« 愛されない原因 引き寄せのブロック | トップページ | 行動はパートナーを連れてこない »

2008年12月 9日 (火)

アーティストと恋に落ちるということ

こんばんわー(^^)

最近、ありがたいことに、当ブログを見ていただいている方々から、コメントやメールでよくご質問をいただくようになりました。皆様、ありがとうございます!

このようなブログをやっている上で少しでもお役に立てれば…という気持ちで僭越ながら回答させていただいております。

今日はその中から、パステルさんからいただいたご質問を、ご本人様の了解を取らせていただいた上で、この場でシェアさせていただきますね。

=========================

以下、ご質問内容です。

『私は今、いいな~と思っている方がいるのですが、その方はミュージシャンなのです。いいな~と思う前から、少しは知っていたのですが、その時はなんとも思っていませんでした。しかし、初めてちゃんと歌を聴いたとき、「こんな素敵なことを考える人がいるんだ~!」と思い、それからいいな~と思うようになりました。しかし、その方と恋愛をしたいと思う一方で、時々今のこの気持ちが、あえて遠いと思える人を選ぶことで身近な恋愛から逃避しているのかもしれないと思うときがあるのです。このもやもやした気持ちから抜け出したいなと思うのですが、どうしていいかわかりません。以前にもミュージシャンをいいなと思ったことがあるので、余計にう~ん・・・と考えてしまいます』

ミュージシャン・作家・画家etc...

そういった芸術分野の方に恋心抱くことって、結構ありますよねー。

よく「才能に惚れる」という表現をしますが、こういう場合、このアーティスト本人を好きになった…というわけでもなかったりするのです。

実は、アーティストが持っている才能…それはその本人だけが持っているのではなく、

それを見ている人の中にも同じものが存在するということなんですね。

一見、心理学的アプローチに見えますが、スピリチュアル的にも同じことが当てはまります。

少し前の記事で、『人は光に惹き寄せられる』という記事を書きましたが、いわば、自分の<光>を相手の中の<光>を通してみている、ということです。

つい、ミュージシャンに惹かれがち、、、、というパステルさんの中にも、実は表現したい自分がいらっしゃいます。

したい、だけではなく、実はすでに彼と同じようにアーティスティックな表現ができる自分がいらっしゃるのです。

その方法としては、文字、詩、写真。。。。いろんな可能性があるかと思います。もうすでに何かをおやりになっていらっしゃるのかもしれません。

よく「わたしにはそんな才能はない」という人がいますが、本当に自分の中に才能を持っていなければ、相手に対してもそれを見つけることは不可能です。

相手に対して「すごいな~」と思った瞬間、それを見つけた人の中に、同じ「すごいなぁ~」がすでに存在するのです。

パステルさんは、きっとご自身でもすでに持っているできること・やりたいことを、彼を通して見ることができるから惹きつけられるのです。

身近な恋愛から目をそらしているのかも…と思っていらっしゃるようですが、これだけ自分に近い強い光を彼から感じているだから、近くのものに目がいかなくなるのは、ある意味納得です。眩いカメラのフラッシュを浴びて、周りが一瞬見えなくなるのと似ています。

彼本人に対してはどうか。。。。というところでは、彼自身のパーソナリティがどんな人なのかを知らないと、純粋な“恋愛対象者”になるかどうかはわかりませんが、彼との出会いは、パステルさんの内なる光に気づかせるためのご縁なのかもしれません。これも立派な引寄せと言えるでしょう。

わたしが高校生の頃、ミュージシャンはモテる!という不純な動機で(笑)バンドを始めた同級生たちがいましたが、人は光に惹き寄せられる…という点で、あながちこの理屈も間違ってはいないのです。

光の当たる場所(ステージ)で、内なる光を発している人たちは、それを見ている人たちの中にも光を見せることができるのですから、人が寄ってくるのはある意味当然です!

かくいうわたしも、高校生のとき、偶然録画していた夜中の音楽番組で紹介されていた外国人バンドに目を奪われ、何でそんな感情を抱くのかわからないままコンサートへ行き、

気づいたら解散してしまった後にも関わらず勝手にファンクラブを立ち上げ(笑)、

またまた気づいたら、本人たちの公認となっていて、今では家族ぐるみのお付き合いをしているという不思議な出会いがありました。

わたしは彼らのファンクラブを立ち上げてファンジンやHPを作っていましたが、彼らの才能<光>を見たとき、彼らが音楽を通して表現している世界を、自分でも文章という形で表現したいと思ったからなんですねー。

わたしは、彼らを通じて自分の<光>を見つけていたんです。

今ではちょっと方向性変わりましたが(笑)、紆余曲折を経て、今こうやって文章を書いています。

パステルさんの中にも、彼と同じ<光>が輝いてますよ、と天使が教えてくれています(^^)

彼との関係をどう進めていくかは、パステルさんの<光>をどう輝かせていくか…ということが大切になって来るかと思いますよ。輝いているのは彼だけではないのです(^^)

どうぞご自身の<光>を大切にしてくださいねー(^^)

|

« 愛されない原因 引き寄せのブロック | トップページ | 行動はパートナーを連れてこない »

スピリチュアル」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

精神世界」カテゴリの記事

コメント

光に引き寄せられると言うのはわかる気がします。
なんとなく同じにおいがする人と仲良くなりますよね。
私は引き寄せの法則は一冊だけ読んだことあるのですが、引き寄せの法則でまずお勧めの本はどれですか?

投稿: ca | 2008年12月10日 (水) 10時57分

はじめまして!今日のお話はとくに感動しました~。

惹かれる相手の中の光は、自分の内なる光でもあるのですね~。人を好きになることに対して勇気づけられる言葉です。

私は、旦那とは別に「恋愛感情」としか思えない感情を持っている人がいるんですけど(その人はアーティストでなくヒーラーですが)、「結婚してるのにどうして・・?」という罪悪感を感じていたんです。

でも、相手の中の光に惹かれているんだ、そしてその光は私の中にもあるのだ、だから惹かれるのだ、と思うと結婚してるから好きになっちゃいけない、とか関係ないんだなぁと思いました。

自分を責める気持ちだったのが、「あなたの中にも彼と同じ光がある事に気づきなさい」とみちよさんを通して天使さんが教えてくれたような気がします。

でも、人を好きになるのは自然なことだとしても、既婚者が既婚者にたいして抱く恋愛感情ってどうゆうふうに昇華させていったらいいんでしょう?(笑)

本文とはちょっとずれた質問ですが、よろしければみちよさんのお考えが聞きたいです!お時間のあるときにでもよろしくお願いしまーす!

投稿: ちゅらうみ | 2008年12月10日 (水) 16時06分

caさん 再度コメントありがとうございました(^^)

えー、caさんは引寄せシリーズの中で、どちらを読まれたのでしょうか? 赤・青・金・緑とあります(色で呼ぶな?!(笑))が、あくまで個人的な意見ですが、赤…は基本ですけれども、わたしとしては青が一番参考になっております。読み返す頻度が多いのも青です。

もし、赤を読まれていて、次は…とお考えでしたら間違いなく青をお勧めします。青本には、実際の事例に基づいてのエイブラハムの解説が書かれているのですが、似たような事例のものを読むととても参考になります。

昨日の質問は日記の中でアップしますね~
いつも読んでいただいてありがとうございます(^^)

投稿: みちよ | 2008年12月10日 (水) 21時40分

ちゅらうみさん コメントありがとうございました(^^)

お相手はヒーラーさんなのですねー。しかもお互い既婚で。。。

ちゅらうみさんのおっしゃるとおり、結婚していても人を好きになることは悪いことではないと思います。
結婚したとたん、周りが光だらけ(!)みたいなこともありますから…(笑)
でも、そういうときにどうしても罪悪感を持ってしまいますね。
「家庭があるのに、イケナイことをしている」みたいな。。。。


しかも相手がヒーラーさんということは、
「癒し」は「愛」と同一のエレメントですから
人を惹き付けるのは朝飯前!なはずです(笑)


ちゅらうみさんは、彼の愛の光(この場合特定の相手に対してだけではない普遍のもの)に見出されたのですね。


もし、ちゅらうみさんが、ヒーラーさんと深い関係に進まれるつもりはなく、このまま罪悪感を持ち続けるのはイヤとお思いでしたら、以下の言葉を直接お伝えしてみるのもいいかもしれません。


「誤解しないでねー。でもこれだけは伝えたいのだけど、貴方の中の光に惹き付けられたわたしがいます。たぶんわたしの中にも同じ光があるからでしょう。でも結婚しているのでその感情を罪だと思ってしまいます。これをお伝えすることで、その罪悪感を手放してこの気持ちを完全に浄化することにします。これからも友人としてお付き合いください。ありがとう」


相手はヒーラーさんなので、この言葉の意味は十分理解できるはずです。もしお伝えするのがはばかられる場合は、ノートなどに書いてから、それを燃やしながら彼へのちゅらうみさんの思いが天に昇るようにイメージし、灰を土の中に埋めてください。


ヒーラーさんの深い愛の光に照らされて、ちゅらうみさんの内なる光が反応したのですから、ちゅらうみさん自身とてもよい状態だということですねー(^^)

どうぞご自身に対して罪の感情を持たれませんように…。

今度はちゅらうみさんの愛を大きくする番ですよー。


ご質問ありがとうございました(^^)

投稿: みちよ | 2008年12月10日 (水) 22時50分

みちよさん、丁寧なお返事ありがとうございます!!
浄化ですか~^^;
 
わたし、罪悪感を感じつつも、この恋愛感情を手放したくないようです・・・。せっかくアイデアいただいたのにごめんなさい!

やっぱり、誰かを好きになっている時って、気分も高揚して楽しいし、自分も相手の人みたいに素敵になろう!と頑張れるし、このまま片思いしてるだけだから迷惑かけないから、いいかな?なんて・・・^^;

もうこうなったら、恋愛感情を人類にたいする愛まで高めてしまうつもりです!(笑)
みちよさんに言われたように、愛を大きくしますね!

ほんとに、お返事ありがとうございました。
これからもブログ楽しみしていますね~^^

投稿: ちゅらうみ | 2008年12月11日 (木) 08時56分

持っているのは黄色い本です。調べたらマイケルJロオジェという方の本でした。なので上記のシリーズとは別物のようです。青が気になりますので読んでみようと思います。
記事ありがとうございました。気楽にいきますね。

投稿: ca | 2008年12月11日 (木) 11時20分

ちゅらうみさん コメントありがとうございました(^^)

あ、いいんですよ~。
罪悪感を手放したいということであれば、
あのような形の浄化ができるということなんですが、
片思いということであれば、ちゅらうみさんがおっしゃる通り、誰にも迷惑かけませんから(^^)


罪悪感は持たなくていいんですよー。
罪悪感は持ってしまうと負のエネルギーになって
せっかくの関係が壊れていくこともあるかと思いますから~

これから愛を海のように大きくしていってくださいねー。
っていうか、もうすでに持っていらっしゃいますよー(笑)

コメントありがとうございました(^^)

投稿: みちよ | 2008年12月12日 (金) 02時10分

こんにちは。にしきさんのページから飛んできて一通り読ませていただきました!このページを読んだのですが、これ私!?と思うほど状況がよく似ているんです!私もあるアーティストの曲を聴いて、その考えや歌の内容がとても素晴らしいと思って、また自分が日ごろ感じる気持ちと似ていたので、それで、いいな~という状態になったんです。それで勝手に運命感じて、彼氏と別れるまでにいたってしまいました。自分であほなことをしていると思ったのですが、そういう風になってしまったんです。スピ系の本に、面識のない人でもこの人だとビビッときたらそれが運命の人ですと書いてあればやっぱりそうかも!と思ってしまうし、この状態は一体何なのだろうと自分で戸惑っています。ちなみにみちよさんが書かれていた、自分にも表現したいことがある、ということですが、今私は作家を目指して勉強していて、それにも驚きました。自分が頑張っていれば、いつかは会えると信じているんですが、こんな自分は夢見がちな女の子の一人であって、アイドルに恋する中学生の子となんら変わらないのではないかとたまにしょんぼりする日々です。

投稿: さくら | 2008年12月22日 (月) 21時45分

heartさくらさん はじめまして(^^)

コメントありがとうございました。

ミュージシャンに恋して、彼氏まで振ってしまったんですね。。。。(^^;)
でも、さくらさんは大変な集中力の持ち主のようですので、そういった特技を生かして、作家として文章をお書きになってみてはいかがでしょうか?

アーティストに恋をする方は、ご自身の中にもその光を宿しています。これからどんどんその光を輝かせていってくださいね!

コメントありがとうございました(^^)

投稿: みちよ | 2008年12月24日 (水) 03時00分

はじめまして。かなり過去のブログの記事のようですが、どうしても一言伝えたくて…

私の状況にピッタリ過ぎて、泣きそうになりました。中学生の頃から大好きなアーティストがいて、そのせいかなかなか彼ができなくて…
そのアーティストの人柄や考え方もとても好きでいつも励まされて今があります。
15年以上のファンなので、お話する機会もあったり、顔も覚えて頂いていたりして、とても満たされてしまいます。
だけど、ちゃんと結婚もしたいし、子どもも欲しいんです。
光を浴びているっていう表現がピッタリかもと思いました。引き寄せられてるんですね。なんかちょっとストンとしました。ありがとうございました!

投稿: はや | 2016年3月 6日 (日) 19時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129963/26064197

この記事へのトラックバック一覧です: アーティストと恋に落ちるということ:

« 愛されない原因 引き寄せのブロック | トップページ | 行動はパートナーを連れてこない »