« 天使のサポートを受けるコツ | トップページ | 結婚はトキメキ?条件? »

2008年12月19日 (金)

エゴの話

最近、わたしはいろんなものを引き寄せています。

タクシーを拾ったら、運転手さんは超がつくくらい丁寧で、まるでご主人様を送迎する専属運転手のような対応。

前からファンだった俳優の高橋克典さんには、仕事の関連場所をロケで使用したので生でお目にかかれ(!)

甘いものが好きなわたしの元に、次々にお菓子のプレゼントなどが舞い込み、も~幸せ!と思っていたら、なんと体重まで引き寄せてしまい(笑)、○キロオーバー(TT)。

大変、やせなきゃ~と思ったのもつかの間…。

昨日は、冬の寒い雨の中、温かいものが食べたくて、ついラーメン屋ののれんをふらっとくぐってしまいましたー(^^;)(うう懲りないやつ…)

そのラーメン屋ではちょっとだけ面白い出来事がありました。

雨の夜、閉店前の店内はガラガラ。お客はわたし一人だけでした。

8名ほど座ると満席になる小さなお店で、わたしは一番奥のカウンター席に座りました。

一人、湯気の立ち込める店内でラーメンを食べはじめると、

このラーメンを食べ終わるまでに、あと3、4人入ってくる。少なくても3人。

という感覚と、お客さんの姿のビジョンが浮かんだのです。

その時点では、すでに閉店10分前です。裏通りにある小さなラーメン屋で、どうしてそんな感覚になるのか自分でも不思議でした。

そうこう考えているうちに、

「ガラガラ」  「へい、らっしゃい」

と、扉を開けてお客が1名。

あ、やっぱり入ってきた。また来るぞーと思いながら麺をすすっていると、また

「ガラガラ」  「へい、らっしゃい」

と、また1名。

その頃は、もうワクワクして、次に入ってくるお客さんに確かな感覚がありました。

ほとんど食べ終えて、最後の半熟卵を食べようとしたら、

「ガラガラ ガラガラ」  「へい、らっしゃい」

と次のお客。今度はカップルで、いっぺんに2人。顔を上げて見ると、全員わたしの心の目に映ったままの配置で座っているのです。

こうして、わたしがラーメン一杯を食す間に、わたしが見た通りのお客さんがちゃんと入ってきて、お店は急に忙しくなりました。

わたしが見た「3、4人で、少なくても3人」というのは、3組で4名ということだったのかと、ラーメンを食べながらニヤニヤしていました。(店のおやじは変な客だと思ったに違いない)

こんなの当ててどうすんのよー(^^;)と思いながらお店を後にしたんですが、空いているお店に入って急に込み出すのは、その時の自分の波動がいいので人を引き寄せている、ということなんですね。

体重はこれ以上引き寄せたら困りますが(笑)、こういうのは自分の波動をチェックするバロメーターだなぁ。。。と思いながら帰ったのでした。

皆さんも試してみてください♪

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。゜

さて、先日も少し触れましたが、今日はエゴについて書いてみます。っていうか、天使がこれをどうしても書けと言うんです。

エゴ…

はっきり言って、まったくいいイメージありませんねー。多くの人は、

エゴ=我がまま

というような感じがするのではないでしょうか。

エゴって、悪いものっていう思いがありますけど、エゴも当然ながら自分の一部だったりするのですね。

高次の意識=ハイアーセルフ

低次の意識=エゴ

ということなんですが、スピリチュアルな視点から言いますと、地上で肉体を持って生まれた人間には、両方ともあって当然だったりするのです。

天使道を行っているわたしは、それはそれは毎日スピリチュアルなことを考えて、夢と霞を食べて生きる聖人のような生活を送っている???ようなイメージかもしれませんが、全然違います(^^)

わたしにだって、エゴはちゃーんと顔を出しますよー(笑)

そりゃ、一般社会人ですよー。社会の中で揉まれ、日常ではいろんな感情がうごめくことだってあります。

でも、そういうとき、わたしはどうしているのかと言いますと、

エゴが出てきたと気がついたら、そこで手放すようにしています。

エゴが出たことの原因を探ったり、エゴを持ってしまったことを攻めるのではなく、気づいたらその場で天使に持って帰ってもらうのです。

例えば、上司に理不尽な説教を食らったとき。。。。

わたしだって正直「こんちくしょ~」と思いますよ(笑)。

でも、それを認めるのでも、その感情に罪悪感を持つ必要はないのです。

それを感じたとき。

「あー、またエゴが顔を出しちゃったなー、天使お願ーい。ポイッ」

っと、ただ手放してしまえばいいのです。

よく、心理学やスピリチュアル系の本などに、

エゴを飼いならせ、とか エゴと仲良くしよう

なんて書いてあって、そのハンドリングのしずらさで、腫れ物に触るような扱いをされている厄介者のこのエゴちゃんですが、わたしはむしろ、飼いならすことも、仲良くする必要もないと思っています。

逆に、エゴを捨てないといけない、とか、エゴを持っているのは愚かだ…とか、そういうことでもないんです。

エゴも含めて自分。

だってそれは…

人間だもの

…相田みつをさんの世界です(^^)

これって、本当にいい言葉だと思います。

エゴを恥じる必要もなければ、無理やり封じ込める必要もない。

エゴが出てくることにいちいち悩む必要もない。

だって人間だものっ(^^)!

愛されてない気がしたり、失敗を恐れたり、攻撃的だったり、不安だったり、欲張りだったり、競争に意義があるとか、自分は足りない人間だ、という感情。。。。。

人間だから、生きているとどっかで必ず芽生えてしまう感情。。。。。

むしろ、「あーこれがわたしのエゴなんだー」と自分で気づけるなら全然問題ないのです。

こういったエゴに飲まれてしまわず、その見極めさえできればそれでいいのです。

逆に

愛してるよー。君にはできるよー。仲良くしようねー。守られてるよー。みんな幸せなんだよー。みんな平等だよー。このままでいいんだよーという内なる声。

エゴが出てくるから、その反対のハイアーセルフの声がはっきりと尊く感じる。これもコントラストです。

エゴを見つけても、それを含めて自分なんだ、と気づけるようになると、世界を違う目線で見られるようになるのです。

こうやって違う目線で見られるようになった先に、真のスピリチュアリティーがあるのです。

よく、精神世界を知りたいという人で、山にこもって仙人のように瞑想するだとか、スピ系の本を片っ端から読み漁って、パワーストーンをむやみに買いまくっている人がいますが、実はそんなことはあまり重要ではないのです。

むしろ、

精神世界とはまったく縁のなさそうなベタベタな一般社会の中に身を置き、その中で他人や自分のエゴに出会ったときに、そこから何が見えるのか…

ということを意識していくほうが、本当の意味でもスピリチュアリティーの高まりは早く訪れるのです。しかもお金はかかりません(笑)

本当は、まさにこの世(社会)、何でもないように見えるこの日常こそ、真のスピリチュアル・ワールドなんです。

なので、エゴが生み出す感情にいちいち飲み込まれてしまうのではなく、エゴだと気づいたら手放す。日々身の回りに起こることをそういった目線で見られるようになると、自分自身の姿がちゃんと見えてくるのです。

…ただし、エゴに支配されている人はこういった声が届きません。

「これはエゴだよー」とハイアーセルフがささやいても、それを攻撃だと受け取り、防御姿勢に入ります。

エゴに支配されてしまうと、周りやその人のガイドがいくら導こうとしても、エゴはまったく聞く耳を貸しません。むしろ反対に、そういった忠告すら、自分に都合のいいように解釈します。

自分に都合がいい状態、とは、エゴの温泉につかってゆったりのんびりするがごとく、そこから出てこない感じです。そこでは自分<エゴ>が優位に立っていられるからです。

自分のエゴを生きる大義名分にするのです。

たとえそれが本来の幸せから外れた方向であっても、です。

わたしは霊能師ではありませんが、多少の霊感がある人間として、お悩みなどの個人的なご相談にもそういった感覚を使ってお答えしているのですが、中には、せっかく「コレを伝えて」と天使が言ってくる言葉を聞き入れられない方もいます。

むしろ、自分にとって都合の悪いことは認めたくないので、エゴにとってそれは当然のリアクションなのです。

エゴに支配されていることで、日常生活で多大な生きづらさを感じるでしょうが、実はそこから見えることもあるのです。むしろ、なんでここまで生きづらいのか、をご自身で気づく以外にエゴの支配から逃げる方法がないのです。

曲がり角という角にゴツゴツぶつかって、天に吐いた唾を自分でかぶりながら、

「何で自分はいつもこうなるんだろう」

ということを考え、理解していくのです。

それも大事な学びなんです。むしろ邪魔はできません。

もし、皆さんの周りにそういう人がいたら、実際的なお手伝いは難しいかもしれませんが、意識の中でいいので愛で包んであげるようにしてください。

時間はかかるかもしれませんが、エゴの支配は愛の波動でやわらかくすることは可能だと思っています。

また、こういう人が目の前に現れるということは、ご自身のエゴをあえて鏡のように見せるために引き寄せている場合もあるのです。その時は、一度ご自身のエゴに目を向けてみてください。

…わたしの天使があえて今回のトピックにエゴを選びました。

ちょっとシビアなことを書きましたが、これも幸せな人生を生きるにあたって大事なことなので外せないないのです。

天使は、エゴはそれ自身を持ってしまうのが悪いことではなく、大事なのはそれに気づくことだと言っています。罪悪感を持つ必要はありません。

そして、気づいたら手放す。それでいいのです(^^)♪

次回は、コメントに寄せられたご質問にお答えします。

|

« 天使のサポートを受けるコツ | トップページ | 結婚はトキメキ?条件? »

スピリチュアル」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

精神世界」カテゴリの記事

コメント

みちよさん、こんにちは。今回のエゴのお話もとっても興味深く、うんうんと頷きながら読ませて頂きました。
今では少しマシになったと思いますが、以前は相当ガッチガチのエゴの鎧を身にまとって生活していました。
・・・ということを今回のお話ではっきりと自覚した訳ですが(笑)
今でもエゴは私の悩みの種だけれど、悲観的にならずに丸ごと受け入れ、上手に手放せるようにしていきたいと思います。
読んでいて心がほぐれました。みちよさん&天使様に今日も感謝です^^

投稿: 春梅 | 2008年12月19日 (金) 12時04分

目が覚めました!そういうことだったのかー!
エゴにがっちんがっちんに縛られていたのですが
今日のブログのタイトルが目にとまり、
「あれ?こういう感情ってエゴ?」と気がついたのです。
ちゃんと読んでみて、納得納得!
早速天使さまにエゴちゃんを持っていっていただきました。
みちよさんのブログに出会えたことを心の底から感謝いたします!!!天使さま、ありがとう!

投稿: オープンハーツ | 2008年12月19日 (金) 13時47分

みちよさん、こんばんは。
少し前の話ですが、「天使って何?」を読んですごく良くわかりました。私はあの姿も天使という言葉も大好きなので、そのようにイメージさせていただこうと思いました。好きなイメージでいいなんてうれしいですね。天使の羽も、何か特別な特徴があるのかと思っていたので、とりの羽を見かけてもちょっと汚れていたりすると「天使の羽?ではなさそう・・・」と信じきれずにいましたが、今思うと本物だったかもしれません。

「何かを発表するようなお仕事の人は、天の愛を人々に届けるお役目をもらっている。」というのを見て、
「え!?もしかしてわたしも・・・?」と思ってしまいました。まだ仕事としてはしていませんが、絵本を発表したいと思っているからです。自分で考えるというよりも、天や天使の愛を私を通して伝えればいいんだと思ったら、絵本を作るのもスムーズにできそうな気がしました。素敵なお話を受け取れるようになりたいです。天使さんにお願いしてみようと思います。

私の誕生日は11月30日です。私もみちよさんと1日違いで、なんだかうれしくなりました☆

投稿: パステル | 2008年12月19日 (金) 19時45分

みちよさん、こんにちは。
「エゴも含めて自分。」
とありましたが、本当にその通りですね!
でも、これも今の自分だからそう思うことができます。
少し前の自分は、エゴが出てきたらそれはダメ、いけないことなんだと思って悩んできたというか、苦しんでいました。エゴが出てくると、そういう自分を責め続けて落ち込んでしまったり・・・。
でも、最近はエゴが出てきてしまっても、それをきちんと見てその上で手放しちゃえばいいんだと思えるようになってきて、だいぶ気持ちを楽に持てるようになってきました。
これからは、みちよさんも書かれていたように、エゴが出たなって気がついたらその場で天使に持って帰ってもらうようにしますね。
とても、大切なことに気付かせてもらえるお話でした。ありがとうございます!

投稿: もくもく | 2008年12月21日 (日) 13時03分

heart春梅さん いつもありがとうございます(^^)

お読みくださって心が楽になったようでヨカッタです。

わたしもこれで楽になっているので、いつも天使に感謝なんですよー♪

本来、生きていることを楽しむために来ているのですから、罪悪感は無用なんですねー。

ありがとうございました(^^)

投稿: みちよ | 2008年12月23日 (火) 14時17分

heartオープンハーツさん コメントありがとうございました(^^)

そうなんです。エゴちゃんを見つけたら飼うのでもなく、退治するのでもなく、ただ手放していいんですよー。

みんな人間だから、エゴがない人はいないんです。

楽にいきましょうね~♪

ありがとうございました(^^)

投稿: みちよ | 2008年12月23日 (火) 14時35分

heartパステルさん いつもありがとうございます(^^)

そうなんですよ。この世にあるものはすべて神の愛が元になっているので、たとえ椅子やビルを造る人でも、皆さんその愛を伝えるお役目だといえるんですね。でも、感性に訴えかけるようなお仕事をする方の場合、もっとその度合いが高まるのだと思いますよ。

絵本を描かれるご予定だとのこと。
画用紙に向き合った時に、恐れずにご自身が表現したいことを表していけばよろしいかと思いますよ。

それが愛の形になります。がんばってくださいね。

ありがとうございました(^^)

投稿: みちよ | 2008年12月23日 (火) 14時42分

heartもくもさん いつもありがとうございます(^^)

もくもくさんはいつもご自身で気づきを上手にされていらっしゃるようですね。素晴らしい~!(^-^)v
エゴもちゃんと手放してらっしゃって、さすがです。

最近、充実していらっしゃるようにお見受けしましたよ。

これからもよろしくお願いします(^^)


投稿: みちよ | 2008年12月23日 (火) 14時50分

みちよさん、こんばんは。

「にんげんだもの」・・・すごく腑に落ちました。

色々感じていいんだ~って。

あ~私のあまりよくない感情のの取説あったらぜひ欲しい・(ToT)な・・・ことがあったのですが、

「まずは、そういう感じ方をしている自分がいるのね」って
わかって

「あなたが本当に欲しいことはどういう気持ちだったの?本当はどうなりたかったの?言ってごらん?」と

ちょっとばかし耳を傾けて、本当の気持ちを知ると
あ~そうかそうか、と解決できました。

で、オチがあ~エゴだったのね~なんて思うと
ちょっぴり、そんな自分が悲しかったりしましたが、

そんな時には、「にんげんだもの」って言ってみよう!
そして、「本当に望んでいることがわかったから天使にポイッともっていってください♪」とお願いできるといいのだわっ、とすごーく楽になりました。

おおきな学びです♪
ちょうどヒントになる情報欲しいな~と思っていましたので、みちよさんのこの記事にたどり着いたのも引き寄せですね☆感謝です☆

また遊びにきまーす♪

投稿: りえ | 2008年12月23日 (火) 22時20分

heartりえさん はじめまして(^^)

そうなんです。我々はいろんな感情を持っているので
それを認めてあげましょうね。

合言葉は「人間だもの」です(笑)

自分を責めないで愛してあげて下さいねー。

コメントありがとうございました(^^)

投稿: みちよ | 2008年12月24日 (水) 23時02分

偶然(きっと必然ですね(^-^))このブログに出会い、最初から読ませて頂いています。今回のテーマから今の私に必要なメッセージを頂き、みちよさんと天使に感謝です。
人間だもの。エゴも出るよね。それも感じて、手放そう(*^^*)
そう、すっと思えて楽になりました。
ありがとうございます。

投稿: まめた | 2013年6月11日 (火) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129963/26298719

この記事へのトラックバック一覧です: エゴの話:

« 天使のサポートを受けるコツ | トップページ | 結婚はトキメキ?条件? »