トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

引き寄せセミナー終了♪

昨日のワイン@懇親会で二日酔い。。。。夕方まで死んでました(^^;)

昨日の『引き寄せの法則』セミナーでは、みなさんありがとうございました!

引き寄せを用いて実行し、彼を引き寄せた体験についてお話させていただきました。

あくまで、トリのにしきさんの前座ですので、場を多少温めるくらいの素人前座バンドのような感覚でお話させてもらったんですが。。。。。

終わってみたら、結構好評で!皆さん喜んでくださってて、いろんなレスポンスをいただき、大変嬉しかったです。

これから彼を引き寄せたいと思っている女の子。

今の彼が自分にとって引き寄せの結果だったどうか、ちょっと迷ってる女の子。

どうやったら自信を持てるかといった相談をくださった女の子。

これまでいい恋愛にめぐり合えず、心機一転!がんばりたいと思ってる女の子。

パートナーの引き寄せをすでにやっていたけど、うまくいかず、わたしの話した内容が参考になった!とご意見を下さった男性。

…など、さまざまなお声をいただき、大変嬉しかったです!ありがとうございました!!

正直、わたし個人の経験が、役に立つと思っていただけるとはさほど思っておらず(笑)、引き寄せ成功者?的なサンプルとして軽く参考にしていただけるくらいで十分、と思ってて、トリのにしきさんの前座として、場を多少温める係りでいいのかぁ、くらいに思っておりました。

それが、こんなに温かいリアクションをいただけるとは!

セミナー終了後や懇親会では握手を求められ、居酒屋のトイレで出会った方にも握手をされるなど!(お互いに「こんなとこですいませーん!」なんていいながら握手を交わしました(笑))ほんと、わたしにとって忘れられないくらいイイ一日となりました。

皆さん、どうもありがとう!!

実は、日ごろから会社・友人関係などでも、自然にお悩み相談室的なお役目になっていたりします。(だてに苦い経験はしていませんのでー!(笑))

わたしでよければ、恋愛ごと(引き寄せごとに限らず)のご相談など承りますので、ご意見ご相談などございましたら、いつでもコメント・メールいただければと思います。

あ、男性の方もお気軽にどうぞー(^^)

当ブログ“BREATHWSE”は、自分の癒しの場でもあり、訪れてくださる皆さんの癒しの場にもなっていけば…と思って立ち上げました。

BREATHWISE とは、「breathe」=呼吸する  「wisely」=賢く から取った造語です。

自分自身のハイヤーセルフとつながる手段は“呼吸”。

毎日、当たり前に行っている呼吸を、上手に“賢く”行って、ホントの自分らしい人生を送りましょう!という意味を込めました。

…実は、あんな大勢の人を前にしてお話するなんて、生まれて初めてでした。

本当は、プレッシャーや緊張で、足もすくんで話もできない状態だったのです。。。。

きっと、ホントのわたしがそんな状態だったなんて、誰も思ってくれなかったでしょう(^^)

セミナー開始前、会場の後ろにいた私は、ひそかに天使を呼んで、お話することが皆さんにちゃんと伝わるよう、癒してもらっていました。

にしきさんが、「天使の羽が落ちてきた!」と言っていたのは、わたしのヘルプに駆けつけた天使が合図してくださったのかもしれません。

わたしが堂々として見えたのは、実は天使のおかげだったんですよ。

あんな貴重な機会を与えてくれた、にしきさん、はやけんさんに感謝です♪

みなさん、ありがとうございました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

明日は引き寄せセミナーでお話します

友人・知り合い筋から読んでいただいています当ブログですが、最近、おかげさまでいろいろな方が見てくださっているようで、大変ありがたいですm(__)m 

結構、内容も順不同だし、思いついたことしか書いておりませんが、書いていくと自分でも

「ああ、こんなこと考えていたのね。。。。」

と意外に客観的な目線で自分を見れたりするので不思議です。

いままで、みちよと関わりのある人でも、こんなこと書くような人間だと思っていなかったのではないでしょうか? 驚かれている方もいるかもしれませんね。

そして最近、自分でもびっくりw(゚o゚)wなことが起きています!

実は、今週の土曜日(明日ですね)、ひょんなことから、あの『引き寄せの法則セミナー』で、わたし、みちよがゲストとしてお話することになってしまいました。。。。

お題目は「パートナーの引き寄せ体験談」。

わたしの引き寄せゲットの実体験を、是非これからパートナーを引き寄せたい!という方がたにもシェアしましょう、と、ソフトバンククリエイティブのにしきさんがお声をかけてくださいました。

http://blog.sbcr.jp/hikiyose/indexsub.html

本当にありがたいことです。。。。m(__)m

ただ、100名くらい集まるというセミナーなので話をするなんて、当然ですが生まれて初めてのことです。。。。どうなってしまうのか、ワクワク感とチャレンジ精神的な感情が入り混じっています。

今週は多忙で、現在、金曜日の午後9時だというのに、まだ会社にいるわたし。。。(^^;)

資料もこれから作るというのにどうなってしまうんでしょ~。

夏休みの宿題を8月31日にやる子供の心境です(TT) 

どんなこと話すのかはすでに頭に入っているのですが、実際はまだそんな大勢の方の前で喋ることになるということの実感が全然ないのですー。

でもわたしの体験が、少しでも皆さんの役に立てば!とお受けしたので、明日は頑張ります!

明日お越しになる方は楽しみにしてください(^^) 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

天使と数字と駐車場の話

えー、タイトルにもありますが、当ブログは天使の教えを元に生きるわたし、みちよの日記なのですが、どういうわけか最初から天使ネタを書いておりませんでしたね(笑)

天使の存在を意識し始めて、早数ヶ月。。。。。

その間に、実際はいろいろな気づき・出会いがもたらされました。

これは、日々わたしが体験しているので本当に確かなことなのですが、実際に、天使の存在を信じ、意識し、感じれば感じるほど、天使からのリアクションを受けられるのです。

天使はだれにでもついています。ついていない人はいませんので、ゆえに、誰でも天使のメッセージを受け取ることができるのです。

天使のコミュニケーションはさまざまです。

エンジェルカードなどでははっきり答えがでますが、何も特別なことをしなくても、ふと目にした雑誌や本の一行から重要な情報をもらえたり、ふと耳にした音楽の歌詞から、「あなたのことはいつも気にしていますよー」とお返事をもらえたり(!)。

わたしの場合、最近多いのは、数字です。これはめちゃめちゃキテます。

昨日、“小江戸”川越まで車を走らせていたのですが、その間に見た車のナンバー。

「7777」が2回。「777」が3回。 

フッフッフッ~偶然だと思うでしょー?

最初の2回までは、「まあ偶然だろー」と思いますよ。わたしでも。

交差点で前に止まっている車だったり、横から入ってきて前を走る車が連続して同じ番号シリーズだと、もはや笑ってしまいます。

しかも日によってよく見る数字は違って、その見せ方も、時計だったり、レシートの数字だったり、人の誕生日だったりといろんな攻め方(笑)があるのです。

天使の権威で我が心の師匠、ドリーン・バーチュー先生の著書『エンジェル・ナンバー』に書かれている「777」の意味を要約すると、

“天使の声をちゃんと聞けているので、正しい道にありその恩恵にあずかっている。これからもこの調子で進んで大丈夫”ということらしいです。

この意味を読んで、日々天使道で生きるわたしは、天使からエールを送られたようでとてもうれしく思いました。

ちなみにこの日は、ちゃんと天使に助けてもらいましたよ♪

その日の川越は連休の最中で大混雑。

一番安くて広い市営駐車場付近には、これ以上どうしようもないくらいの車が後から後から連なって大渋滞になっていました。

当然、中心部の小さなパーキングも全部「満」サインで、そこらに“駐車場難民”の車があふれ、タクシーすらウロウロと止めるところを探している状態でした。

そこでわたしは、もー半分ダメもとで、

「天使さま、どうか駐車場が空いているところに連れてってください!」とお願いしてみました。

すると、ちょうど観光客でごったがえしているど真ん中を通りかかった時、普通なら絶対に空いているわけがない中心地に「空」サインが。。。。。

入ってみると、うなぎの寝床のような細長い駐車場の一番奥にひとつだけ空きがありました。

「えー、こんなとこに絶対ありえない!」

となりに乗せていた子供(→わたしの影響ですっかり天使思想になっている(^^;))が

「天使が助けてくれたんだねー」

とポツリとつぶやいたのですが、本当にそうだと思ってます。

…こうして引き返すこともなく、わたしと子供は“小江戸”川越の有名な菓子屋横丁で、駄菓子の食い倒れ!を決行できたのでした。メデタシメデタシー(^^)

実は天使の存在を信じると、こういうことは日常茶飯事。いろんな変化を感じます。単に天使のガイダンスを望むだけでもいいのですが、さらに強く天使を感じる秘訣があります。

それは、天使からメッセージをもらったら、必ず感謝すること。

天使は、人間が感謝をすると大変喜んで、また助けたいと思ってくれるのだそうです。

先の数字のことも、駐車場のことも、天使の技!ということはわかっているので

「天使さん、今日も助けて(教えて)くれてありがとー!」

とお礼は欠かせません。

そうすると、また強く天使のメッセージを受け取れるのです。

詳しくはドリーン・バーチュー師匠の著書をご覧いただければと思いますが、天使と仲良くお付き合いすると、いろいろなメッセージが受け取れるようになります。何もわたしが特別なわけではありません。誰でも天使の声は聞こえます。興味のある方は是非お試しあれ!

わたしも天使道実践者として、これからいろいろな天使にまつわる体験をこのブログで書いていきたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年11月22日 (土)

高野豆腐とワクワクの法則

「幸せになるためには、とにかくワクワクしなさい」。

→これって、20年ほど前に、『バシャール』の本によく書かれていたことです。

『引き寄せの法則 エイブラハムとの対話』でも、同様のことを言っています。

宇宙意識は、異口同音に同じことを説いています。

さてわたしの今の気分はといいますと、

……惚れてます♪

ええ、もうそれはいっぱいホレてホレて…(^^) 愛しまくってますー。

…オノロケをいっているのではありませんよ。

最近、やっとわかったのです!!

“ワクワク”とは具体的に何ぞや、と。

それは、“ワクワクすること“=“惚れること”なんだなー、と。

…それは何かということをこれからご説明しますね。

何かに惚れるとき。

自分ではどうしても抗えない魅力をもったもの、止まらない思考。

人、もの、場所、アイデア…etc.

そういったものに対する「好き・いい感じ」を超えた感情。。。。

諦めようにも、どういうわけかそんな感覚が止まらない。。。。。

そんな感じですよね。

ただ、雑事にがんじがらめになっていたり、心配事や落ち込みから自信をなくすような毎日を送っていると、何かに“惚れる”ことは難しいような気がします。

感情がそこまで上がってきていませんから当然ですねー。

こんなとき、あなたの心は高野豆腐のようにカチカチに乾燥しています(笑)

実際に好きな人・気になる人など、対象を見つけて気持ちを向けるのはわりとやりやすいですが、そうでなくても、惚れることは簡単です。

たとえば、ふと昔夢中だった芸能人とかミュージシャンとか、行ってみたい場所などを想像したり、実際にそういったものを目に見えるような状態(たとえばPCのデスクトップなんか日常必ず目にしますから、いいかもしれませんね)にすると、懐かしさと一緒にその当時の感情も同時に戻ってきます。自分が一時夢中だったものを思い起こすだけで、自然とワクワクした気分になってきます。

あと、仮に感情が落ち込んだときでも、それを見たり聞いたりするだけで元気になれるようなTV番組とかCDとか、とにかく“気分転換”できるものをひとつでも持っていると、自然といい気分に変わっていたりするのです。

この辺はそのまんま『引き寄せの法則 エイブラハムとの対話』の原理です。

こういうことを日常続けていると、徐々にいい気分になってきます。硬く閉じていた感情が開いてくんですね。

乾燥した高野豆腐を水に戻すとフニャーっとしますよね。そんな感じです(笑)。

そんな中で、日々目にしている人や物事に対してだんだん“惚れ度”が高まっていきます。これはホントにゆっくりと。下手すると、自分でも惚れていることを気がづかないまま、すでにハマっているケースもあります。

<好き> → <止まんなく好き> に進化します。

その人のこと・物事を考えるだけで、なぜかワクワク有頂天♪

つまり、これって“惚れてる”状態だと思うんです。

「惚れる」って、心がぼんやりする…という意味もあるそうですが、思い切って心を解き放って、感情の赴くままに心を持っていかれてみると、そこには自然と楽しい感情だけが残るような気がします。

それがワクワクの真髄であると気づいたのです。

また、この“惚れ度”を高めると、なんにでも惚れることができます。

言い換えると、いつもワクワクできるようになります。そうなると、朝起きてお日様が出ているだけで、そのお天気に“惚れて”しまうこともできるのですね。

そこまで惚れてみると、すべての物事に惚れる・ワクワク・いい気分でいられることに感謝したくなるのです。

…これが『愛』ということです。

ちなみに、わたしが今惚れてるのは、人も物もいろいろありますがー…(^^;)

…たとえば、今日身に着けているお気に入りのピアス。

キュービックジルコニアのキラキラ感が妙に艶っぽくて、とても人工のものだとは思えないくらい。着けているだけで、自分もキラキラしてくるような、そんな気分にさせてくれます。見ているだけで、ウットリ、惚れ惚れ。。。。

毎回楽しみにしているスカパーの「ECO MUSIC TV」で放映中の“starlight”という番組。これはハッブル望遠鏡で撮影された、宇宙の星雲や星を音楽と映像だけで見せるだけのシンプルな番組なのですが、これを見ているだけで、心がぼんやり。。。。

会社のそばにあるコンビニに、今時珍しく礼儀正しい受け答えで好感を持てる店員さんがいて、毎日そこへ行くのが楽しみだったり、『仮面ライダーブレイド』の再放送をしっかり録画して夜ワクワクしながら一人で観てたり(すっかりオタク化~(^^;))。

もちろん、素敵な人にもいっぱい惚れていますよ(^^)

そんな些細な「惚れた~!!」がいっぱいあってもいいと思います。

バシャールもエイブラハムも、なぜか「惚れなさーい」とは言いませんけど(笑)、

基本同じことだと思うのですね。誰か・何かに惚れるとワクワクしますから!

なので、あなたの高野豆腐(笑)をまずは水に戻して柔らかくしてから、だし汁(ワクワク)を吸わせておいしく煮込んでください♪

きっとそこからワクワクが始まりますよ。

(あ、サイトデザインを新しくしてみました♪ より天使風な雰囲気でいかがでしょう?)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

美味しい話

昨日気がつきました。。。。。今月はほとんど自宅で晩御飯を作っていない!!

自炊したのはたった1回だけ。。。先々週の週末にインドカレーを作ったのみ(笑)

11月はどういうわけか忙しい。。。。昨日もセミナーが終わった後に軽く飲みに誘われ、帰ったら深夜(^^;)

今月は、

「打ち合わせ」

「打ち合わせ→飲み会」

「業者さんからのお誘い→ご飯」

「友達とご飯」

「オフィスで残業」

「セミナー」

という流れで毎日が終わっています。

さすがに、ご飯を食べていない時は、家に着くころにはお腹がすいています。

かといって、遅くから料理するのも大変。。。。

わたしの自宅から徒歩40秒のところにコンビニがありますが、こんな生活なので帰りには必ず立ち寄るほどのヘビーユーザーです。

会社ではすっかりキャリア系人間だと思われてるので、男性の同僚からは「絶対料理なんかしないタイプだよねー」などと言われておりますが、これでも約10年ほどお嫁さんをやっていたので、自慢ではないですがそこそこ料理は作れるのですよ。ハイ(^^)

しかし最近は、深夜のコンビニに毎晩のように出没し食料を買っているような状態。。。。。。さすがに、こう頻繁だと、やっぱり女としてなんとなーく気が引けてきます。。。。。(笑)

おもしろいことに気づいたのですが、コンビニに入ると無意識に今日の店員さんをチェックして、

「あー昨日の人と違う、ラッキー!」とほっとするわたしがいるんですよ(^^;)

これに気づいて自分でも笑ってしまいました!

結構、見た目寂しいですよねー。コンビニに毎晩一人用のご飯を買って帰る女の姿ってー(笑)

独身なんだろーなー、とか、料理作れないんだろーなー、とか→(書いてるだけで寂しい(TT)(笑))

こういうのって、働く女は同じような経験あるのではないか…としみじみ感じいったのでした。

でも、やっぱり波動的にいっても、気を入れて作る料理はパワーが違います。

腕のいいシェフがいるレストランのご飯も美味しいんですが、それ以上に、家で作る自分や愛する人のための料理ってまた格別に美味しいものです。

料理を作るときも、その日の体調や気分によって味が違います。ちょっと元気のないときとか、怒りながら料理すると、てきめんに味が違う(笑)。これは実体験(実験?)としてやってきましたのでホントです。

なので逆にルンルンな気分で“美味しくなれー”と気合を入れて作ると、身体に合ったいいお味になります。

料理だけではなく、コーヒーを淹れるときも同様ですね。

ドリップパックのようなものでも、お湯を注ぐときに、右回りで“美味しくなれー”とやってみてください。一味深みと香りが増してくるのが分かるかもしれません。

家で食べるご飯って、ほんと、家それぞれだけど、温かくて美味しいのは、お母さんの“気愛”が入っているからなんですねー。当たり前の話ですけど。

よし、今週末は思いっきり気愛を入れた美味しいご飯を作ってみよーっと(^^)♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

11/16 コーイチさんお話会<エネルギーについて>

昨日は、コーイチさんというチャネラーのお話会へ行って来ました。

http://hayaken14.blog64.fc2.com/blog-entry-4.html

『引き寄せの法則』のセミナーなどを主催されている、はやけんさんが行っているアットホームな会で、だいたい10名程度が集まって、コーイチさんを囲んでスピリチュアルなお話を聞きます。

スピリチュアル…といっても、この地球に生きている肉体と精神を持ったわたしたちが、日ごろ、どんな心がけをしていけば、よりハッピーになれるか、といったようなことを、毎回、違った切り口で話してくれます。

コーイチさんが話をしている間は、ハーフコンシャス状態で、意識はあるものの、あまり、そのときに話していた内容はよく覚えていないのだそう。。。。。まさにチャネリングです。

昨日のテーマはエネルギー。

人体を覆うエーテル体、アストラル体などのエネルギーは身体の回りだけでなく、大きく捉えれば、無限の宇宙の叡智にまでにもつながってて、そもそも、エネルギーそれ自身であるわたしたちは、望みを持てば宇宙からいくらでも“引っ張って”これる存在であると。願望を持てさえすれば、すべては現実化できる、というお話でした。

エネルギーを入れたり出したりするチャクラは、一般的に7つ、 下から第1(尾てい骨)、第2(仙骨のあたり)、第三(丹田)、第4(心臓)、第5(喉)、第6(眉間)、第7(頭頂部)といわれているのですが、コーイチさん曰く、もっと無限にあるのだそうです。人体の間接が曲がる部分というのは、すべてチャクラだといいます。指、手首や足首にもチャクラがあるということは初めて知りました!

その代表的な7つのチャクラも、実は背中側に位置していて、正面側にはその後ろの7つのチャクラの合間に5つのチャクラがあるのだそう。ちょうどピアノの白鍵盤と黒鍵盤のように交互に配列されているのだそうです。

宇宙の叡智は、上からやってくるので、天頂そのチャクラの下のほう、第一・第二あたりにまで宇宙の気<エネルギー>を入れれば、より願望を現実化できるのだそう。

その<エネルギー>を体内に取り入れるのは、ヨガ、それに呼吸!!わたしのブログタイトル、breathwise の原型、breathe wiselyというわけなんです。呼吸をいかに賢く行って有効にするかで宇宙ともつながるんですから、毎日のように無意識にしている呼吸って改めてすごいです!

呼吸を使って、頂点部チャクラからは、宇宙エネルギー、股関節のチャクラからは、地球のエネルギーを身体に循環させて、五感を使って身体を楽しませるのが大事!!とのこと。

この世で肉体をもってでしかできないことを、思いっきり味わう。

そのためには、わざわざ遠くまで美味しいものを食べに行く! 心地よい音楽を聴く!などして五感を楽しませる。

自分を愛して、自分で楽しむ!!!!

ことが、エネルギーの循環に重要なのだそうです。

…かくいうわたしも、イギリスのprefab sproutというバンドの音楽を聴いたとき、

「ああー、わたしはこういう音を聴くために生まれてきたんだー」と実感したのでした。

彼らは、ロック・ポップス系に属すバンドですが、彼らの編み出す音楽は少し変わっていて、変拍子や独特な旋律を用いていながらも、聴く人の心に温かいものを落としていくマカ不思議な人たちです。イギリスでは、もちろん絶大な人気を誇っています。

疲れたり、元気がないときには、彼らの音楽を聴くだけで、身体の中、細胞の中まで、それが染み渡るのが感じられます。彼らの音楽を聴いていると、まるで音楽の点滴を受けているようなイメージが沸いてくるのです。

音楽でもビジョンでも味でも、人によっていろいろな好みがありますから、誰にでも、“コレ!”というツボを突くものがあるかと思います。

それを多く見つけられるかが、人生を楽しむ!ということにつながっていきますよね。

コーイチさんのお話は、まさに日々わたしが実践していることと同じで、「自分はこれでいいんだー」と、より毎日をニコニコ楽しみたいと強く思いなおしました。

後半は、めずらしい木製のルーンを使って、“今日のエネルギー”を知るミニリーディングを行ったりと、参加者の個人的な質問も聞いてる自分にもとても参考になったりして、かなり充実したお話会となったのでした。コーイチさんの会は、ホントに波動が高くて、そこに居るだけでも、いいエネルギーの循環になって、身体にもよい感じですよー。

さあて、今日は何を楽しもうかしらー(^^)♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

霊感のタイプ

霊感は霊能者でないと持っていないのか。。。。

答えは NO です。

本当は、どんな人にも霊感はありますが、この物質社会では、見えない世界は胡散臭い扱いを受けてしまうので、本人がそういったことを信じていない、よしんば感覚を持っていたとしても、気のせいにしてしまう…などで、持っていないように思えるのです。

ちなみに霊感にも、いくつかタイプがあります。

1.透視能力 ビジョンやイメージで捉えられる人。 (clairvoyance)

2.透聴能力  音・声で聞こえてくる人。 (clairaudience)

3.超感覚能力 皮膚感覚や感情で捉える人。(clairsentience)

4.透知能力 天から情報が降りてくる人。(clairecognizance)

どれか一個だけというわけではなく、だいたいコンビネーションになっているパターンが多いのですが、みなさん、霊能力があってもそれと気づかずにいらっしゃるようです。

「気のせい」 

「当たったのはまぐれ」

という感じで、天からの啓示も“見えないもの”として、無視してしまうことがほとんどかもしれません。

わたしは、どれも満遍なくありますが、一番強いのは、clairecognizance<透知能力>です。

子供のころから、こういった感覚はあって、さまざまなシチュエーションで出てくるのですが、

昔は

「みんな、同じ感覚を持っているんだろう」

と思っていました。

みんな、フツーにこういうことを感じたりしているのかと思っていたら…

…違ったんです(笑)

過去、今思い出せる中で、この感覚が一番強かった時期は、18歳頃でした。

家族関係が思わしくなく、家にいることが苦痛だったので、ロック仲間の先輩たちに誘われては、よくミュージシャン仲間のライブなどを見に行ったものでした。

先輩は、男女とも40歳前後の方々だったので、わたしよりは20も年上の方々です。若いのに昔の(しかもマニアックな)ロックをよく聴いていたわたしは、かなり年上の方ともフツーに音楽の話題で盛り上がれるので、「この子、面白いね~」と、とても可愛がられました。

彼らは、音楽がメインの人たちでしたが、精神世界にも長けていて、いろんな会話が出てきました。

その中で、わたしが何かを話すときは、必ず、どこからか言葉が降りてくるのです。

自分で考えたことが出てくるのではなく、自分が考える前に、口をついて出てくるのです。

…まるで、恐山のイタコのようです(笑)。

具体的に何を言ったかは覚えていませんが、とにかくスラスラと言葉が出てくるので、自分では何も考えなくてよく、非常に楽だった(笑)記憶があります。その言葉は、20歳も年上の人をうならすほど、大人っぽかったようです。

勉強したわけではない、難しい哲学的な単語、言い回し…。自分でも筋が通っている、と思える内容…。

いつも、「ああ、これは誰かにしゃべらされているんだ」という感覚がありました。

当時は本気で、みんな同じような能力を持っているんだと思っていました(笑)。

それに、clairvoyance <透視>も組み合わさります。

わたしのところには、昔から悩みを抱えた人、心がどうしようもなく病んでしまっている人、生きている意味が分からなくなっているような人が、どういうわけかよく集まってくるのですが、彼らを見ていると、何かが「視える」のです。

人と会ったり、電話で話をしていると、その人の困った状況の下にある問題の部分が分かってくるのです。悩みの種が他人でも、本当は自分のほうが問題を抱えていたり、病的な部分の根本が視えたり。。。。

この能力は、最近徐々に戻ってきているので、今となっては「あ~なるほど」と思うのですが、まるで病院のMRIで、人体をスキャンするような感覚です。お医者さんがレントゲンを撮って診断するように、相手と話しているとポンポンとその物事の本質が出てきます。

なので、逆にスキャンしようと注目しないと、全く視えません。

視えるものは、その問題や人のキーとなる象徴的なもの。

とてもイメージ的なので、相手に投げかけてみて反応を聞きますと

「なんで分かるのー?」と驚かれます。

今、こんなご時勢で、社会で大きな悩みを抱えている方が増えていますから、悩みを抱えて行き詰ってしまう人も多いのです。実際に、わたしの知り合いの会社はいくつも潰れています。

その中で、少しでも気を楽に持ってもらいたいと思い、最近、相談ごとに乗るような形で多くの人に会って話をするようになって、昔のこういった能力が戻ってきています。

そういった方々を視た後、

「落ち着いた」

「やる気が出た」

と言ってくださって何よりだと思っています。

その中には自殺しそうなくらいどん底に落ちている方もいましたから。。。

ただ、こういった能力がメリットかというと、そうでもないこともあります。

霊視する方々の中には、その問題を引き起こすようなネガティブな気を持っている場合があるので、場合によっては、わたし自身がそれに当てられてしまうことも、若い頃は多々ありました。

今は、いろんな意味で人生潜り抜けていますから(笑)、わたし自身、人間的に強くなったのと、自分でネガティブなものからプロテクトができるようになっています。昔は無意識にやっていましたが、今、心のやり場に困っている人から頻繁にお声がかかるようになって、これも自分の今世の役割の一部なのだということが、だんだん分かってきました。

しかし、こういった霊感は、本来多かれ少なかれ誰もが持っている能力なのですが、日々気づかなかったり、使わなかったりすると、“喋ってないと忘れる英語”と一緒で、だんだんと薄れていくものです。

自分が、一番どのタイプが強く感じられるのか、ということでも意識していくと大分変わるかもしれませんね。

あとは、clareaudience で見えないものの声・聞こえないはずの音が聞こえたり、claresentienceでとかもありますが、こういったエピソードについては、後日また詳しく書こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)

ショーンはクリスタルチルドレン

突然ですが……   

子供がおります。(隠してないけどー(^-^;)

7歳の男の子、ショーン君です。 →ガイジンではありません。。。。

「しょううん」という名前なので、ショーンと呼ばれています。

今は、子供のパパのところで暮らしていて、こちらにはたまにお泊りにきたりと行ったりきたりしています。

なぜか、ママよりパパが大好きな子供で、今年からパパの地域の小学校に通うようになりました。

そんなわけで、あんまり親らしいことをしてやっておりませんが、先日初めての授業参観へ行ってきました。

教室へ入ってみると、お父さん・お母さんがたくさんいらっしゃって、その中で、先に来ていた元夫がイライラしています。

どうしたのー?と聞いてみると

「先生の話を聞かないで、手いたずらばっかりで集中してない。後ろから行って、頭ひっぱたいてやりたい!!」

とプンスカ怒っています。

見ていると、たしかに他の子供たちが先生の質問や問いかけに素直に反応しているのに、うちのショーン君は、全く上の空。。。。

その後の体育の授業でも、全員で校庭のトラックを周りながら縄跳びやボール投げをこなしているのに、

ショーン君は他の子と、ジャングルジムにひたすらボールをぶつけて遊んでいるのでした。。。。

さらにイライラする元夫は、「もう見てらんない、帰る!」と言ってそそくさと小学校を後にしました。。。(^^;)

実は、巷では、うちの子に限らず、そういった子が増えているのだそうです。

引っ込み思案で、あまり自分をさらけ出さないので、何を考えているのかがわからない。

はしゃいだりとか、素直に言うことを聞くような、子供らしい子供とは少し違っています。

その代わり、すでにいろんなことをすでに知っていて(分かっていて)、達観したような物の言い方をする。

大人から見たら、とても生意気に見えて何を考えているのかわからなかったり、

引きこもりと思われてしまう、、、。

わたしの心の師匠、ドリーン・バーチューさんによると、こういった子供たちは

クリスタル・チルドレン」といわれる魂を持った存在だというのです。

彼らは、地球の進化に貢献するため、この時代に続々と送られているといいます。

とても霊性が高く、動物や植物とも意思疎通できる能力があり、言葉に頼らなくてもコミュニケーションが取れるため、言語的な発達障害を疑われたり、

そのテレパシー能力によって、人の感情を敏感に察知するため、臆病だったり、過敏な性質となって、社会に適合できない場合もあるというのです。

その魂は、高次元の愛を伝えるためにやってきているので、争いを好みません。友達に暴力を振るわれても、仕返しはしないといいます。

…たしかに、ショーンが保育園に通っていたとき、友達に押し倒されたり、おもちゃを取り上げられても、決して仕返ししなかったので、保護者面談のときに、先生から褒めていただいたことがありました。

親バカ覚悟で書いてしまいますが、ショーンは本当に人や動物に優しく、相手が親でも、間違っているときはたしなめるように話します。

赤ちゃんのころから、すでに何かをわかっていて、「本当に子供?!」と疑ってしまうような言動をします。

ユーモアやシニカルな世界をすでに理解していて、大人レベルものを好むので、おもちゃとか、子供だまし的なものに執着しません。

のんびりゆったり、自分のペースを守りますが、それでも天使のように愛らしいのです。

クリスタルチルドレンは、地球に癒しを与えるために降りてきた魂と言われています。

もし、身近にこのような子供がいたら、決して責めないであげて欲しいと思います。

もしかしたら、現在、引きこもりなどで問題視されている子供たちも、クリスタルの魂を持って生まれてきているのかもしれません。彼らは感受性が豊かなので、自動的に人よりも多くの情報を得てしまうために、どうしていいかわからないのです。

わたしは、子供が先生の話を聞かないといってイライラし、後ろから頭を引っぱたくようなことは決してしません。

実は、かくゆう親のわたしも、子供のころ、ショーンと同じような感覚を持っていたからです。

クリスタルチルドレンの前のグループに、「インディゴ・チルドレン」という魂のグループがあるようです。記述を読むと、わたしの生い立ちに共通するものがあります。(プロフ参照)

小学校入学したての、ピカピカの一年生のとき、

「あーあ、こんなかったるいこと、あと6年間もやらなきゃなんないのか~」と

毎朝の通学路でため息ついていましたから。。。。。

もしかしたら、わたしもそういった魂の軍団に属するのかもしれません。こういったことも、これから分かってくるのかもしれません。

身近に、このような特徴を持つ子供を見かけたら、一度霊能力の高い方に見ていただいてもいいかもしれません。(ショーンはやはりクリスタル・チルドレンだと指摘を受けました)

クリスタルの後には、レインボーチルドレンのグループも生まれてきているようです。

いずれにしても、高い霊性により、バランスを崩しかけたこの世を正しい方向に導くようにやってきた魂たち。ゆえに誤解もされやすい存在ではあるけど、こういった魂の存在で、よりスピリチュアルな世界が開かれていくような気がします。。。。

きっと我が息子は、その魂の目的と意味を理解できる親を選んでわたしのところに来てくれたのでしょう。。。。

ショーンくん、親の事情で一緒に暮らせなくなってごめんね。

でも、ママはショーンのことが大好きです。

いつでもどこでもあなたを想っていますよ。。。

実は、ショーンを授かったのもスピリチュアルな経緯があります。これはまた後日、書きたいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

ブログ立ち上げました♪

昨日のプレオープン後に、当ブログの各項目の設定を正し、

今日、11月11日、ついに正式オープンできましたーヽ(´▽`)/

ドリーン先生の天使の教えでは、1111という数字は、“エネルギーの回路が開いた”という啓示があります。

ブログ名…  (*゚ー゚*)  名づけてBREATHWISE (ブレスワイズ)

です。

breath とは、文字通り “息”という名詞ですが、

別の意味で “生命力”をあらわすこともあります。

wise は、“賢い”という意味ですが

“~に長けた、~に富んだ”という意味もあります。

わたしが、このブログを始めるにあたって、

「わたしの持ち味って何だろー」と考えたときに、

よく人から

「イキイキしてるねー」とか、「いつもニコニコ元気だねー」的なことを言われるので(笑)

わたしを象徴する

“生命力豊富な” というようなニュアンスでつけてみましたー。

最近、天使とのつながりを強めるための瞑想を行っていますが

瞑想のポイントは呼吸ですから、“breath” は、天使道にとってとても大切。。。。。

でも、あくまで、個人でつけた造語ですので、試験で書いても先生は×をくれるかと思いますから、要注意(゚ー゚;

瞑想もそうですが、肉体を持ちながら神聖な存在とつながるにあって、

呼吸をすることの大切さを身にしみて感じています。

だから、

“breathe wisely” (賢く呼吸する)

でもよかったのですが、長くなるのでそこはご愛嬌ー(*v.v)。

今後とも、どうぞよろしくお願いしまーす♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

【プレオープン】はじめまして♪ ブログ始めました(^^)

は~…(* ̄ー ̄*)  感無量。

ようやくブログデビューです。

毎日ハッピーにワクワクで生きているといろんないいことが起こりますshine

この世はあらゆる人にギフトを用意していますpresent

それを身をもって体現していっているので、ホントです (v^ー゜)ヤッタネ!!

でも、実は筆不精なワタシ。。。。。

だけど応援してくださる方がたくさんいて、頑張ってみようかなと思います。

そんな、日々のワタシ的、不思議な世界を紐解いていきたいと思います。

どうぞよろしくです(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年12月 »