« ブログ立ち上げました♪ | トップページ | 霊感のタイプ »

2008年11月14日 (金)

ショーンはクリスタルチルドレン

突然ですが……   

子供がおります。(隠してないけどー(^-^;)

7歳の男の子、ショーン君です。 →ガイジンではありません。。。。

「しょううん」という名前なので、ショーンと呼ばれています。

今は、子供のパパのところで暮らしていて、こちらにはたまにお泊りにきたりと行ったりきたりしています。

なぜか、ママよりパパが大好きな子供で、今年からパパの地域の小学校に通うようになりました。

そんなわけで、あんまり親らしいことをしてやっておりませんが、先日初めての授業参観へ行ってきました。

教室へ入ってみると、お父さん・お母さんがたくさんいらっしゃって、その中で、先に来ていた元夫がイライラしています。

どうしたのー?と聞いてみると

「先生の話を聞かないで、手いたずらばっかりで集中してない。後ろから行って、頭ひっぱたいてやりたい!!」

とプンスカ怒っています。

見ていると、たしかに他の子供たちが先生の質問や問いかけに素直に反応しているのに、うちのショーン君は、全く上の空。。。。

その後の体育の授業でも、全員で校庭のトラックを周りながら縄跳びやボール投げをこなしているのに、

ショーン君は他の子と、ジャングルジムにひたすらボールをぶつけて遊んでいるのでした。。。。

さらにイライラする元夫は、「もう見てらんない、帰る!」と言ってそそくさと小学校を後にしました。。。(^^;)

実は、巷では、うちの子に限らず、そういった子が増えているのだそうです。

引っ込み思案で、あまり自分をさらけ出さないので、何を考えているのかがわからない。

はしゃいだりとか、素直に言うことを聞くような、子供らしい子供とは少し違っています。

その代わり、すでにいろんなことをすでに知っていて(分かっていて)、達観したような物の言い方をする。

大人から見たら、とても生意気に見えて何を考えているのかわからなかったり、

引きこもりと思われてしまう、、、。

わたしの心の師匠、ドリーン・バーチューさんによると、こういった子供たちは

クリスタル・チルドレン」といわれる魂を持った存在だというのです。

彼らは、地球の進化に貢献するため、この時代に続々と送られているといいます。

とても霊性が高く、動物や植物とも意思疎通できる能力があり、言葉に頼らなくてもコミュニケーションが取れるため、言語的な発達障害を疑われたり、

そのテレパシー能力によって、人の感情を敏感に察知するため、臆病だったり、過敏な性質となって、社会に適合できない場合もあるというのです。

その魂は、高次元の愛を伝えるためにやってきているので、争いを好みません。友達に暴力を振るわれても、仕返しはしないといいます。

…たしかに、ショーンが保育園に通っていたとき、友達に押し倒されたり、おもちゃを取り上げられても、決して仕返ししなかったので、保護者面談のときに、先生から褒めていただいたことがありました。

親バカ覚悟で書いてしまいますが、ショーンは本当に人や動物に優しく、相手が親でも、間違っているときはたしなめるように話します。

赤ちゃんのころから、すでに何かをわかっていて、「本当に子供?!」と疑ってしまうような言動をします。

ユーモアやシニカルな世界をすでに理解していて、大人レベルものを好むので、おもちゃとか、子供だまし的なものに執着しません。

のんびりゆったり、自分のペースを守りますが、それでも天使のように愛らしいのです。

クリスタルチルドレンは、地球に癒しを与えるために降りてきた魂と言われています。

もし、身近にこのような子供がいたら、決して責めないであげて欲しいと思います。

もしかしたら、現在、引きこもりなどで問題視されている子供たちも、クリスタルの魂を持って生まれてきているのかもしれません。彼らは感受性が豊かなので、自動的に人よりも多くの情報を得てしまうために、どうしていいかわからないのです。

わたしは、子供が先生の話を聞かないといってイライラし、後ろから頭を引っぱたくようなことは決してしません。

実は、かくゆう親のわたしも、子供のころ、ショーンと同じような感覚を持っていたからです。

クリスタルチルドレンの前のグループに、「インディゴ・チルドレン」という魂のグループがあるようです。記述を読むと、わたしの生い立ちに共通するものがあります。(プロフ参照)

小学校入学したての、ピカピカの一年生のとき、

「あーあ、こんなかったるいこと、あと6年間もやらなきゃなんないのか~」と

毎朝の通学路でため息ついていましたから。。。。。

もしかしたら、わたしもそういった魂の軍団に属するのかもしれません。こういったことも、これから分かってくるのかもしれません。

身近に、このような特徴を持つ子供を見かけたら、一度霊能力の高い方に見ていただいてもいいかもしれません。(ショーンはやはりクリスタル・チルドレンだと指摘を受けました)

クリスタルの後には、レインボーチルドレンのグループも生まれてきているようです。

いずれにしても、高い霊性により、バランスを崩しかけたこの世を正しい方向に導くようにやってきた魂たち。ゆえに誤解もされやすい存在ではあるけど、こういった魂の存在で、よりスピリチュアルな世界が開かれていくような気がします。。。。

きっと我が息子は、その魂の目的と意味を理解できる親を選んでわたしのところに来てくれたのでしょう。。。。

ショーンくん、親の事情で一緒に暮らせなくなってごめんね。

でも、ママはショーンのことが大好きです。

いつでもどこでもあなたを想っていますよ。。。

実は、ショーンを授かったのもスピリチュアルな経緯があります。これはまた後日、書きたいと思います。

|

« ブログ立ち上げました♪ | トップページ | 霊感のタイプ »

スピリチュアル」カテゴリの記事

精神世界」カテゴリの記事

コメント

みちよさん、はじめまして、こんにちわ。

にしきさんのところでお世話になってます、ケイ子と申します。

2,3日前に初めてこちらにお邪魔しましたが、いろんな共通点(?)を発見、年代も近そうですし、勝手に身近に感じちゃってます^^。

にしきさんのところで何度か書かせてもらってるのですが、私にも子どもがおり(来年就学)、その子を中心にしていろんなムーブメントが巻き起こってる感じです。

そしてその息子が昨日、発達障害との診断をいただきました。

こちらで拝見すると、みちよさんの坊やはクリスタルチルドレンのようですが、息子は私の判断するに「インディゴ」のようです。言葉は遅かったものの今はほぼ追いついてますが、負けず嫌いで気性が荒く、パワーにあふれた感じです。なのでこの子が生まれてからいろんな自分の中の「価値観」を変えないわけにいかなくて、その中で「引き寄せ」にもめぐり合ったと言う訳なのです。

そして何といっても、私は幼少期から権威的で形式ばった父親を恐れて生きてきて、息子のお陰で今その殻が破られようとしてますし、おじいちゃんの父にとっても息子の存在はショッキングで、父の固い殻も、打ち破ろうとの勢いです。

まさに、既成概念を破る存在の息子です。

本当の幸せのカタチを教えに来てくれた、天からの最高のプレゼントです(笑)。

こんな状況なので、みちよさんに今めぐり合えたのも引き寄せだな~と感じてます^^。

お時間あるときに、息子さんとの関わり方のポイントなど、教えてくれればありがたいです。

また来ますね!

投稿: ケイ子 | 2008年12月18日 (木) 10時18分

heartケイ子さん コメントありがとうございました(^^)

はい。年代もお近いかも!(^^)

お話を読ませていただく限り、息子さんはインディゴチルドレンのようですが、実はクリスタルのような気がします。どちらにせよ、この世のお役目を持って地球にやってきた魂なんですね。

そして、ケイ子さんご自身が実はインディゴではないでしょうか。

インディゴは、地球の古い既成概念を変えるために降りてきたのですが、お父さんが権威主義的ということは、ケイ子さんご自身の存在もまた、お父さんからしてみたら、実は「脅威」だったんですねー。

娘の存在が、お父さんの存在意義を脅かすから、あえて権威を見せ付けなければならなかったのです。

そして、またまたお父さんの既成概念をぶち破るようなお子さんを持った。
これも、大きなインディゴのアクションの特徴かもしれません。

お子さんは、あえてスピリチュアリティの高いケイ子さんを選らんでやってきました。

医者の診断はあまり気になさらないでください。

医療の世界は、枠外から出るものはすべて何がしかのレッテルを貼られるようになっているだけです。

毎日天使の存在を信じ、その声を聞いているわたしは、お医者さんに行ったら、間違いなく精神科に入院です(笑)

気負わず、お子さんの成長を見守るような接し方でいいと思います。


わたしは現在子供と離れて暮らしているので偉そうなことはいえませんが、もしご興味がおありでしたら、ドリーン・バーチュー先生の本で、クリスタルチルドレンの本が出ていますのでご参考になさってはいかがでしょうか。

わたしとしては、子供が学校で浮いたとしても、全然気にせず、学校での失敗を気にするな、と男親のような感じで接していますね。何かあったら盾になってやればいいと思ってます。ただ、それに気づかれないようにするのがクリスタルだったりするので厄介かもー(^^;)
でも、ケイ子さんのお子さんは、そういうことはあえて隠さないようですので、大丈夫かも。。。。

また、子供にも天使やスピリットや生まれ変わりなどについてもちゃんと話しています。
もっと大きくなったら、そういう話の場にも連れて行こうと思っています。

…今、ちょっと息子さんについて感じたのですが、自分で言葉を発せられるようになったことで、そのエネルギーを出す程度・バランスがまだ自分でよくつかめないようですね。なので今は全開バリバリ。そのうち、自分でどうやったらちょうどいい感じでエネルギーを出せるのか、コントロールできるようになるみたいですよ。

少しずつ落ち着いてくるかと思います。

あせらずがんばりましょうね~(^^)

ママ同士、これからもよろしくお願いします。

投稿: みちよ | 2008年12月19日 (金) 18時13分

みちよさん、ご丁寧なお返事ありがとうございます^^!

・・・さっそくですが、私は霊能力、みたいな物一切ありません(UFO目撃は2度あるけど)!でも、昨日からなぜか不思議な感覚に襲われてます。。

まず、みちよさんがこの記事のことと息子さんのビジョンが浮かんだ、私のテレパシーが伝わったのかもとコメントされましたが、私は「ありえなーい!」と頭で思いながら、どっかで「やっぱり」という感覚が。

もう一つ、今日息子のこと考えながら、「そういえば、今は気性が荒っぽいけど、昔は本当癒し系だったよなー、もしかして、クリスタル?」なんてふと感じたんですが、こちらでみちよさんのコメント拝見してびっくり。これは、テレパシーなのか、人間の意識は深いところで繋がっていうというものか、良く分かりませんが、心中はとても穏やかなのでいい兆しに間違いはないでしょう^^。


確かに、私の家庭内においては私は完全に彼を守る役割で、自分が幼少期に理解されなかったような「生き辛さ」は彼は感じなくて済むでしょうね。そうかー私がインディゴか!確かに、家庭内では闘ってきたなー(笑)。でも、私は霊感無いし、戦いには「勝てなかった」と思ってます。というか、まだ決着はついてないなと。何かしらのカタチで、自分を表現したい気持ちがあって、その辺がみちよさんとまた重なるところでもあります。

今実は、彼のクラス編成のことで頭を悩ませています。最初から個別指導の道を用意するのか、みんなの中で様子を見るか。
幸い、大変理解のある学校で、センセイも勉強熱心でぶっちゃけで色々お話もしてくれるのですが。どっちも一長一短ありで。

また、息子のことを遠くから観て頂いた様で、ありがとうございます^^!
確かに、後から追っかけた分その勢いが残ってると言うか(笑)、反動みたいな感じはありそうです。

クリスタルチルドレンの本、早速読ませていただきます。息子のことを調べるうちにインディゴの本に行き着いたこともありましたが、その時はまだ時が満ちていなかったのかもですね。。
みちよさんからのリンクでクリスタルチルドレンのところに行くと解説がありますが、私も最近の子ども達の変化は、進化のカタチではないかと感じてます。太古から息づいて来た我々のDNAが大量発生させるなら何か意味があるはずだと。実際、NASAでは、軽度発達障害の人を研究か雇うかしてるという話も聞いたことがありますし。

まあ、気休めだとしても、気が休まることはいいことですからね。軽やかに受け入れたいと思います~^^。

大変心強いメッセージをありがとうございました。

子ども以外のことでも、色々なメッセージわくわくして待ってます。

投稿: ケイ子 | 2008年12月19日 (金) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129963/25288848

この記事へのトラックバック一覧です: ショーンはクリスタルチルドレン:

« ブログ立ち上げました♪ | トップページ | 霊感のタイプ »