかはまだ分かりませんが、せっかく「運勢向上委員会」第一回の講師にお呼びいただきましたので、参加者の方々の運がぐーーんと上向くお話をさせていただきたいなーと思っています(^ー^)

また、実際に作成する、消しゴム繁呼(ハンコ)術教室もあるそうですよ~。(わたしも一緒に作ります)

こちらも面白そうなので、今から楽しみです(^ー^)

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

この週末実は高尾山に行ってきました。

以前も記事で書きましたが、ここのところ

自然が呼んでる~~」と感じることが多くなり、

天気のよいお休みとあらば、海や山や川などの場所へ出かけたい欲求に駆り立てられていますが、今回は、スピリチュアルをまったく信じないMさんを引き連れ、木々や大地からエネルギーをいただきに行こう!と高尾山ツアーを行ったのです。

こないだの日曜日は2月だというのに春のように爽やかで暖かく、太陽の下いるだけでもとても気分がよかったんです。

頂上付近までは、リフトとケーブルカーがあるのですが、わたしたちはリフトで上ることにしました。

山頂では、巨木を愛しそうに触ったり、拝んだりして、我ながら結構怪しい感じでしたが(^^;)、木々に囲まれたりするだけで浄化され、呼吸をする度に頭のてっぺんから濃いエネルギーが入ってきていて、気持ちもシャキっ!としたんです。

こうして自然を満喫した帰り道、リフトで下る中でまた面白いことがありました。

ご存知の方も多いかと思いますが、高尾山のリフトはかなり急勾配の斜面を走ります。

行き(上り)の時はそれほど恐怖を感じないのですが、帰り(下り)は、身体を固定するものもないまま、山の斜面を滑るように降下するので、結構怖いんですね。

下を見ると高さもかなりあって、しかも風がぴゅ~~~なんて吹いたりすると、リフトも揺れてそれなりにスリルあります(^^;)

そんな時、

これはあなたがたの世界を現しているものだ

と心の中で声がしました。

リフトは身体を支えるガードのようなものはありません。

落ちないように、自分で脇の棒に捕まります。

何も制限のない分、座ったまま空の中を飛んでいるような感覚が楽しめます。

下ばかり見ていると、恐怖や不安が沸き起こったり、風が吹いたら落ちそうにもなるのですが、

ちゃんと前を見ていると、高所からしか見渡すことのできない、空と大地が作る美しい景色が広がっているのです。

わたしたちは、その時そこでしか味わえない美しさを見るために、あえて リフト=三次元的世界 に乗ってきているのだ、という天使の言葉だったんです。

風が吹いてリフトが揺れても、そのスリルがまた楽しかったりします。

むしろ、身体で風を感じるということがどんなものか味わえたりもするのです。

また、始終、下しか見ていないで恐怖感に捕らわれていると、せっかく目の前に広がるパノラマ風景に気づかないこともあります。

動揺して、靴や荷物を落としてしまうこともあるかもしれません。

でも、わたしたち一人一人がどう感じてようと、リフトに乗っているという条件は一緒なんですね。

スピードも一定なので、誰が速くて、誰が遅い、というものでもありません。

顔を前に向けて、目の前の景色を楽しみながら麓に降りるのか。

それとも

足元ばかり見ていて、怖い怖いと思いながら麓に下りるのか。

それだけの違いなのです。

エイブラハムの「オールを手放し、川を下る」のと一緒です。

木々と大地のエネルギーシャワーを受けて、いつも以上にアンテナ感度が良好だったのかもしれませんが、まったくその通りだなぁ、と感心しながら降りてきました。

もちろん、目の前の景色を十分に堪能しながら!です。

ちなみにスピリチュアルにまったく興味のないMさんも、山の中でわたしがあれこれ解説している中で何かを感じ取ったらしく、最後には自分で自然のエネルギーを感じられるようになっていましたよ!

これはとっても不思議なんですが、山へ行ってかなり歩いたのにも関わらず、今身体がどこも痛くないのです。(誰ですかっ?!年を取ると筋肉痛は遅れてやってくるんだよ、なんて失礼なことを言うのはっ!(笑))

身体にも精神にも、しっかりエネルギーが通ったのを感じた一日でした。

そして何より、

わたしたちの世界は、リフトのようなもの

ふいに入ってきたこのメッセージにハッとしました。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

お能鑑賞と天使のサイン

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。

今日は、電車の中で不思議なことがありました。

混雑している電車に乗ろうとしたら、同じく乗り込もうとしていた盲目の男性とぶつかったのです。

「すみません」

といいながら、その方は満員の車内になかなか乗り込めなかったので、「こちらですよ」と言って男性の手をとって一緒に電車に乗ったのです。

「ありがとうございます」

とお礼を言ってくださったのはいいのですが、その後も男性は無言でわたしの手を持ったまま離そうとしません。

普通なら、ちょっとこれってどうかなー、何か違う目的なのかなーなんて勘ぐってしまうシチュエーションなのですが、何故か嫌な感じが全然しないのです。

目が不自由な分、手の感覚がとても敏感なのでしょう。

わたしの手のひら、指を、撫でるように触っていました。

触られながら、不思議とその人の手から声を感じて、心で会話をしていました。

「こうやって触っていると、あなたがどういう人だか見えなくてもわかるんですよ」

「ええ、わたしもわかりますよ」

その方は、見えるものに惑わされないという強い意志で、あえて盲目という選択をされて生まれていらっしゃった方のようでした。

わたしは次の駅で降りたので、その間、5分くらいだったでしょうか。

ずーっと無言で見ず知らずのその男性と手を握り合っておりました(笑)

知らない人に手を触られて嫌な感じがしないというのも不思議でしたが、少しの間、そんな心の会話ができたことに、わたしはとても嬉しく思いました。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

おかげさまで、たくさんの方から天使のリーディングへのお問合せをいただきまして、ありがとうございます。

追って順番にお返事を差し上げますので、少々お待ちくださいね!

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

今日は、国立能楽堂へ、ぽにさん主催のお能の鑑賞会に行って参りました!

初めての能楽堂でしたが、とても素敵な場所で、とても良かったですよ。

地謡と呼ばれる男性コーラスさんたちがいらっしゃるのですが、囃子に合わせて声を合わせて謡うその声が、心地いい波動~~~となって、途中気持ちよく睡眠タイムとなってしまったんですが(笑)、きっちり観るべきところは観てきましたのでオッケーです(^^)v

今日観てきたのは『(ともえ)』。

最後、戦う女戦士、巴が、戦いを手放すという意味で、鎧を脱いで長刀を床に置くシーンがあったのですが、コレ、ちょっと前にわたしも同じことをやっていたのですね。

以前書いた、わたしの「ギリギリゲーム」。

前世で戦いの人生を多く過ごした記憶があるわたしは、今世でも同じようなパターンを繰り返していることがよくありました。

実際に、誰かと戦闘するということではないのですが(笑)、やらなくてもいいようなリスクを自分に与えて、それを乗り越えさせるように仕向けたりする“癖”を持っていたんですね。

要するに、自分で自分にチャレンジしちゃっているんですね。

自分なら、どこまでできるか?

こんなハードルを乗り越えることはできるか?

みたいな感じです。

苦しいし、やりたくもないのに、自分であえて辛い状況に陥れようとするんです。

なぜか毎月の収支がギリギリだったわたしは、「これは自分と戦っているんだ!」と気づいたわたしは、イメージの中で自分の持っている剣を目の前に置いて一礼し、

わたしはもう戦いません

と宣言したんですね。

まさに、今日観た巴はわたしの姿。目の前で、わたしの代わりに舞いとして表現してくれていたのです。

こういうことって、結構あるんです。

思ってもみなかった場所やタイミングで、自分へのメッセージが目の前にやってくるというものです。

電車で隣の人が話していた言葉だとか

たまたま見たTV番組のコメンテーターの一言だとか

読んでいる本に書かれてあった一行だとか

街で見かけた広告のキャッチコピーだとか

自分でそれを見たり聞いたりしたときに「ハッ」とするような言葉などです。

巴の場合は、わたしがイメージしたわたしの所作と全く同じでしたから、これは言葉ではなく、現象としてのシンクロですね。

このようなメッセージは、実は天使の演出なんです。

気づきとなるメッセージは、受け取る側の心がオープンになっているとよく入ってきます。

人生の節目や、何かに迷っている時、ふとその答えがいろんな形でやってくるのです。

気づかないのは、本当はメッセージが目の前に現われているのに、心の目で見たり聞いたしていないからなんですね。

同じものを目にしたり、耳にしていても、心が閉じているので入ってこないからスルーされてしまうのです。

天使は毎日のように、わたしたちに何かを気づかせたくて、心憎い演出をしてくれています。

声や言葉、または数字などに意味をこめて見せることも多々あります。

どうぞ、心をオープンにして天使のサインを受け取ってくださいね♪

天使のようなぽにさん、『巴』を通してわたしの宣言を改めて見せてくれてありがとうございました~(^^)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

恋の反発の法則

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。

先月までお受けしておりましたお悩み相談ですが、本当に、毎日たくさんの方からいただくご相談に時間的な制約がでてきたことと、もう少しお一人お一人に時間を取ってリーディングという形にしたいと思っていました。

その場合は有料になってしまいますが、そのほうが、本当に悩んでいる方のお役に立てると思ったんですね。

…と考えていたら、まだ具体的に料金も考えてないうちからお客さんが来て下さって(!)、また、「リーディングいつからやるんですか?」というお問い合わせもいただいて、本当にありがたいです(^^)

…というわけで天使のバックアップもあり、この度、個人リーディングをちゃんと開始することにしましたのでお知らせします(^0^)/~

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

みちよの天使リーディングのお知らせ

.★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

昼間の仕事の傍らなので、完全ご予約制とさせていただきます。

ご料金

メール 5,000円 

対面 8,000円(1時間)

※対面の場合は、平日夜間、新宿で行います。

ご希望の方は

breathwise@nifmail.jp

までお問い合わせくださいませ。

『(ケーキつき)みちよのお話会』にも、ご期待いただいてありがとうございます!

こちらも現在計画中ですのでお待ちくださいね!(^^)

どうぞよろしくお願いします。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

さて、今日は以前いただきましたご質問にお答えいたします。

今、好きな人がいます。もう十年以上友達として付き合ってます。

私はずっと心の中で「最後はこの人と結婚するんじゃないかな」と思ってました。

彼の方は、「お前と結婚しようと思ってたこともあった」と言ってました。

でもお互いに別に好きなひとができたり、付き合ったり別れたりして、私たちはずっと友達でした。

(一度私から告白しましたが、そのときは彼女がいて振られました。その彼女とは別れて、しばらくとても落ち込んでたようでした。最近になって元気が出て来たと言ってました)

もういいかげんけりをつけたくなって、もう一度告白することを決意しました。それで、ご飯に誘ってみたんですが、返事が来ません。実はよくあることで、彼は、突然ぱたっと連絡をくれなくなるんです。「またか」という感じですが、肩すかしをくらったみたいでちょっとがっかりしました。

私は一人でも、パートナーが別の人でも、彼が別の人を選んでも、きっと幸せでいられる自信はあるんです。

彼が、私を傷つけることはしないってことも知ってるし、連絡をくれなくなる理由は、たぶん「それなら言ってくれればいいのに」っていうくらい小さなことで、彼に悪気は全然ないってことも、むしろそれだけ私に対してリラックスしてるんだってことも、分かってるつもりなんです。

引き寄せの法則を知って、とにかくいつでもいい気分でいることなんだ、と思うようになりました。

彼は彼の人生を創造していて、私にできるのは私がいい気分で過ごすこと。でも、話が前に進まない、この感じ・・どこかに何かメッセージがあるんじゃないかって考えますが、よく分かりません。

引き寄せ的には、もう、それでもひたすらいい気分でいるってことだと思うんですけど、悩むとか苦しむとかいうのではないんですが、「うーーーーん、で、なんだこの状況は!?」っていう気持ちなんです(笑)

確かに、「今が告白する時だ!」ってぴんと来たんですけど・・させてくれないし。単に思い違いだった、ってことかもしれませんが・・

彼に、「私はあなたが好き。できればあなたの隣にいたい。あなたが誰を選んでも、あなたに幸せでいてほしいだけだから、どうか私を選べないとしても、苦しんだりしないでね」って伝えたいんです。

私の願いは、「自分が暮らしていることを、あたりまえにずっと側で見ていてくれる存在があること」なんです。家族のようなものですね。そして、誰かにとってのそういう存在であることなんです。

はい(^^) ご質問ありがとうございました。

…不思議なもので、とってもご縁があるはずなのに、“なかなか一緒にいられない相手”という人がいます。

こちらが想っている時には、相手が乗り気じゃなかったり、別の相手がいたりするんですけど、今度は相手から急に血相変えてアタックしてくる頃には、自分は違う人とお付き合いしていたり…という感じです。

こちらが向かっていくと離れていって、向こうが近づいてくると自ら離れていく…。

まるで、引き寄せの反対、反発の法則(?) です。

磁石のS極とS極、N極とN極のように、同じエネルギーを持つ相手とは、このようなことが起きることがあります。

同質だから、無意識にエネルギーが反発し、近づけないようになっているのです。

では、こういうことが何を意味しているのかというと、

こういうご縁は、一生傍にいて生活をともにする、ということはしないけど、ある一定の距離を置いたまま長く長くお付き合いを続け、その程よい距離間を保っていきましょう、と決意してこの世に生まれた場合が多いのです。

魂の世界でのお仲間(元を辿ればみんな一つですが)として、この世で同じ国の同時代に生まれてはいるのですが、別々に経験をするために、あえて一緒の人生を選べなくなっていることがあります。

もちろん、深い間柄ですので、一緒にいればソウルメイト的な絆も感じます。

でも、一生懸命相手に近づけば近づくほど、なぜか相手は離れていくのです。

そして、相手の方から近づいてくる時、自分のほうは離れていくのです。

ご質問者様の場合は、お相手の方とは“お仲間”としてのご縁なのですね。

団体旅行で宇宙から地球にやってきた魂が、自由行動をしているような感じです。一緒に観光することもあるけど、別行動を取ってそれぞれに楽しんだり、また集団に戻ったり。

そしてまた、最後には皆で集合して、また宇宙に帰っていく…というような「ツアー団体さん」なのですね。

実は、このような団体ご一行は、お互いにあまり会わないように、遠く離れた国にわざと生まれたりするのですが、なぜか引き合って出会ってしまうこともあります。

そして、ご質問者様のように、そのツアー団体のお仲間同士で、恋愛感情を持つこともあります。

むしろ、こういうお相手には他の人には感じない普通でないような繋がりやご縁を感じるものです。

出会い方も強烈だったり、ありえないカタチだったりして、

もしかして、運命の人かも?!」なんて思ってしまうのですが、

やはりエネルギーが反発するのである距離からはお互い近づけないのですね~(TT)。

ご質問者様のように純粋に相手のことを愛している…でも、なかなかタイミングが上手くいかない、というのもこういう理由なのです。

今回の人生は、同じグループの“仲間”としてのそのお相手ではなく、他のグループの人に目を向けてみなさい、という意味なのです。

学校でも一定の期間が過ぎたころに席替えをしますよね。それと同じなのです。

慣れ親しんだ友達だけでなく、新しい人たちと交流を図りましょう!ということで、わたしたちは新しい出会いをするんです。

進化は、自ら新しい要素を取り込んでいくことです。

我々の魂の成長も同じです。

ただ、そういう「魂の旧友」とは細く長くのご縁が続くんですね。

そのご縁も大切に、新しい出会いに目を向けてみてください。

彼のことを愛していらっしゃっても、それは無条件の愛として、ずっといい形で持ち続けてください。

出会ったのは偶然ではありませんが、一緒にいられないのもまた偶然ではありません。

ご質問者様は、ちゃんと願望を打ち上げられていらっしゃいます。

>私の願いは、「自分が暮らしていることを、あたりまえにずっと側で見ていてくれる>存在があること」なんです。家族のようなものですね。そして、誰かにとってのそう>いう存在であることなんです。

そうです。望んでいらっしゃるのは「一緒にいられない相手」ではなく、「一緒にいられる相手」なんです。

自分と同じものだけではなく、新しいものに目を向けて楽しみなさい、ということなんですね。

SとSNとN じゃなくて、SとN のご関係を望んでいらっしゃるのです。

頑張ってくださいね!

ご質問、ありがとうございました(^^)

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

お能とゴマシャブ引き寄せました

おかえりなさーい(^^)♪ みちよです。

おとといのコーイチフォーラムは、コーイチさんのお話もさることながら、その後の懇親会でも、これまでにないほどのエネルギーが降りてきていました。

本当にありがたいことに、わたしは懇親会でもたくさんの方に囲まれてお話させていただいていたんですが(っていうか、コーイチお話会だってば(^^;))、

ま~、涙あり、笑いあり、感動あり(わたしの周りだけ?(^^;))の、素敵なひと時でした!

あの場でいろいろな想いをシェアさせていただいて、お話くださった皆さんには本当に感謝!です。

わたしのところには、とても大きなエネルギーが来ていて、そのおかげで、ミニリーディングとかいろいろなお話できていたんですね。

宇宙にも大感謝です!(^^)

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

昨日は面白い引き寄せをしたので、ご紹介しちゃいます。

以前コーイチさんが「今は時間の流れが速くなってきている」というお話をしていましたが、本当にその通り!という出来事でした。

昨日は、取引先の社長、Mさんとご飯を食べていました。

Mさんは、わたしの会社のトップとも親しい方で、これまで何回も仕事の場でお会いしている方です。

経営者向けビジネスセミナーを主催されるのですが、わたしにもなぜかよくお呼びがかかり、ちょくちょく参加もしています。

そんなわけで、Mさんとは長いこと知り合いだったのですが、うちのトップも抜きで、半ばプライベートで気さくなご飯を食べるのは昨日が初めてでした。

最初は、仕事の話をしていたんですが、話題がお互いの趣味にシフトした途端、Mさんの口からこんなセリフが飛び出してきました。

「僕ねぇ、今、能楽に凝ってるんだよねー」

最初、「ノウガク」が聞き取れなかったわたしは、

「へ? ロウキョク(浪曲)?」

と聞き返してしまいましたが(^^;)、“能楽”といえば、その2日前に、我が友、ぽにさんのレクチャーに参加して聞いてきた、まさにその“”です。

これまで長いお知り合いでしたが、これまでそんな会話などする機会もなく、昨日まさに初めて、Mさんがご自身の趣味をカミングアウトをされたのですが、それがまさか、わたしがおとといお話を聞いてきたばっかりの、覚えたてホヤホヤの“お能”だったんです。

実はMさんは、有名な京都の先生についてお稽古をしているほどの、お能好きな方でした。

それはそれは、

「お~~~~!引き寄せたー!」

って感じです。

ちょうど、ぽにさんからいただいたレクチャー会の資料がカバンに入っていたので、おもむろにそれらを出し、コーフン状態で聞きかじりの知識をひけらかしたのは言うまでもありません(笑)。

しかも、今度の土曜日に国立能楽堂に行く話しをしたら、Mさんも身を乗り出します。

「え~?何見に行くの? え、“ともえ”?! 誰が出てるの、それ?」

ってな具合です(^^;)。

Mさんは、まさかわたしがお能を知っている(?!)とは思わなかったらしく、驚いていたんですが、びっくりするのはお能つながりだけではありませんでした。

Mさんは、かつて在籍していた業界のご縁の中でビジネスをする“人脈の王”のような方なんですが、Mさんを取り巻く方々は、マスコミで取り上げられるような超有名企業の経営者なんです。

わたしは、お能というスピリチュアルな世界を堪能されているMさんに、思い切って引き寄せの法則の話をしてみたんですね。

Mさんは書籍としての「引き寄せ」は読んでいませんでしたが、“引き寄せの法則”と、波動の概念を、ちゃんと理解されていたのです。

そう言われてみれば、Mさんのまわりはいつもニコニコ笑顔の気さくな経営者ばかり。もちろん皆さん成功しています。

なので、そのお友達の名前を挙げては、「いや~○○さんの波動は高いねぇー」なんて普通に言ったりするのです。もちろん、ちゃんとそれを“感じとって”言っています。

言うなれば、Mさんは元々スピリチュアルな能力を持っている人だったのです。

そこからは、もう“引き寄せ談義”のはじまり、はじまり(^^)(笑)

延々3時間ほど、“お能”と“波動”の話で盛り上がりました。

…そしてもう一つ、わたしはその場で引き寄せたものがあったんです(^^)v。

その前日。。。。

コーイチさんが、わたしが昨日書いたような“嫌いのエネルギーの話しをしている時に、

「僕は「ゴマ」と「山椒」のアレルギーなんです」

なんていう話をしていたんですね。

昔は、ゴマと山椒が大好きだったコーイチさんは、今では真逆で、失神するくらいのアレルギーを引き起こすのだそうなんですが、

「昔はよく、ゴマダレのしゃぶしゃぶなんか好きで食べてて…」

と言っていたんです。

それを横で聞いていたわたしは、思わず

「ゴマシャブ、食いたい~~!(^^)!」

と、ゴマダレをた~~~~っぷりつけてしゃぶしゃぶを食べる絵を思い描いていたんです。(コーイチさんが見たら卒倒するかもしれませんが(笑))

…そうしたら、前述のMさんに連れて行かれたのがまさに

「しゃぶしゃぶ屋」さん(笑)。

…やりました(^^)v

もちろん、ゴマダレをた~~~~っぷりつけて美味しいお肉をいただきましたよ

…こんなわけで、昨日心に思い描いていたことが、今日叶っちゃったんです

時間の流れ、早っ!という感じです。

日本の伝統芸能だけど、お能を知っているという人に出会う確率って多くないはずなのに

(ぽにさん、ゴメン!(^^;))、連チャンでお能の話題に接していたわたし。

どうやら、思っている以上にご縁がありそう(^^)。

ますます今週のお能も楽しみです!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

お能の会&コーイチお話会【緊急お知らせあり】

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。

久々の更新になってしまいました(^^;)

おとといは、我が魂の友、ぽにさんのお能レクチャーに行きました。

昔、偶然見かけた神社で行われていたお能を見たことがあるんですが、幽玄でミステリアスな雰囲気に息を呑んだわたし。

でも、お能について詳しい説明を聞くのは、今回初めてでした。

資料も丁寧に作成してくれたり、解説も丁寧で、初めての参加者にも分かりやすーくお能の世界を伝えてくれました。

その感想は、

「お能って、結構スピリチュアル!」

こないだわたしがブログで書いた「サイキックアタック」のような世界で、恋に焦がれた女性や、未練を残した死霊・生霊が苦しんでいる姿だったり、怪物をやっつけたりなど、仮面ライダーの世界にもつながる(?)ワタシ好みのストーリーもあり(^0^)、なかなか興味深いんです。

ぽにさんのブログ 'A'ala Na Pua - 花の香り

来週はいよいよ本物のお能を見に行きます!

今からとっても楽しみです(^^)v

そして今日は、おなじみコーイチさんのお話会に参加しました。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

【急遽決定!】 コーイチお話会 あさって2月11日(水) 追加決定です。

受付開始2日で満席!だった今日のお話会に来れなかった方のために、急遽、追加のお話会を催されます。

日にちが迫っていますので、お早めに!

お申し込みは、はやけんさんのサイトからお願いします。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

今日のコーイチさんのお話はこんな感じでした。

かつて愛煙家だったコーイチさん。

だんだん肩身の狭い思いをするようになり、タバコはすっぱりやめ、今では嫌煙家です。

それが「タバコが嫌い」と思ってると、なぜか、行く先、行く先で、タバコの煙が集まってくると言います。

またある日。

電車で足を踏まれ、痛い思いをしたコーイチさん。

後日、また電車に乗っていると、ピンヒールの女性が前に立ちました。

「またあんな痛い思いをするのは嫌だなぁ~」と思った60秒後。

そのピンヒールで、足をぎゅ~~~~っと踏みつけられました!

…以前の100倍ほどの痛さで(^^;)

と、こんな感じで、人はネガティブなものに焦点を当てていると、それが倍になって寄ってくるのです。

タバコが好き だったコーイチさんは、一気に間逆の タバコが嫌い な人になったんですが、

実はどちらも、方向が逆なだけで、同じくらい大きいエネルギーなんですね。

わたしも以前に書きましたが、愛と憎しみは表裏一体

Love & Hate です。

例えば、「あの人、嫌い!」と言っていても、逆に「あの人好き好き~」と言っているのと同じ現象が起こってしまうんですね。

しかも、嫌い、とかイヤだというネガティブなエネルギーは、むしろポジティブのそれよりも強く働きます。

「嫌い」と言うだけで、それが、強烈なラブコールになってしまうのです!!

コーイチさんは、タバコに対して「嫌い!」というエネルギーにフォーカスしてしまったので、嫌いなものがドドドっと押し寄せてきてしまったというわけだったのです。

それでは、そんなネガティブな引き寄せをしないためには、どうすればいいか。

嫌いなものは、無理に好きにならなくてもいい。

嫌いな理由も探さなくてもいいんです。

解決策は、嫌い じゃなくて、少しだけ好き になってあげることだと言います。

少しだけ好き になっていれば、その引き寄せの力も、嫌い嫌い~と思っているときより和らぐからです。

これは、引き寄せの法則で言うと「物事のポジティヴな面を探して、転換する」ということと同じなんです。

そして、嫌い…という感情を向けたものは、好きの何倍も強く引き寄せるのです…。

…今日のコーイチさんのエネルギーは、いろんな話題をザッピングのようにコロコロ変えながら話ていたので、これ以外にも、宇宙人の話などもあり!たくさんお話されていたのですが、全部は書ききれないので、一つだけご紹介しました(^^)

まあ、今日はいろんなエネルギーがコーイチさんに降りていたことっ!!

コーイチさんのチャネリングは、その時に集まった方々の波動で内容が全然違うので面白いです(^^)

11日の追加お話会では、どんなお話になるんでしょう~?

今日のレポートを読んで興味が出てきた方は、どうぞ11日にお話聞きに行ってみてくださいね!(^^)

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土)

自分を楽しめる人は引き寄せられる

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。

仕事で部署移動があり、実は今月から責任者になりまして、ここのところ忙しいのです~。

普通だと、平社員→主任→係長→課長

のようになると思うんですけど、

わたしの場合は

平社員→課長

と、訳がわからないことになっております(^^;)(笑)

この不景気で、企業も気合を入れて乗り切るということで、あらゆる方面でスクランブル体制なんですね。非常事態の中では、こういう昇進もイレギュラーでもないのかもしれません。

これは全然意図して引き寄せたわけではないんですけど(^^)、会社のトップが理解があるので、今までも自然とこういう責務を任されることが多く、企業人としてわたしはとっても恵まれています。

実は、うちのトップには、わたしがこんなブログを書いていることは伝えてあるので、わたしが会社外でどういうことをしているか知ってるんですね。

ちなみにわたしは霊能師だと思われています(^^;)(笑) 

まあ、いいんですけど。何でも。

でも、役職もらったところで、むしろ帰る時間が遅くなりがちなので、ブログ更新に影響がぁー!(; ;)

もし、アップが遅くなっても、きっと残業してるんだと思ってお許しください(笑)

…そして最近、内輪ではちょっとづつ喋っていたんですが、

今度、“みちよのお話会”やってみたいなぁ…と思っていたんです。

天使の世界とか、ブログに関連したような日々幸せに感じられるエッセンスのようなものを、最初は2、3人でもいいから集まってお話できればなぁ~と考えていたんですね。

女の子(あ、男性ももちろんウエルカムなんですが(^^))たちが集まって、ケーキとお茶をいただきながら、心がほわーっとするようなお話ができればいいなぁ、と。。。。

…そうしたら、早くも願いが叶ってしまいました!!!(^^)

去年、にしきさんも講師でお話された“楽喜囲”主催のなべGさんが『運勢向上委員会』を発足され、3月22日(日)に、そのセミナーで講師のひとりとしてお話することになりました!

テーマは…ヒミツ(^^) なーんて、まだ決まったばかりで、どんなことお話するか決めてないのですが、詳細が決まり次第、ブログでアップいたしますので、是非ご参加ください(^^)♪

こちらはちゃんとしたセミナーですので、ケーキは出ないと思いますけど(笑)、ケーキ・お茶つきの「みちよのお話会」も現在計画中です。ケーキ好きな方は、どうぞこちらにもご期待くださいね♪

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

さて、今日は引き寄せのいいお話を読者の方からいただいていましたので、そちらをご紹介します。

いつもコメントを下さるりーさんから、先日こんなエピソードを教えていただきました。

りーさんは、『引き寄せの法則 エイブラハムとの対話』を読む前に、『ザ・シークレット』を読んでいらっしゃったんです。その時の出会いのお話です。

私が昨年9月末に引き寄せの法則の本(「ザ・シークレット」)に出会ったのもある方との出会いがきっかけでした。

美容院でたまたまお隣にいらした女性が海外旅行に8回も当選しているって話していて、その方が薦めてくださったのです。

「応募したら、観光ガイドの本を買ってきてスーツケースにパッキングして、ワクワクしてたらいいの!それが秘訣よ!」

と教えてくださいました。

しかも、その方は近所(関東)の方ではなく、東北の方でセミナーにこちらに来ていて時間があったから来たようでした。

私は美容院を出て、すぐに書店に行き本を購入しました。

…恐るべし、海外旅行当選8回(^^;)

でも、その方がおっしゃっていることは、まさに「引き寄せの法則」ですから、うんうん、そうそう!とうなずきながら読みました。

「すでに叶ったと思って、ワクワクする」

というのが、引き寄せのエッセンスだと知っていましたが、さすがに、スーツケースにパッキングするところまではやらなかったなぁ、と脱帽しましたよ。

これをわたしの『絶対彼氏(彼女)』の法則(?)に当てはめるとこうなります。

彼氏ができたと思って、一緒に行きたい場所の情報を集める。

そのデートに着ていく洋服を上から下まで揃えておく。

一緒に見たい映画のチケットをペアで買っておく。

という感じです。

どうでしょう? より「ワクワク感」が増してきた気がしませんか?

実際に、「すでにそうなっている」という感情を持つことが先決なんですけど、こういう演出をすると、さらに実感としてその雰囲気をリアルに感じられる、というところがミソです。

ただ、「パートナーを引き寄せたいから」と、ただやみくもに観光スポットの資料を集めたり、全身コーディネートも、「これをしなければ、彼氏(彼女)ができないから!」と無理にやってみても、効果は期待できません。

その時その時で気分がいいこと が前提なんですね。

その準備段階から、すでに心がルンルンになっていることが大事なんです。

りーさんが美容院で会ったという、海外旅行当選8回の方は、そういったことを自分で楽しみながらされていたんですね。

「こうしないと当たらないから」とかじゃないんです。

旅行パンフを見て

「あー!わたし、絶対ここに行ってみた~い」

とか、

スーツケースに旅行の荷物を詰めながら

「あそこに行ったら、こーしてあーして…。あー楽しいなぁ~!」

とウキウキした気分でいると、宇宙がその通りのことを目の前に見せてくれるようになるんですね。

何も起こっていない時点で、すでに楽しんでいらっしゃる。

その時点ですでに、十分自分を楽しんでいるのです

なので、この方は、生まれもって「自分を楽しむコツ」を知ってらっしゃる方なのだなぁーとお見受けいたしました。

こんなツワモノから、直接教えをこうむったりーさんも、またすごいんです!

次々と、引き寄せ体験をされていらっしゃいます。

どうやら、その方とは偶然美容院で会ったわけではなかったみたいですねー(^^)v

このお話を教えてもらって、『絶対彼氏(彼女)』がパワーアップできましたよー。

皆さんも、このエッセンスで是非お試しください!

りーさん、素敵な出会いのシェア、ありがとうございました(^ー^)♪

| | コメント (26) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

天使がくれるシンクロニシティ

おかえりなさーい(^^)  みちよです。

最近ライダーマスターとして、「仮面ライダー」ネタを書いていなかったので、そろそろ…と思っていたら(笑)、昨日のブログのコメントでpiano♪さんから、まるで予知されたかのように、ライダーネタで書き込みいただきました!

ウ・レ・シ・イ(^^)♪

今年の新番組『仮面ライダーディケイド』は、平成ライダー10周年ということで、無理やり過去の9作品のライダーを全員集合!させたお祭り企画です(^^;)。

こないだのTV朝日50周年の番組で、SMAPの稲垣吾郎くんが演じていた「仮面ライダーG」にも、石森章太郎プロの全面バックアップで、その歴代&現役ライダー10人が総登場してたんですね(吾郎が結構笑えた~!(^0^))

piano♪さんは、この10人ライダーに吾郎扮する「G」が励まされて勇気を出す姿を見て、

「まるでハイアーセルフだわ…」

と感じたそうです。

そうそう♪ 何を隠そう(隠してないケド(^^;))、わたしも吾郎のように“心の仮面ライダー”に励まされている一人なのですよ~。

戦いの後ろにはがあって、勇気もあって、そして希望もあるのです。

「誰かの笑顔を守る」 そのために戦う決意をしたライダーがいたり。

自分自身を見失っていた主人公が、仲間のために戦っていく中で、自分の本当の姿に気づいたり。

愛を知ってしまったがゆえに、自分の正体を隠しながら戦い続ける敵ライダーがいたり。

そういった、それぞれのキャラクターの思いを受けて、わたしも愛をもらったり、励まされたり、希望を見せてもらったりしています。

今はスカパーで、クウガ、アギト、龍騎の再放送を見ていて、

TV朝日で、ディケイド

週4本の仮面ライダー生活…(笑)

 

ハイアーセルフへの応援も完璧です(^^)v

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

最近いただくメールやコメントで、皆さんから“シンクロ”のご報告をよくいただいています。

シンクロ=シンクロニシティ 「共時性」 と呼ばれますが、一般的には関係性のある物事が起こる現象<偶然の一致>のことを言ったりします。

「同じゾロ目の番号をよく見ます」

とか

「みちよさんのメール(ブログ記事)の内容が、今の状態にぴったり合っていました~」

などです。

今日は、皆さんの参考になるかと思いまして、わたし自身のシンクロの話をしますね。

わたしが以前お付き合いしていた“ダメダメ男”さん

彼は小さな自営会社の社長でしたが、50歳を過ぎたというのに仕事にも目標はないので、何をやってもうまくいきません。

天才的な頭脳を持っていながらも我の強さが災いして、仕事が上手くいきかけても、8合目まで来て自分で全てをぶち壊すような人でした。

子供のように我がままを通すことは上手で、10歳以上も年下のわたしが母親のように面倒を見るような関係でした。

三角関係だったその人の相手からは、生霊を飛ばされてサイキックアタックを受けまくり、心身ともに大変辛い思いをしました。

別れ話をすると

「愛しているから信じてくれ。必ず迎えに来るから」

と言ってきましたが、実際は何も行動することもなく、わたしの辛さにも知らん振りです。

わたしを大事にする…というよりは、誰かがいないと寂しいから、という意味合いに近かったのかもしれません。

もちろん楽しいこともありましたが、それと同じくらい辛くて泣いていた時間も長かったのです。

辛くても堪えていたのは、今思えばエゴ以外の何でもないのですが、わたしの愛が彼を変えられるかも…そう願っていたからです。

結局、わたしたちは3年もの長い年月を過ごし、精神的な病気だった彼は、ある日、自動的にわたしの元から去りました。

わたしからしてみれば「今までの時間は何だったのよ~?」というような喪失感で一杯で、しばらく立ち直ることができず、それこそ“無気力”な状態が続きました。

当時のわたしを覚えている人に聞くと、毎日「死にそうな顔」をして歩いていたようです。

そんな中、奇妙なシンクロを経験しました。

ある時、会社に珍しく車で出勤した時。。。

途中の街道沿いに、葬儀場となっているお寺があります。

そこで目撃したのが、「故 ○○ ○○雄 葬儀会場」という、彼の名前と「たった一文字違い」の人のお葬式の案内看板でした。

わたしは腰を抜かすほど驚きました。

というのは、彼の姓名は、あまり多く見かけない珍しい部類に入る名前だったからです。

普段、電車通勤のわたしが、たまたまその日に車を走らせてその場所を通り過ぎたから目にした光景ですが、本当にぞっとしました。

また、別の日。。。。

仕事関係の人間と車で移動中、車が信号待ちで止まりました。

わたしの座席側の窓の外に立っていた物憂げなホームレスに目が留まって唖然としました。

なぜなら、そのホームレスが彼とそっくりだったんです!

身なりは汚い感じですが、顔の造形、表情、髪型…基本は何もかも同じ!

またもそこで、腰を抜かしそうになったわたし(^^;)

普通に街を歩いているそっくりさんならわかりますけど、あえてホームレスの姿で“そっくり”である必要があるのだろうか…。

当時は、これらのシンクロの意味がまったくわからず、何なんだろうと考えていましたが、今ではよくわかります。

辛いお付き合いだったとはいえ、エゴにまで到達するくらい深く愛してしまっていたわたしは、無意識に居なくなった彼の姿を追い求めていたんです。

心が彼を求めて彷徨っていたんですね。

それは全て、そんなわたしに天使が教えてくれてたメッセージだったんです。

彼を象徴するものを、あえて“ハッピーでない”形で見せることによって…。

彼がもうすぐ死ぬ、とか、ホームレスになる、という予言ではないんです。(まあ、それに遠くない状態だったかもしれませんが…(^^;))

お葬式は、わたしの中で死んで(停止して)しまった感情を表していて、

ホームレスは、わたしの彷徨う気持ちを表していたんです。

天使が、彼の姿を追い続けていることに、“ハッピーではない”わたしの内なる存在からのサインを伝えてくれていたんです。

もし、あのまま付き合いを続けていたとしても、わたしの中で何かがどんどん死んでいき、気持ちは彷徨い続けることになっていたでしょう。

それが理解できてから、しっかりと内にある自分自身と向き合えるようになりました。

そういったことも乗り越えて、新しい彼もできました。

『絶対彼氏(彼女)』というのは、こういった辛い経験を全てひっくるめて完成したリストだったりします。

この経験がなければ生まれなかったアイデアです。

全ては起こるべくして起こっている、ということを教えてくれたんですね。

…こんな感じで、シンクロって、ちゃんと意味があって起こっています。

その時、目にした、耳にした、文字で読んだ「ハッとするような」物事は、偶然にあなたの前にやってきているのではないのです

天使は、あえて分かりやすいキーワードやイメージを選んで、一生懸命あなたに知らせしようとしています。

誰かのブログを“偶然”読んで、まるで自分のことが書かれているように感じることがあったりするのも、実は“偶然”ではありません。

前述の仮面ライダーを“たまたま”見て、ハイアーセルフに気が付いた、というのも“たまたま”ではないんですね。

気づきとの出会いは、天使が演出してくれています。そしてその意味は、あなたが内なる存在と向かいあうことで初めてわかります。

偶然…と思って受け流してしまわず、「このことがわたしに何を意味しようとしているのかしら…」と心に聞いてみてくださいね。

天使はあなたが気づいてくれることを願っています。

きっと何かひっかかってくるものがあるはずですよー(^^)♪

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

無気力からいい気分になるには…?

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。

最近、山、川、海など、今までそれほど足を運ぼうと思わなかった場所に積極的に出かけています。

「自然が呼んでる~!」と思うと、衝動的に車を走らせているのです。

こないだは、川へ遊びに行ってきました。

多摩川の上流生まれ&育ちのわたしとしては、川なんて全然珍しいものではなかったんですが、今は川も山もない場所に暮らしているので、わざわざ足を運ばないといけません。

水辺とは縁がなくなって二十年くらい。

水の流れる音と、川が運んでいる空気、それに藻の匂いが、子供の頃よく遊んだ時の記憶をよみがえらせてくれます。

昔は何も分からずに、ただ「そこに水が流れているのが川だ」、としか思っていませんでしたが、今は、水辺のエネルギーをちゃんと感じます。

水自体は冷たいんですけど、不思議と温かさとパワーを感じるんですね。

全てを洗い清め、潤いを与えてくれる水。

時には、山を崩し、鉄も腐食させる水

そんな、水の優しさと力に浄化とパワーをいただいて帰ってきました(^^)

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

さて、今日もご質問にお答えします。

「いつも、いい気分でいることが大事!というのは分かっているんですが、気持ちが高まらず、なかなかうまくいきません。いい気分でいるにはどうしたらいいですか?」

というご質問を何人かの方からいただきましたので、代表してこちらのご質問への回答を掲載させていただきますね。

わたしは自分で計画して行動したことが実行できなくなったとき、悲しい気持ちになるんです。

どうしていいかわからなくなり しんどくなり 無気力になります。

にしきさんが普段ブログでおっしゃっている感情のスケールで 少しづついい気分へ意図的に移していくということを心がけたいって思っているんですが、

現実(思ったことがうまく運ばない、パートナーがまだ見つからない仕事がまだ見つからない)に目を向けてしまい 今は「無気力」状態なんです。

この無気力からいい気分になるにはどうしたらいいでしょうか?

はい、ご質問ありがとうございました(^^)

まず、お悩みにあります“無気力”についてご説明しますね。

無気力…というのは、何も感じない状態に思えるので、感情のスケールでもゼロ地点、何かしらの感情も無いように見えますが、実は“無気力”というのは、一種の表現なんです。

>自分で計画して行動したことが実行できなくなったとき、悲しい気持ちになるんです。

>どうしていいかわからなくなり しんどくなり 無気力になります

となってしまうのは、ご質問者様が、ご自身が計画していた通りにいかなかったことへの反応として、自分自身を無意識で責めてしまっているからなんですね。

ご質問者様のエゴが、怒りや悲しみを誰にもぶつけない代わりに、ご自身の本質に対してクレームをしているような感じです。

エゴが

「物事がうまくいかないのはわたしの運の悪さのせいだ」

などと言って攻撃しているのです。

エゴが苦しめるから、ご質問者様の内なる存在は萎えてしまって「無気力」という表現をしているのです。

では、その無気力という表現に気づいたら、どうすればいいのか。

無意識に自分自身を責めていることを認識して、手放してあげればいいのです。

「あ~わたしが今無気力なのは、内なる存在がしょんぼりしているからなんだなぁ。よし、わたしは自分で許して愛してあげよう。」

というように、口に出して言ってみてください。

気力がわかない=無気力の時に、わくわく、いい気分になりなさーい、というのは、難しい話です。

先日も書きましたが、真冬の朝に、エンジンをかけたばかりの車で、今すぐ時速100キロに加速しなさい、と言っているようなものです。

無気力というのは、悪いものではありません。

内なる存在からの立派な表現の一つとして捕らえて、内側に向けているネガティブな感情に気づき、それを解き放ってください。

物事が計画通り進まなかったとしても、それは森羅万象のなすことです。

全ては起こるようにして起こっています。

宇宙が見せてくれるものを驚きとともにそのまま受け取るようにしてください。

「あー今回はそうきたのね~、ふーん」

というような具合に。

そうやって余裕を持って、世の中・自分のことを見られるようになると、今起こっている物事に対して違った目線で見えるようになってきます。

そうなると、もはや怒りの感情を持ったり、悲しむこともなくなります。

むしろ、宇宙に対してオープンマインドになって、次に起こる物事をポジティブに捕らえられるのです。

すると、すでにそこの時点で“ワクワク”が始まっています!

「宇宙は次にどんな展開を見せてくれるのかしら♪」

となるのです。

…不思議ですね(^^)

これは、エイブラハムでいう 転換 ということですが、わたしは心のマジックとも呼んでいます。

心のマジックを楽しみながらワクワク・いい気分になっていってくださいね♪

ご質問、ありがとうございました(^^)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

宇宙は全てそのまま現実化する

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。

前回の記事のレスポンスで、柊さんへの励ましのコメントをたくさんの方からいただきまして、ありがとうございました!

改めてこのブログが、読んでくださる方の温かな気持ちが集まっている場所なんだな~と感じました。

読者さん同士、直接の交流はないにせよ、わたしの文章がきっかけで、同じ想いをシェアしていただいていることには変わりません。

このBREATHWISEが、今ではすっかり皆さん同士の“心の交流場所”になっているんだな~と感じました。

なので、いつもの「こんにちはー」とか「こんばんわー」とかのご挨拶も、

「おかえりなさい♪」に変えたいと思います(^ー^)。

皆さんの波動でわたしも温まっていますよ~(^ー^)

いつもありがとうございます♪

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

今日もご質問にお答えしますね。

以前読んだドリーンの本に「お願いする時は内容が全て天使に伝わるように気をつけなければならない」という旨の内容が書かれていました。(エンジェルヒーリングのp159の内容です)

簡単に内容を説明しますと、ドリーンがある日、空港の手荷物受取所で荷物が早く出てくるようにお願いした。

結局、それは実現して確かに早く出てきたのだけれども、4つの大きな荷物が全て同時に出てきてしまったため、一度では全て回収できず、もう一回転するのを待つはめになった。

そこでドリーンは次にお願いする時はもっと注意を払おうと学んだ。。という内容です。

これを読んで以来、天使にお願いをする時に誤解を招かないように言葉使いに気をつけたりして注意深くなることが時々あります。

でも天使は私達がお願いしている内容を言葉という媒体を通さなくてもわかってくれるはずだから、そんなに注意を払う必要があるのかしら??とも思うのですが、みちよさんはどう思われますか?

みちよさんのブログを読み始め、天使がいつもサポートしてくれているんだという実感が増し、日々心強く生きれる今日この頃です。:)

ご質問と温かいメッセージ、ありがとうございましたー(^^)

まず、最初にお伝えしたいのは、“全ては波動で成り立っている”ということです。

言葉や呪文が引き寄せるのではなく、その思考による“波動”が同じ振動波形を持つ波動を引き寄せるのです。

わたしたちがよくやりがちなのが、

「漠然とした思考(=願望)を持ってしまう」

ことです。

なんとなーく、あいまいに願いを思い描くと、そのまま、

なんとなーくあいまいな」形で願望が叶えられる、ということがあります。

たとえば、過去のわたしの例を出すと、

「異性とのお付き合いで楽しみたい!」と思っていたら、その通り、“楽しめる”相手ではあったけど、不誠実で仕事にもいい加減な人だったり、

今度は「真面目な人」と思って、その通りの人が来たのはいいのですが、確かに真面目ではあるけど、楽しむ感覚よりも、地味で清貧を重んじる人で、全然楽しくなかったり…(; ;)とか。

まあ、どんな出会いであれ引き寄せであれ、全て学びになりますので、どれも無駄ではないのですが、そうやっていろんな「なんとなーく で あいまい」な願望を持つと、結構その通りになっているのです。

年末に、チャネラーのコーイチさんのお話会でも同じことをお話されてましたね。

これは、手に入るものが全部、元の半分になっていく宇宙の“半半ゲーム”をしていたと気づいたコーイチさんが、今度は「わたしは二倍受け取ります!!」と宇宙に宣言した途端、本当に何でも二倍やってきたけど、自分が欲しくないものまで二倍でやってきた、というお話でした。

…最近聞いた余談では、「二倍受け取ります」事件の時に購入した携帯がなぜか1ヶ月で壊れ(笑)、同じ製品をもう一ついただいて2個になった、しかも、その時に何気にデュアルナンバーにしたから、気づいたら番号も2つ持っていた…というオモシロイ話をしていました(笑)

そういったわけで、宇宙って、本当に正直なんです。

思い描いたことがそのまま形になって目の前に現れるんです。

言い換えれば、自分の波動の形と同じ波動ものが調和して、そのものが現実となって具体化する…ということです。

だから「なんとなーく、あいまいに」何かを思考していたとしても、

その通り、「なんとなーく、あいまいな」現実化をしてくれちゃうんです。

なので、ドリーン師匠が言っていることは、まったくその通り。

これはまさにエイブラハムと同じことを言っているのです。

自分の思考には十分注意を払っていけばいいのです。

この 波動 のお話はまた機会を改めてきちんと書こうと思いますが、

自分も含めて、宇宙もこの三次元も全てが 波動 だと気づくと面白いですよ。

今、わたしの周りにはとてもいい人たちが集まっているのですが、これもわたし自身が今とてもいい状態になっている、と教えてくれているんですね。

そういったことも含めて、わたしは今本当に幸せなんです。

これまで経験したことのないくらいに幸せで豊かだなーと感じています。

だから、同じく幸せな人、豊かな物事が周りにやってきています。

そして、わたしのこのブログも、とーっても幸せです(^ー^)♪

皆さんに愛されて、こうやって毎日多くの方に見てもらっていますから!

そしてまた、見てくださっている読者の方が、もし、このブログに何か ポジティブな波動を感じてくださっているのであれば、それは、すでにあなたの中にあるものなんです。

気づいてくださいねー。

すべては波動なんですよ♪

あいまいな願望を何度か繰り返してくると、自分が一番欲している願望がだんだん輪郭を帯びてくるようになりますから、こういったあいまいな引き寄せも、無駄ではないんですよ~。

むしろ気づきを得られるいい機会と捕らえてくださいね。

ご質問、ありがとうございました(^^)

| | コメント (21) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »